{B9B702B7-5789-485E-9588-0708F8DDEBD6:01}

第二弾 みっちゃんと行く自然栽培体験ツアー
 田植え編にご参加ありがとうございました爆笑


スタッフの八重子です。


{A74B14D7-1811-4B44-B05D-4BEBACDA4656:01}
前日の田植え準備中のうさぎひめさん


○さとうみつろうさんのブログ記事より


{8477D4E3-9AD7-43C0-ABCA-1A84C1F08F03:01}
前日の田植え前の浅野さんちの夕暮れの田んぼ


○そして参加者のみなさまのブログで早速レポを書いてくださり、ありがとうございますラブ


未央さんのブログ➡︎こちら

あははさんのブログ➡︎こちら

美弥さんのブログ➡︎こちら

ユキちゃんのブログ➡︎こちら

佐保ひめさんのブログ➡︎こちら

ちぇるちゃんのブログ➡︎こちら

スタッフのうさぎひめさんのブログ➡︎こちら


また見つけましたら、リンク貼らせて頂きますニコニコ



感想を拝見して、田植えを通して自然に触れる体験で、懐かしさを感じたり、五感を使ったり、おにぎりが美味しかったり

色んな体験をされた様子を聞いて、嬉しくて感激中です照れ


私もイベント終わったら、やりきった感で
一気に力抜けて、帰りの車の中で気づいたら
朝まで寝ていたガーン


三芳インターで爆睡してしまった模様びっくり


結局岩手から来た阿部自然農園さんより
遅く帰る始末でした、トホホ


ぐっすり寝たら復活したので、私もこれから感想書いていきますね~


みつろうさんも書いていますが、私もとっても楽しかった爆笑


テーマにした江戸時代だけど、現代にあるものがなかったり、逆にあったりする時代。


そんなことをテーマにしたら、実際、私たちスタッフも、おにぎり握ろうとしたら


{02C4CC33-36A4-4CE8-A87E-4A5776134CBF:01}
しゃもじがないガーン

 

{755585E0-C34C-4206-8FD9-6E1570682CAB:01}
おにぎり握ったけど、敷物がないガーン

 

ないないが連発して、五感をフル回転して
しゃもじはお皿へ、敷物は、葉っぱで急遽代用しました。


あげくにはバスが到着して、笑扉(田んぼへ通じる入り口)の場所を知らす看板がないガーン


(全部、わたしたち運営側のミスです(≧∇≦)
スムーズに行かないなど、みなさまへ大変ご迷惑をおかけしたこと、本当にすみませんでした)



看板は、代わりにみなさんの感を借りて、最後は子供たちの直感に従い、無事に森を抜けて田んぼへ到着することが出来ました✨
ありがとうございました爆笑


そんな感じで、ないならないでみんなの五感をフル回転することで、みごとクリア✨


こんな風に裏側でも、強制的に⁉️便利じゃない次元へタイムスリップしたようでしたチュー


完璧じゃなかったからこそ、みんなの力を借りて、一丸となったり、繋がれたり。



{8FFAD895-E8B3-479D-9F9B-3CA380CEF67C:01}

一見マイナスなことが、終わってみたら、それで良かったんだ~~って笑に変わり、現実がギャグに変わり


{94A886CE-9CFD-4B8F-A499-3C879111F1EE:01}
引き寄せの達人⁉️浅野さん



みつろうさんの言う
起きたことが、一番イイコトだと、知る行為です。


私は、まさにそれを体験した1日でした爆笑



参加くださったみなさま、みつろうさん、ご家族のみなさま本当にありがとうございました照れ


そして早くも、草取りに行きたい❗️収穫に行きたい❗️との声を参加者さんから頂きます。


また決まり次第、連絡させて頂きますので、今後とも何卒よろしくお願いしますニコニコ


{4B666763-280A-4DCA-9351-B7AA9D0934E3:01}
浅野さんちの田んぼの周りにはクローバーで除草いらず✨


AD

{6CD8CD60-09B7-4FA9-B61E-6559BAD880B2:01}
東京の浅草にアミューズミュージアムとゆう
美術館があって 

むかしの青森の農民が着ていた麻服がたくさん
展示されています。


実際、手でさわったり、写真を撮ったりするのも自由✨青森生まれの田中忠三郎さんのコレクションです❤️


その中に、今は亡き黒澤明監督の1990年の作品『夢』で使用された衣装が展示されていて


⬆︎とか⬇︎の写真は、実際、田中忠三郎さんが黒澤監督のために、青森の農民が実際に着ていた野良着を集めて、映画の衣装に使ったもの。


{8D8EB639-38CC-4502-82B4-328F90DD44FB:01}
昔の青森の女性たちは、こんな可愛い衣装で
畑や田んぼの作業をしていたのですね✨


映画の映像ものどかな水車と河で美しい風景✨


私はすっかり萌え~~ラブ
と憧れてしまって、またむかしの衣装で田植えが出来たら良いな~~と思っていました。


{825FF514-29B5-4616-BA16-8C28C6B3D4F5:01}
これは、7年前くらいかな?松田マヨネーズさんに平飼い卵を卸していた養鶏屋さんが主催した時の田植えの写真。


{4A9060A4-0E89-4379-BDC1-36038A7286EC:01}
(写真はカネザワさんさんより拝借)
この時の赤い腰巻を付けて、昔の野良着で田植えをしたワクワク感と、昔にタイムスリップするような鮮やかな女性達の姿が忘れられず照れ



この主催の養鶏屋さんに衣装を貸して欲しいと、この度交渉したら、快くオッケーくださいました口笛



○羽織➕赤腰巻を希望の方へ
◉今回、大人女性用上下セット12着を用意しました。

着用希望の方は、当日それぞれの集合場所にて、バススタッフまで申し出てくださいませニコニコ
先着順とさせていただきます✨


尚、集合場所の人数の割合で

・駅に集合の方
希望者で先着の方 7名


・車で集合の方
希望者で先着の方 5名

に当日お貸しします✨無料です❗️


※人数が殺到したり、同時に到着の場合は、ジャンケンで決めさせて頂きます✌️

◎注意
ちゃんとした着替え場所がないので、上はTシャツ、下は膝上までまくれるズボンなど、すぐに羽織や腰巻を脱着できる服装がオススメです✨



○着替え場所
羽織と赤腰巻をレンタルされる方もしない方も、参加者さん全員の方に共通事項です。


行きは、着替え場所がないので、すぐに田植えに入れる格好でお越しくださいませ❗️

終了後も手や足の汚れは、田んぼの近くの水場で汚れを落とし
ランチ会場にて着替えをして頂くようになりますので、よろしくお願いしますニコニコ



以上、質問などありましたら、コメント欄でもメッセージいただけると嬉しいです(*^o^*)




AD
{B8FC35C6-4B07-4D68-8092-3D9C450875D8:01}

田植えツアーまでいよいよ二週間を切りました❗️


ゴールデンウィーク中は、主催のちえの葉(わ)さんとツアースタッフのみゃおちゃんと岩手奥州市の阿部自然農園さんへ行って来ました✨


今回の田植えツアーで植えるための苗の準備をして来ましたニコニコ


自然栽培米農家さんは、病気のない元気な苗を育てるために

発芽するまで種を塩水に漬けるのが一般的な中



阿部自然農園では
泥水に付け、病気の菌を殺すとゆうよりは、良い菌も悪い菌も調和へ持って行く方法を取っています✨


⬆︎の写真は、微生物の状態が安定し、発酵した種の良い香りをちえの葉さんと阿部さんで確認しているところ❤️



今回植えるお米の種類は、さとうみつろうさんが以前講演会で


『この種類の米で豆乳ヨーグルトを作ったら、めっさ美味しい‼️けど自然栽培では、なかなか手に入らない、、ショボーン


と言わしめた、マボロシの種をゲットしたからです照れ阿部さんのおかげです✨


{831FFF56-8275-4B14-A4B2-9338EC59EB53:01}




{F0E81E27-6033-4C13-AD78-D3A3A3A6C517:01}

阿部自然農園さんで種を分けて頂き、そのまま岩手で4/29日に種まきをして来ました。



{2655D2BE-FE01-498E-8067-407FE0A3594E:01}
一週間後の5/6には、阿部さんから無事に芽が出たよ❗️と嬉しい報告が来ました✨


これからスクスク育ち、5/21には良い頃合いになる予定ですので、お楽しみにニコニコ




そして参加者の皆様へ、当日の服装と持ち物のお知らせです✨


{05C66CBD-C96A-4BAD-BB41-38015047CD86:01}

田植え時期は、晴れると暑いし、特に田んぼの水からの照り返しもあるので、いつもより日差し対策をすると良いと思います✨

逆に雨となると、肌寒い気温になることもあるので、雨合羽などで寒さをしのぐ対策もして来ることをオススメします❗️


◉服装
泥汚れしても良い格好。
(水がふくらはぎまでくるので、下は半ズボンや膝位までめくれるズボン、モンペなどがオススメ。上は日焼け対策に長袖Tシャツなどがオススメ)


◉手元
素手が良し。日焼けが気になる方は、長めのビニール手袋の指先をカットしたものや甲付きアームカバーもオススメ。


◉足元
お持ちの方は田植え用長靴や地下足袋。
無い方は、靴下をお持ちください。
素足もオッケーです✨が、稀に石などに当たったりすることもあるので、自己責任でお願いします(^-^)
(地面を踏みつけるので、親指が離れている靴下や五本指ソックスがオススメ✨長めだとなお良し)

※普通の長靴は、足元が取られて脱げてしまうのでオススメ出来ません。


◉持ち物
・帽子
(特にスゲ笠は、風が通り抜けて涼しいし雰囲気が出るのでオススメ。

・水筒や飲み物多めに
(田んぼ近くには自販機がないため)

・着替え
・タオル
・ビニール袋(汚れた服などを入れる)


◉あると便利な物
・雨合羽(雨時や寒さ対策に)
・日焼け止めやサングラスなど(日焼け対策)
・サンダル
(田植えが終わった後に足を洗って、乾くまでの間履く用)
・おやつ

以上、これから主催のちえの葉さんから参加者のみなさまへ、当日についてのメールが届きますので、よろしくお願いします❗️


もしわからないことや疑問などありましたら、こちらのコメント欄でも記入して頂けると嬉しいですニコニコ

AD
{6DC7F944-0C31-47FC-A0EB-8B59DB256CB2:01}

一週間前に告知をした、石井農園de玉ねぎ収穫のイベントは無事に終了しました爆笑


Facebookとブログで告知をさせてもらい、14名の皆さんが集まってくだいました。


自然栽培ツアーに参加してくださった方、みつろうさんのブログ繋がりで初めてお会い出来た方、今回も色々な出会いがありました❤️


おかげ様であっと言う間に収穫出来ました✨
ありがとうございました❗️


早速、ブログで繋がっていたemiさんが記事にしてくださいました➡︎こちら
ありがとうございますニコニコ


今回は、早生の品種の収穫でした。採れ頃になると⬆︎のように葉が倒れます。


{A7A128C8-016D-4E54-A084-C1D42248975A:01}

まずは、みんなで葉を鎌でカット❗️
人数もいれば、あっと言う間に完了です✨


{899B2CB6-407F-45CA-8B10-3111981B12FB:01}

石井農園長のお話も❗️

{69D17907-147C-43D0-B3D1-0B18838DFBE6:01}
みゃおちゃんは、以前こちらの記事に書いた土屋農園のTシャツを着て作業です✨

GWにみゃおちゃん、ちえの葉さんと共に、縁農エグザイルして、そのお礼に土屋君から頂きました照れ


{CEC6E607-C665-42E7-BD91-2DE758CA09C9:01}
たっくさんの玉ねぎを


{B418898B-72F1-44CB-9164-B7E612F8BF1D:01}
途中まで収穫したら


{666A7E54-154B-48BC-A037-A7841B5AD9EB:01}
石井君ちのお庭で、ランチタイムです✨


{4060BCA1-4D93-4308-9528-ECBE5C5BC27F:01}
カレーのルーとお肉以外は全部、石井農園の畑で採れた野菜✨

美味しい、美味しいとあっと言う間になくなりました照れ


{98C25961-73B2-4E11-893E-FA00ED5792C5:01}

ウェルカムドリンクには石井農園の人参ジュースや


{45236B79-F793-4779-9605-C316DBF493F2:01}
デザートは畑へ行って、自分で摘み取ったいちごを頂きました✨


{FF64FAF6-9841-4DF4-95CF-D9CA46D70984:01}

とにかくジューシー✨今まで食べていたイチゴの味は何だったんだろ(≧∇≦)美味しくてたくさん頂きましたラブ



{848C1304-20D9-4307-A11B-D63219EE0E6E:01}
お昼後は、気温も高くなって疲れがピークを迎えましたが


{DB16ACA0-7769-4734-A061-B75ED79B2B4B:01}
大人数とゆうこともあり、15時には



{8C85087C-61BF-4FB1-B496-898527CF8125:01}
なーんにもなくなりました✨
畑がスカスカです‼️


{2C4DBBFE-4407-449E-BF1C-63BC7FC4F761:01}
そして終了後は、3/6にみつろうさんとワラワーのみなさんで植えたジャガイモを観に


{EED4EA51-56BC-477D-8F5C-1597A406653A:01}
八町河原の畑へ


{F38287D2-F1D5-4C47-BC69-0F55B6B76320:01}
背は30センチくらいになって、全部綺麗に生えていましたよウインク



{C2F5255C-90C2-49D8-8CD3-01741CC65723:01}

スクスク良い感じでした✨


参加くださったみなさまありがとうございました‼️



{6DB7D6C4-D2BC-4297-A154-AE084A75FCCA:01}

5月21日(土)に第二弾 
☆みっちゃんと行く自然栽培ツアー☆
を行います~~✨


キャンセルにつき、あと3名
再募集します(^-^)/

3名の応募があり受付終了となりました❗️
ありがとうございました✨


前回は、埼玉上里の自然栽培農家の石井農園
さんで、人参収穫&ジャガイモ植えを行いました✨


◉当日の様子は主催の
みっちゃん=さとうみつろうさんの記事は➡︎こちらをどうぞ❗️


◉参加者さんのブログ記事
石井農園スタッフで運営のゆっこちゃんがまとめてくれてます➡︎こちらをどうぞ❗️


◉参加者のMinakoさんが作成した2分のダイジェスト動画。感動です✨➡︎こちらをどうぞ❗️



さらに終了後も、ツアーがきっかけで


○野菜作りに興味が湧いて在来の大豆を作り始めました!


○1日自然食を食べたおかげで、自然に野菜食(ベジ)になり、食が変わりました!


○おにぎりを作ってくれた自然食の店 サンスマイルさんで、自然栽培の野菜の宅配を取り始めました!


などの声を今でも頂きますニコニコ


ツアーで完了ではなく、その後も参加者のみなさんの生活の中で何らか自然栽培の余韻が続いているのがとっても嬉しいです照れ




そして、今回第二弾は、よりディープに自然栽培の土に触れてもらいたい‼️

裸足になって泥んこになって、微生物と触れ合って、米作りの楽しさをみんなでシェアしたい爆笑


とゆう想いで、第二弾は


☆みっちゃんと行く
茨城de田植えツアー☆を行います‼️



今回の主催は、ちえの葉(わ)さん。


前回のツアーで、デモンストレーションで人参サラダを作ったり、自然栽培を語った、小さな木村さん(奇跡のりんごの)と呼ばれるちえちゃんです!


場所は、のどかな田舎町。

{BB78E20C-4302-477C-B535-34138BBEB0BC:01}

森の中をてくてく歩いて行くと


{45B80770-DE7C-4063-BF8D-F45C7A11915F:01}
目の前に、ぱあっと田園風景が広がるのが、今回の田植えの会場✨


{1783D1A3-0FF9-41F8-A977-D00453E73037:01}

暑くなったら、木陰で休むのも良し✨


歌を歌いながら田植えをするのも良し✨


自由気ままに、土とたわむれるだけでハッピーになったり❤️


人との境界も気づいたら薄れて、声をかけあったり✨


そんな楽しい作業から、美味しいお米が出来上がります~照れ



{FD3AD28A-46CE-4CB4-A2D2-256EE3900E5A:01}
また今回は、赤い腰巻と羽織を12着お借りすることが出来ました‼️

当日の先着順で、希望者の女性の方には、昔ながらの格好で、田植えを行って頂く予定ですニコニコ
   詳しくは➡︎こちらをどうぞ!


(写真は、マキヤ地元工務店のカネザワさんからお借りしました✨)


{01BAE3BD-996A-41E6-A2EF-B49AF211DDF0:01}

⬆︎こんな感じ✨


作業が終わったら、お散歩してランチ会場で、自然栽培のお弁当を食べながら、みつろうさんと触れあったり、農家さんと触れあったり


物販もありますので、どうぞお楽しみに✨

☆1日の大まかなスケジュールは➡︎こちらをどうぞ❗️


☆詳細☆

○2016年5月21日(土曜日) 

○9:30~17:30
(移動時間含む。終了時間については0.5~1時間位前後することがあります。)

○定員  50名

キャンセルが出ましたので、
あと3名追加募集します❗️

3名の応募がありましたので、受付は終了とさせて頂きますニコニコ


○含まれるもの
おやつのおにぎり、自然栽培ランチ、バス、みつろうさんのトークショー


○集合場所 
電車の方:茨城県の荒
車の方:荒川沖駅から車で20分の場所

※荒川沖駅は、JR常磐線で上野駅から乗り換えなしで1時間の駅です。

○雨天決行

○参加費  1人(小学生以上) 8,000円

【追記】
☆子供の料金について☆
●0~2歳  無料  
ランチ&バス席なし(保護者のひざの上に乗る)の場合

●3歳以上 6000円


☆注意☆
※今回のツアーは、都内からバスは出ません。最寄りの駅の荒川沖駅、またはランチ会場に直接集合となります。

※車でお越しの場合も、電車でお越しの場合も、畑見学などの移動にバスを使用する為、同一金額とさせて頂きます。


☆申し込みについて☆


参加希望の方は
5/21田植えツアー参加希望と記入の上

①住所

②氏名
(参加者全ての方のお名前。子供さんは年齢も)

③人数

④電話番号

⑤バスの送迎が必要?または不要?

(今回茨城の荒川沖駅から車で30分の圃場となります。電車の方は、バスで荒川沖駅でピックアップ、帰りは駅まで送迎します。
車の方も圃場近くに駐車場がありますので、どちらでお越しになるかを明記ください)


①~⑤を明記して



☆予約受付先☆

ちえの葉(わ)さんのアドレス⬇︎まで
メールをくださいませ。

chie.ron4☆ezweb.ne.jp
(☆を@に変えて送信ください)


※詳しい集合場所、時間、詳細については追って連絡致します。