薬膳な暮らし!

テーマ:

はい!今日から2月!!新年スタートしたと思っていたら

本当に早いですね。

まきの木の佐々木です。

 

実は、昨日次男が熱っぽいというので測ってみたら37.5分。あれよあれよで午後からは39.5分と高熱になり、

病院へいって、インフルエンザと診断を受けました。

そうなると俄然、母のわたしは、「衛気(えき)」という気のバリアを発動し、

自然と免疫力を高めるのです。強い母というスーツを身にまとい看病します!!

 

なぜ、この話をするかというと。。。

自分の身体の不調もあって、わたしは、昨年春から、薬膳を学んでいます。

それまでのわたしは、カフェやスタジオ運営と家の事をこなすのに毎日戦闘態勢で頑張っていました。

頑張りすぎるあまり、お休みの日は疲れすぎて、寝てばかり、家族にはいつもイライラ、

ストレス発散が上手くできず、大きなイベントが終わると寝込んでしまうくらいに、大きくエネルギーも消耗してしまい、悪循環な生活をしていました。

 

薬膳を学んでいると、自分の体質がよくわかり、それに合わせて、薬膳茶をとりいれ、日々の食生活にも旬のお野菜だけでなく、自分の体質を意識した食材をとりいれるようになりました。

 

そうすると次第に見逃していた自分の身体の悲鳴を意識するようになりました。

それが丁寧に自分を扱う暮らしにもつながります。疲れているのに頑張ってしまう。冷えがあるのに妙に薄着で

首回りがあいている服を着て風の邪を受けたり、20代の時は、春だからといって寒くても素足でミュール履いたりと

お腹が少しみえても平気(時代でしょうか・・チビTシャツが流行)でお腹も冷やしていました。

 

またストレスをためやすいのですぐに気が滞り、冷えや浮腫み、不眠など不調がでてきます。

そして、体質に加え季節の養生もとても大事だということもわかってきました。

日々に薬膳な暮らしをとりいれ、年に何回も再発していた副鼻腔炎がおこらなくなり、いつも休日は寝てばかりだったのがアクティブになったりと身も心ももなんだかすっきりしてきました。

元気になってきたということでしょうか?

 

そして上手く、インフルエンザをはねのける「衛気(えき)」でこの難を乗り切っていきたいと思います。

だからといって自分だけが頑張りすぎずいきたいと思います。

「えき!!」ウインク変身~!!

 

まきの木ワークショップのご案内!!

 

3月4日または14日(11時から13時半まで)

更年期と向き合うおはなし会~季節の薬膳ランチ付き~を開催いたします。

今回はこれから、女性に必ずおとずれる「更年期」のメカニズムを知り、

看護師として、また自身も更年期と向き合う暮らしをお話させていただきたいと

思います。

薬膳ランチを召し上がりながら、薬膳な暮らしも日々の生活にとりいれていただけたらと思います。

 

みなさまのご参加お待ちしていますドキドキ

 

まきの木佐々木みか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD