加藤真紀子のブログ

加藤真紀子のブログ

【ark.company】(ご依頼、お問い合わせ、letter等はコチラ)
HP http://www.arkcompany.jp/
東京都世田谷区代田3丁目27-24-202
Tei&FAX 03.6755.0950

Makiko.Kato twitter @Makiko122

【PUPA】
PUPA HP http://sss-pupa.jimdo.com/
Blog http://ameblo.jp/sss-pupa/
PUPA Twitter @PUPA_APUP
お問い合わせ  pupa.stage.info@gamil.com


【2016.作品】
「猛獣使いと王子様」12月
「僕は今日も明日のキミに恋をする」10月 VACAR
「Ai」 08月 酔いどれ天使
「2069」06月 劇☆男

PUPA CINEMATIC STAGE 7
FOOLISH 04

【2015.作品】
「Birh」12月 劇☆男

PUPA CINEMATIC STAGE 6
イツツメキセツ
07/15-19

STORM LOVER ~波打ち際の王子SUMMER!~ 改!!
5/23ー5/31
http://www.d3p.co.jp/stormlover/stage/

ニートエンジェル VS リストラデビル
2015.06.10-14


ハマトラ THE STAGE -DOUBLE MISSION-
2015.03/14-03/22
公式HPhttp://hamatora.eigeki.jp/

PUPA CINEMATIC STAGE 5
56W.X~ぼくのサンタクロース~
2014.12.03~12.07

テーマ:

休日の朝って…なんかすき。

お家の周りの空間も平日と違う。

また春という気候と今日はいい天気だったから

早起きして久しぶりにゆっくりと時間が流れていく午前中を過ごした。

 
お昼からは先日から入院している千紗子の病院へ。
この間の手術後からまだ数日しか経っていないけど、日に日に元気に回復している千紗子の顔を見て嬉しくなった。
よかった。
 
お見舞い後は天気もよかったので散歩がてらに久しぶりに好きな場所であるひとつのところへ・・・
 
 
作品を書くとき、作品を1本終えた時や、考え事だったり・・そんな時によく行ってた公園。
しばらく行けずだったのでずっと行きたかった場所。
平日は静かな場所だけど、休日は朝から日が落ちるまで子供達の遊び場となる。
一日中、はしゃぐ声と共にめいっぱい遊んでいる子供達。
そんな賑わう空間なんだけど、それでもとっても落ち着くし癒される空間なんだよね。
むしろこの空間にはHappyオーラが溢れかえっている。
そんな空間の隅にお邪魔して珈琲片手にぼーっとベンチ座って空間を一緒に楽しむ。
癒されるんだよね。
 
そうこうしているうちに夕方の時間。
この公園の近くに小さな神社があって昔からそこにもよく行ってた場所。
神社は少し高台にあって、そこから見る晴れた日の夕暮れが美しい。
運良く、今日はその時間に出逢う事が出来た。
 
数年前はここまで桜の木が伸びてなくて、夕陽はすっぽり見えていたのに。
気づけばこんなにも桜の木が成長していた事にも驚き。。。
これもまた美しいなと思いながら・・・
 
ここから夕陽に向かって1本道を歩く。
 
なんだかね。
この時間に出逢えると、
とっても贅沢な時間を頂いた気分になる。
 
 
久しぶりに出逢えた夕焼け時間でした。
ありがとう。
 
 
 
またね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

久しぶりの福岡は色々新しい事が始まっていた。

新しい出逢い

新しく始まった事など。

 

目の前に沢山、目を輝かせた青年たち。

ありがたくも毎年、こうやって目をキラキラさせた光景に出逢う。

嬉しいし、いつも初心を振り返る貴重な時間。

 

忘れちゃいけないよね

どうぞこの気持ちをお忘れなきよう・・と・・そっと心の中で祈る。

 
そんな気分のいい一日を得て迎えた今朝。
必要以上に早くから目が覚めた。
美味しく珈琲を頂き、出発。
天気のいい日の飛行機は快適。
朝からのんびり空の上から眺める景色は贅沢な時間だ。
人間の姿なんて見えもしない。
空の上って日常見る景色とはまた違った世界観がそこにはあるのですごい好き。
高所恐怖症のくせに(笑)
これだけは好きだな。
ぼーっと想像力だけにスイッチいれてみたり。
夢と同じであんまり覚えてないんだろうけど感覚だけは確実に残っていく。
 
 
のんびり旅に行きたいな
ずっと言ってるけど・・・
 
 
 
またね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「むばたまの夜に降る白雪の月影」終幕してから1週間が経つ。

ようやく空っぽになっていた頭の中を起動。
数日かけてBlog書いてます。(;'∀')
 
改めまして・・
いっぱい・・・ありがとうございました。
 
 
 

顔合わせで一緒に作品創りを共にするメンバーと出逢い…そこから彼らとのディスカッションの日々が始まった。

イメージを伝えるというのは本当に奥深い。

それぞれの持つ脳の発想力も想像力は違うから、そこから出てくる楽しみもあれば、一方通行のもどかしさもあったり。

だから何度だって話す。

言葉や行動や身体や心を使って彼らとぶつかっていった。

人が考えている事は多様で本当に面白い。

何に悩み、苦しみ、もがき、あがくのか。

次第に一つになっていくメンバー達。

みんないい顔してたな。

 

 

 

今回は橘陽樹という主人公の心の中が主体。

そして恋人の西島葵という女性の想い。

心の中が出てきたり、架空が出てきたり混乱させる事も多かったかと思うけど…
内容はいたってシンプルなもの。
大切な人への想いだったり、人間の心だったり。
それぞれの形や状況があって色々な護りかたがある。
 
本気で誰かを守りたいと思う時…
時に冷静になれないときや周りが見えなくなることだってあるだろう。
どれが正解で不正解なんて…その時、その人の環境、事情もあるから。
 
でも欲が存在するのも確か。
心が壊れるのも確か。
人は毎日頭の中で色々なことを考えている。
楽しいことから意欲、好奇心、情熱、整理。
また、寂しさや虚しさ、葛藤やら屈辱など…。
これもまた人間であり・・生きているうちにしか感じ得ない感情。
 

陽樹の身の回りで起きている記憶が蘇っていく中・・・
架空(来店者)では福井は電車にはねられ、リコは石になった。
矢島の存在が架空となり現れる最初の人物。【福井(来店者)】という存在。
福井は対価として電車にはねられ命を失う。
それなのに矢島という存在は後からも架空人物に変わって何人か登場する。
 
陽樹の記憶が少しずつ蘇る中…
一方で葵も真実を見つける旅に出る。
 
リコの来店以降からは現実で存在する薫子が存在したり・・
ここでも矢島の架空が存在したり、自分自身(陽輝と葵)が闇に襲われている感情が入り乱れていく。
この辺りから葵が向き合う真実と陽樹の記憶が重なりあっていく。
 
こちらの写真↓は葵が真実を見つける旅の道中。通称【闇の森】シーン
真実を知っていく中で自身をも振り返る葛藤だったり・・
 
闇の森で人間の裏表を描いたシーン。
感情一つで人の言葉の伝え方は変わる。
受け取りの捉え方も同様に。
裏の言葉は時にえげつない言葉を使っていたが…
本来・・・そこまで人は思わないと・・・祈りたい。
 
矢島と言う存在が何人にも架空人物として登場したのは・・・
これは陽樹の心の奥底で【矢島】という存在が一番ショックで一番屈辱で一番憎かった心境を表していたりする。
記憶がないだけに陽樹が記憶と一致するまで見ていても混乱させたかと思う。
だけど陽樹の中で大好きで尊敬していた先輩だっただけに憎しみは大きくなったのかもしれない。
実際、矢島の事は殺したい程、苦しかった想いが大きかったのだろう。
 
 
私達が持つ心は自身を決して裏切らない。
表と裏 どちらを創り上げるも自分自身。
心はいつだって自身の為に沢山笑い、感じ、泣き、葛藤し、苦しくなったり、もがいたりする。
いつだって一生懸命に【幸せ】を求めて。
 
 
今回はね、ファンタジー世界観という事もあり、天界の人々や、心の中の人物も登場してきたけれど。
私たちって目に見えないもの…(それは経験だったり、思い出だったり、記憶だったり含めて)沢山の事に助けられて生きているんだろうなって思うんだ。
だから人間って【感じる】【記憶】【夢】などなどが存在するわけで・・。
 
 
主人公が恋人を助けたいという一心で【彼女に心臓を】という想いが描かれているが・・
現実、そんな簡単にいくわけでもない。
奇跡に近いよね。
 
そんな【奇跡】に現れた天界の存在。
 
きっと陽樹はどうやったら彼女を助ける事が出来るのかという想いと、どうしていいか分からない自分の無力に相当な苦悩したのではないかと思う。
リアルでいうと自ら命を絶つという行動に近かったのではないだろうか。
自ら命を絶っても彼女の元へいくはずもない。。本当はね。
 
アシュは主人公・橘陽樹の願いを叶えるために現れる。現実でいうひとときの夢にすぎない。
これも人間の願望かな・・
アシュは願望を叶えるというより、人間の見つめなおしを問う導きに近いのかもしれない。
 
誰かを想う気持ち
誰かを守りたい気持ちは
一体何が正解なのか
 
 
稽古時に陽輝役の賢斗と葵役の有彩に聞いた事がある。
最終的にあなたならどうするのか・・・
葵の願いを叶えるのかどうなのか・・・
稽古途中段階では陽樹は「彼女が幸せに生きてほしい」という願い。
彼女が幸せである為に・・・
彼女の中で彼が(心臓)が生き続ける事か・・
陽樹の記憶は全部消し去る事がいいのか・・
そんな質問をしたら少し沈黙が続いた事がある。
 
葵は「それでも死にたい」と答えた。
最終的に彼等がどのように思っていたのかは敢えて聞かなかったけど。
 
ここに【奇跡】があったなら・・。
ファンタジーの世界観を使ってこの題材を置いてみた。
葵の体の中に彼の心臓が生きている。
そんな奇跡があればどれほど美しいだろう。
 
でもやっぱりね、ファンタジーといえど・・決してHappyであってはいけないと思った。
一筋の光があるとすれば・・
人間の持つ本質の心は…それほどに大切な人を愛する心を持つという事を最後に描いてみた。
 
 
書き出したらきりがないな・・
1本作品を創り終えると完全燃焼してしまう。
気づけば桜も散り始めている。
花見でわいわいという盛り上がった行事はしなかったけれど・・・散歩しながら桜を眺めていた。
 
病院シーンでノルンが桜を見てきゃはきゃはしていた病院での中庭イメージの場所。
遠くから見たらこんな感じ。あの奥に中庭って感じかな。
あの時はまだ咲いてなかったけど満開を私がみておきました。笑
 
今回、むばたま(暗闇)に降る雪は月の光と桜の散る時(生命力)を重なり合わせてラストを描いてみた。
暗闇に静かに眠る陽樹がいて側にアシュがいる。
雪なのか桜なのか・・・ちらちらと舞い降りる月の光。
{BD8FC01E-FAAD-47B8-8949-A52DBE6EB4E3}

桜の満開は始まりのようでここでは終わりを表す。
桜が咲くと・・ひと時を幸せにしてくれる。
桜は一年をかけて温め育て上げる結果。
咲くと同時に散る(終わり)も迫る。
桜が散り、初めて新たなスタートが始まる。
今から立派な葉が生まれ始める。
一年後のこの季節に向けて・・沢山の恵みと温もりをいっぱい集めて・・
ささやかなアシュの人間に対する祈り・・なのかもしれない。

{5F146C28-B90A-4F78-A7A9-E273AF22B765}

桜は何度も繰り返し大きくなっていく。
そして私達を魅了させてくれて・・
沢山の事を教えてくれる・・そんな季節のように思う。
 
 
長々と書いてしまった。
最後に・・・
打ち上げでメンバーみんなに届いた一品。
ありがとうございます。
みんなで美味しく頂きました(*'▽')
 
 
 
沢山の出逢い、そして沢山の力を本当にありがとう。
 
 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。