パニック障害・うつに悩むあなたに送る『人生の主役を生きるためのココロの整理術』

パニック障害歴13年・うつ歴5年の私から、
人生の主役を生きるための
ココロの整理術をお届けします。

crownおすすめ・人気ブログ記事crown


注目おすすめ記事一覧
好うつやパニック障害などの病気で苦しんでいるアナタへ
そのまま元気になればいい!
■安定剤って恥ずかしい?!
■対処療法だっていいんじゃない?
■自ら命を絶つということについて・・・
好子育てが辛くなってしまったアナタへ
■子どもと向き合うと、自分のダメさ加減に苦しくなる
■あの時に戻ってやり直したい!!!
■娘の小さな心をズタズタにしてやろうと、罵声を浴びせ続けました
好我が家の師匠(夫)とオモシロ&オノロケ話
■私たちはニートを目指してる!
■映画「タイタニック」は感動しないね・・・
ドル番外編・・・カウンセリングが高いと思うアナタへ(笑)
■「あなたの悩みはいくらの価値がある?」と言われて「うわっ!私で儲けようとしてる!」と思った

NEW !
テーマ:

うつだった時、人に言われたことがあります。


良いなぁ…明日は月曜日なのに、麻貴は家で寝てられるんだもんね~!


他愛のない会話の中の、ほんのちょっと出た一言。

その人からしたら、月曜日とかの休み明けが

仕事に行くのが一番辛い。

どうにか自分を奮い立たせ、

変わらぬ日常に戻らなければならないんだもの。


本音だと思うわ。


そのくらい、仕事にも生活にも日常にも一生懸命なのよね。

それに、

何年も「うつ」をしていた私が「うつ」であることすら

忘れる瞬間があって当たり前よねー。














…と言い聞かせるも、

本当に本当に悲しかったほんの一瞬の言葉でした。













心理カウンセラー小園麻貴です。

うつがラクかどうか…

うつが羨ましいかどうか…

人それぞれの捉え方があって当然だと思う。

でも、当事者はみんな思っているのよね。


私はうつになりたくなくてなった訳じゃないヽ(`⌒´)ノ


って。



それに「うつ」に限らず、「問題」の渦中にいる人は

みんな同じ感情が当然のように出るわよね。



仕事の問題

人間関係の問題

家族の問題

お金の問題

などなど…その渦中のど真ん中にいる当事者には


そうしたくてそうなった訳じゃないのよヽ(`⌒´)ノ


という感情が湧いてくるものです。






だから、私も悲しくなったんですね。

うつになりたくてなった訳じゃないのに、

良いなぁなんて理不尽なことを言わないで!!

って。




当時、私はその言葉をずーっと忘れずにいました。

その前後に沢山の会話があったのに、

その会話たちを忘れ去った後も

ご丁寧に⁉︎「良いなぁ」という言葉だけ覚えていました。





うつである自分を理解されていないようで

うつというもの自体、軽視されているようで

うつというものの大変さを分かっていないヽ(`⌒´)ノ

と、

怒りもずーっと湧いたまんまでいたんです。








でも、端から見たらラクそうでしょ(σ゚∀゚)σ

仕事に行かない大義名分があり

家で寝ていても文句言われない大義名分があり

人付き合いしなくて良い大義名分があり

な~んにもしなくて良い大義名分があるんだもの。




やっぱり「うつ」はラクだったのよねヽ(*'▽'*)ノ






























…と、一通り、何かしらの「病気」で悩んでいる人を

あおってみました( ̄ー ̄)






だんだんイラついた?

悲しくなった?

悔しくなった?













一度や二度や三度や四度Σ(゚∀゚ノ)ノ

まぁ、パニックでもうつでも…なんでもかんでも、

そういうことに悩んでいる時に

直接的では無いにしても

理解してもらえてないようで悲しくなった経験

があるかと思います。






私も直接的に言われたことは、多分その一回だけれど、

間接的には何度となくそう感じたことがありました。





その度に私は悲しくなり、怒りも湧き、

不甲斐ないと思っていた自分を責め続けていました。




でも、繰り返し繰り返しそうやっているから

何年も何年も変わらぬ状況だったんです。






事実として「うつ」である状態に苦しんでいる。

でも、それをどう捉えるかは「自分で選べる」のです。






理解されていないようで

軽視されているようで

悲しくなり、怒りも湧く。


この感情を何ら否定することはない。

だけれど、その感情が一通り落ち着いた頃でいいから

捉え方を変えてみて!




なぜ理解されないように感じたのだろう?

なぜ軽視されたように感じたのだろう?

なぜ怒りが湧き上がってきたのだろう?





沢山の感情が出るときには、

その裏側…その根っこに「本当の理由(原因)」が

存在します。






何度となく繰り返される自分の感情ではなく、

その感情が沸き起こる本当の原因。



そこが同じままだから、

「うつ」というメッセージを身体で受け止めているのです。







そして、そんなメッセージの意味や原因を見つけられた時に、

やっと心ゆくまで休めるのよね♡





うつの人は決まって言われるでしょ(σ゚∀゚)σ

ストレス無いようにゆっくり休んで!

って。




でも、休みながらも休めてない。

家に居ながらも、罪悪感満載!

そういう感じなのでは?








その先の原因って、

私も自分の事になると、なかなか自分では気付きません(笑)

今日もそんな話をしてました(´∀`;)







でも、そんな原因が分かりさえすれば

その目の前の症状も、繰り返される感情も、、

ちゃんと治ってきます♡








うつはあなたへのメッセージです。

あなたが気付かなかった心の鎖を教えてくれてます。



もしかしたら私はラクなのかも…


もしかしたら私は理解されているから

周りは存分に休ませてくれているのかも…


もしかしたら、私は愛されているから

家で寝て居ても大切に扱われてもらえてるのかも…




そんな新しいメッセージに気付くことができれば、

良いだけなんです♡










{BB4978DD-BFAE-4F29-83DC-A70FFAA485D7}

今日はロコモコ~♡









人の言動にザワザワするとき

人の言動に怒りが湧くとき

人の言動に悲しみが込み上げるとき



それらも全て、「うつ」という状態を使ったメッセージ。



本当はどうしたい?

本当はどう在りたい?


それを知るチャンス。





今があなたの転換期なんですよヽ(*'▽'*)ノ




「うつ」=「悪」

と決めつけ、思い込んでいるところから

転換してみてくださいねー!



{00F4F67A-BA89-42BE-9D8A-37A75EB6CA71:01}
無料メルマガの登録はこちらからどうぞ!!

スマイルブログのシェア&リンクは許可なくどうぞ!!また、このブログが必要な方にどんどんお知らせ頂けると大変嬉しく思います

facebookFacebookはコチラ 

祝フォロワー様が150名突破しました!
リアルにお会いした方を大切にしたく、現在フェイスブックの新規お友達申請を控えております。フォローは大歓迎です!!



今日も応援よろしくお願いします!

いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心理カウンセラー小園麻貴です。

メルマガの過去記事をシェアします

人間関係に悩むことの多い人には、知っていて欲しい内容だなぁ。

人と人とが交わるってどういうことなんだろう?

ということを、客観視できるようになると思いますよ!


なお、現在メルマガでは不定期発行ですが…

私がパニック障害やうつになってから今までの歩みを

どうやって止めたのかも交えて

思い出せる限りシリーズ化⁉︎して書いています( •̀∀•́ )✧



まさかのシリーズ化(笑)なんですが、

第2弾は週明けくらいまでには発行したいと思ってますので、

気になる方はぜひメルマガをお読みくださいね~ヽ(*'▽'*)ノ


…なんだか、メルマガを全部コピーしてファイルしてくれてる方も

いるそうです(*´艸`)











・・・・・・・・・・・

人との歩幅が合わないときや人との共感を得られない時、

 

「なんで、伝わらないんだろう・・・」

「なんで、分かり合えないんだろう・・・」

って、思うことがあります。

 

 

そんな時に覚えていて欲しいこと。

それは、「人はみんな自分の都合で生きている」ということです。

 

 

こうやって言葉にすると「当たり前」に感じるかもしれない。

でも、いざ渦中にいると、

伝わらないことや分かり合えないことが「淋しく」感じてしまうんです。

 

 

淋しく感じてしまうから、

その淋しさが「怒り」に変わることも多くある。

だって、本当は「分かりあいたい」し「伝わって欲しい」から。

 

 

 

人の価値観って、頭の中では「人の数だけある」と知ってます。

それを、ちょこっと先に説明しますね!

 

 

 

 

一番小さなコミュニティーとも言える「家族」を

頭に思い浮かべてください。

お父さん、お母さんがいて、私がいる。

そんな3人家族を思い浮かべてください。

 


お父さんはアメリカ人でした。

そして、お母さんはフランス人。

そんな二人の間に生まれた私は日本人という、

なんとも国際色豊かな家族ヽ(≧▽≦)

 


ある日、この3人で朝食の話をしました。

「朝食には何を食べる?」そんなごく普通の会話がされました。

 

 

お父さん 「朝食にはハムエッグを食べよう!」

お母さん 「朝食は、まずエスプレッソが必要よね!」

私    「え?二人とも何言ってるの??朝食には納豆でしょ!」

 


 

朝食という一つの話題での一コマです。

 


 

アメリカ人のお父さんは「ハムエッグ」を主張し、

フランス人のお母さんは「エスプレッソ」を主張。

そして、日本人の私は「納豆」を当然のように主張したんです。

 

 


分かりますか?この3人の会話。

誰一人取っても、「誰も間違っていない」んです。

 



違いがあるだけで、間違いはありません。

 

 

これが、「価値観」の違いなんです。

 


 

アメリカ人のお父さんは、

自分が生まれ育ったアメリカの法律(価値観)から

ハムエッグが当たり前でした。

 


フランス人のお母さんは、

自分が生まれ育ったフランスの法律(価値観)から

エスプレッソというごく当たり前のものを言っただけです。

 


日本人の私も、自分が生まれ育った日本の法律(価値観)から

ごく当然のように納豆がパッと浮かんだだけ。

 

 

 

人の価値観って、

こうやって生まれ育ったベースが違うだけで、

同じ「朝食」というテーマの話をしても、

導き出される答えがこうやって変わるんですね!

 

 

家族というごく小さなコミュニティーでの話を取り上げましたが、

こういう「違いがあって間違いはない」ことや、

「分かって欲しいけど伝わらない」ことなどにも

こんな「価値観」という名の「法律」が

関わっていることって多くあります。

 

 


 

なんとなく、この人の言っている事は分からない・・・

なんで、この人には伝わらないんだろう・・・

 

そんな風に思う時、

一度、「もしかして、この人とは法律が違うのかも!」と思ってみると、

お互いに「分からない」という辛さや苦しみから抜け出せると思いますよ。

 

 

 

 

そして、人はそんな風に価値観が違う中、

「自分の都合」で生きているんです。

 


私も例外じゃないのよね!

 

 

自分の価値観で、

その人の法律から導き出された歩き方で、

その人の色々な「都合」で生きているんです。

 

 

こうやって、一つ一つのことを客観視してみると、

日常のイライラすることやムカムカすることの

「本当の原因」が分かるかもしれない。

 

 

誰も「間違い」ではなく「違い」があるだけ。



そんなことが見えてくると、

「な~んだ!」って笑えることが多くなってきますよ!!





麻貴☆優ちゃんのごきげんパラダイス
 ~新宿で歌うカウンセリング~


■日時 5月30日(月)13:00~16:00頃
(10分前にフロント前で待ち合わせになります)

↑曜日が間違えてました!いつもながら、やっちゃいましたー!開催日は「月曜日」です^ ^
■場所 パセラリゾーツ新宿靖国通り店 
東京都 新宿区 歌舞伎町1-16-2 
http://www.pasela.co.jp/shop/shinjuku_yasukuni/

■参加費  6,000円
※フリードリンク(ソフトドリンク)、お部屋代込みとなります。
※アルコールやお食事は付きませんので、ご注文される方は別途お支払いください。


■持ち物
もし、自己解放できるグッズがありましたらお持ちください。
例 : 変な帽子、被り物、おもしろカチューシャ、かつら、コスプレなど

当日は、途中の出入りもOKですので、気軽に遊びにきてくださいね!
お待ちしております!




{00F4F67A-BA89-42BE-9D8A-37A75EB6CA71:01}
無料メルマガの登録はこちらからどうぞ!!

スマイルブログのシェア&リンクは許可なくどうぞ!!また、このブログが必要な方にどんどんお知らせ頂けると大変嬉しく思います

facebookFacebookはコチラ 

祝フォロワー様が150名突破しました!
リアルにお会いした方を大切にしたく、現在フェイスブックの新規お友達申請を控えております。フォローは大歓迎です!!



今日も応援よろしくお願いします!

いいね!(56)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これも、クライアントさんのご質問から♡

幼い頃は、誰しも

「お母さん」「お父さん」「学校の先生」など

大好きで全面的に信頼する大人の言うことを聞いて育ちます。

お母さんが言ったから!

お父さんが怒ったから!

先生が教えてくれたから!

そうやって、何の疑いもなくこの世に生まれてきた私たちは

そうやって一つ一つ学び

「価値観」というものができてきます。



そんな「大人たち」の言うことを

何の疑いもなく全面的に聞いてきたのに

なぜ、私は生きづらいのだろう?

なぜ、幸せになるはずだったのに苦しいんだろう?













心理カウンセラー小園麻貴です。

特に影響を受けている「お母さん」という存在にフォーカスして

お話しますね!



私たちは「お母さん」の言うことを聞いて育ちました。

そして、お母さんも「私たちの幸せ」を信じて

しつけ、良いこと、悪いことを伝えてくれました。



なのに、今、その「お母さんの価値観が苦しい」

と思っている人は多いのではないでしょうか。




子どもの頃は「幸せを願う」という感覚はなく、

ただただお母さんの言うことをを聞きました。

だって、お母さんのことが大好きだから。

お母さんの笑顔が見たいから。

お母さんを悲しませたくないから。

お母さんは「正しい」から。




この記事読んでもらえましたか?

そうなんです。お母さんでさえ「正しい生き方」なんて

していなかったんです。

むしろ、「正しい生き方」なんて知らないんです。

でも、お母さんも子どもが幸せになるだろうと

「正しさ」を伝えたかった。

それは、子どもよりも長く生きているからかも

知れませんね。






でも、その奥に潜むお母さん自身の別の本音は

本人も周囲も誰も知らなかったんです。
(私自身、お母さんという立場になっても、気付きもしなかった…笑)





それは、

「正しさ」を伝えている裏側に

「正しいお母さん」でいたかったということ。


良いお母さん

常識のあるお母さん

理想のお母さん

信頼できるお母さん


そういったお母さんでいたかったんです。


あの子をちゃんと育てなきゃ!

の裏側には

私がちゃんとしたお母さんと見られなきゃ!

が隠れていたんですよ。





あー、こんなゲスい本音、誰が認めますか?笑

私も一切認めませんでしたから(笑)






いやいや、違うよ!

私はこの子のために、自分を犠牲にしてでも

ちゃんと育てなきゃならないのよヽ(`⌒´)ノ

自分がどう見られるかなんて、正直、どうでも良いの。

この子の将来のために、しつけをしているのよー!!




って、私も言ってましたよ( ̄ー ̄)






でも、その裏側には、紛れもなく

ちゃんとしたお母さんに見られなきゃ!

が埋まっていた。






それはね、

「お母さん自身」がそのまたお母さんの

言うことを無意識に聞いていたから。


お母さんもそのまたお母さんの「価値観」を

頭の片隅に採用していたからなんです。







大好きなお母さんの「価値観」を捨てるのは

至難の技じゃありません。

だって、無意識であっても

お母さんの大切にしてきた「価値観」を捨てるなんて

お母さん自身の生き方を否定してるように感じるから。



思春期を過ぎ

大人になり

自分の「価値観」が芽生えて衝突したとしても、

心底嫌いになんてなれやしないんです。




だって、お母さんから生まれたんだもの。




十月十日(とつきとおか)お腹にいて、

体も心もお母さんから生まれたんだもの。




お母さんは私の一部なんだもの!




だから、お母さんを否定することは、

無意識下であっても認められないんです。




だから、

みんな気付かぬところでお母さんの「価値観」を採用している。



そして、

大人になった今、

それが必要無くなった今、

そんな無意識下にある「価値観」に苦しんでいるのですね。






この記事でも書きました。

今のあなたの状況をお母さんが見たら、なんて言うのだろう?



うつやパニック、

嫁姑、

人間関係、

お金の問題、

生活全般…

今のあなたを幼いころ

子どもの幸せを願って教えてくれてた価値観の持ち主

であるお母さんが見たら、

どう言われるだろう?どう感じるだろう?





それをみんな気付かぬところで

頭の中に「価値観」として持ち、照らし合わせ、

律しているのです。




ちゃんとしなさい!

と無意識下で頭の中のお母さんが言っている。


大丈夫?

と無意識下で頭の中のお母さんが心配している。



そんな感じに、

自分を律してお母さんの「笑顔」を守っているのですね。




※今まさに、子どものために「笑顔にならなきゃ!」と自分を律している人は、こちらの記事も読んでみてね!






でも、そんなお母さんも「正しい生き方」なんて

してなかった。


お母さんも、そのまたお母さんの「価値観」を

持っていた。


そして、お母さんが「間違え」たのではなく、

私という人間と「違い」があるだけ。








誰も何も責める必要なんてありません。

自分の一部であるお母さんでさえ、

人間としての「違い」があって「間違い」ではないのです。




ただ、もう必要のない「価値観」は捨てて良いんです。


そうやって、「今まで守ってくれてありがとう!」と

古い価値観を捨て「自分だけの価値観」を

確立させればいいのです。



それが、当の意味での自立なんですね。




そうして自分だけの価値観で生き始めるから

みんな誰の目も気にせず

自由に心地良い生き方を得られるんですよヽ(*'▽'*)ノ




そう、人の目が気になる人は、

無意識のうちに「目の前の人」を使って

「頭の中のお母さんの目」を気にしているんですよー!








もう、古い価値観はいらない!!

という人は会いに来てね!


真っ向勝負になるので、ちょっと痛いことをしますが(笑)

まぁ、そのあとの人生ラクになるので~( ̄ー ̄)




{123041C0-DEE5-4CEB-B514-E99B25420945}


昨日も着替えせず、

頭にオムツかぶる2才の息子です!笑

この時点で10時30分。



なので、こんな時にはもれなく

ちゃんと着替えなさーーーいヽ(`⌒´)ノ

という私の一喝が入ります(笑)




そうなんです。

こうやって偉そうなことを書いてる私も

まだまだ「ちゃんとしなさい!」を言ってしまう(笑)



一回目は笑えたんだけどなぁ…笑




麻貴☆優ちゃんのごきげんパラダイス
 ~新宿で歌うカウンセリング~


■日時 5月30日(月)13:00~16:00頃
(10分前にフロント前で待ち合わせになります)

↑曜日が間違えてました!いつもながら、やっちゃいましたー!開催日は「月曜日」です^ ^
■場所 パセラリゾーツ新宿靖国通り店 
東京都 新宿区 歌舞伎町1-16-2 
http://www.pasela.co.jp/shop/shinjuku_yasukuni/

■参加費  6,000円
※フリードリンク(ソフトドリンク)、お部屋代込みとなります。
※アルコールやお食事は付きませんので、ご注文される方は別途お支払いください。


■持ち物
もし、自己解放できるグッズがありましたらお持ちください。
例 : 変な帽子、被り物、おもしろカチューシャ、かつら、コスプレなど

当日は、途中の出入りもOKですので、気軽に遊びにきてくださいね!
お待ちしております!




{00F4F67A-BA89-42BE-9D8A-37A75EB6CA71:01}
無料メルマガの登録はこちらからどうぞ!!

スマイルブログのシェア&リンクは許可なくどうぞ!!また、このブログが必要な方にどんどんお知らせ頂けると大変嬉しく思います

facebookFacebookはコチラ 

祝フォロワー様が150名突破しました!
リアルにお会いした方を大切にしたく、現在フェイスブックの新規お友達申請を控えております。フォローは大歓迎です!!



今日も応援よろしくお願いします!

いいね!(43)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)