マキタスポーツ オフィシャルブログ Powered by Ameba

マキタスポーツ オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:
{53DC3FA8-E274-41B3-B4BF-57D6010DDB21:01}
伊勢うどん。お世話になっているプロデューサーの方からいただきました。


僕があんまり食べ物のことを熱っぽく、かつ独特に語るので、ならば「これはどうかな?」と、半ば大喜利の“お題”を出すように伊勢うどんをくれました。



その回答をしましょう。














「うまい!」














です。


2年前、撮影のために長らく三重県にいました。そこで食べたのが最初。
それ以来、月に何度も伊勢うどんのことを考える体になってしまいました。どうしてくれるんですか!


件のプロデューサーは愛知県出身で大のきしめん党。しかし、お母様は三重県のご出身だそうで、幼き頃から伊勢うどんを食べさせられてきたそうです。僕から言わせたら「はぁ?食べさせられてきた?こんな美味いものを?」です。


きしめんはきしめんです。伊勢うどんは伊勢うどん。斯様に、讃岐は讃岐、稲庭は稲庭、吉田は吉田、博多のうどんは博多のうどんなんです。


僕は長年「汁」について考えてきています。そのことについて語ると長くなるので今回は避けますが。

要は「汁」、つまり、お出汁と、うどん本体のマリアージュの仕方だと思うんです。

きしめんはあの平べったい麺が、オツユを一緒に口の中に運びます。音にすると、普通のうどんが「ズズズズーッ」だとすると、きしめんは「ズレズレズレ~ッ」という感じ。この「レ」にポイントがあるんです。この「レ」によってお出汁と共にあの素敵な麺が口に運ばれてくる。


では伊勢うどんはどうか?


伊勢うどんは、あの黒々として優しいお出汁を、麺に“吸わせている”んです。
あのブヨブヨとした柔らかすぎる麺が嫌だという向きは多いですが、麺にお出汁を吸わせていただくなんて、汁好きにはこんな朗報なことはありません。

もはや、「コシ」に対してはむやみな信仰心だとすら思っています。少なくとも、関東方面では昔はこんなに“コシコシ”言っていませんでした。ひとつのモードだし、グルテン教の盲信です。

忘れてはいけないのは、元々、しっかりとした太麺をわざわざ時間をかけて茹で上げているという点です。オツユが絡まるための「工夫」です。ゆえに、ただ単に伸びた麺とは違う。そこには汁に対する「思考」があったんですね。僕はこれを初めていただいた時にすぐにピンときました。

「これ考えた人、汁好きだな~。」

って。麺も好きなら、汁も好き。どちらに対する配慮と思いやりを感ぜずにはいられませんでした。


本当に伊勢うどん、最高です。


ごちそうさまでした~



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マキタスポーツさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース