映画でもどうどす?

映画好き。
日がな一日映画を観てぼーっとしていたい…、
そんな映画感想&日常blogです。

いらっしゃいませ。

こちらは、映画の感想と日常的な物が混じりング(現在進行系)なブログです。

基本コンセプトは
・ネタバレ
・アホアホ
・たまにイラストが付くYO


ホラーに目覚めたのが、ちょっと前からなので、
有名ドコロの名作を観ていなかったり、
観てても忘れてたり。

レンタル中心なので、最新の映画の感想は少ない…と言うか皆無に近いです。

当ブログの最大の売り(?)は、
ホラー映画の中に「おめんたまグサリシーンがあるや否や!」を明記してるところですかしら。

だって自分がおめんたま苦手なので、
心の準備が必要なんですもの。

ホラー上級者の方には、
「ヌルい!」
と怒られそうですが、
苦手な方、
初心者の方、
グロがあるかどうか確かめたい…、
そんな方に活用していただければ幸いです。



ホラー超苦手!
怖くて読めない…って皆様へ。
カラー文字の部分だけ読み飛ばしていただいても、
大体のあらすじがわかる
ようにはしてありますのでご安心を。

あ、ホラー以外の感想もたまにありますカラー。

こちらからお探しいただけると、簡単かも。
   ↓
★映画一覧表2013★
★映画一覧表2014★
★映画一覧表2015★
★映画一覧表2016★

また、読者は承認制とさせていただいております。
申請前に、
「読者申請について」→■
こちらの記事をお読み頂ければ幸いです。
NEW !
テーマ:

 

コレジャナイが「別物」に進化した!

 

 

エレンが巨人になって、

別の巨人に捕まって、

わ~たいへ~ん(棒読み)。

つよポン、メガネ似合うv

 

 

 

 

エレンがまだ幼いころ、お父さんが注射を打ちました。

お母さんは「オノレは自分の息子に何さらすんじゃー」と怒りますが、

お父さんとお母さんは、政府かなんかに捕まります。

 

 

ここで、エレンにはお兄ちゃんがいるっぽい伏線。

 

 

ピエール瀧(=ソウダ)の手で救われたエレン…。

 

 

という過去回想が戻ったところで巨人になったエレンが意識を取り戻したー。

ギャッ!拘束されてるやん!

 

!滝汗滝汗滝汗滝汗!

 

 

中央政府のエライさん、クバルは、

「チミは人間なの?それとも巨人?」

と尋ねはります。

 

 

なので応えました「ワイはオール阪神や!」

「死刑」

「あ、嘘です、人間です、いいないいなにんげんっていいな!」

 

ガーンガーンガーンガーンガーンガーン

 

 

アルミンたちが援護してくれますが、憲兵隊は殺す気まんまん。

ピエール瀧ことソウダさんは、あっさり殺された。

 

 

エレンピンチ!

その時鎧の巨人が現れ、エレンを奪っていきましたとさ。

けんぺいたいはぜんめつ、ちゃららら~。

 

 

 

エレンが意識を取り戻したら、白い部屋にいました。

ジュークボックスから音楽が流れてはるよ。

 

 

シキシマが、やってきます。

「本当の敵は人間だ」

エレン、ファッ?

!?ポーンポーンポーンポーン!?

 

 

そうして巨人の成り立ちを説明してくれます。

 

 

巨人はある日突然発症した。

もしかしたら兵器ちゃうかとも言われてる。

誰がいつどこで巨人化するのかわかんなくて、リンダ困っちゃう。

 

 

みんな疑心暗鬼になる中、巨人はどんどん増えて人を食っていきましたとさ。

 

 

なんじゃこりゃ、ゾンビ設定やないか!

(マダム心の声)

 

 

巨人にならなかった人たちは、壁を作ってそこにすみました。

平穏なように見えますが、みんな考えることを忘れた家畜やで!

 

 

ちょっと壁の外見に行こかっていう話が起こった時、

巨人が現れよったやろ?

出来過ぎてると思わへんか?

 

 

中央政府や!

中央政府が色々噛んどんねん!

せやから、ワイは中央政府を倒すでぇ。

 

 

わー、シキシマさん、オレも戦います。

よっしゃ!

 

 

 

 

 

その頃アルミンやサシャ、そして我らがハンジさんは、

モンゼンにあった不発弾を使い、エレンの力で壁を塞ごうと画策。

 

 

そんなハンジさんと愉快な仲間たちの前に現れるシキシマの部下たち!

 

 

一瞬、緊迫感が漂います!

そんな中でも、シキシマ率いる兵士たちの持つ兵器にすっかり夢中なハンジさん。

空気読めーーーー!

 

 

シキシマは、この不発弾で残っている二つの壁を壊し、巨人たちを壁の中に入れる、そして中央政府を転覆させるんやという壮大な構想を披露。

そのためには市井の民草は犠牲になっても仕方ありません。

 

 

 

 

「ちょ…そんなことは許せねぇ」

シキシマはエレンに対し「がっかりした」と言いながらミカサにチュウ。

 

♂ちゅーちゅーちゅーちゅー♀

 

 

「な…なんばしょっとねー」と怒るエレン。

 

 

シキシマ隊から逃れるため、どっこい大作が体を張ります。

 

 

 

 

シキシマが「心臓を捧げるってのはこういうことだ」と厨二くさいセリフを吐きながら、心臓を己の剣で刺し貫きはると。

 

 

なんということでしょう。

シキシマは鎧の巨人になりはった。

 

 

アカン…これ…アカンやつや。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

鎧の巨人に戦いを挑むアルミンたちですが、敵うこともなく。

結局エレンが巨人化して、戦うことに。

 

 

ふんごー!

がおー!

なぐるぞぉぉぉ!

こっちもなぐるぞぉぉぉ!

 

 

なんかもう、巨大ロボットものみたいになってはる…。

タラー笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣きタラー

 

 

 

始終優勢だった鎧の巨人ですが、

エレンの必殺真空飛び膝蹴りにやられ沈みました。

 

 

アルミンは、不発弾を壁の上で爆破させ、穴をふさぐといいます。

言うのは簡単、するのはエレン。

 

 

巨人エレンが、不発弾を抱え、えっちらおっちら壁を登って行くよ。

途中で「アカンもうダメポ」となりますが、ミカサが「頑張れ」というので頑張りました。

 

 

わーい、穴が塞がるかも。

みんなが期待したら、死んだはずのクバルが現れ、

「皆さん良く出来ましたー。

皆さんに貴族のお漫才…じゃなくて、貴族の待遇を上げます。ルネッサーンス!

その代わりエレンはワシのもの」

 

 

「エレンは渡さんから!」アルミンが叫んでるんだ。

 

 

サシャが、クバルに向けて矢を放ち、クビに弓矢がグッサーグッサーと刺さったから、よっしゃ仕留めた!

 

 

ちゃいました。

なんということでしょう(二度目)

 

 

クバルは大型巨人でした。

 

 

もうわけわかんない。

 

くるくるゲッソリゲッソリゲッソリゲッソリくるくる

 

 

 

みんな戦いますが、でっかすぎて対応に苦慮。

残ってた仲間のジャンも瞬殺。

 

 

ハンジがロケットランチャー(?)を抱えやってきて巨人に攻撃。

しかし致命傷にはならず。

 

 

ぎゃー、もうダメポ。

 

 

そこへ死んだはずの(繰り返しが多い)鎧の巨人が現れ、

不発弾を抱えて、大型巨人に特攻。

 

 

なんか、シキシマ、巨人辞めるってよ。

そして、スクープ!「シキシマはエレンの兄だった!」

 

 

壁がどんがら崩れ、エレンとミカサが岩が雨あられと降り注ぐ中なのに、無事で。

ンナアホナーと思ってたら、

壁の向こうには、朽ちかけた街と、海が見えました。

 

 

うわ~~。

ほわ~~~。

となるエレンとミカサ。

 

 

呆然とする観客。

 

 

そしてエンドロールが流れたあと、

「実験体が二人壁から逃げよった」

という声が聞こえて。

 

     おしまい

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

ん~~~~~。

樋口さんは監督じゃなく、特撮の監督しとくだけにした方がいいんじゃないかなーと思いました。

 

 

巨人の戦いも、人間を蹂躙する姿も、

前編のほうが、まだしも頑張ってた気がする…。

 

これはあくまで個人の感想です。

 

 

 

巨人が身内からポコポコ出てくるのは、原作でもそうだから、まぁエエわ。

 

 

シキシマお兄ちゃん設定は、必要なんか?と聞かれたら、

別にいらんのんちゃうん?という気もしないでもないが、まぁエエわ。

 

 

一つだけなら、まあエエわで済むものが、何個も集まると、

アカンで、それはアカンで!になるやん?

 

 

 

成績表でも、オール1やったら、親もちょっと真剣に、

「これはマズイ」ってなるやん?

 

そういう感じ。

 

 

オール1の映画ではないよ。

殆どが2で、1が混じってる。

それくらい。

 

 

何がアカンかって、厨二成分が強すぎてガボーンってなるん。

原作も厨二臭いですよ?

でもアニメや漫画なら許されるけど、実写になったら許されへん部分ってのがあるやん?

 

 

一応頑張って話をまとめようとしたこと。

ここは評価します。

原作がまだ謎だらけなのに、

「オレの進撃は、こういう進撃なんじゃー」

うん、いいと思いますよ。

 

 

ファンの思い入れの強さが半端ないことは承知の助です。

何をしても「コレジャナイ」「別物」という評価になってしまうんやから、

開き直って「ワイの進撃」を撮りますから!

 

 

 

それはいいけど…。

なんで逆撫で要素を「これでもか」とぶち込むんやろう…。

 

 

ソウダが、前編でエレンが巨人化した時に「はよ延髄切ったらなアカン」というたのは、からくりを知っていたから。

そういう、美味しい伏線回収ポイントがあるのに、とりあえずサクッと見せといた。

アカンのんちゃうか?

 

 

そして巨人VS巨人という、怪獣映画ファンが涙する要素があるのに。

 

 

ナゼコウナッタ?

…と思ったのは、マダムだけじゃないはず。

 

 

あとさー、気になったんだけど、

絵コンテの段階で「ん?」と思わなかったのかな。

構図が似てるシーンが多すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直申しますと、こちらもマンガやアニメなら気にならない要素なんです。

しかし実写になると、構図のダブリってのが、痛々しいほどにわかっちゃう。

 

 

そんで、なぜに最後はキラキラ、ぱぁぁぁぁ~~~!なん?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

ぱぁぁ~~~~はアカンて。

恥ずかしいて、今時。

 

 

ぱぁぁ~~~~が様になるのは、

アベンジャーズクラス。

 

 

それでも、溜まりに溜まったカタルシスが感極まってのぱぁぁぁぁ~~やから許せるんであって。

F4がぱぁぁぁ~~したら「おどれー」ってなるんやって。

 

 

したらアカンことをしてしまって、

しなきゃいけないことをおそまつさんにしてしまった…。

そういう残念さが、

モッタイナイ。

 


原作を知らないなら、なんとか楽しめると思う。

原作大好き派は…血圧上がるかも…。

ハンジさんだけ見とけ!

ハンジさんだけ!!

 

サシャのじゃがいもの件は…あんなにあっさり渡したらアカン!

サシャは、じゃがいも一個にも固執する子や!

じゃがいものシーン、同感よ!と思ったらポチ!

       ↓

  にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。