12月20日 第13回目の情報リテラシー論の講義。

今回は進化する画像認識技術について学んだ。

▲講義ノート

 

今回の(自分的)講義まとめ

①最近の人々の画像検索エンジンはInstagram

→画像検索エンジンでよく使うものとしてはGoogleやYahooの画像欄。しかし最近ではインスタグラムのハッシュタグ機能を使った検索の仕方をする人が増えてきている。また、楽天とは違い、モデルじゃない素人でも写真を上げることができるので、ショッピングのツールとしても使われている。

 

②品番がない商品を買いたいときこそ、Instagramの出番

→写真を見ていて「これ可愛い!!」と思ったとき、Instagramなら、直接消費者にどこで買ったのかを聞くことができるし、実際に買ってみてどうだったかも聞くことができる。ネットショッピングの仕方も少しずつ変わってきているのだ。

 

③画像はいくらでもパクれるし、加工もできるのできをつける

→今は当たり前になってきている画像加工。ネットにあげる写真を加工しないことはそうそうないだろう。その画像加工をもってすれば、いくら自分の写真の角などに名前を入れて投稿しても簡単にパクることだってできるのだ。そのことを肝に銘じて写真投稿を行っていくことが重要だ。

 

今回はネット上での画像の在り方について学んだ。私もよくSNSに写真を投稿する。だが、ネットショッピングサイトに画像検索があるなどそこまで進化しているとは知らなかったし驚きだった。便利なものは扱いを間違えないようにしながら大いに活用していきたい。

 

講師:横田秀珠先生のブログ yokotashurin.com

AD