映画でもどうどす?

映画好き。
日がな一日映画を観てぼーっとしていたい…、
そんな映画感想&日常blogです。


テーマ:
お化けさんが、ぺろりってする
the EYE (アイ) デラックス版 [DVD]/アンジェリカ・リー,ローレンス・チョウ
¥4,104
Amazon.co.jp
角膜移植したら、
お化けが見えるようになり申した。




幼いころに目が不自由になった、マン。
角膜手術をして、ぼんやりと視力が戻ってきました。
病棟で同室の可愛い女の子インインも大喜びしてくれます。



が、視力が戻ると同時に変なものも視えるようになってきました。

病院で、おばあちゃんがいるので声をかけると、
ウギョェェェェーと奇声を上げて迫られる。
アパートに帰ると、男の子が「ボクの成績表知らんかね~?」と聞いてくる。
エレベーターには、向こう向きのおっさんが片隅に乗ってはる。
なのに監視モニターには映ってはらへん。


マンは、あの世のものが視えるようになってしまったのです。

カウンセリングのロー先生はそんなマンを心配してくれます。
美人だからか?



かつて入院していた病院にインインを見舞いに行くと、黒い影がインインを連れて行くのが視えます。
インインが亡くなった事を知るマン。


ローはいつの間にかマンとアチチになり、
マンが移植した眼の持ち主がタイの女性だったことを突き止めます。


実は彼女は自殺していたー。
そして彼女は、人の死を予知できる少女だったー。
故にみんなから嫌われてたー。

あれ?このへん「着信アリ2」とかに似てる気がするけど気にしないよ?

その霊感少女の娘さんは、毎日午前3時に自殺を繰り返してはるのです。
「自殺をしたら、永遠にその自殺の日を繰り返す」
らしいですよ、皆様。

霊感少女の母親が、
「どちくしょうめぇぇぇ、オカンが悪かったんじゃー、気づかんかったからすまんかったぁぁぁぁ」
と謝罪し、自殺の輪廻から逃れられました。


マンとローがタイから戻る時、
マンは、影のような人たちが大挙して逃げてくるのを見ます。

「事故が起きる、それも大規模な!!」
ピカラットしたマンは、渋滞中の車や売店のおっちゃん、家々に声をかけて回ります。
「ここは危ないから逃げて」

でも誰も信じない。


そして大事故が起こり、マンはせっかく予知という能力を持ちながらも誰お助けられない無力さを知るのです。
それは霊感少女が持った虚無感と同じ…。

爆風に飲み込まれそうになったマンを、
ローが庇いますが、
マンは飛んできた破片で目を傷つけ、
再び失明してしまうのでした。



しかしマンの側には…ローが…。

      おしまい



怖いお化けさんのアジアンホラー。
多分、ホラー怖い時代のアテクシなら、
しっこ漏らすほどビビるでしょう。

・襲いかかるババァ幽霊
・エレベーターの中にいる顔半分無いおっちゃん。

宙に浮いてる…浮いてるぅゥゥゥ!
・書道教室のお化け
・焼き豚ぺろぺろしてる母子お化け。
舌が長いわ!


こいつらが脅かし担当で、なかなかびっくりするインパクトです。
ぺろぺろされたん、食べたくないわ!


インインと一緒に撮った写真。
そこに映ってるのは誰?
「マン…君だよ?」
しかしマンが鏡の中に見ていたのは全く別の人物だったのです。

このへんは巧いなぁ!

マンが見ていた自分の顔は、
角膜を提供してくれた人の顔。

マンが見ていた悪夢も、
その人の記憶。


そんで前半のホラーのまま行ってくれるのかとおもいきや、
後半は、角膜提供者の少女のかわいそうな話からの、
ディザスタームービーに。

どんなに予知能力を持っていても、
たった一人の女性の力では、
運命は変えられない。

シビアです。
リメイクでは、ここはみんな助かるらしいですが。


そしてせっかく手に入れた視力も失ってしまうマン。
それでも手に触れる所に、ローがいてくれる。
マンのモノローグが美しいですよ。
ちょっと古い映画ですが、おすすめ。

これ、以前にもレビュー書いたかもしれないんですが、こっちに引っ越したところにはなかったので、書き直しました。

インインちゃんが可愛くて、
天国に召されたところでは思わず涙。
いじらしい…。

わいは泣くでぇ!
ポチ、押してほしいでぇ!!
     ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ふみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。