どーも。真琴です(^-^)/

突然ですが、


アナタは今日のお昼に、何を食べました?


いつも同じものを食べていませんか?

まぁ、
余計なお世話ですね…。すいません(笑)


でも、好物ばかり、食べることがあるかもしれない。


私も一時期、「カレー」にハマり、
行列の出来るカレー屋さんの食べ歩きして、カレーばかり食べていたことがありました(;゜∀゜)


でもある時、

「超ぉ~、不味いカレー」を食べてしまったのです。


どうやったら、こんなに不味くなるのかも不思議でしたが、煮詰まってたのか、
ドロドロして、異様に濃かったのです(;゜∇゜)


それ以来、カレーの食べ歩きがピタリと止みました。


何かの、きっかけがあれば、偏食も改善しますね(笑)



ところで、

私の友達に、「焼き豚が大好きな男」がいるんです。


彼の「焼き豚好き」は、かなりの領域。


どれくらい好きかというと、

「三度のメシより焼き豚が好き」

…なのです(笑)


私は密かに彼のことを、

「ボンレス」というニックネームで呼んでいます。



まあ、ボンレスはハムですが(笑)


それはともかく、

この前、私は彼とラーメンを食べに行ったのですね。


その店のラーメンは、「焼き豚」がおいしい。


彼にはピッタリです。


彼は当然のごとく、

「チャーシューメン」を注文しました。


私は、そこまで、肉に対しての情熱はないので、

ネギしか入っていないラーメンを注文。


すると彼は、怪訝そうな顔つきで、

「この店に来て、焼き豚を食べないなんて、おかしい」

と言うのです。


何を注文しようが、
そんなの私の勝手だと思うけど(笑)


まあ、彼は、三度のメシより焼き豚が好きなヤツですから、

そう思ったのでしょう。


しかし、私は少し妙な気がしたのです。



何がって?



だって、ラーメンを食べに来ているのに、

彼の目的はあくまで「焼き豚」なのですから。


それなら、最初から「焼き豚一品」を頼めばいい。

(「焼き豚一品」というメニューもあります)


そうすれば余計なものを頼まずに済みます。


しかし、それはしないのですね。


確かにラーメン屋さんで、

焼き豚だけを注文するのもヘンかもしれない。


吉野家に行って、

「ライスだけくれ」

というようなものですからね(笑)


しかし、私は、彼をツッコンでみたのです。


「そんなに好きなら、焼き豚だけ頼めよ」

と。


すると彼は、

「ラーメン屋に来て、焼き豚だけ注文するのはおかしいだろ」

と反論。


「ラーメン屋はラーメンを食べるところだ」

と彼は主張します。


そこで、私は、

「お前は焼き豚が食べたいんだろ。だったら焼き豚一品でいいじゃないか」

と言い返す。


まぁ、くだらない
水掛け論ですね(笑)


大の大人がそんなことを議論している場合じゃないですが、

しかし、これはなかなか「深いこと」かもしれないのです。


彼は、焼き豚を食べたかったわけですね。


しかしこの時は、

「ラーメンに入っている焼き豚」が食べたかったのです。


主体は「ラーメン」なわけ。


要するに「麺」ですね。


それが中心なわけです。


そこで私は、ハッとひらめいた。


人間の魅力について、大いなる真理を発見したのである!!


私は女性のお尻フェチだけど、誰でもいい訳じゃなくて、
好きな人のお尻だから、好きなんだ~\(^-^)/



世界広しといえども、ラーメンから「人間の真理」を発見した人間は珍しいのではないでしょうか(笑)




AD
どーも。真琴です( *・ω・)ノ

以前のニュースでやってましたが、

秋葉原とかには、

『ツンデレ喫茶』

なるものがあるそうです。


「メイド喫茶」の一種らしい。


店員の女の子が、お客さんに対して、

「アンタ、いったい何しに来たの!?」みたいな感じで塩応対してきます((((;゜Д゜)))


「早くメニュー決めなさいよ!」

「ほら、何をグズグズしてんの!?」

ドンっ!!と溢れんばかりの勢いでテーブルに置き、
「アンタが欲しいって言うから、持ってきたんだからね!」

「飲んだらさっさと帰るんだよ~」

などなど、手厳しい…(;゜∇゜)


なかなか革新的な接客です(笑)


でも帰り際に、

「また・・・来て欲しい・・・とか、私が思ってたって、
絶対にアンタなんかに、言ってやらないんだから!」

と一転、照れながら(←ここ、重要ww)
愛情深い(?)言葉を、投げかけてくれるのです。


つっけんどん、にしながらも言ってくれる。


これは、なかなか男心を掴んでいますね。


「ツンツンしながらも、愛情を注ぐ」

なかなか巧妙です(笑)


私が思うに、男性には、「S的」な部分と「M的」な部分があるのかもしれない。


ツンツンされることで、「M的部分」が刺激される。

でも、最後に、自分に愛をそそいでくれる相手に、
S的な部分が刺激されるのです。


念のために言うと、これはヘンな意味でのSMではありません。

あくまでノーマルな「性格的性向」のことです。


したがって、ツンツンされても、お客さんは怒らない。


当然ですね。


だって、望んで「ツンデレ喫茶」に来ているわけですから(笑)


「女の子は、本当に自分を嫌っているわけではない」

と解っているからですね。


仕事とはいえ、自分に愛情を持ってくれている。

その変形として、ツンツンしているわけです。


愛情をストレートに表現されるより、こっちの方が複雑な表現方法(?)になります。


あっ、もちろん、
「ツンデレにした方が愛される」なんてことを言っているのではありませんよ~(ノ゜ο゜)ノ


「ツンデレ」はあくまで例です。


ここから大切なことが解るのですね。


そこで、もし私がその喫茶に行ったらどうなるか?


女の子に冷たい言葉を言われて、


ハハッと笑っているかもしれません(*´∀`)



何故でしょうか?


女の子の根底に、愛情があるからですね。


日常では、好きな人に冷たくされたら、すっごく不安になります。


でも、ここは非日常の世界。


女の子の意図はハッキリしています。


だから安心して冷たくされることが出来るのです。



この「安心感」を、かもし出すことは、普通の言動でも大切です。


「話をして相手の気を引きたい」と、思っている人は多いですが、

「安心感を持ってもらおう」と思う人は稀。


しかしながら、

「安心感の会話術」は、根本的に大切なものなのですね。


やっぱり、
安心感(信頼感)って、大事ですよ~(ノ´∀`*)
AD

旅行(*^ー^)ノ♪

テーマ:
大分県の湯布院で陶芸して、温泉に浸かったり、
博多の屋台でラーメンを食べたりの充実した3日間でした( *・ω・)ノ

初体験の陶芸は楽しかったけど、才能はまったくないらしい(*´∀`)ww








AD