--------------------------------------

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-26

25キャメ

テーマ:音楽

プリティ・ウーマン…

 

三蔵法師…

 

スッピン別人…

 

あ、ついつい色々考えちゃって(*^▽^*)♪

 

 

さてさて、トニー賞コンサートの感動、再びです!

 

 

明日、4月27日(木)20:00〜

 

先月3/18に行われましたトニー賞コンサートの再放送が

 

WOWOWライブにて放映されます♪

 

 

今回は、前回の生中継からさらにパワーアップ!

 

なんと、生中継の時の音源を、音楽監督の島さん監修の元ミックスし直し、

 

より聞きやすく、より歌とオーケストラを楽しめる放送になってます!!

 

 

実はね、あのコンサートの後日に

 

WOWOWの方から色々興味深いお話を伺うことができたの。

 

 

WOWOWさんがいくらライヴ放映に特化しているとはいえ、

 

私の知らない大変なことがいっぱいあっただろうなとか思っていたの。

 

 

今回のこのチャレンジャーにしてビッグなこの企画は、

 

ある1人の女性社員の熱意から始まった企画だったんですんって。

 

 

ブロードウェイのミュージカルを生で観て、感動して、

 

ミュージカルのこととか音楽のこととか詳しくないけど、

 

とにかく日本に呼びたい!コンサートをやりたい!って、

 

そこからエージェントとかなんとか、いろんなことを乗り越えて

 

今回の実現にこぎつけたんですって!!

 

 

うわぁ、すごいな、やっぱり心を動かされるって何よりの原動力なのね。

 

 

こういう感動もそうだし、好きだから頑張れるとか、

 

そういうのって、あると思うから(^O^)♪

 

 

でね、聞いてビックリ、なんと、コンサートの映像は、

 

全25台のカメラで撮っていたんですって(゚Ω゚;)!!

 

 

えぇぇ~っ!

 

 

いや、ここはツウっぽく、25台のキャメラ(笑)。

 

 

だって、例えばキー局の一般的な番組だって、何台あるんだろう?

 

10台ある?!?!

 

 

それを聞いてね、ああやっぱり撮っておけばよかった〜って思ったの、

 

舞台袖すぐ入ったところにクレーン・カメラがあってビックリしてね〜。

 

 

だって、そんなにスペースないの、他にもカメラがあるし、

 

オーケストラの楽器もあるし、音響さんの大きなミキサーもあるしね。

 

 

そんなごくわずかなスペースにクレーンがどぉぉぉ〜んっ!てあったら

 

ビックリしちゃうもんね。

 

 

そんなスタッフさんの邪魔にならないように隙間から撮ったお写真(笑)。

 

image

 

うん、ホントはね、舞台袖のクレーンも含む他のカメラ越しのステージを

 

撮りたかったのよ〜、

 

私もジャージとかだったら身軽に動けたんだけど、

 

この日はねぇ〜、ちょっと裾の長いの着てたからねぇ〜。

 

 

より耳心地よくミックスされた音源、圧巻の25カメ、あふれる情熱など、

 

生中継をご覧になった方も、今回初めてご覧になる方も、

 

ぜひ楽しんでいただけますように(^O^)♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-24

ラはラッパのラ

テーマ:音楽

昨日クラシック演奏家のことを書いた後に、

 

あっ!て気付いて、だから、忘れないうちに♪

 

 

最近いろいろ書いてたジャズ・ミュージシャンのサッチモこそ、

 

例に出さないといけないグレイト・ミュージシャンでした!

 

 

トランペットの吹きすぎで唇にダメージを負ったサッチモ、

 

唇といえば吹奏楽器トランペットの生命線だからね、

 

そんな演奏生命の危機を、歌でカバーしたのがサッチモ。

 

 

晩年はほとんどトランペットよりも歌になってね、

 

演奏も歌も同じぐらいグレイトなミュージシャンだったの。

 

 

image

 

ジャ〜ン!

 

これが、サッチモ愛用のトランペット、

 

サッチモの大ファンだった英国国王ジョージ5世から贈られた、

 

フランスはセルマーのトランペット by サッチモ・ミュージアム。

 

 

生前住んでいたお家の外にある展示室は、写真撮影OKでした♪

 

 

でも、初めて歌を披露することになった時は、

 

愛妻はさぞかしハラハラしたんじゃないかしら。

 

 

あたしのダ〜リン、大丈夫かしら〜、

 

あたしが代わりに歌ってあげようかしら〜。

 

 

(笑)。

 

 

ということで、サッチモの歌といえばコレ、

 

『What a Wonderful World この素晴らしき世界』。

 

 

この曲がレコーディングされた1967年はベトナム戦争の真っ最中で、

 

この曲が緊張感漂うアメリカ人たちに希望と勇気を与えたそうです。

 

 

この曲の歌詞は、

 

何気無い日常とか普通の生活がどれだけ素晴らしいことか、

 

普段は気づかないけど、戦争になると何気ないことが全て失われてしまうって、

 

歌ってます。

 

 

1967年当時の映像を発見したよ♪

 

満面の笑顔と演奏生命の危機とみんなに愛される温かみ、

 

そんな歌声を楽しんでね。

 

 

ちなみに、私が歌マネで撃沈したのがこの曲(笑)。

 

私より似せて歌えるかな、このニコニコ笑顔も含めて、

 

すっごい難しいんだぞっ(笑)(`Δ´)!!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-04-23

にゃんとドレミ

テーマ:音楽

わかった〜♪いいよ〜(*^▽^*)♪

 

 

あ、ごはん〜って言うから、お返事してたの(^O^)。

 

 

うちのショーンちゃんね、遊んで〜とか、甘える時の声が、

 

ガラッガラなのよ。

 

 

普段の鳴き声は澄んだ声で「にゃ〜ん♪」にゃんだけど、

 

甘える時だけ、なぜかカラス?みたいな

 

しゃがれたカッスカスの「にゃ”あ”ぁ”ぁ”」になるの。

 

 

いつかこの声を録りたいと思っててね、

 

今、ちょうどガラッガラのカッスカスで録音チャ〜ンス!と思ったら、

 

ダメだった〜(+_+)。

 

 

全然可愛くないけど可愛いのよ〜(ノ´▽`)ノ。

 

 

image

 

先ほどから、このように、じ〜っと待機されています。

 

めいちゃんは、いつも、ふふ〜ん♪って。

 

右奥の紐は、ショーンちゃんのおもちゃ。

 

 

ガジガジ噛むからボロボロになってるけど、お気に入りにゃのよね〜。

 

 

噛むといえばね、演奏家っていうのかな、

 

プレイヤーでよくあるのが顎関節症。

 

 

電気を通さないクラシック系のプレイヤーの間でよく聞くかなあ。

 

 

例えば、ピアノやヴァイオリンで大きい音を出したり超絶技巧するときに、

 

無意識に歯を食いしばるってるんですって。

 

 

音楽に限らず、例えば大きな荷物を持つ場合とかにも

 

歯を食いしばった方が、力が入りやすいらしいんだけどね。

 

 

スポーツ選手もそうかなあ、

 

瞬時にガッと力を入れると、歯を食いしばりそうな・・・?

 

 

そういう私もね、顎関節症まではいかないけど、

 

大曲をガシガシ弾く必要がある時は

 

気がついたら歯を食いしばっていて、ものすご〜く顎が疲れるの。

 

 

歯をボロボロにした知人もいるし、でも気をつけるったってねえ、

 

ピアノを弾かないのが一番の対策(笑)。

 

 

例えばクラシック音楽のソリストは、

 

3000人収容とかのホールいっぱいに、電気を通さない生音を響き渡らせるんだもんね、

 

それでオーケストラを従えてコンチェルト、

 

しかも1公演にコンチェルト2曲とか考えたら、

 

そりゃ身体への負荷も相当なものよね。

 

 

そして、ずっと同じ姿勢だし、同じ腕の筋肉ばかり使うから、

 

職業病っていうのかな、いろいろあるよね♪

 

 

ピアノとかヴァイオリンとか演奏しますの〜っていうと、

 

おほほほほ〜♪みたいなイメージだけど、

 

実は力仕事のガテン系なんだよねっていう話♪

 

 

ショーンちゃんのトラ柄については、ごはんしてから、かな。

 

 

ね〜(*^▽^*)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-22

クローズアップ巻き

テーマ:音楽

来週の今日、4/30が、

 

宮崎国際音楽祭のスペシャルプログラム、

 

『Special Concert 1 シリーズ「Oh!My!クラシック」

~国谷裕子にクローズアップ!~』なんだ〜(ノ゚ο゚)ノ。

 

 

この「Oh!My!クラシック」っていうシリーズは

 

昨年から始まったばかりなんですって。

 

 

昨年は小泉純一郎元首相がゲスト、

 

今年はNHK総合『クローズアップ現代』で23年間キャスターを務められた

 

国谷裕子さんのお話を楽しみながらのコンサート。

 

 

って、ゲストが豪華〜っ(ノ゚ο゚)ノ!!

 

 

初回の小泉元首相は、宮崎のコンサート劇場でも

 

劇場を繰り広げられたんだとか(゚Ω゚;)(笑)。

 

 

お二人とも音楽がお好きだからね♪

 

 

今回の出演は、国谷裕子さんをはじめ、

 

宮崎国際音楽祭の音楽監督でヴァイオリニストの徳永二男さん、

 

ミュージカル女優・歌手の島田歌穂さん、オペラ歌手の久保和範さん、

 

チェリストの古川展生さん、そしてピアノの私。

 

 

歌穂さんとリハーサルさせていただいてね、

 

歌穂さんご自身が書いた歌詞で歌う歌、やっぱり重みが違うなあって。

 

 

歌だけで成立しちゃってて、聞いてたらピアノが入れなかった(笑)!

 

 

ご自身で書いたのもそうだし、いろんな歌も歌われてきて、

 

それからミュージカルで芝居もやって来られてるから、

 

その全てがミックスされた感じに、ズッシリきました(*^▽^*)♪

 

 

久保さんはねぇ…どうなるかな、うふふ、

 

今回のコンサートならではのスペシャル、楽しみ(笑)♪

 

 

徳永さんは今回初めてご一緒させていただくのだけど、

 

私の知人が徳永さんの大ファンということがわかって、

 

ここ数日その話題で大盛り上がりしててね♪

 

 

宮崎国際音楽祭での楽しみがもっと増えました(^O^)

 

 

【詳細はこちらの音楽祭ホームページへ♪】

 

 

チキン南蛮…宮崎地鶏…宮崎牛…冷汁…

 

ヨーグルッペ…ヨーグルッペってなんだっぺ?

 

それから〜…

 

レタス巻き… レタス巻き?!?!

 

 

カッパ巻きとかかんぴょう巻きとか、レタス巻き?!

 

酢飯にレタスに海苔?!?!?!

 

 

ナゾ…少なくともお家で、ご飯のお供にレタス…

 

ないなぁ〜…きになるレタス巻き…

 

えっとね、あたしは、まつだ巻き(笑)(≧▽≦)!

 

 

素敵なコンサートになりますように(*^▽^*)♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-21

お家で

テーマ:ねこ
{D63B1C1F-22A9-4F3C-AD9B-FBB055D7EA9F}
 
寝〜て〜る〜♪
 
きゃわゆい(≧▽≦)♪

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-15

烏じゃなくて鴉

テーマ:音楽
そして、今日はこちらを観ました♪

{180DE2A0-EE95-4A9A-AA86-C9797C266CBD}

1時間強のこの作品、

中味がギッシリ濃密な時間で、全てが格好良かった!


演劇の表現の面白さっていうのかな、

舞台の魅せ方っていうのかな、ずっと面白くてね、

分かりやすいハズじゃないだろうに、分かりやすいって思ったの。


不思議〜。


大ホールに響くキャストの声。


でもキャストが、ほぼ70オーバーのおじいちゃんとおばあちゃんなの、


のハズなのに、言葉が高らかに響いて聞こえてきたの。


みんな格好良いんだよね、パリッとしててね、

ずいぶんとエッジの効いたおじいちゃんとおばあちゃんたち。


堂々たる肉体美も恐れ入ったし!


90オーバーの方がいらしたのには驚嘆。


皆さん、最後に一列に並んだ時の清々しい表情が

生に充ち満ちていてね。


ステーキいっぱい食べてそうな(笑)?

ワインとか楽しんでいそうな(笑)?


高くて美味しいのは当たり前なんだよ、みたいなことを言いながら

お酒を飲んで演劇トークしてそうな(笑)?


明日が千秋楽です(*^_^*)♪


ザ・蜷川をぜひ体感くださいね♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-14

サッチモ・チャンス

テーマ:音楽
image
 
今日は、オーストラリアからのゲストをお迎えしてのピアノでした♪
 
アンティーク・スタインウェイと一緒に(*^▽^*)♪
 
 
麻布十番の音楽サロンオーナーでおなじみの
 
金子さんがお招きして…
 
 
おっ!ということは(ノ゚ο゚)ノ!
 
 
サッチモの歌マネ チャンス、到来〜っ(ノ´▽`)ノ♪

 

 

のハズだったけど、ゲストが特にサッチモファンではなかったので

 

次の機会に持ち越し〜(笑)。

 

 

だってね、サッチモの歌を知ってる方じゃないと、

 

なんかわからないけど喉の調子が悪いのかしら?で終わっちゃうじゃない?

 

 

それはともかく、ゲストの子供の学校教育に対する情熱はすごかったな〜。

 

 

国とか環境とか諸々違いがあるから一概には言えないけど、

 

昨今、日本にあんなに楽しそうに学校教育を話す教育者がいるのかな。

 

 

ずっと嬉しそうにオーストラリアのある学校で行われている教育プログラムを話されててね、

 

耳を傾ける方も興味深く聞いてて、

 

あわや日付が変わるか?!というところで、こちらも次の機会に持ち越し〜。

 

 

楽しい持ち越しは大歓迎よね☆

 

 

たくさんの刺激をありがとうございました(^O^)/♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-13

知らぬが猫

テーマ:音楽
にゃんずが気持ちよさそうに聞いてる曲、
 
知らないと思うけど、実はワンコの曲にゃの。
 
 
{D3B788A8-E2E2-481A-9097-8DED07AB29AC}
 
「ん?にゃあに?」
 
 
ううん、にゃんでもにゃいよ(*^▽^*)♪

 

良い曲にニャンコもワンコも関係にゃいよね♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-09

は〜い松田

テーマ:音楽

富士山麓でお花見コンサートの予定があいにくの雨。

 

 

せっかくなので実家に行ってきたのね、

 

海老名SAで恒例のメロンパンとティーを買って運転しながら食べるも、

 

ティーが熱くて、舌がヤケドするのが怖くて、

 

結局中井PAでゆっくり飲むっていう、ね(笑)。

 

 

ところで、中井PAのお隣が大井松田ICなんだけどね、

 

いつもこれが「お〜い!松田」に思えて仕方がないのよ〜(笑)。

 

 

「お〜い!松田」の次は「は〜い♪by松田」にしてほしい(笑)。

 

 

ちゃんと聞こえてるよ〜、お返事してるよ〜ってね(*^▽^*)♪

 

 

ちなみに、「お〜い!松田」の他には、

 

「透明川崎」「横浜、町だ(んだ!)」「厚着」「ただの中井」とか思いながら運転すると、

 

一人でニヤニヤできて楽しいよ(ノ´▽`)ノ♪

 

 

そうそう、今回のお花見コンサートでは

 

せっかくだからサッチモも弾こうかなって思ってたのね、

 

先日麻布十番で演奏した時は、サロンオーナーの金子さんが大のサッチモファンだし、

 

リアル24とか、サッチモ・ミュージアムとかNYCのお話の流れでサッチモを弾いてね、

 

新たに習得(?)したサッチモの歌マネを初披露したの。

 

 

見事な失笑からの、シーーーーーーーン…。

 

 

私もね、想像よりはるかに下回る歌マネの出来に、

 

8小節で速やかに歌うのをやめたの。

 

 

ぜっんぜん似てなかった、本人が言うんだからね(笑)♪

 

 

また機会があったら、今度はキーを変えて再チャレンジしてみようかな♪

 

 

あまり待たせると、ああ、あなたも結局口約束ね〜、よくあるよね〜ってなっちゃうからね、

 

なるべく速やかに実現できるといいな(*^▽^*)♪

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2017-04-06

サッチモのお家とか

テーマ:音楽

いや〜、あの辺りって道路は狭いし運転するの大変なのよね(+_+)。

 

 

映画観るの、今度はいつかな、楽しみ(*^▽^*)♪

 

 

えっと、サッチモのお家のお話の続きね、

 

愛妻が全て手がけた素敵な内装とか、

 

中国と日本がミックスされたようなオリエンタルなお部屋とか、

 

レコーディングルーム兼書斎とか、やたら豪華だけど小さなバスルームとか、

 

衣装の多いサッチモのためのオーダーメイドの広いウォークインクローゼットは、

 

小柄なサッチモのサイズに合わせてあったり、奥のものが取り出しやすいように傾斜になってたり、

 

(しかもウォークインクローゼットはキラッキラの内装⭐︎)

 

いろんな工夫と遊び心が面白かったの♪

 

 

このお家を買った当時、サッチモはすでに世界的に有名なジャズミュージシャンで

 

ワールドツアーも組まれたりするほど。

 

 

そんな世界的ミュージシャンのお家にしてはコンパクトだし、

 

一から建てたんじゃなくて、元々あったお家だったり、

 

マンハッタンのど真ん中に住んでもおかしくないのに、移民居住区だったり。

 

 

というのも、このころはまだ法的にも人種差別が認められてて、

 

どんなに世界的ミュージシャンでも宿泊先は白人とは別、

 

ライブやコンサートの時も入り口は別、厨房から出入りなんて当たり前の時代だったから。

 

 

どこに行っても顔が知られている、言って見ればセレブリティのハズなのに、差別され冷遇される境遇。

 

 

とってもとっても複雑。

 

 

笑顔と音楽で世界中の人たちを幸せにして楽しませて、

 

でも心でそっと泣いて自分の宿命なのか運命なのかと戦ってきたのかな。

 

 

そんな人と一緒になった愛妻は、サッチモとの結婚に幸せなんて求めてなかったと思うの。

 

 

少なくとも人並みの幸せは。

 

 

冷遇されるセレブリティ、どちらか1つだけでも相当大変だろうに、

 

この相反するものを両方抱えてね、

 

こんなに光と陰の差がありすぎる生活とか人とは違う特殊な生活って、

 

自分が幸せになりたいって思う人には耐えられないと思うの。

 

 

愛妻もまた、NY内外の名士が集まるコットン・クラブという、

 

お客さんは全て白人で、スタッフとミュージシャンは全て黒人というNYCの高級ナイトクラブで活躍されてた歌手だったから、

 

きっときっと、想像だけど、サッチモが背負ってるものを

 

背負うことはできなかったかもしれないけど理解できたんじゃないかな。

 

 

自分が幸せになりたかったら、生涯共になんて無理だっただろうし、

 

何よりもサッチモの愛妻家ぶりがそれを示していると思う。

 

 

黒人教会で言うところの、生きる苦しみを分かち合う、っていう。

 

 

嫌がらせされたりとか何だとか、

 

いちいち覚えて憎み続けたり怒り続けたりするのがバカらしくなるぐらい

 

お互いにきっといっぱいあったんだろうな、とも思うし。

 

 

愛妻も相当な覚悟だっただろうけど、そんな覚悟をさせる相手と一緒になるっていうのも、

 

もしかしたら幸せなのかもしれないし、

 

幸せの尺度は、その人次第よねっていう話、だったかしら(笑)?!?!

 

 

新しく建てるにしても何にしても、買うなら、

 

にゃんずのおトイレと人用のおトイレが一緒の広いおトイレスペースに、

 

にゃんずが自由に出入りできる専用ドア、

 

リビングはにゃんずがお散歩できるウォークインウォール(?)はマストでしょ(笑)!

 

 

だから、サッチモは猫飼ってないし(笑)!

 

 

ほ〜ら、こんなことを話してるから、抱っこ〜って言ってる〜。

 

 

ハイハイ、どうやって抱っこするの、まったくもう♪

 

 

そんなところで待ってても、抱っこできにゃいのよ〜。

 

 

これから、しばしの間、にゃんずタイム♪またね♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。