2011-08-22 15:43:52

私達の手で法律を作り動物の命守りましょう!パブコメの送り方です。

テーマ:レッスン

私達国民の意見が法律に反映されるチャンスです!




*期日 平成2 3年 8月27日(土曜日) *提出先 環境省自然環境局 動物愛護管理室 FAX 03-3508-9278 手紙shizen-some.env.go.jp


*意見提出の書き方 基本的には、賛成か反対か明確にわかり、その理由が書いてあれば、ハガキでも、


FAXでも、メールでも、届け出でも構わず、自由に意見書いてOKとのこと。


*明記すべきこと。


①意見提出者の名前。(団体の場合は団体名)


②住所 電話、FAX、メールアドレスなどの連絡先。


③今回の募集対象となっている「動物取り扱い業の適正化について」に関する意見。 私達が特に国に要請し続けてきた内容に絞り、ごく簡潔に挙げてみます。


<項目> *ペットショップの深夜営業販売の賛否。(当然のことながら、今改正法で禁止にすべきことです。)


*移動販売、ネット販売の賛否。


*犬猫オークション市場(せり市)を動物取り扱い業に含めるかどうかの賛否。


現在はふくまれていません。(将来的には、競り市廃止が望ましいと考えますが、今改正に廃止できないなら、規制監視するためには動物取り扱い業に含めるのが望ましいと考えます。でなければ、不透明な闇のまま、幼い命が売買され続けます。)




*生後八週齢以下の幼齢犬を親から引き離し販売する現在の状況への賛否。


(強く明確な規制を望みます。親兄弟犬のもとで八週間はしっかり安心できる環境が必要。前回は、ペット業界での組織の数に屈し、八週齢規制が流されました。今回こそは、ビジネスの犠牲にすることなく、幼い動物の命、私達の手で守りたいと強く思います。意見、環境省に、パブリックコメントとしてあげてください!!)


*パピーミル(大量繁殖施設)への明確な規制への賛否。


(ブリーダ業も健全なところもある一方、

衛生、健康管理も怠り母にも子犬にも問題を起こすブリーダもあり。動物虐待になりかねない危険を含んでいます。動物愛護先進国並みの規制は必須と考えます。) 詳細は、電子政府の総合窓口のパブリックコメントのページ参照してください。 又は、最寄りの区役所でも資料はもらえるはずです。ネット検索などしないかたは、区役所に出向きご相談下さい。 私達の手で何とか一歩でも二歩でも前進させましょう!!



AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

藤野真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■今日送りました

遅れてしまいましたが本日パブリックコメントを送りました。

お役所に出す文書なのでなんだかフォーマットが小難しそうでどうしよう!と思ったのですが、既に多くのブロガーさん達が分かりやすいフォーマットを作って下さっていたのでそちらを利用させて頂きました。

でも私も実は今朝友人からのメールでこのパブリックコメントの意義内容を知りました。
締切間近、危ないところでした。

まだまだ知らない方も沢山いると思います。
ぎりぎりではありますが私も周囲に知らせたいと思います。

13 ■災害従事派遣車輛証明が

九月で終わる話しが出ています
被災地の復興は被災地でやれって 国は被災地を見捨てたと言っても過言じゃないですよね
多くのボランティアさんが 復興や被災動物の保護の為に 活用しています
目の前の命つなげる為に
是非 先生や皆さんの力を 国や県や 行政へぶつけて頂けませんか? ヨロシク御願い致します

12 ■無題

さきほど書き忘れましたが、どうぶつ基金のサイトは簡略にできていますね。私は先に提出済みなのですが周囲の人たちにこのサイトを教えています。ただし取り組み期間が実質1月で、業者サイドは準備万端(一説では一人100名というノルマあるとか)でしょうが、こちらはやや時間不足。最後の呼びかけをしているところです。
あきらめず拡散しますね。

11 ■お元気でしたか?

しばらく 更新ないので 心配してました。体調大丈夫ですか?
パブコメ頑張ります!
家族 友人集めてます。
1人が1人お願いすれば 倍×倍×倍…で
どんどん 増える~!
ラストスパート

10 ■パブリックコメント

法改正委員会メンバーの交代は、議員立法を立ち上げ交代させるしか手段が無い様です。

たまき議員さんが議員立法に動いてくれているみたいです。

現在の委員会メンバーに金と権力を持つ「全国ペット協会」がいる限りペット達の安泰は望めません。

今、私達一般国民に出来る事はパブリックコメントで動物達を愛する声を環境省や委員会に届ける事です。

まだパブリックコメントを知らない人が沢山います。

私のblogに簡単に出来るパブリックコメントをアップしました。

拡散・転載のご協力をお願い致します。


藤野先生 いつも動物達の為にありがとうございます。

みんなで力を合わせて小さな命を助けましょう。

私も微力ながら頑張ります。

9 ■審議会委員の交代も必要!

パブコメ、私も送りました!

恥ずかしながら私も最近まで知らず、もっと浸透してほしいと思います。
ブログやFBでも拡散して、家族・友人にも協力してもらっています☆

今本先生のコメント欄にこのようなものがありました。

「環境省に聞いたところ、多数決で決めるわけではなく、小委員会を何度も重ねて話し合い、決めていくとのこと。その際にパブコメを参考にするということでした。

また、どうぶつ基金さんのHPで読みましたが、
“環境省中央審議会動物愛護部会の意見をもとに方針が決定される”とのことで結局、最終決定権は中央審議会のメンバーにある!?」

ということなので、審議委員会のメンバー交代を求める署名運動も大切です!
http://www.shomei.tv/project-1814.html


「犬猫救済の輪」さんに委員の詳細が載っています。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2222.html

動物を守るための法律改正のメンバーに、ペット業界の人間が入るべきではありません。

8 ■無題

いつも果敢に取り組んでいらっしゃることに動物たちに代わってお礼申しあげたいほどです。今回程度の業者規制も困難であるとしたら、私たちの国と社会のモラルはどうなっていくのでしょう。この国の行く末が案じられます。犬猫は愛玩商品、消費財としてしか扱われない。動くオモチャではなく、命と感情を持った存在であることを愛護法のなかにしっかりと浸透させねばと思います。また環境省もパブコメの数に押し切られるのではなく、先進国としての基本的な動物
福祉の理念を是非確立してもらいたいものです。

7 ■おすすめです。

パブコメを書くことをお願いするのに
このサイトを利用して頂くと
初めての方でも失敗なしです。

名前や住所を署名するだけの簡単パブコメフォームです。
「公益財団法人どうぶつ基金」による  1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント専用フォーム  http://t.co/dGpsTFL
※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。

ご利用下さい。

6 ■いつも ありがとうございます

先週の土曜日にメールで送りましたが パソコンが パンク状態で送れませんでした。
今日は送れました。沢山届いていることを祈ります。

5 ■動物愛護法

作っている人々が、原発圏内の水の供給を止める指示をしました!動物愛護、日本で、進めるためには、偉い人が、変わらないと、難しい気がします!
先生のような、お方が、環境省におられると良いのに!
いつも、ご尽力感謝しております。

4 ■無題

私はパブコメを今回はじめて知りましたが、周りのほとんどの人が初耳でした。
選挙のように国民が知っていれば現在の愛護法はきっと改正されると思います。あまり日にちは有りませんが諦めないで広めようと思います。

3 ■送りますー!

切実な願いですね。
一人の協力が これからの動物愛護法を変えますね!!!
絶対 あきらめません!
小さな命を守りましょう

2 ■いつもありがとうございます。

パブコメ、みんなに参加してもらいたいですね。 前回、業者側が約5000、今回は約10000の組織票を確保していると聞きます。 悪徳業者に命を自由にさせたくありません。 みなさんで頑張りましょう!

1 ■送りました^^

皆さん
他人事ではないので
是非
少しの時間をこれに使ってほしいです^^
どうか
お願い致します。
私のブログにも
簡単に送れるツールを紹介しています^^
http://ameblo.jp/precious-jvmk/entry-10990189153.html
時間の無い方はご利用下さい。

コメント投稿

AD

http://www.tokyotaste.net/
Ameba政治家ブログ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。