石渡誠 Language Teaching for a Better World

Language Teaching Revolutions Inc.
FORWARD代表 石渡誠

NEW !
テーマ:
日本の素晴らしさに触れた夏休みでしたが、今日は秋田竿燈祭りにの後に訪れた、青森のねぶた祭りと花火大会について振り返りますね。

実は子供の頃、青森出身の祖母に連れられて見てから、ねぶた祭りに魅せられてきた私ですが、最終日の海上運行と花火大会は初めてでした。
思わずfacebookで実況中継してしまったくらい、迫力のある花火と音楽が素敵ででした。


フィナーレの7分間は、ビデオに収めてあったのでこちらにもアップしておきますね。ちょっと煙が溜まってしまって花火が隠れてしまっていたようですが、幻想的な世界でした。豪華で迫力いっぱい、でも高揚するというより、心が落ち着く花火をはじめてみました。こういう花火も日本ならではでないでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋田の竿灯祭り、観に行かれたことありますか?私ははじめてでしたが、昼間の妙技会から、夜の祭りまで技とスリルと迫力に圧倒されました。そしてとても嬉しい再会もまたあった夏休み旅行の振り返りを続けます。動画もあげますのでみてくださいね。


12メートルにも及ぶ長い竹につる下げられた、
蝋燭で燃える何十個もの提灯を持ち上げるだけでも大変なのに、それを額や腰だけでバランスを取るという妙技の数々。合計で史上最多の280本にも渡るという竿燈が通り沿いに立ち上がり、エネルギュッシュなお囃子に太鼓に笛がこだまします。私の頭の上にも竿燈が何度か倒れかけて来ましたが、手に汗握りながらの声援を送る、熱狂的で迫力満点のお祭り体験ができました。

秋田市長の冒頭での挨拶は、最後に英語でもされて驚きました。短くても元気に溢れた言葉使いで、海外からの観光客へとても良いアピールが出来ていて素晴らしいと思いました。


また10年ぶりの再会も叶いました。元フィニックス英語学院の受講生で、その後、こども英語教室のリトルステップスでスタッフ・講師としてお手伝いもお願いしていたことがある、田能村百代さんです。今は出身地の秋田に戻り、英語講師とナレーターのお仕事をされています。世界や日本の各地でも活躍をしている元受講生も多いのですが、彼女もその一人。短い時間でしたが、元気な姿をまた見れてとても嬉しかったです。秋田の情報も色々とくれて助かりました。




お勧めのお店の寛文五年堂にも行きましたが、あの稲庭うどんも、忘れられないほど美味しかったですよ。



蓮の花も綺麗で、ババヘラアイスも一緒に堪能しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旅行をすると、新たな発見ができるものです。今年の夏休みは、子どものためにも日本の夏祭りを巡るクルーズに乗ったのですが、まだまだ知らない日本にも触れてとても意義深いものでした。また旅路で色々な人達との出会いや思わぬ再会などもあり、少しだけブログでも振返りしたいと思います。

まず乗船してすぐに嬉しい再会が待っていました。スパ施設を案内してくれたのが、ちょうど1年前にFORWARDに入学をしたAkemiさんだったのです。当時客船でエステの仕事を目指していて、「英語力、表現力、プレゼンスキル、発音矯正、そして少し人見知りをしてしまう性格も直したい」とFORWARDへ。4ヶ月間だけの通学でしたが、夢もかなって船上のお仕事についていたのは知っていたものの、このような再会の機会が持てるとは!



さらに嬉しかったのは、彼女の上司の2名からのお話でした。私のことを知ったお二人から、「お世辞ではなく、Akemiは一番積極的だし、英語一番も出来て、お客さんの評判も一番良い」と聞いたのです。頑張ってきた成果が出ているのを目の当たりに見れて、本当に幸せな気分になったのでした。

日本へ来る旅行者の数は急増しています。今回の船にも米国からの400名を筆頭に、全部で1000人の外国人旅行者が乗船していたそうです。私が直接話す機会があった人達は誰もが、日本の素晴らしさを口にしていました。Akemiさんを含めて、船には95名の日本人サービススタッフがいたそうですが、やはり日本人の気配りの細やかさは、日本の印象をさらに高めていたようです。そういう意味でも、心を強くした旅でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Facebookをご覧頂いている方はご存知かもしれませんが、ちょっと東京を離れているところです。休暇を取っているのですが、私と同じように夏休みで遠くに行かれている方も多いですよね。一方、海外では新学期を迎える時期なので留学のために、この夏、日本を離れる方もいらっしゃることかと思います。

FORWARD受講生の中でも既に飛び立った人達や、これから飛び立って行く人達がいます。渡米前日の忙しい時に、受講生ブログへ体験記を投稿してくれたIchigeさんもその一人で、夢に向って、スタンフォード大学へ研究員となり人生の新たなステップを踏み出しました。その夢を、これまた出発直前の先月末日に3分スピーチ大会で発表してくれたのです。ブログ記事には、このスピーチについても触れているので、早速こちらにも動画をアップしたく思います。「うさぎになりたかった」という少女時台の夢からの変遷のお話は、とても彼女らしく素晴らしいスピーチでした。



Ichigeさんの記事では、4年間での変化を3つのポイントにまとめて書かれています。今回、私も入学面談でのヒアリングメモを見直したところ、「これまで、英語を話したいとも全く思わなかった」とありました。人生って面白いものですよね。ちなみに、1年半前にも、Ichigeさんの変化について、私のこちらの記事でも紹介していて、ワンデープログラムに参加する決意をするのにも、勇気がなくて存在を知ってから参加するまで9ヶ月もかかったエピソードもあります。ぜひご覧ください。 それでは動画をどうぞ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
えつ誰?えっ先生?!えっ彼女が?!えっ彼が?!何て声が出るような(英語でですが)教師や受講生のタレントショーまで盛込まれた、本当に夢のような懇親会と授賞式が昨晩ありました。全て準備してくれたKeikoとMasaはじめ、皆に感謝。最高の盛上りが写真の数々からでも見ていただけるかと思います。





踊りあり、描写あり、ジャグリングあり、スピーチありのタレントショーや、はじめての人達と話しあうゲーム。
クラスを超えて、今まで話したことがない人達とも楽しい時間が過ごせる機会です。


私も知らなかったクラブ活動の紹介もありましたが、こういうのもいいですよね。




そして表彰式の数々。こちらも様々なドラマがありました。



心から尊敬出来る人達が集い、お互いに尊敬の念をもって接してひとつとなる、ある意味理想的な家族のようかのような雰囲気が持てていることに感謝してやみません。ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年スピーチ大会での優勝スピーチを昨日アップしましたが、観て頂けましたか。英語や苦手なものに挑戦をする勇気がもらえる、シンシアで素晴らしいスピーチでしたでしょう。

そして昨晩は、また新たな大会がありまして、6名がスピーチ。これまた本当に感動的なお話ばかりで、皆さんにも後日ぜひ観ていただきたいと思っています。



スピーチ大会に加えて、10年目を迎えた朗唱大会も。新人戦、ベテラン戦とも、これまた皆、見事な朗唱を披露してくれました。



さらにプロジェクトワーククラスの1分間プレゼンがありまして、12クラスがワクワクさせるようなプレゼンを披露してくれました。




本当に素晴らしい発表の数々に、感動しました。発信力を高めるのには、発表の機会は欠かせません。これまでは年に2回、外部の方達にも見に来ていただける発表会を開催してきましたが、来年度は3回に増やして、さらに皆の励みにもしていきたいと思います。

これから今晩は懇親会と授賞式があります。またエキサイティングな夜を楽しんできますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英語だけの環境に入ること、怖いと思っていますか?もしも恐れを感じていたならば、ぜひ観てもらいたいスピーチがこれです。勇気が出てくると思いますよ。新年のスピーチ大会で見事に優勝を飾ったMichikoさんのお話です。


米国にヨガの研修に行って、英語が話せず泣けるような思いをしたこと、しかし勇気を持って英語学習を始める決意をした経緯を、静かにしかしユーモアもたっぷりに話してくれました。聞き手の心にもジーンと来るようなお話です。英語のみならず、何か不得手な事に挑戦する時に、恐怖心は起こるものですが、それを乗り越えていくことこそ、大切なことですよね。表彰式でのスピーチまで是非ご覧ください。




さて、あと30分で夏の朗唱大会、そしてスピーチ大会も開始となります。選出されたどの人達も、ある意味恐怖心を乗り越えて今日の舞台に立つわけで、その雄姿を今日もしかりと見届けて、また皆様にもご報告したいと思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、民主党大会でのヒラリークリントンのスピーチお聞きになりましたか?強く、逞しく、まさに堂々としてハッキリとした物言い、凄かったですね。英国は既に2人目の首相が誕生していますが、米国初の女性大統領誕生がもうすぐ見られるかも知れません。

日本ではどうでしょうね。女性の総理大臣が誕生する日は、いつか必ず来ると思いますが、それも夢見て会社でのお仕事に加えて、女性のエンパワーメントを目指す団体も運営している人がいます。新年スピーチ大会で、Yokoさんは何故そのような活動をしているのかを語ってくれました。


封建的な家庭で育ち女の子だから、、、と差別を受けた事、その他女性として受けた嫌な体験をバネに、良い社会に変えるために積極的に活躍しているそうです。

リベンジという英語は、相手を傷つける行動を思い起こさせる単語ですが、Yokoさんは、むしろ、みんなが心地よく過ごせる社会にしていく原動力にする意味で使っています。

マイナスな体験をプラス思考に変換してみると、確かに社会にも貢献できる様々な事項も見えてきますよね。それではどうぞご覧下さい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いま英語教員セミナーを終了したところです。中には受講生や元受講生の方達もいましたが、はじめてお会いした先生方も皆さん素晴らしく、とても楽しい時間が過ごせました。皆さんからも、面白くてためになったとおっしゃって頂いてとても嬉しかったのですが、「実はホームページを観て、(先生が)怖そうなので来るのをためらったのですが、来て本当に良かった」とも言われてしまいました。昔からどうも、私は厳しそうな印象を与えるらしく、まだまだですね。

さて、今日もスピーチの朗唱指導法のセミナーをしましたが、朗唱は普段の話し方から、自分自身のスピーチやプレゼン力にも直接効果を出していくものです。明日は朗唱大会に加えてスピーチ大会もあり、楽しみにしています。実は前回は1月の大会でのスピーチをご紹介してきましたが、まだ3本ご紹介出来ずにいました。新しいスピーチをアップする前に、この3つのスピーチを順を追ってご紹介しますね。


今日はRescueというタイトルで、「問題があれば、まず笑ってみるという」大切さを、会場を大笑いさせながら話してくれたスピーチです。公衆衛生を学びにロンドンに留学したSayakoさん。最終試験前のつかの間の休暇でスイスに行き、レマン湖でパスポートを落としてしまったアクシデントと、親友のサエさんから学んだことを3分間でまとめてくれました。

FORWARDには、留学前だけでなく、留学を終えたあとも通学を続けてきた Sayakoさん。朗唱大会でも決勝の舞台に上がったり、英語だけでなく発信力も、また色々な面でも輝きを増しています。来月には海外で仕事をするようになったそうです。これからも問題に直面しても笑顔を絶やさず、ますます活躍してくれることでしょう。

また、みなさんの英語学習に関しても、笑顔を忘れずにのぞんでいけば、必ず良い結果も出ると思います。私ももっともっと皆の笑顔が見れるような授業を目指していきたいと思っています。

それでは3分スピーチをどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
顔だけ比べてもあんなに小さい4歳のAkisato君、まさにミラクルな朗唱を先日ご紹介しました。どうしたらあんな子が育つのか、親は誰?なんていう反響も頂きました。今日の動画を観て頂ければ答えが分かりますよ。



昨日は『2016年春・朗唱大会新人戦ダイジェスト動画』をアップしましたが、本日は『2016年春・朗唱大会「ベテラン戦」ダイジェスト動画』を観てください。

ベテラン戦は、過去決勝の場に立ったことがある強者揃いの中から選出された大会です。さすがにみんな上手で選ばれるだけでも大変なこと。


そして、その中で前回優勝したのは、はい、あのミラクルボーイの母、Asha ことAtsuko さんでした。


表彰ではAkisato君、そしてミラクルボーイ父のChikaことChikayoshiさんも壇上に。実はChika もベテランリーグに属していて、3度も決勝に進んでいます。Akisato君は、毎回両親の練習を見ていて、自然とスピーチを覚えているそうです。


それでは、前回の決勝進出者の朗唱をダイジェストで、そして表彰式とAshaの全朗唱をご覧ください。



いよいよ今週土曜日は、夏の朗唱大会が行われます。決勝進出者名を昨晩発表したところでした。また後日、そちらの様子も動画でご紹介しますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)