石渡誠 Language Teaching for a Better World

Language Teaching Revolutions Inc.
FORWARD代表 石渡誠

NEW !
テーマ:
顔だけ比べてもあんなに小さい4歳のAkisato君、まさにミラクルな朗唱を先日ご紹介しました。どうしたらあんな子が育つのか、親は誰?なんていう反響も頂きました。今日の動画を観て頂ければ答えが分かりますよ。



昨日は『2016年春・朗唱大会新人戦ダイジェスト動画』をアップしましたが、本日は『2016年春・朗唱大会「ベテラン戦」ダイジェスト動画』を観てください。

ベテラン戦は、過去決勝の場に立ったことがある強者揃いの中から選出された大会です。さすがにみんな上手で選ばれるだけでも大変なこと。


そして、その中で前回優勝したのは、はい、あのミラクルボーイの母、Asha ことAtsuko さんでした。


表彰ではAkisato君、そしてミラクルボーイ父のChikaことChikayoshiさんも壇上に。実はChika もベテランリーグに属していて、3度も決勝に進んでいます。Akisato君は、毎回両親の練習を見ていて、自然とスピーチを覚えているそうです。


それでは、前回の決勝進出者の朗唱をダイジェストで、そして表彰式とAshaの全朗唱をご覧ください。



いよいよ今週土曜日は、夏の朗唱大会が行われます。決勝進出者名を昨晩発表したところでした。また後日、そちらの様子も動画でご紹介しますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週末に夏の朗唱大会決勝戦があります。春の大会から今回はインターバルが短かったので、あっという間の感があります。

お約束していた春のダイジェスト動画も、ようやく出来上がってきました。今日はNewcomersリーグと呼ぶ新人戦をアップしますね。新人戦と言っても、過去決勝戦に進めなかった人達が、在籍年数に関わらず所属しているのが Newcomers リーグです。


ブレークスルーを迎えるのには、時間がかかる人もいますが、練習は嘘をつかないものです。頑張り続けている人達は確実に花を咲かせます。そんな人達を代表して選出された7名の朗唱ダイジェストをぜひご覧ください。



ご覧頂いた通り、優勝を飾ったのはMariko。何と入学したからたった3ヶ月、文字通り新人での快挙でした。苦労したと思いますが、思い切った感情移入が、観ている人達の共感を呼んだのでしょう。おめでとうございました。

次回はベテラン戦のダイジェスト動画をお届けする予定です。同じスピーチでも全く違うようにさえ聞こえるのも朗唱の面白いところです。そして優勝を飾ったのは、、、実は前回紹介した4歳の最年少出場者のお母様だったのです。お楽しみに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日までの5日間に渡って、ング牧師のスピーチ朗唱予選会があり176名が参加してくれました。スピーチ朗唱大会は年に4回開催していて、今年で10年目。年齢制限はないために、これまでも大人に混じって、下は中学生から参加してくれて面白い大会になっています。

という中で、今回歴史を塗り替えてくれた新たなチャレンジャーが登場したのです。何と4歳の園児が、大人でも緊張のあまり、まっすぐに立つことすら本当に難しいような場で、一つも言葉を間違えることなく、堂々と朗唱を披露してくれたのです。


実はご両親がFORWARDに通学していて、2人の朗唱練習を聞いて自然にスピーチを覚えているそうです。そのことは私も昨年から知っていて、前回の大会でも、家で朗唱しているビデオをご両親が送ってくれて観ていました。

しかしまさか、4歳で正式にエントリーしてくれるとは、それだけでも驚きでしたが、あの見事な朗唱には、会場の皆が感動してスタンディングオベーションでした。家ではもっと元気いっぱいで、動きもとりながら朗唱するということでしたが、いやはや、本当にしっかりと立ち続けるだけでも難しい、あの場で、あれほど完璧にやり遂げるとは、これからが楽しみです。

ぜひ皆さまもご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日あなたは何回笑顔を見せましたか?最近日本でも、健康ブームがさらに高まっているようですが、笑うことこそ一番体に良いかもしれませんよね。確かに笑顔が消えていると、心も体も疲れていくような気もします。

今日私が笑った回数は??分かりませんが、こどもは毎日平均400回も笑うそうで、圧倒的に負けている気がします。(苦笑で私には1回追加?) 

さて、春の発表会アルバムも今日で最終回です。14番目に登場したグループは、この笑いについてのプレゼンで会場を笑いの渦に巻き込んでもくれました。


*14) 日曜プレゼンチーム 「笑」
何と大人が1日に笑う回数は、平均で17回しかない。「笑うから幸せになれる」Laughter is the best medicine と言われる笑いの効果と、その効果をさらに高めるための笑いについてのプレゼンでした。



Laughter Yoga にも参加しての体験談を、会場の皆と一緒に実践してみたり、たとえばペットの笑い顔が人間の笑顔も誘ったり、一人でいるよりも、仲間といるほうが30倍も笑う機会が増える等々、ジョークを沢山混ぜながら、実際にオーディアンスを笑わせ続けることに成功したプレゼンでもありました。


お金も物もいらない、究極の健康法でもあるのが笑いかもしれませんね。また笑いは笑いを呼ぶ、笑っている人達と一緒にいると、引きつられてさらに大きな笑いもできるようになりますよね。心から笑えるような毎日を過ごせるためにも、笑顔の仲間を増やすことも大切で貴重なことです。

嬉しいことに彼らから、「FORWARDの別称、English School for Change をEnglish School for Laughter に改名したらよろしいのではないでしょうか。」と提案も頂きました。学びの場でも本当に大切なことですよね。スクールに来ると笑える。そしてさらに笑いの数も増えるような、そんな環境作りも心がけていきたいと思います。


さて、これから朗唱予選会の3日目が始まります。朗唱予選会でも、また皆の笑いや笑顔を楽しみに行ってきますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「7/29の英語教員向けセミナーの講師は石渡先生ですか?」というお問合せを頂きました。先日このブログでもお伝えした、エデュリンクさん主催の英語指導法講座シリーズ、来週の朗唱を通してのアクティブ・ラーニング実践講座の件です。


お問合せありがとうございます。もしかしたら、同じ質問がある方もいらっしゃると思いますので、こちらにも答えておきますね。はい、午後5時半から8時まで全て私が担当します。

「英語は暗記するもの」と勘違いされがちなようです。英語は「暗記するもの」ではなく、「覚えるもの」だいということ、そして英語を覚えるためには、「暗唱ではなく朗唱」が最大限の効果を発揮する理由、そしてその指導法を頭と体で理解して頂けるように頑張ります。

申し込み締切日が明日に迫っているようなので、ご興味のある先生方は是非お見逃しなく。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いや、、、こんなことが起きるのですね。米国史に残るような珍事がおきましたので、やはり書かずにはいられません。数時間前に終了した共和党大会の初日が、こんなことになるとは誰が予測したことでしょう。

メラニア・トランプ夫人のスピーチが、8年前の民主党大会でのミシェルオバマ夫人のスピーチを盗用したと、現地の深夜から大騒ぎになっています。既に2人のスピーチを比較するいくつもの動画がアップされていますが、こちら分かりやすいですね。




もしかしてこれはスピーチの朗唱大会?いや、朗々と声に出していますが、朗唱としても、心から上手く伝えられていないので、落第かもしれない、なんて冗談言っている場合ではないかもしれません。もしかして、もしかして、トランプが見事にハメられてしまったのでしょうか。

あのオバマ夫人のスピーチは、多くの人の心に残っているものですから、政治に関わる人なら、もちろんトランプ陣営のメンバーでも気がつかないわけがありません。

明らかな盗用で、スピーチライターは即解雇になるとも伝えられていますが、真相はいかに。

少なくとも、メラニア夫人の練習を他の
トランプ陣営の人達が聞いていれば止めていたと考えますから、不思議ですね。

ところが何とメラニア夫人は、
登壇前の機内でのNBC独占インタビューに、「ほとんど自分で書き上げたので、練習もそんなに必要がない」というようなことも話しています。

もしそれが嘘でないとすると、彼女が何の悪げもなく8年前のミシェル夫人のスピーチからコピペをしてしまったことになります。スロベニア生まれで、10年前、36歳で米国籍を取得したばかり、英語は堪能ですが母国語ではないので、そのまま使ってしまったのかもしれませんね。

他人の言葉を断りなく引用することは、英語でplagiarismと言いますが、盗用という響きよりも重い行為となりますから、皆さんも少なくとも公的な場で、英語を引用する時は気をつけてくださいね。

とにはかくにも、メラニア夫人がしっかりと多人数の前で練習をしていれば、防げた事件でしょう。スピーチは大勢の人達の手助けが無いと良いものにはなりません。今回の彼女のスピーチも、堂々とはしているのですが、話し方も内容も大幅に改善できたように思われます。こちらがトランプの紹介を受けてから始まった、15分のスピーチ全編です。


それにしても、ブッシュ大統領をはじめ、共和党の重鎮も欠席をすることが伝えられている今回。あと3日間どのような
の共和党大会となるのでしょう。

最後に8年前のミシェル夫人の民主党大会でのスピーチも、アップしておきますね。こちらは2歳年上の兄クレイグさんに紹介からはじまり、それをカンザスから見ていたオバマがコメントをして終わっていますが、マリアとサーシャの2人も好感度を上げていましたね。(まだあんなに小さかった2人を観て月日の流れも感じます)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝、1日朗唱セミナーも増やしていきたいと書きましたが、実は教員用にも、新たなセミナーのご依頼を頂いていて、それが来週金曜日に迫っている事に気がつきました。いや、時間が経つのは早いですね。

教員採用や教員養成サポートをされているエデュリンク主催の「英語教員のための指導法講座シリーズ 」で、朗唱練習を通した指導法のワークショップをさせて頂きます。



朗唱とは、暗唱や暗記の指導とは全く異なるということ、どんなレベルの学習者にも楽しく、そして奥深い学びがあるということ。またどのように指導をすることが出来るのか等、実際に体験してもらいたいと思っています。

締切は今週の金曜日のようです。英語教員の方、また教員を目指している方は、ぜひ、こちらからお申し込みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は海の日。都会は祝日のお陰でとても静かですね。今日もセミナーでもしておけば良かったかな、何て思ってもいますが、休めない性分ですかね。一昨日の朗唱セミナーも、新たな試みをして楽しかったです。



3時間のセッション後に、初めての方達で希望者には、さらに5時間のセッションを重ねるという、『1日英語漬け朗唱セミナープログラム』にも8名の方が参加してくれました。

今まで体験したことのないような学習法に、最初は違和感や戸惑いを感じてしまった人達もいたようですが、1日いてもらったことで十分効果も体験してもらえたと思います。

初めての人達だけに焦点をあてて、1日中朗唱の練習をするプログラムも、定期的に実施していきたいと考えているところです。

さて、今週水曜日からは、朗唱予選会がスタートします。200名くらいの人達が参加して、その中でベスト16名が選ばれます。そういえば、前回春の大会での朗唱大会ビデオはまだだったので、近々そちらもアップしますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日紹介した『Joyする女医』ことQちゃんのブログ、スマホ用のサイトでは見れないようです。「私は『風に立つライオン』になりたい」というタイトルの素晴らしい投稿です。PCでは読めているのに何故でしょうかね。

英語発表会での写真をアップしてきましたが、偶然にも今回のグループはQちゃんがいた「Cats」を演じたクラスです。いや、手作りで作った衣装だけでも凄いですが、彼らの熱演ぶりが写真からもお分かり頂けるかと思います。


*13) 日曜朝ドラマチーム 「キャッツ」
衣装だけでなく、歌に踊りにストーリーに、本当に驚く程の出来栄えで、信じられないレベルの高さ。私も涙させられました。


どのクラスも、発表時間は23分間という制限があるのですが、見事にキャッツの世界を作り出していました。


有志のメンバーで北海道公演を観に行ったり、様々な事を、様々な人達が出来ること、したいことをシェアしたり、チームワークも抜群だったようです。


発表会アルバムも次回が最後のグループとなります。近いうちに発表会のダイジェスト動画もあげる予定です。キャッツをはじめ、他の発表の様子がさらによく見ていただけるかと思いますので、私も出来てくるのを楽しみにしています。


さて、早いもので明朝は朗唱セミナーがあります。また初めてトライする方のために、『1日英語漬け朗唱セミナープログラム』も新しく企画しました。通常のワンデープログラムに過去参加された人達とも、久しぶりに再会できそうで嬉しく思っています。皆様も良い連休を。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
心から尊敬できる素晴らしい人達と、一緒に入れるのは幸せですよね。有り難い事に、まさしくそのような人達が受講生として来てくれていることに、私は毎日幸せを感じています。

『Joyする女医』というペンネーム?で、先日受講生ブログに記事を投稿してくれたQちゃんも、一緒にいる人達を幸せにしてくれる人です。昨年の春に入学したばかりで、当時は英語が何も分からなかったということが信じられないくらい、今はイキイキと英語を使いリーダーシップも発揮しています。そしてその活躍ぶりは、本当に驚かされることばかり。

入学当初は福島から、そして今も栃木から毎週通学を続けています。乳がんの専門医として大学病院に勤務しながら、女性用の検診パンツを開発されたり大忙し。さらに先月は、ご自身でゼロから計画した乳腺センターをオープンされたそうです。が、なんとセンターのテープカット式典の大切な日の前日夜には、FORWARD英語発表会でミュージカルCATSの舞台にいたのです。

スーバーマンではないですが、この変身ぶりです!


そして、昨年からのご自身の変身の経過を、こちらのブログで克明に追って書いてくれました。

「忙しいなんて声に出しても忙しさは減らない。大変だと口に出した時大変になる。大丈夫、大丈夫。私は一人じゃない。」と結んだブログ、既に読まれた方からは大きな勇気をもらったというコメントも多く届いているようです。皆様もぜひご一読くださいね。(文中に出てくるPWというのは、ドラマプロジェクトワーククラス、MISは私のクラスのことです)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)