みやみの『住めばmiyako』

いつか沖縄で開業する日を夢見て、仕事に遊びに全力疾走中♪

NEW !
テーマ:

レースレポの前に、現在のわたしの容態から。

 

いやいや、人生最強に絶賛筋肉痛でございます。富士山五合目まで試走しても、いわてで100キロ走っても、これほどのダメージは初体験。階段の上り下りはおろか、いまだに椅子から立ち上がるのも一苦労。鏑木さんもレース前、「トレイルの38キロはロードの60キロくらいに相当する」とおっしゃっていましたが、トレイル初心者は走り方を知らないだけに、カラダのダメージは甚大です。

 

あと、怖いのが止まらない食欲。レース直後から、本能のまま、あらゆるものを摂取してます。おかげでレース前後で2キロ減ってた体重も、あっという間にプラスの勢い。まあ、今は思い切り自分を甘やかしたいと思います。ご褒美スタバも行かなくっちゃ照れ

 

ということで、前置きが長くなりましたが、レースレポ、つづきます(その1⇒

 

 

10時にスタートしてすぐに、例の熊鈴のポジションを間違えたことに気付いたわたし。ガンガンと肩を打たれながら、それでもザックを下す手間の方が面倒なので、そのまま忘れることにして進みます。

 

最初はなだらかな下り坂。とはいえ、道幅が狭いので思うようには進めず。とりあえず、トレイル区間(特に下り)は苦手なことがわかっているので、走れるところはタイムを稼いでおかねばと、前の方に声を掛けて、強気でどんどん走ります。

 

野反湖半は草原のようで、とても走りやすかったですね。遊びできたらきっともっと景色とか堪能できるんだろうなと思いながら、コース最高地点の弁天山に登り、そこから長い下りが始まります。

 

これね、本当に、わたしのように壊滅的に下りが苦手な人間には、地獄のようなコースでした。

 

{B0F2C9DD-CD9B-4E29-BAFB-9F1DC6FB816F:01}


下っても下っても下っても下っても、まだ下りが続くと言う訳のわからない山の中。考えてみれば、バスで一番高いところまで連れてきてもらっているので、当然といえば当然ですが、(きっとロングの人たちはやっと下りだ!,と思うところですね)いやこれがまた辛かった。

 

何がツライって、ネコ部の長女も同じく下りが苦手とのことで同じことを言ってましたが、死ぬほどここで後続のランナーさんたちに抜かれるんですよ。さっき、平地でザクザク抜いた女子たちに軽々と追い越されて、もうなす術もなくその背中を見送るだけなんですわ。

 

これ、メンタルがやられるってホントですね。めっちゃ落ちこぼれっ子の気分。いや、実際落ちこぼれなんですけどね。全力でやっても、カメのように遅い自分が自分でいたたまれませんえーん

 

ヒイコラ辿りついた第一エイド。なんとか12.6キロほどは走れたようで一安心。

 

{D9A7BA61-DDD0-41AA-AD39-66BD5AFC8668:01}

ここで、オレンジとバナナ、コーラと舞茸汁をいただき、トイレによってちょっと起死回生。エイドの方々がとても親切で癒されます。


そうこうして、次のエイドを目指していると、

 

あれ?

なんか、膝痛くね?

 

20キロ地点ほどの山の中、長い下りの途中でとうとう左の膝が壊れました。

 

{698B48DB-07B0-4947-ADDA-764AC5B60ADF:01}


もともと、何の技術もなく、力任せに下っていたわたしは、必要以上に足を酷使していたようです。

 

上手な方だと、スルスルと骨盤を使って前傾でおりていくところ、どうしても恐怖が先に立ってしまうわたしは、後傾でブレーキをかけながら下りてしまうので、腿と膝にハンパなく負担をかけているようで。

 

激痛で左膝を曲げることができなくなり、ひきづる足であっちゃこっちゃに足をとられ、かばう右足と右の腰も痛くなり、試しに伸ばしてみると攣ってしまい、

 

これ、あたし、あと18キロ、走れるのかな。

 

同じような経験をした富士五湖。あの時はロードなので、少し気持ちに余裕がありましたが、今回は山の中。どんなことになっても自力で下りなければならないのが前提で、もしそれができないなんてなったら、他人に迷惑をかけてしまう。

 

確か、大会パンフレットにも「次のエイドまでたどり着く自信がなければリタイヤするように」と書いてあったし、それが今まさにこれ?

 

気持ちがどんどん弱気なって、元気に下っていくランナーさんたちの背中を見送りながらアタマをよぎるDNF。ああ、トレイルって、こうやって走れなくなってリタイヤするのかなあ。

 

次のエイドまであと約5キロ。あたしの膝、もつのかな。

 

永遠にも続くように見える長い下り坂の途中で、動けなくなったわたしは、ゴールの見えない急斜面をぼんやりと眺めていました。

 

~つづく

※当日の朝食は金箔入りのカステラ。宮城のTさん!勝負飯、ありがとう!


{B3A18337-EBA7-46CA-9DEF-1DD9D3C68C9E:01}

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ザックにつける熊鈴の位置を間違えて、うっかり青タンができてしまったみやみ@司法書士でございます。

 

{4B19A34B-02B6-4A79-BC39-E728513400C2:01} 


走り出した直後に気づき、しかしながらそのまま走行、結果5時間半もの間、肩をガンガン打ちつけられて気付けばこんな有様に。スカートやストッキングのみならず、女子は袖の下までも、いつでも秘密の花園です。(たぶん)

 

さて、一年越しだったこの「わたしをスパトレにつれてって」プロジェクト。ようやく昨日、無事コンプリート。ものすごぉぉく見にくいアップデートを追っかけて下さっていた皆さま、また応援メッセ―ジを下さったり、スタバで完走祈願をしてくださった皆々様、本当にありがとうございます。

 

昨日もご報告いたしましたが、ショート38キロの部、タイム5時間23分なにがし、女子総合順位7位という結果にて、無事に卒業証書を受けとりました。

 

自分的には、とてつもなく長く辛い時間を闘いぬいた気がしましたが、振り返り、となると所詮はたった5時間半、距離にして38キロの旅。しかしながらちょいと思いの詰まったレースのため、やはりしつこく語らせ頂きますw

 

まずは、大会の紹介から。

 

このスパトレイル。名前の通り、温泉を巡るトレイルレース。STKと呼ばれるロングは、四万温泉~草津温泉までの72キロ。そしてわたしの出たショートの部はKTK、草津to草津の38キロ。レースの前後存分に温泉を楽しんで行って下さいね、というちょっと粋なレースです。

 

トレイル初心者のわたしには、その多くは語れませんが、トレイル率70数%という、いわゆる「走れる」コースとのことで、また、プロトレイルランナー鏑木さんのプロデュースする大会はどれも大会自体のレベルが高いと言うことで、人気があるようですね。

 

実際、わたしが出走した38キロの部は、まさしく景色、コースともに「いいとこどり」のレースで、得意な人には嬉しいほぼ下り基調のコース。ただ、わたし下りが壊滅的に弱いわたしには地獄のようなレースでした笑い泣き

 

コース図↓

 

{40D1F518-DFD8-4AB7-ADC1-0BC6D4A27574:01}


ショートの部の受付は前日に草津国際スキー場で。ここで、ゼッケンと参加賞を受けとります。おそらくロングがメインだと思われるスパトレは、ショートの部はやけにひっそりとしています。

 

ここで、ウッチーさんと初体面のご挨拶。ウッチ―さん、覚えていますか?ここで「明日は5時間~6時間でいく」などと言っていたんですよ!ニヤリ わたし、あやうくペーサーお願いしようかなどと思ってしまいました。5時間詐欺罪で逮捕ですw(ウッチ―さんは余裕の4時間台で10位!!)

 

とりあえずイベントっぽいものは15時~15時半までの、プロスカイランナーの松本大さんの初心者向けのトレランクリニック。ゲレンデを使って走り方の講習を行っていただきました。


{528732BF-271D-4268-8925-01FC8BFEB064:01}

山の走り方のポイントは以下のとおりとのこと。

 

①前傾で自然と足が出る感覚で

②手は人間になる前のピノキオのようにぷらぷらと

③着地はつま先からズコッズコッズコッとつく

④リズムに乗せていくのが大事。オススメは「ドラえもん」の歌(あんなこといいな♪のアレ)

 

うーん、わかるようで難しい。前日にも、S嬢から「山は骨で走れ」の教えがあり、走り方がやっぱりロードと違うのが難しいですね。

 

バフを買ってくれた方には、バフにサインします~との声掛けに何故か買いもせず参加Tシャツにサインをもらうわたし。しかもツーショットまで。この図々しさがオバさんになった証拠か?ニヤニヤ


{7FB3ED4B-6A40-47D9-AED4-A3D8710A7221:01}

夜は、みみかりさんと、湯畑近くの釜飯屋で勝負飯を。

 

いつもの鰻で完走祈念。


{4784FA91-49E4-47D3-B654-FE5C7FBD69AF:01}


お宿で草津の名湯を楽しんだ後、お互いの装備品をあれこれチェック。いざ山の中に行くとなると、色々と不安がでてきます。エイドの間隔もロードのレースより格段に少ないので、まず充分なお水は不可欠だし、足が攣ったらどうやって降りるの?などと考えると塩分も多めに、そしてガス欠も心配などとあーだこーだ。

 

最終的に持って行ったのは、塩熱サプリ袋の半分、メダリスト×2、アミ粒状×3、芍薬甘草湯×2、ショッツ×1、スポーツ羊羹×1。で、その中で結局ショッツとスポーツ羊羹はお持ち帰りでした。お水(ポカリなど)は結局1.5ℓは消費したと思います。(最初に1ℓ入れて行って途中のエイドで補給してもらった)

 

そして、10時には就寝、朝は5時起き。ロングはもうスタートしてると思うとちょっとソラ恐ろしくなりました滝汗

 

自分たちは、草津国際スキー場から7時45分にスタート地点(野反湖ビジターセンタ―)行きのバスが出るのでそれに合わせて移動。荷物預けの袋は90ℓなので、キャリーケースを入れてもまだ十分な大きさでした。

 

バスは順次出るため、自分たちは7時15分頃に出発した一便のバスで。山のくねくねした道を1時間ばかり登って、到着したのが野反湖ビジターセンター。

 

{45279B0B-DAAB-44D1-AC42-220B6DD3DDA1:01}


うわー、この景色を見るためだけでも来て良かった爆  笑

 

ここは、ロングの部のエイドにもなっているので、チームスパトレ、パン祭りメンツの出走組を出迎えます。

 

最初に飛び込んできたのはS隊長。この時点で8時50分頃。これはかなりトップの方です。

 

{5B2C039C-B7DC-4635-BF6A-02B399FE3B0A:01}


次に鬼軍曹ことらんな~さん。こちらも9時前にはここを通過。

 

{8710168A-22E0-4C21-93D8-C7CC94324A87:01}


PDCAさんも無事にキャッチ。皆さん、本当に優秀です。

 

{DDE42729-DB54-4660-9C24-53B567E0942E:01}

そして、女子が数人行った後、見えてきたのが川崎が誇る世界のmieさん!

 

{CCBC2EF8-D28C-4205-A230-CF1779583A20:01}

 

ショートの部が出走する前にここを通過できると言うのは、実は本当のエリートさんたち。

 

かっちょいい~~!爆  笑

 

そうこうして、ショートの部。いよいよ10時、草津に向かって出発です。

  

{998E8930-C1EC-4939-8566-E7D10566A51E:01}


~つづく

 

※レース前、みみかりさんとウッチーさんと。まだ地獄を知らない頃w

{2D6CF021-9FEE-46C9-A293-777E5D214830:01}

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
転んだり

{DE30C618-B601-4990-ACFC-E3744056ED4C:01}

躓いたり

{86C87E05-235E-43DC-8D38-E80D4BA4703A:01}

泥んこになりながら、

満身創痍で頑張りました。

上等すぎる順位でフィニッシュ。

卒業証書、無事ゲット。

詳細後日。


{21A73E19-2271-4420-8DAC-13AA0DB42871:01}




 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。