2010-12-17 15:34:04

脂肪幹細胞を用いた再生医療

テーマ:美容外科手術 乳房
こんにちは。リッツ美容外科東京院の牧野です。

先日、日本美容皮膚科学会の機関誌である Aesthetic dermatologyにリッツメディカルクリニックにも来られている東京大学形成外科の吉村浩太郎先生の論文が載っておりました。

第20巻3号p225-236:再生医学の美容皮膚科への応用
脂肪幹細胞を用いた再生医療:美容皮膚科への応用 吉村浩太郎

内容は当院で行われている脂肪幹細胞注入(くわしくはこちら)についての総論でした。

興味深かったことは
①脂肪細胞は約10年の寿命があるが、血流が乏しくなるととたんに弱ってしまい、3時間程度の阻血状態で組織のリモデリングが誘導されてしまう。一方、脂肪幹細胞は血流が少なくなっても、3日間は耐えられる。
②脂肪細胞と脂肪幹細胞の比率が重要である。しかし脂肪幹細胞は血管周囲に存在するため、通常の脂肪吸引で採取した脂肪には脂肪幹細胞は少ない。
と言う点でした。

これらの点は脂肪幹細胞が脂肪注入に非常に重要な役割を担っていることを示しています。
つまり脂肪細胞注入というのはいったん体の外へ取り出した脂肪を移植する治療です。そのため脂肪組織への血流はいったん無くなります。注入してから約48時間で周囲の組織から血流が入ってくるのですが、3時間で弱ってしまう脂肪組織の大半は死んでしまいます。そこで脂肪幹細胞が代わりに脂肪細胞へと成長するのです。
通常の脂肪注入でも少量の脂肪幹細胞が含まれているため、生着はしますが、生着率は歴然とした差が出ることはお分かりいただけたかと思います。

脂肪幹細胞のご相談はいつでも受け付けております。乳房以外の部分への注入も可能です。
どうぞ御受診くださいね。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

リッツ美容外科Dr 牧野さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。