石渡誠 Language Teaching for a Better World

Language Teaching Revolutions Inc.
FORWARD代表 石渡誠


テーマ:

お蔭さまで第21回英語祭が終了しました。受講生以外でも、100名を超える多くの方々にご来場頂きまして誠にありがとうございました。

 

 

次回は丁度、一年後の11月25日(土)26日(日)に開催予定です。また来年度より、1日で行うミニ英語祭も一般公開させて頂くことになりました。そちらは次回が3月18日(土)となります。またご案内させて頂きますので宜しくお願いします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日は8つの英語劇があり、たくさんの方にご来場頂きまして心より御礼申し上げます。また、受講生の皆の頑張りぶり、そして成長ぶりに本当に感激しています。

 

 

初日の興奮も冷めやらぬうちに、本日11時よりFORWARD英語祭の最終日を迎えます。今日はドラマから一気に雰囲気も、場所も変わって朗唱大会やスピーチ大会、そしてプレゼンが東京ウィメンズプラザホールで午後4時まで行われます。お時間ある方はぜひいらしてくださいね。10時間集中ワンデープログラム無料招待プレゼントも皆様にご用意しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明晩から2日間、FORWARD英語祭こと、受講生の発表会があります。明日は、17時から22時まで8グループの発表があり、全て英語劇です。実は今回ご来場いただいた方には、特別なプレゼントをご用意しています。先着50名様までですが、通常1万8千円(税別)する10時間集中ワンデープログラムに無料でご招待させて頂きます。入場は無料です。ぜひお時間できる方はご観覧にいらしてくださいね。

 

 

* 明後日、日曜日は会場が変わり、東京ウィメンズプラザホールにて、スピーチ大会、朗唱大会、プレゼン大会が 11:15 から 16:00 まであります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当にイベント続きの11月になっています。月の最後を飾るのが、FORWARD受講生による英語発表会です。ご案内のように26日と27日の土日にあります。

 

 

今回は土曜日と日曜日で内容も、場所も、時間帯も異なります。土曜日は全部ドラマで計8本の上演が、DDDシアターであります。

 

 

日曜日はこども達によるドラマ後は、朗唱大会2つとスピーチ大会、そして4つのプレゼンテーションが、東京ウィメンズプラザホールにて行われます。

 

 

 

いずれも無料で、どの時間帯からでも入場、退場可能です。会場でも受講生達は英語だけで会話していて、そんな英語の環境もお楽しみいただけるかと思います。ぜひご来場をお待ちしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あっという間に11月も過ぎていきますね。トーストマスターズ広島大会も終了しましたが、たくさんの楽しい時間と学びを頂きました。大会役員および運営関係者の皆様に改めまして御礼を申し上げます。スピーチ大会に向けて私を応援して頂いた方達にも感謝のかぎりです。

 

お蔭さまで、これまで6年間逃げ腰だったテーブルトッピックスも、これからは楽しく応じることが出来るようになった気がします。結果は入賞できなかったので、一部の方達から落胆しているのではとお気遣い頂きましたが、全くご心配いりません。元々コンテストに出た理由は、学びを得らたいからでして、今回はまさに期待以上の収穫がありました。そしておそらく時間オーバーの失格となったと思いますが、そのお蔭で色々な事に気付くことができたのです。参加するのは勇気もいりますが、普段の何倍もの学習が出来ますからコンテストはいいですね。

 

また今回の決勝戦では、はじめて自分の受講生とも舞台に立てたことも大きな喜びでした。国際税理士として活躍中で多忙を極めながらも通学を続け、私の勧めでトーストマスターズも2つクラブに入会した山田実花さんです。

 

 

先週はご主人が海外出張から帰られた後、体調を崩されて看病に追われ、その後お子様も病気になったり、前夜広島入りできたのが奇跡だと言われていた中、素晴らしいスピーチを披露してくれたようです。(このコンテストでは、スピーカーが控室で待つことが必要で、私はくじで順番が最後となりました。なので彼女のスピーチは観ることが出来なかったのです。でも、大会終了後に、色々な方々から賛辞が送られていて嬉しく思いました。)閉会式が終わるとまた直ぐにお子様の事で会場を後にしていましたが、彼女も大きな学びを得た大会だったことでしょう。

 

私は評議会に参加、最後の最後、東京に帰る途中でようやく、平和記念公園と資料館も再訪することができました。本当はもっと長く広島にいたかったですね。

 

 

さて、コンテスタントとして大きな学びを得た私ですが、東京に戻って早速、来週末に行われる朗唱大会決勝戦者の選出にも追われました。広島に行く前日まで179名の朗唱を聞いていたのですが、そこから12名の選出をしなくてはいけなくて、それは大変でした。何しろ舞台に出てもらいたいと思った人たちが50名近くに及んでいたので、そこからまたビデオも見直しをしてようやくファイナリストの発表も終えたところです。

 

この朗唱大会に加えて、山田実花さんも出場するスピーチコンテスト、そしてドラマやミュージカル、プレゼンまで、様々な発表の祭典が来週末にあります。参加者のみんなが今回私が感じ取ったようにたくさんの学びにつなげていってくれることでしょう。そしてみなさんも是非その彼らの姿を観に来てくださると嬉しいです。スケジュール等はこちらにあります

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

常々私が思うこと。それは「ネイティブみたいに英語を話したい、、、」等々考えているうちは、いつまで経ってもコンプレックスから抜け出せないということです。そこで、英語の特に発信力においては、「ネイティブを超える」ということを目指すべきだと思っています。現実的な目標としても可能なことですから。

 

今広島に来ているのは、2014年のスピーチ世界チャンピオンのお話を聞くためだとお伝えしていましたが、ダナンジャイナさんは、スリランカ人で英語は第3言語だそうです。しかし、昨日、そして今日とワークショップや講義に参加したのですが、ネイティブを超えた英語の発信力の持ち主としてお手本のような人だと感銘を受けています。

 

 

さて今日は日本語の即興スピーチコンテストもありました。「もしあなたが宇宙にテーマパークを作るとしたら、どんな施設を作りますか」というお題に、即座に皆さん卓越したスピーチを披露していました。

 

 

いよいよ明日は、私も出場する英語スピーチコンテストですが、どんなお題が出るか分からないので、もう考えるのは諦めています。何とか、皆さんに聞いて良かったと思ってもらえるようなスピーチが出来るように祈るだけです。

 

また夜には懇親会があったのですが、そこで嬉しい驚きがありました。

 

 

英語の歌の披露があったのですが、その歌姫は、何と昔私と東京松本英語専門学校で同級生だった伊都子さんでした。

 

 

私に気がついて声がけしてくれたのですが、実に37年ぶりの再会。彼女の若さにびっくり!

 


さぁ、明日苦手なテーブルトピックス。見事に綺麗に散ってきますね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今から広島に行ってきます。先月お伝えしたようにテーブルトッピクスの大会に出場もしますが、トーストマスターズ広島大会への出席と、2014年のスピーチ世界チャンピオンになられたダナンジャヤさんの講演も聞きたいからです。

 

広島に行けるかたはぜひ。 

 

 

世界大会でのスピーチは圧巻でしたよ。

 

 

こちらがその時のスピーチです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まさかのトランプ大統領誕生。16年前のブッシュVSゴアの時のように、一般投票数(popular votes)では下回ったものの選挙人数(electors)で上回っての勝利でした。

*ちなみにpopular votesは人気投票という意味ではありませんのでご注意を。

 

なぜ世論調査の結果まで覆すような結果が生まれたのか、様々な論評が飛び交っていますね。そんな中、今日皆さんと是非シェアしておきたいのが、Concession Speech と呼ばれるヒラリーの敗北宣言スピーチです。4年前もオバマに敗れたロムニーのスピーチを取り上げましたが、平和的な民主主義を守るとてもすばらしいしきたりです。相手候補を厳しく糾弾する選挙を終えて、実は一番美しく、その人の考えや人となり、品格が一番素直に出るのが敗北宣言スピーチなのです。

 

ヒラリーは、一晩開けての時間もあったからでしょうが、12分間と、通常より倍長い敗北宣言スピーチを先ほど行いました。歴史上おそらく、一番難しいと思われるような局面を迎えての敗北宣言でしたが、誠に見事な多くの人の心を打つ秀逸なスピーチでしたので、動画と全英文をこちらに載せておきますね。

 

ちなみに終始涙目だったビルクリントンと、シャープな目つきのヒラリーも対照的でしたが、ちょっと話題になっているのが二人がきらびやかな紫を服のセンターに持ってきたこと。紫は弔いの意味や、崇高さや富や権威も表す色だそうですが、また同時に赤と青の混ざった色、すなわち党の差異を超えて一つになることを訴えていると、Vogueのサイトで早速記事が載っていました。

 

 

 

さて、それでは、まさしく品格溢れる感動的なスピーチをお聞きください。またこの後ホワイトハウスにて、オバマ大統領がこれまた難しい局面で行った、大統領らしい見識と人柄溢れたスピーチも最後にアップしておきますね。

 

 

Last night, I congratulated Donald Trump and offered to work with him on behalf of our country. I hope that he will be a successful president for all Americans.

 

This is not the outcome we wanted or we worked so hard for, and I’m sorry we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country. But I feel pride and gratitude for this wonderful campaign that we built together—this vast, diverse, creative, unruly, energized campaign. You represent the best of America, and being your candidate has been one of the greatest honors of my life.

 

I know how disappointed you feel, because I feel it too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be for a long time. But I want you to remember this: Our campaign was never about one person or even one election. It was about the country we love—and about building an America that’s hopeful, inclusive, and big-hearted. We have seen that our nation is more deeply divided than we thought. But I still believe in America—and I always will. And if you do, too, then we must accept this result—and then look to the future.

 

Donald Trump is going to be our president. We owe him an open mind and the chance to lead. Our constitutional democracy enshrines the peaceful transfer of power, and we don’t just respect that, we cherish it. It also enshrines other things—the rule of law, the principle that we’re all equal in rights and dignity, and the freedom of worship and expression. We respect and cherish these things too—and we must defend them.

 

And let me add: Our constitutional democracy demands our participation, not just every four years, but all the time. So let’s do all we can to keep advancing the causes and values we all hold dear: making our economy work for everyone, not just those at the top; protecting our country and protecting our planet; and breaking down all the barriers that hold anyone back from achieving their dreams.

 

We’ve spent a year and a half bringing together millions of people from every corner of our country to say with one voice that we believe that the American Dream is big enough for everyone—for people of all races and religions, for men and women, for immigrants, for LGBT people, and people with disabilities. Our responsibility as citizens is to keep doing our part to build that better, stronger, fairer America we seek. And I know you will. I am so grateful to stand with all of you.

 

I want to thank Tim Kaine and Anne Holton for being our partners on this journey. It gives me great hope and comfort to know that Tim will remain on the front-lines of our democracy, representing Virginia in the Senate. 

 

To Barack and Michelle Obama: Our country owes you an enormous debt of gratitude for your graceful, determined leadership, and so do I. 

 

To Bill, Chelsea, Marc, Charlotte, Aidan, our brothers, and our entire family, my love for you means more than I can ever express. You crisscrossed this country on my behalf and lifted me up when I needed it most—even 4-month-old Aidan traveling with his mom. I will always be grateful to the creative, talented, dedicated men and women at our headquarters in Brooklyn and across our country who poured their hearts into this campaign.

 

For you veterans, this was a campaign after a campaign — for some of you, this was your first campaign ever. I want each of you to know that you were the best campaign anyone has had. 

 

To all the volunteers, community leaders, activists, and union organizers who knocked on doors, talked to neighbors, posted on Facebook—even in secret or in private: Thank you. To everyone who sent in contributions as small as $5 and kept us going, thank you.

 

And to all the young people in particular, I want you to hear this. I’ve spent my entire adult life fighting for what I believe in. I’ve had successes and I’ve had setbacks—sometimes really painful ones. Many of you are at the beginning of your careers. You will have successes and setbacks, too. This loss hurts. But please, please never stop believing that fighting for what’s right is worth it. It’s always worth it. And we need you keep up these fights now and for the rest of your lives.

 

To all the women, and especially the young women, who put their faith in this campaign and in me, I want you to know that nothing has made me prouder than to be your champion. I know that we still have not shattered that highest glass ceiling. But some day someone will—hopefully sooner than we might think right now. 

 

And to all the little girls watching right now, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world.

 

Finally, I am grateful to our country for all it has given me. I count my blessings every day that I am an American. And I still believe, as deeply as I ever have, that if we stand together and work together, with respect for our differences, strength in our convictions, and love for this nation—our best days are still ahead of us.

 

You know I believe we are stronger together and will go forward together. And you should never be sorry that you fought for that. Scripture tells us: “Let us not grow weary in doing good, for in due season, we shall reap, if we do not lose heart.”

 

My friends, let us have faith in each other. Let us not grow weary. Let us not lose heart. For there are more seasons to come and there is more work to do. I am incredibly honored and grateful to have had this chance to represent all of you in this consequential election. May God bless you and God bless the United States of America.

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

おととい5日土曜日は朝10時から夜9時まで朗唱ブートキャンプがありました。それを挟んで10時間のワンデーコースも、帰国翌日の3日と6日に2回あり、さすがに少し疲れたものの、参加者の熱心さのお陰もあって素晴らしい週末となりました。

 

スピーチを通して、大勢の人たちとつながれるようになるためには、様々な要素が必要です。技術的なこと、英語的なことにも必要ですが、心身から湧き出るパワーやエネルギー、開かれて素直な心も必要です。

 

 

全身全霊込めてメッセージを聞き手に伝える、そんな話し方を練習できるのも、講師はもちろんのことながら、参加者同士の助けがあってこそ。ブートキャンプはやはり素晴らしい環境と効果をもたらすと、改めて確信しました。

 

 

そして次回は2月25日土曜日に決定!キング牧師の I have a dream スピーチ、いよいよ本当に最後のパートをカバーします。あの歴史を大きく変えたパワフルなスピーチからもっともっと多くの人が学びを得て、活用してもらいたいと真に願っています。多くの方達のご参加をお待ちしています。

 

夜の予選会参加者の皆さんと

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明日は朗唱ブートキャンプ、そして夜から朗誦大会の予選初日を迎えます。200人近くの朗唱を聞くので、正直大変ではありますが、本当に楽しみにしています。何しろ、回を増すごとに皆のレベルが上がっていることを実感しますし、またその中でも、「おっ!ついに出て来たな!」と思わせてくれるような、壁を突き抜けるような成長ぶりを見せてくれる人にも遭遇できるからです。

前回夏の大会でも、そのような人達を多く目撃しましたが、新人戦で優勝した Aya さんはその代表格の人でした。入学してから2年半以上経って初めて、新人戦のファイナリストに選ばれ、そして優勝。努力は裏切らないこと。チャンスを確実に捉えて頑張っていると、たとえ途中で進歩も留まっているかのような感覚に襲われるくらいの壁にぶち当たることがあっても、ある日突然超えることが出来るということを実証してくれたのです。

 

 

仕事で英語が必要な部署に異動となったからと、入学した時は、今からちょうど3年前でFORWARDの秋の発表会が週末に控えていた時でした。発表会直前の最後の発表会(ドラマ・プロジェクトワーク)クラスから出席することを勧めたことを覚えています。突然最後のクラスに出ることを躊躇う人もいますが、彼女の場合は違いました。私のアドバイスにも素直に従って、クラスに参加し、その週末の舞台(レ・ミゼラブル)に立っていました。当初は決して目立つようなタイプのような人では無かったのですが、それからというもの、常に安定して頑張っている姿を私も目にしてきました。そしてドラマでも見事な演技も見せてくれるようになり、今年の春からは上級ドラマ・プロジェクトワーククラスのリーダーにもなっていました。そして夏の朗唱大会での優勝でした。

 

今日ブログで紹介するにあたって、Aya さんからは以下のメッセージをもらいました。

「英語は私にとって最大のコンプレックスでした。ですから、初めての人前でのレシテーションの後、緊張とそこから解放された安堵感で泣いてしまったくらいです。 そんな私でも2年半の後、コンテストで優勝することができました。正直、レシテーションには怠け者ですが、コツコツと積み重ねた結果かもしれません。

 

今回、advanced classでリーダーを務めていますが、ベテランばかりのクラスで、リーダー未経験者が他におらず、手を挙げました。遠慮なく言い合えるクラスで楽しんでいます。 先日、アメリカ人の上司が日本人の上司に、私の英語がかなり上達しているのを知っているか?と聞いていました。直接褒められるより、嬉しかったです。まだまだ、コンプレックスは克服できてはいませんが、一歩踏み出せた気がします。」

 

初めて朗唱をした時は泣いてしまったくらい英語にコンプレックスがあったとありますが、その後、仕事では海外のスタッフとメールのやりとりだけでなく、電話でも臆することなくスピーディーに出来るようになったとも聞いていました。そして上司から上司への褒め言葉もあったと今回私も初めて聞いて嬉しい限りです。

 

夏の朗唱大会ダイジェスト動画を是非ご覧ください。1番目に登壇したAyaさんに続き、他のこれまた格段の進歩を見せてくれた新人戦ファイナリスト達の素晴らしい朗唱も是非。最後にノーカットでAyaさんの朗唱が観れますが、特に後半部分から圧巻でした。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)