名言23 

テーマ:
他と戦うな、己と戦え 
                 Gnarls Barkley


他人が成功しただとか失敗しただとかを気にするんじゃなくて、
わき目を振らず己を磨けということですね。
トップアスリートが良く口にする『ライバルは自分』ですという
ことにも似ていると思います。
AD

名言22

テーマ:
『世に生を得るは 事を成すにあり』

                       司馬遼太郎『竜馬がゆく』

電車の中吊り広告で見たこの言葉が眼に焼きつきました。
やはり男として生まれてきたからには、
でかい花火を打ち上げたいものです。

坂本竜馬
司馬 遼太郎 竜馬がゆく〈1〉




そしてこっちは今大注目のサンフランシスコ出身R&Bシンガー”田中ロウマ”
なんとなくリョウマとロウマが似てると思って。。。
田中ロウマ
田中ロウマ  Not Alone



AD

名言21

テーマ:
『自分の夢に、嘘はつけない』

jaccs 村上淳


2001年~2003年頃に放送されてたJACCSカードのCMを
覚えてる人いますかね?
バックに流れる山下達郎の”蒼茫”がめちゃくちゃ涙腺を刺激するやつです。

最近YOU TUBEを見てたら
1話、2話、5話、6話を見つけたんで、
懐かしくて見ちゃいました。

1話  http://www.youtube.com/watch?v=oDRUSZdexU0&mode=related&search=
2話  http://www.youtube.com/watch?v=Gn0z4TYmbSc&mode=related&search=
5話  http://www.youtube.com/watch?v=Aq8VZ_8xMpg
6話   http://www.youtube.com/watch?v=nH61VETx-J8


たしかストーリーは。。。

写真家になる夢を持ちながらも
サラリーマンをしている和也(村上淳)と
パン職人になるためにフランスへ修行に行こうと
がんばる由佳(伊藤歩)の物語。

どっかの畑で由佳と和也が出会い。

街に戻り、由佳が勤めるパン屋に和也が買いに来て偶然の再開。

自分の夢をかなえるために一生懸命な由佳と
現在の仕事にやりがいを感じないものの、
夢だった写真家になる勇気の一歩をなかなか踏み出せない和也。

ついにフランスへパン修行に出発した由佳。
由佳の姿に影響されてカメラマンへの道を歩みだした和也。

最終話
沖縄かどこかの離島で写真を撮る和也。
海を眺めながら『がんばってね』と由佳の幻に励まされて終わり。。。


その後、由佳がフランスの修行を終えて
二人が再会するとか2時間ドラマで続編を作って欲しいですね~。
僕は昔っから村上淳が好きなんですよ。

由佳がフランスへ出発する時に
和也が『胸張っていけよ!』とエールを送るシーンは
何度見ても泣いてしまいます。

ついつい自分に問いかけてしまうんですよね。
『今の俺は胸張って生きていると言えるか?』
う~んどうなんでしょうね~。
頑張ってるときもあれば、気を抜いちゃってるときもあるし。。。。

そもそも僕は目標は持つんですけど、
夢は持たないん主義なんですよ。。。 (こういう人って何気に多いですよね?)


慶事

テーマ:
皇室に待望の41年ぶりの男の子が生まれましたね。

僕は朝出勤途中、自分で運転する車のラジオで知りました。
(ちなみにJ-WAVEのジョン・カビラさんの番組)

昔、映画『男はつらいよ』の中で寅さんが
「今日はなんか良いニュースはあったかねぇ」という
セリフを思い出しました。
最近はニュースと言うとネガティブなイメージが多いですが、
昔はニュースと言うと”良いこと”を伝えるものだったみたいです。


今日は仕事をサボって皇居に記帳しに行こうと思ったのですが、
お昼のニュースで記帳は無いと聞いて断念。
じゃあせめて皇居の方角に万歳でも!と考えたのですが、
コンパスを持っていなくて方角が分からず......orz


今回の男系男子問題で日本は時代遅れの男尊女卑な国だと嫌なほど感じたので、
そんなに男の子が必要なら昔の天皇みたいに
側室を何人も抱えて子供バンバン作っちまえばいいんじゃね?とナイスアイデアが思いつきました。
どうせ皇族は子供が増えたって一般家庭みたいに養育費の心配しなくていいんだし。
(僕達国民の犠牲の上に皇室の生活は成り立ってますが。。。)