1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-01

Not まちこ巻き

テーマ:映画、音楽
久しぶりに映画館で映画鑑賞しました♪
 
 
『君の名は。』
 
麻布十番でチビッコたちからリクエストされる中に
 
この映画の曲の名前がよく挙がってね。
 
 
今夏からロングランが続いてたおかげで映画館で観られて良かった〜♪
 
 
うん、正直に言いましょう、ずっと『まちこ巻き』のアニメ・リメイクだと思ってました〜(笑)(≧∇≦)!!
 
もちろん違いました〜(笑)(≧∇≦)!!
 
 
11月から海外での上映もはじまっていて、順次85カ国で上映されるんですって!
 
 
日本の風景、自然とか都会の街並の描写は息をのむ美しさ♪
 
さすが、クールジャパンが世界に誇るアニメーション技術(´∀`)♪
 
 
描写されてる場所を訪れる人が続出してるらしいけど、その気持ち、よくわかる!!
 
 
もしこれから世界のあちこちでこの映画が上映されることで、
 
世界各国から訪れる人がいっぱい来てくれたら嬉しいね♪
 
 
え?私の名前?
 
私の名前は…
 
 
まちこ巻き。
 
違〜うっ(笑)ヽ(`Д´)ノ!
 
 
まつだまき。
 
夢じゃないのよ、忘れないでね(^O^)/♪

 

{67E6DF1C-AD8B-4583-940B-08785F2926A4}

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-17

オール・ザット・ジャズ

テーマ:映画、音楽
そうそう、そういえば~って思って、

久しぶりに映画『All That Jazz』を観たの。


オール・ザット・ジャズ [DVD]/ロイ・シャイダー,ジェシカ・ラング,アン・ラインキング



1979年に公開されたこの映画のタイトルは、

1975年に初演されたミュージカル『Chicago』の最も有名なナンバー。


そもそもこの『JAZZ』っていう言葉自体が、

そのものの意味とスラングとを表しているんだもん、ね~。


この映画は、フォッシーの自伝的映画なんだけどね、

毎日お稽古中の『Chicago』でも充分感じている、

シニカル・フォッシー全開な作品。


自分が死ぬ作品を作ろうっていうこともともかく、

いやいや、ダーク満載、これでもか、これでもかって(笑)。


さすが、『Chicago』の当初の構想に、

ブレヒト的要素がないって変更しただけのことはある。


『Chicago』もそうだけど、この映画も皮肉いっぱいで

めっちゃくちゃに見えるけど、とても知的。


私が1番最初にこの映画を観た時がまさにそうだけど、

いろいろ分かってないと、何が面白くて何がなんだか

分からないかも。


人を選ぶし、ある程度人生経験がないと理解できない、

あ、これも『Chicago』と同じだね♪


この映画にも、アン・ラインキング氏が

自身を投影された役で出演しててね、

フォッシーの実の娘を投影させた役の子と2人で踊るシーンが、

とっても素敵なの。


で、そんな彼女がフォッシー的彼のつれない感じに腹を立てて、

他の男性とデートするっていう時に、

フォッシー的彼が怒って言うセリフ、


「そいつは背が高いのかっ(`Δ´)!」


…いやいや、そこかいっ(笑)(・∀・)。


個人的には、どれほど才能に溢れて魅力的で

わんさかお金を生む力があっても、

この作品で描写されてるような人、私はノーサンキューでございます。


『なんでもあり』を、私生活に持ち込まないでーって感じ♪


この時代のアーティストは

こういう感じの人、多かったんだろうけどね♪


今、時間があったら何がしたいか?


お家のお掃除ーーー(^O^)/♪


夏物と冬物の入れ替えをメインに♪


6/21(火)19:00-

BS-TBS『日本名曲アルバム-時代を彩った昭和流行歌』

島田歌穂さんのピアニストとしてピアノを演奏させていただきました。


お時間がございましたら、ぜひご覧くださいませ♪


って、脈絡なくぶっ込んでみました(*゚ー゚)ゞテヘッ♪


また明日ね(^O^)/♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-01

スポットライト 世紀のスクープ

テーマ:映画、音楽
久しぶりに映画のお話(*^▽^*)♪


『スポットライト 世紀のスクープ 』を観ました。


何がビックリしたって、12世紀もつづき、

全世界に12億人を有する世界最大の組織内に起きていた社会問題が、

よくまあ映画化されて、受賞されて脚光を浴びちゃったな~ってこと。


ちょっと前だったら、すさまじい妨害とか、いや、それで済めばいいけど、

とにかく、こういう内容の作品が世に出て脚光を浴びるなんて、

考えられなかったと思うの。


今までタブーとされて、組織ぐるみで隠蔽してきた、

世界的権力すら持つ巨大な集まり。


もはや、世界的権力さえも、こういう時代なのね。


庇護する者に対して、『神』の名のもと『ご加護』をふりかざし

言葉巧みに精神的に束縛。


近年になって稀に訴訟を起こした者に対しては強行に示談へ、

そして仲介者や周囲に対しても権力をふりかざし旨味をちらつかせて、

逆らえない状況に追い込んできた。


このスクープを発表するまでに、

時期尚早でとかげのしっぽ切りで終わってしまわないように

慎重に行動する者と、

少しでも早く発表したい者との間に激しい討論があったり。


発表した途端にクレームや非難の嵐が来ると覚悟していたら、

あちこちから自分もそうだったと被害の声があちこちからあがり、

励ましや賛同の声が大量に。


そして、今や映画化されて、世界中でこのことが明るみになりました。


組織が巨大化すると腐敗するのは自然の流れなんだろうけどね、

いろいろな意識が麻痺するのもよくあることなんだろうけどね、

権力に溺れるのもよくあることなんだろうけどね、

よくあることをすると、驕れる者は久しからずって、よくある流れになるっていうのも、

これまたよくあること…なのかな。


この映画の題材そのものは、もしかしたら日本ではなじみが薄いかもしれないけど、

根底の問題は身近ないろんなことに共通すると思うの。


こういう作品を深く味うのも素敵よね(*^▽^*)♪


また明日ね(^O^)/♪


p.s.

キャンディ1コだとおやつ、

キャンディキャンディだと成長物語。


あら?めいちゃんがふて腐れてる(ノ゚ο゚)ノ。


めいちゃん、キャンディは好きだけどキャンディとは鼻チュ~はしないわ。


鼻チュ~は、うちのにゃんことだけ♥


って…アンタ…(-_☆)(笑)…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-09

完全なるソウルメイト

テーマ:映画、音楽
MBSなショーンちゃん♥



M(ミの音を)B(バッチリ足で弾く)S(ショーンちゃん)。


ただし、寝ながら…ヽ(;´Д`)ノ(笑)。


良い子はマネしちゃダメよ♪


あらあら、手厚くしてもらっちゃって、

的確なアドバイスももらっちゃって…。


で、この前観た映画『完全なるチェックメイト』。


昨年関わらせていただいたミュージカル『CHESS』と同じく、

実在したアメリカの天才チェスプレーヤーに関する

事実に基づいたお話。


24年間チェス・チャンピオンを輩出し続けたソ連から

はじめてチャンピオンの座を奪ったボビー。


国を挙げて惜しみなく投資され守られているプレーヤーと、

一個人で挑み、相手プレーヤーを通してその国の威信をぶっ壊そうと試みるプレーヤー。


まさにロック。


でもね、IQ187のとんでもない天才を持ってしても、

15歳で最年少にしてグランドマスターになってからチャンピオンになるまでに

13年もかかっているのね。


いや、13年でやってのけたとも言うけど。


でもね、その偉業の代償も大きかったのね。


4手先は3千億通りもあるというチェスのことだけを

6歳からほぼ1日中、毎日毎日考え続けて、

試合の規模が大きくなって個人対国家までになってくると、

驚異的な集中力とずっと続く極度な緊張状態が

天才の心身を蝕んできて。


ちょっと考えただけでも、頭が飽和状態になって

精神が崩壊する感じ、するもん。


もう少し彼が社会性がある人だったらここまで貫けなかっただろうし、

もう少し社交的な人だったらもう少し楽にチャンピオンになれたような…。


でもそれだと、この時代にはチャンピオンにはなれなかったのかな。


頭が良すぎるのも、人としては幸せなんだか不幸なんだか

分からないんだね。


あ~、もっと頭が良くなりたい~ぐらいが

ちょうどいいっていうか、幸せなのかもしれないね。


そうじゃないと、驚異的な肉体の持ち主は別にして、

驚異的な集中力とずっと脳がフル稼働してる状態に

肉体が耐えられないような気がするの。


IQ187もあると、勝手に集中しちゃうんだろうし、

勝手に頭が働いちゃうんだろうし。


それで精神のバランスを取れないタイプだったら

そりゃもう…ね。


天才だってそうなんだから、

どんな人でも、独りだと大変よね。


だから、MBSね♪


M(みんなで)B(ぶっ壊せば)S(シワとシワを合わせて)


しわ寄せ~(笑)(・∀・)♪


だめじゃんっ(笑)!いやいや違うってо(ж>▽<)y ♪


いやだったことを、良いことへの原動力にすれば、

いやなことも素敵な再生可能エネルギーになるんだよ♪


めいちゃんと、愛のあるチュ~(*゚ー゚*)♥


フンッ( ̄^ ̄)(笑)!


また明日ね(^O^)/♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-08

1000匹のあたし

テーマ:映画、音楽
今日は、SWをMX4Dで観ました。


IMAXに惹かれるも、やっぱり初MX4Dはコレでしょ♪


C-3POやR2-D2に加えてBB-8が登場!


って、これ読んでもなんのこっちゃだね(笑)(≧▽≦)!


翻訳すると(笑)、映画『スターウォーズ』最新作を、

MX4Dという体感型の最新シアターシステムで観たの。


アイボよりも遥か前から存在していたペットロボットというか

マスコット的キャラに、ニューキャラ登場!


って書いたの♪


3Dの次の4Dは、何が加わるんだろうって思ってたら、

なるほどね!


現状、4Dシステムは韓国発の4DXと

ロス発のMX4Dが存在しててね、

後発のMX4Dの方が設定が細かいみたい。


これはもう完全なアトラクションだね♪


遊園地で屋内の乗り物で映像観ながら揺れたり動いたり…っていうのが

1人1人に細かく体感できるようになってて、

風が吹いたり、エンジンの匂いまでして面白かった~♪


ここ数年ぜ~んぜん遊園地に行ってないから楽しかった♪


シートはゆったり仕様。





個人的にはね、IMAXの3Dを観ながら

MX4Dを体感できたらいいのにな~って思うけど、

設備が大変だし、チケット代が高くなっちゃうんだろうな…。


もう1度IMAXで観てみたいo(^-^)o♪


終わった後はやっぱりグッズが気になって売店に寄ったら…



あたし発見っ(笑)(≧▽≦)!!!


しかも、1匹売られていったしっ(ノ゚ο゚)ノ!


♪ドヤ ドヤ ド~ヤ~ ド~ヤ~

♪あたしを 乗~せ~て~


まき、ただ会いたくて…(笑)(*゚ー゚*)♥


そうそう、ライトセーバーが売ってたからね、

せっかくだからブンッブンッてやろうと思ったら出ないの。


そしたら店員さんが、

「思いっきり振り下ろしたら出ますよ~♪」

って教えて下さったから、渾身の力で振り下ろしたら

ブンッてライトセーバーが出たんだけど、

目の前のおじちゃん達をビックリさせちゃったみたいо(ж>▽<)y ♪


一緒に遊んでくれるなら赤と青のライトセーバー1つずつ買うけど~…。


…(・ε・)♪


また明日ね(^O^)/♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-14

黄金のアデーレ

テーマ:映画、音楽
いい歌~♪

私も好きなの~(*^▽^*)♪


今日は一人お鍋~♪


お家でのんびりしてたらね、

いつもだったらお膝にいるのに、

途中からめいちゃんがずっと私の髪の毛を必死で毛繕いし始めちゃって

大変だったの(>_<)。


なかなかやめてくれなくて必死すぎて一度ソファから落ちても

また必死でやってね、

もう~っ、めいちゃんはおんにゃの子なんだからっ(`Δ´)!!


今日は、ひっさびさに映画鑑賞できたの。

『黄金のアデーレ』。


上質で素敵な作品だった(^∇^)


クリムトのこの名画、観たことある気でいたけど、

私がベルヴェデーレで観たのは『ユディト』とか『接吻』だったのね。


思ったよりも随分大作でビックリしたの。


退廃的とかはあまり思わなかったけど、

美しいな~って思ったのは覚えてる(^-^)/。


大金に目がくらんでの行動はたちまち玉砕、

異国の地ではじめて自らの血にめざめて、

自分のルーツだとか誰かのためだとか、

目に見えないものに突き動かされた捨て身の行動で

奇跡的な結果を生む。


ひどい経験をした同じ血を持つ人のために知力で闘って、

虐げられる度に強くなる人たち。


ユダヤの結束ってやっぱりすごいな~って。


そして、芸術や文化に対する理解もね♪


NYに『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』を

観に行きたいなって思ったよ(*^▽^*)


また明日ね(^O^)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-07

シンデマセン

テーマ:映画、音楽
(@ ̄ρ ̄@)zzzz


あっ!


寝ちゃってたっヽ((◎д◎ ))ゝ!!


連休中は特に連休っぽいこともせず、

ああ、でもね、映画を観に行ったのが

唯一のって感じかな(*゚ー゚*)♪


4/17にオープンしたばかりの新宿の映画館。


IMAX3Dを都心で楽しめるのはありがたいし、

サウンドも大迫力だったな♪


デートっぽい人たちもいっぱいいて、

映画デート楽しそうだったな(*^▽^*)


今、映画デートするんだったら、

女子的には『シンデレラ』がオススメなんじゃないかと♪


実写版『シンデレラ』を観た後は、

女子をリアル『シンデレラ』にしてあげるの♪


あ、でも、いじわるな継母と義姉にいじわるされるところは

バッサリカットでね(笑)!


あと、階段を急いで追いかけるのも危ないから、

良い子はマネしないでね(笑)!


そういう、ごっこ遊びができる男子って楽しそうね♪


じゃ、また爆睡しま~す(^O^)/♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-20

イミテーション・ゲーム

テーマ:映画、音楽
ばにゃにゃん、プププ(≧▽≦)♪


昨日、冷蔵庫を整頓したらね、

お宝発見~、『獺祭』ミニミニボトル~♪


父の誕生日に、こちらを数種類贈ったの。


父は焼酎は飲まないんだけど日本酒が好きで、

前から一度飲んでみたいって言ってたからね。


種類揃えるの、けっこう探したな~。


で、あげるのに、私が一度も飲んでないっていうのもな~と思って、

一番小さいボトルをお試ししてみたのね。


私、日本酒とかお酒は詳しくないけど、

美味しかったから良かった~って、残りはまた

少しずつ飲んでいこうって思って、

でもあまり動かすと味が変わるかな~と思って

1番奥にヒッソリとしまってそのまま…Σ(~∀~||;)!!!


にゃはははは(・・。)ゞ♪


にゃはははついでに、今日のうちのにゃんこ♥




めいちゃ~ん(*^▽^*)♥


さてさて、昨日予告先発(?笑)したとおり、

けっこう前に観た映画『イミテーション・ゲーム』のこと、

これについては、もっと早く書きたかったんだけど、

自分の中で何か抜けてるんじゃないかって思って、

それが何かがわからなくて、そうこうしているうちにけっこう時間が経っちゃったので、

とりあえず忘れないうちに、書いておこうってことで♪


いわゆる『天才型』の突出した才能を持つ実在した主人公。


今だったらこういう人は何が原因でどう対応すればいいのか

だいぶ情報もあるし、理解されてきているけれど、

当時は大変だったでしょうね。


さらに、当時もっと大変だった主人公のプライベートな嗜好もあって。


あの主人公にとって救いだったのは、

四面楚歌になった時、唯一手を差し伸べた人にだけは信頼を示して

その人の言葉を受け容れたこと。


それがなければ、主人公のチームは

何もすることができずにとうに破綻して非難されただろうし、

主人公は、極悪人として終わってしまっただろうな。


結果的に、信頼から今まで皆無だったチームワークが生まれて

それぞれの持ってる力を出し合う良い循環ができて、

主人公の突出した才能も成果につながって、

大戦の終結を早めたことにつながるわけだから、

改めて人と人とのつながりってスゴイなって思うの。


終結を早めるために、チーム全体が

苦渋の決断をしなければならなかったけど。


一番新鮮だったのはね、

あらかじめスパイだって分かっている人を採用してたり、

諸事情を知っていて採用してたり。


大陸的というかヨーロッパ的というかね、

スパイはヨーロッパの他の国に情報を送るための必要悪だったっていう。


必要『悪』っていうのも、

私が思ってることと少しニュアンスが違うような気もするんだけどね。


時と場合とがあるにせよ、ヨーロッパでは

『スパイ』は必ずしも裏切り者という扱いじゃなくて、

公にすると大事になるような必要な情報を、

必要な相手(国、地域、などなど)に穏便に伝えるために

有効な手段、ってことかな、言い回しが難しいなあ(>_<)。


だから、描かれてはいなかったけど、

おそらくは、それぞれに『スパイ』がいて、やりとりがあって、

見えない情報の循環ができてたんじゃないかなって。


正確に言えば英国は大陸ではないけど、

ヨーロッパ圏という大半が大陸の国々の中で、

端にある島国が大陸的思考で物事を進めていたっていうこと。


だからこその、英国がきた道のりなんだなあと。


途中でね、主人公が


「スパイが君だったら良かった。」


って言われるシーンがあってね。


そうだよね、一歩間違えればヨーロッパ圏内が大惨事になる重要任務だもんね、

伝達するにしても、何を流すかっていう情報の見極めとか内容の正確さとか、

時には、情報に、見通しとか個人的な見解を補足する必要があるかの見極めとか正確さとか、

もっといろいろあるだろうけど、

とにかくかなりいろんな部分に繊細にならなきゃ危険すぎるもんね。


『天才型』で誤解されやすいけど成果は突出しているから、

主人公個人が誤解されることはあるかもしれないけど、

主人公が出す成果には誤解はないってことだもんね。


だから、『スパイ』は、

してる国にも、される国にとっても必要だったんだね。


『英国』って一言で簡単に言っちゃうけど、正式には

『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』。


読んだだけで肩こっちゃいそう(+_+)。


改めて見ると、中も外もいっつも大変!っていうのが

国名ににじみ出てるなぁ…。


中でもさぞかしいろんなことが あるんだろうなぁ…。


おつかれさまですっ(`・ω・´)ゞ!!


じゃあまた明日ね~(^O^)/♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-03-28

イントゥ・ザ・ウッズ

テーマ:映画、音楽
この前ね、『イントゥ・ザ・ウッズ』っていう映画を観たの。


元々はブロードウェイミュージカル。


イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック/
WALT DISNEY RECORDS



映画版は、さすがディズニーね、

タイガー・ウッズが胃カメラ検査する様子を

ファンタジーに描いていてね、

胃カメラを見て泣き出すウッズの前に小人が現れて、


「♪胃カメラなんて 怖くない~

♪あっという間に 君のお口に チップイン~」


って歌って踊りだしたり、

胃の中のピロリ菌と、胃の中にいる女の子の妖精イキャメラが

歌いながらパター対決をしたり、

ウッズの胸毛に住んでいた王子様がイキャメラの歌声に惹かれて

胃カメラの長い管をつたってウッズの口の中に果敢に入ったら、

バンカーにはまって大たたき。


その時の王子の切ない気持ちを歌ったのが、

『ウッズ de トリプルボギー』。


最後は、胃カメラ検査を終えたタイガー・ウッズが、

たくさんのドライバーを持ってニッコリ。


みんなで高らかに


「♪ウッズはやっぱり1番ウッズ~」


って、まさかのダジャレを歌います。


んなワケないです。


最初の3行以降、ぜ~んぶウッソ~(笑)(≧▽≦)!!


さ、アホなことばっか書いてないで、早く寝よっと♪


明日は、タクシーから降りたら

コケないようにしなくちゃっ(>_<)!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-02-17

ハンナ・アーレント

テーマ:映画、音楽
さて、久しぶりに映画の話をしよっか(*^▽^*)。


今年に入ってから観た映画のお話。


『ハンナ・アーレント』というドイツ系ユダヤ人である

実在した政治哲学者のお話。


近代史上最大のモラル崩壊悲劇となった

第二次世界大戦のナチス戦犯についてのお話。


ナチスとユダヤ人だけでなく、ヨーロッパ諸国にまたがって

あらゆる人たちの思考力を停止させ、

人々を狂気の沙汰へと陥れた出来事。


この首謀者がヒトラーであることは、

みんな知ってるよね。


そして、ユダヤ人というだけの理由で、

ユダヤ人たちに対して何を行ったか、だいたいみんな知ってるよね。


じゃあ、その首謀者ヒトラーをね、

ヒトラーだってそうなるまでにいろいろあったんだから

許してあげようよ~って言う人、どのぐらいいるのかな?


ちなみに、私は1度もそういう人に会ったことはないけど。


もし、許してあげようよ~っていう人がいたら、私はその人に聞きたいな。


じゃあ、いろいろある人だったら、

誰に何しても、あなたやあなたの家族や友人知人が何されても、

可哀想だよ~、許してあげようよ~ってなるのかな?


ちなみに、ごく最近ね、私の大事なお友達が、

一歩間違えたら事故死、ということがありました。


あ、ヒトラーとは関係ないか。


この映画にも出てくるけどね、

ヒトラーの超側近だった収容所指揮官の裁判でね、その側近は、

大量虐殺は「命令されたからやっただけ」、

「集団の死は統計上の数字に過ぎない」と真顔で言ったんだよね。


これこそ、考えることを奪われた人。


自分が生き残るための代償に、思考も感情も失っちゃったんだね。


この人に限らず、ユダヤ人を迫害しとけば自分の身は安全らしいってことで、

ただ何も考えずにユダヤ人を次々に告発し、命の危険にさらし、

命を奪ったヨーロッパの市井の人たち、無数にいるんだよね。


どうしてそんなことになっちゃったのかなあ。


そうなる前に誰も何もできなかったのかなあ。


狂気でも何でもなかっただろう人たちをそこまで追い込み、

思考と感情をどういう過程で洗脳し奪ったのか、

同じ悲劇を二度と繰り返さないためには、知ることが大事だよね。


知っておけば、もしまた違う人が同じようなことを起こしても

もっと未然に防げると思うし。


無知って、時に残酷な暴力になり得るから。


残酷な暴力をそれだと気づかない無知っていうのも存在するしね。


無知って、ホント、こわいんだよ。


これ、遠くの国の出来事だなんて思っちゃダメだよ。


大なり小なり身近に起きていることだし、

今後も、起きるかもしれないよ。


どれだけ早く防げるかを皆がまっ先に考えるような環境に、

もっとなっていくといいね(^O^)/♪


ちなみに、私だったらヒトラーをどうするか。


ヒトラーを死刑にすると、私もヒトラーと同じみたいで癪に障るから、

しかるべき厳しい監視のもと、無期限幽閉を提案するかな。


幽閉場所は、潤沢な資金で建てられたヒトラーの家で、

自費で行っていただきます。


頑張って、乳酸菌仕様にしたよ(*^▽^*)♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。