富山のフリーアナウンサー&ローカルタレント牧内直哉です。
社会人落語家・安野家仁楽斎 、劇団ばら団員(俳優?)としても活動中!
ラジオ・テレビ番組出演、スポーツ中継の実況、番組ナレーション、CMナレーション、イベントMC 等、
アナウンス&タレント業務全般の他、落語やお芝居、執筆などもしています。

出演などに関するご相談はお気軽にどうぞ。お待ちしております!
(【こちら (←クリック)】のメールフォームをご利用下さい)

【出演・活動情報】
◆レギュラー出演中のラジオ・テレビ番組情報は ⇒ こちら (←クリック)

「ラララ♪ばららくご」公開収録落語会

  日時:5月28日(日)13:30開演

  会場:FMとやま1F特別会場

  詳細は ⇒ こちら (←クリック)
FMとやま 「金沢競馬・競馬乗馬体験会」の案内役をしています
  次回開催は6月18日(日)、ただ今、参加者募集中です。

  詳細はFMとやま案内ページ ⇒ こちら (←クリック)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月24日(水) 12時25分02秒

ミクラスと祝う!

テーマ:ブログ

日頃からお世話になりっぱなしの寺岡夫妻からプレゼントをいただきました。
ウルトラマン手拭いとミクラスのフィギュアでございます。
サンドバッグ寺岡さん、ぷぅ風亭みるみるさん、いつもどうもありがとうございます。

手ぬぐいは「八つ裂き光輪」の柄ですね!
これは『抜けガヴァドン』を稽古しなきゃダメかしら!?



ミクラスの頭の大きさ、首のないところ、横顔が僕に似ています!

昨日(5/23)で50歳になりました。
子供の頃はもちろん、20歳、30歳の時にも、
自分がこんな(どんな?)状態で50歳を迎えるとは思ってもいませんでした。
まぁ、40歳の時には予感はしてましたが・・・汗。

僕は生まれた時、重症の新生児メレナという病気で命が危なかったそうです。
産科の先生や、医師だった祖父、その他、いろんな方のおかげで助かったと聞いています。
なので、ここまで(持病は幾つかありますが)それなりに元気でやってこられて、
それだけで感謝しています。ほんとうにありがとうございます。

もちろん、両親への感謝はここにわざわざ書くまでもないことです。
産んでもらった、育ててもらった・・・ということだけではなく、
長男なのに実家のことは何もせず、この歳になるまで好き勝手にやらせてもらってます。
これに関しては弟夫婦にも感謝しています。

『ホンマでっか!?TV』で武田邦彦先生がよくおっしゃっている
「50歳以降の人生はオマケ」という説には、概ね納得している自分がいます。
一方で、それなりに幾つもの欲望は持ち続けています。それは仕方ないですよね。

ということで、備忘録的なことも書いてみました。
50代の牧内直哉もよろしくお願いします(^^)/
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017年05月22日(月) 23時42分03秒

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

テーマ:映画
『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
(上映中~5/26:シアター大都会)
公式サイト:http://ame-hare-movie.jp/

突然の交通事故で妻を亡くしたのに、悲しみを感じないエリート銀行員のデイヴィスが主人公。
銀行員と人気作家の違いはあれど、社会的に成功している男が妻を失っても・・・という設定は、
西川美和監督の永い言い訳と重なり、どうしても比較してしまいます。
それについての結論からいうと、あれもこれも面白く鑑賞しました。

デイヴィスの感情がどこかへ行ってしまっている。それは、妻が亡くなる前からです。
それまでも見えてはいたけれど気がつかなかったことがある。ということに気がつきます。
そうなると、最終的に気付いたのは何だったか?うん、そうなるよね。だよね。
・・・と、分かりにくい書き方ですが、はっきり書いても困るでしょ。

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』は邦題。なるほど、そう来たか・・・。
原題は『Demolition』、「解体」という意味です。確かに、デイヴィスは解体しまくっている。
「心も機械も修理するには、全て解体して、隅々まで点検して、組み直すことだ」
と義父から言われた彼は、冷蔵庫やパソコン、あんなもの、こんなものまで・・・。

でも、その時に彼がしていたのは「解体」ではなく「破壊」だったのかもしれません。
それが、自販機会社の顧客課の女性カレンと、その息子との触れ合いの中で変わっていく。
この辺りは、出会う家族の設定は同じじゃないけど、
『永い言い訳』で本木雅弘さんが演じた主人公“幸夫(さちお)くん”もそうでした。

デイヴィスを演じるジェイク・ギレンホールの終始“黄昏た”感じが何とも良い味わいで、
あぁ、本木雅弘さんもところどころでああいう雰囲気出してた(しかも上手い)なぁ・・・。
幸夫くんは妻の死後、髪が伸び続けていたけど、デイヴィスは髭が伸び続けてるなぁ・・・。
と、本当は比べる必要ないんだけど、そんなところも楽しみながら観ていました。

ディヴィスとカレンの出会ったきっかけが自販機の故障というのはアリですが、
その後の流れがちょっと変わってて、故障の連絡に際し、デイヴィスが長々と手紙を書き、
それを読んだカレンが・・・という、彼女も「プロとして失格・・・」とは言ってますが、
ちょっと映画的な無理を感じる部分ではあります。でも、彼女にもいろいろあって・・・。

ちなみに、私も以前、自販機の不具合に遭遇したことがありまして、
電話で連絡したら、先方が私が投入した130円以上の経費で130円を返金してきたという・・・。
それはそれで面白い体験でしたが、ナオミ・ワッツと知り合えるのなら、
僕も電話ではなく、長々と身の上を書いた手紙で連絡すれば・・・って、そりゃダメか。

どっぷりと音楽映画ではありませんが、ちょっと意識を持って観ると面白いです。
邦題とはいえ『雨の日は・・・』という映画で、いきなりショパンだったり・・・笑。
いやいや、それよりも、ハートの「Crazy on You」についての見解。
職場の会議でデイヴィスが社員に尋ねたりして・・・。

本来(?)の「解体」ができたデイヴィスが最後にとった行動は・・・。これ、凄く良かった!
原題が活きていたと思います。そこへたどり着くまでにいろいろありましたが、
僕は何故か自分のことのように救われたような気分になりました。
妻を亡くすどころか、50歳手前にして、いまだにチョンガーのくせに(>_<)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月21日(日) 23時33分13秒

「ラララ♪ばららくご」第112回YouTube版:ラララ♪基礎らくご「古典落語の力」

テーマ:落語・お笑い

FMとやま(82.7MHz)ラララ♪ばららくご第112回(2017年5月17日放送)のYouTube版です。

5月28日(日)開催の公開収録落語会のご案内、
ラララ♪基礎らくご:「古典落語の力」、
メッセージ紹介、「ラララ♪大喜利」模範解答、他の内容でお届けしております。

番組では皆様からの投稿をお待ちしております!
富山県内からはもちろん、県外の方からの投稿も大歓迎でございます(^^)/

「ラララ♪大喜利」5月分のお題(投稿締め切り:5月25日23時59分)
【なぞかけ】のお題は「お見合い」「交通安全」
【やりくり川柳】のお題は「上野(うえの)」「みどり」

「なぞかけ」は「○○とかけて××ととく、その心は・・・」、
○○と××に共通する何か(※そのまんま同じではない)にかけて“その心”を整える言葉遊びです。
「やりくり川柳」はお題の3文字を一文字ずつそれぞれ頭に付けて五七五の川柳を作るという遊びです。
川柳の約束事などを気にする必要はありません。

投稿いただいた作品は、吟味の上、
番組収録という形で公開収録落語会にて発表します。

また、「ラララ♪大喜利」の他にも、
落語会の感想や、落語に関する素朴な疑問など、投稿を常時お待ちしております。

投稿方法など、詳しくは番組ホームページでお確かめください。
http://www.fmtoyama.co.jp/program/program_49.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。