開運カウンセラーヒロナ

★至高の占術 干支九星学を使って 何千年も続いてきた暦を読み解きます。なんちゃって と一線を画す本物の占い。体験してください。皆さんの未来と世界の未来をじっくり読んでいきます。
真実は暦の中に全てあります。


テーマ:

 

 

    お陰様で有難うございます。

 

 

4月を迎え花いっぱいの

 

希望に満ちた始まりを感じているのではないでしょうか?

 

いいお天気が続いて 気分も上々ですね。。。

 

という時に。。。。

 

4月の真実をお話するのは控えようかと思いましたが・・・・

 

私本日ドカンと痛いパンチを食らったので 

 

平成30年の4月の持つ真実の象意を

 

ここで少しお話しします。

 

 

 

 

 

パンチはともかく 本年の4月は、

 

年盤の本命である戊戌九紫火星

4月の月盤 丙辰三碧木星

 

の並びで 

 

十二支の 戌 と 辰 が対冲と言って

 

相対し害する位置にいて

 

対立しやすい人間関係に注意の象意です。

 

個人だけでなく国家間の問題も浮上しやすく 

ニュースを観るとすでにその象意が感じられます。

 

 

 

4月の節入りは、5日ですが

 

象意は前倒しでやってきます。

 

1日である今日は、どなたも氏神様参拝のタイミングです。

 

特に人間関係のスムーズな交流を願いましょう。

 

私も今さっき参拝してまいりました。

 

 

 

対冲を甘く見てはいけません。

 

今年の九紫火星の 「離」の象意と相まって

 

訴訟・言い争い・決別 と激しいトラブルも予想されます。

 

一層の 冷静さと 謙虚さが 求められることでしょう。

 

 

 

恋愛相談でも 4月の告白よりは、5月まで待ちましょう。

 

と答えています。

 

4月は、言葉の真意も伝わりにくのです。

 

 

 

言葉は、扱い方で

 

石より重くなり

 

羽より軽くなる  と言います。

 

人に与えられたコミュニケーションツールを

 

大切に扱うための 学びの月だと感じています。

 

 

 

 

 

()の中の未と丑も 対冲です!
これは本当に要注意です。

 

 







 


テーマ:

 

 

 

   おかげさまで ありがとうございます。

 

 

春の彼岸を迎えて

 

お墓参りに行きました。

 

此岸 彼岸と言いますが 

 

人は、どのように彼岸に至るのでしょう?

 

彼岸に至ることを

 

パーラミータと言いますが

 

毎日唱えている般若心経にもあります 「波羅蜜多」ですね。

 

至彼岸 とうひがん です。

 

 

 

 

 

パラミータに至るには、 6つの 徳(六波羅蜜)が必要です。

 

中日をはさんで 七日間かけて 彼岸に至るわけです。

 

その6つとは・・・・・

 

1:布施 施し与えること。衆生を救って助けること。

2:持戒 戒律を尊重し 守ること。

3:忍褥 どんな困難にも耐えること。

4:精進 実践実行 励むこと。

5:禅定 心静かに悟りを得ること。

6:智慧 物事を正しく捉えて 命を知って命を活かすこと。

 

この6つの行いを正しく行ってこそ 彼岸に到達し

 

悟りを得ることができるのです。

 

 

「此岸・煩悩」 「彼岸・悟り」 と捉え

 

「此岸より彼岸に至る」 とお坊さんが 教えて回った時期が

 

いつも春分の日と秋分の日の前後で

 

お坊さんが来ることを 

 

「もうじき彼岸が来る」 と庶民が言い合ったことから

 

春と秋に 彼岸を想う 習慣ができたということです。

 

 

 

 

今日は、父の命日です。

 

いつもの般若心経に加えて

 

観音経も読みます。



音を観る 経の世界で 父の御自慢の謡いを聞いた気がしました。

 

春になると「鞍馬天狗」の一節を 文机の前で 謡っていました。

 

なかなか良い声だったので 嫌いではなかったひと時でした。

 

「くらまのやまの やまさくら~」と佳境に入る 

 

一瞬の父の呼吸が好きでした。

 

 

 

お酒が好きで煩悩も十分すぎるほど持ち合わせ 

芸も愛し 人生を楽しんだ父に 

観音様の慈悲のお言葉が 届きます様に

そう祈ります。

 

 

 

観音様の名を念じれば、どのような困難からも救われると

 

繰り返し 説かれている観音経。

 

彼岸にいる 父にも

 

此岸にいる 私たちにも 有難い教えです。



観音経の音の波動は

 

春の暖かな日差しとともに 深く浸透して

 

ひと時 涅槃に達したような感覚を味わいました・・・・・・・

 

 

 

 

  想々 彼岸 

  此の岸を想い 至る彼の岸

 

 

 

 

今を深く思考することで 

 

生きている私たちも

 

 此の岸も彼の岸も感じることができるようです。

 

 

 

感謝無限大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

    おかげさまで ありがとうございます。

 

 

 

平昌オリンピックの メダリストを何名か
鑑定させていただきました。

 

裕那チョイスの勝手な選択ですが
読ませていただきます。

 

 

 

 

羽生結弦選手 

 

1994年 12月7日 生まれ

甲戌六白金星 丙子四緑木星 丁卯四緑木星

 

六白金星の羽生選手 昨年大凶の運気に見舞われ

苦労の多い一年だったと思います。
今年もその影響を引きずったままの弱運の中
連覇という快挙を成し遂げたこと
心より素晴らしいと感嘆します。
本命に六白金星を持つことで

天を目指す高い理想を掲げ

その実現に全力を尽くす様子が見て取れます。
月命・日命の 四緑木星によって
多くの人の共感を得る力と

愛されるキャラクターが表現されます。
先日のインタビューで

悪いことが起きたらそれを乗り越えることで
益々幸せになれると発言していましたが

苦労を糧とする考えは
本命十二支の戌年の護るか?滅びるか?

というストイックに常に真剣な選択を

自身に迫る象意によるものと思われます。

 

とてもスタンダードなヒーローであると感じる羽生選手。
今後は、悪いことなんて起きなくても

貴方は、幸せになっていいんだ。
という真実を知ってほしいと思いました。
来年は、震宮に回座。

春の始まりの予感を感じさせる一年になります。
まだ足元の暗い夜明けの時間です。
焦らないことが重要です。

 

 

 

 

 

宇野昌磨選手

 

1997年 12月17日生まれ
丁丑三碧木星 壬子四緑木星 癸巳四緑木星

 

強気の発言が目立った宇野選手。
常に平常心であることを強調することで

自身の冷静さを保っているようでした。
周囲に気を使う三碧木星ですが実はピカ
一繊細な星です。
感性鋭く自分の周囲の気配を瞬時に読み取り行動します。
この感性の持ち主であそこまで

オリンピックは特別ではない。と
言い切る強固な精神に 

自分をとことん知る努力と
卓越したメンタルトレーニングの成功を感じました。
昨年は、九年間で絶好調の一年であったと読みますが
おごることなく淡々と修練してきた事実に
ここにもメンタルコントロールのうまさを感じます。


今年は、良い変化の一年。
オリンピックもそのよい変化の一旦として宇野選手は
益々伸びていくことでしょう。
来年は、頂点運の一年。
伸びしろが計り知れない選手であると大いに期待します。

宇野選手もまた月命・日命に四緑木星を持ち
多くの共感と愛される要素を十分に持っている存在です。



裕那チョイス
ここで一押しメンズの 

 

 

 



平野歩夢選手

1998年 11月29日生まれ

 

戊寅ニ黒土星 癸亥ニ黒土星 庚辰八白土星

本命と月命にニ黒土星を持つ平野選手。
特殊命という並びで 

一層ニ黒土星の持つ静かな激しさを強く感じます。
黙々と人知れず計り知れない努力を重ね 

大きな成功を掴む運を持っています。
日命の八白土星は努力の星。
命式の土の多さも特徴です。
今年は、九年間で一番運気良い宮に回座して
やる気と覇気も充実して 活躍できる一年でしょう。
怪我からの復帰も 強い信念と努力の賜物と思います。


しかし 来年は、艮宮で暗剣の付く要注意の年となります。
無理をせず

より一層慎重なトレーニングをお願いしたいと思います。

 

 

 

 

 

ショーン。ホワイト選手

 

1986年 9月3日生まれ

丙寅五黄土星 丙申五黄土星 庚戌八白土星

言わずと知れた 五黄土星の特殊命。
どれだけ強い星の並びか?
観ただけで 引いてしまいます。
その上本命十二支の寅が 

輪をかけてやんちゃさを表現しています。

ホワイト選手も日命が八白土星。
何をするかわからない予測不能の行動の中に
努力することの重要さを忘れていません。

五黄土星の特殊命と確認したら
決勝で見せた大技も 納得できてしまいます。
底知れない 可能性と大胆さを持った
特別な運勢です。

今年は、底辺に位置していますが
五黄土星は、底辺だからこそエネルギーは例年より強力で
その方向性がコントロール出来ない年ですが
ホワイト選手の頑強な精神力で見事に集中できたのでしょう。

彼もまた土の気の多い生まれであり
興味ある結果でした。




ザキトワ選手も メドベージュワ選手も読みましたが
長くなるので また次回にさせて頂きます。





メダリストの強さは占いなど必要ないほどの
努力と自己コントロールの上に

成り立っているんだと再確認しました。




来月は、パラリンピックです!
応援します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

   お陰様で 有難うございます。







表題の小説は、平成23年の夢枕 獏さんの作品で
私の大のお気に入り。
念願かなって本日 この作品を題材にした
映画「空海ーKU-KAIー美しき王妃の謎」が公開されます!!













主演は、これまたお気に入りの 染谷翔太君。
絶世の美女 楊貴妃に値する女優がいるのか?と思っていたら。。。
いるもんですね・・・
台湾の女優さん チャン・ロンロン 綺麗ですね~。。。
台湾とフランスのハーフだとか・・・
文句なしの傾国の美女です。





小説の中で 留学僧として密教を学びに行った空海が
20年とされていた修業期間を日本での自らの理想の実現を思うとき
長すぎる。と嘆き 本国より持たされた 大金をもって密教を買う。。。と
言った場面がとても印象的で フィクションであっても
空海さんならこんなダイナミックな発言もあるだろうと
ここにこそお金の出しどころの醍醐味があると
そう感じたものです。







結果 大天才空海は、類稀なる才能をもって 
わずか 2年で密教を会得し日本の仏教界に
大きな貢献をします。





『 虚しく往きて実ちて帰る 』

無名の一留学僧が大いなる成果を挙げて帰国した事実に
感動します。 



これから 観に行きます!!

テーマ:

    

 

     お陰様で有難うございます。

 

 

  九紫火星の今年は、雨が少なく乾燥が酷く 火事が多い。。。


平成30年の予想では第一に挙げてきました。

その通りの状況となっていますが 

この危機感はこの先どんどん加速します。
九紫火星が中心にいて 

南の離宮に大凶星が座していると言うことは

取りも直さず そう言うことなんです。

 

 

 

そして怖いのは、北の五黄殺の存在。。。。。

北の坎宮に五黄が座すということは・・・

乾燥した社会の一部に・・・

水の脅威が迫ると言うこと・・・
これは集中豪雨に匹敵する水の脅威・・・今年なら

大雪のあとの大量の 溶解水。

今後の集中豪雨も予見できますが 

春先は雪解け水も脅威となるでしょう。

 



小型機の飛行機事故の予見も

ヘリコプターの事故という形で現実化しています。

当たってるでしょうと言ってるのではありません。
注意しましょう。。。そう言いたいんです。

「来年は・・・ね」



後から鑑定は誰にでもできます。
始める前にどんなに警鐘を鳴らしても意味がないことがないように
本当に気を付けて!と言いたい平成30年の厳しい自然状況です。



そして国の予見でも言いましたが
やはり底辺に位置する 

「卯」 北朝鮮・中国・ロシア の危険さは
甘く見てはいけません。
エネルギーを持て余して

方向性を失った脅威が今にも爆発しそうです。

くわしくは 「世界のリーダーの2018年は?」をご覧ください。

 

 

 

皆さんいろいろ言いますが 

この二点だけは、絶対に譲れない事実です。

 


 

多くの方が本物の占い師を見つけるには?とお聞きになります。
そういう時は
「社会を読んでもらいなさい。」と言います。
個人の運勢の前に 社会を読む。
当たり前の姿勢です。

 

 

 

 

そうそう 引っ越しの多くなる春先。。。
いい加減な方位鑑定で 

とんでもない方向に移動しないように

そこも注意です。
家族は多ければ多いほど 吉方位は様々です。
無責任な鑑定は、占い師自体の運気も下げますよ。。。。。

 

 

最近あんまりな鑑定を多く目にしまして・・・
辛口な私でした。。。。

 

 

 

 

 

 

 

この運命盤は、大サービスです。
これを読むことが大前提です。

 


テーマ:

 

 

    お陰様で ありがとうございます。

 

 

 

     立春大吉

 

 

節入りを迎えて 誠におめでとうございます。

 

この言葉を紙に書いて 入口の右側に貼ります。

 

魔よけのお守りですが

 

言い伝えでは、門を入ってきた鬼が

 

振り返り 左右対称のこの文字を読んで

 

「アッまだ門をくぐっていなかった…」 と勘違いして

 

再び門をくぐって出て行ってしまうと 言われているそうです。

 

 

食べ物にも吉を呼び込む期待がかけられ

 

伊勢の 赤福の 立春大福もちは有名です。

 

東京では、神田須田町の 庄之助さんでは、

 

 春の七草を練り込んだ立春大福が大評判です。

 

 

 

 

 

 

真っ白い豆腐も邪気を払うと

 

節分と立春に 塩で頂くのがご利益ありと言われています。

 

 

 

春の初日となった今日ですが

 

2018年の2月は、 三合月と言って

 

月の十二支が 寅 で

 

年の十二支である戌 と合わさって

 

 

「寅(東北東)・午(南)・戌(西北西)」で 

 

火局三合というエネルギーの強い並びとなります。
 

出世運を上げると言われ

 

同時に美しさ。

 

向上心。

 

ステータス などを上げてくれます。

 

今年の年盤でも  寅・午・戌 の火局三合が立ちますが

 

残念なことに 年盤の午の位置に 大凶星暗剣が付いて

 

一年を通しては期待薄。。。

 

でも2月の月運には、

 

この火局三合の 強いエネルギーが

 

バッチリ活かされるのです。

 

時は、バレンタイン。

 

自分を磨いて 美しさをよりアップさせることができそうです。

 

 

 

火局三合は、意識高めの十二支の並びです。

 

今年は、6月にも並びますので 

 

自意識向上 自分磨きに活かしていきましょう。

 

 

ここで一つご注意を。

 

2月は、五黄土星の月でもあります。

 

五黄月の転居・旅行の移動は、必ず 吉方向に。

 

言い換えれば吉方位にしか 動けません。

 

五黄土星中心の月は、特にご注意ください。

 

 

 

 

 

   春が始まります。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:


 

    おかげさまで ありがとうございます。


 


 

今日は、節分。


 

春を迎えるに当たり


 

陰を追い出し 陽を迎える儀式です。


 

豆まきは、本来 裏鬼門 (南西)から 表鬼門(東北) に向けて


 

鬼(陰の気)を追い詰め追い出すというルールがあったようです。


 

今年の恵方は、歳破のついた東南の 

 

 

三分の一開いた グッと南寄りの南南東となります。


 

歳徳神が鎮座されている方角です。


 

 

            Wikipedia

 

平成30年の年盤では、 南に暗剣・北に五黄殺・東南に破れ


 

が存在し、共に大凶方位として 使用できないとされています。

 

 

今年は、南北と外交の要 東南に大凶星が付きます。


 

二大凶方位と五黄殺 を知って 年の恵方を知る。


 

これが基本中の基本。


 

この上に個人個人の 凶方位と 吉方位が加わります。


 

いつの世も 人は、自然の驚異と運命に翻弄されて


 

数秒先も暗闇・・・


 

そんなはかない人の生き死にの繰り返しの中で


 

暗く寒い冬から 明るく暖かな春への移行は


 

希望と救いを感じられたことでしょう。


 


 

その立春の前日


 

陰を追い出し 


 

陽を呼び込む行為は、

 

ごくごく自然な理にかなった行事であったのですね。


 

節分の行事には


 

『 節分お化け 』 という変わった習慣があって


 

節分の夜 普段と違う異質な姿に変装することで


 

夜を跋扈する鬼たちから逃れるという風習だそうです。


 

今でも芸者衆の中で行われていて

 

 

老婆になったり 男装したりとそれは華やかな 

 

 

お化け が現れるようです。

 

 

 

裕那の夫の親戚筋 浅草 料亭 都鳥

 

 

 

この時期 こちらでも美しい 

 

 

節分お化けに出会えるかもしれません。

 

 

 

 

浅草寺の豆まきでは 観音様に鬼はいない。ということで

 

 

 

千秋万歳 福は~内~  と言うそうです。

 


 

 

現在 お天気も色々な未来の出来事も予想が可能になってきて


 

随分と生きやすい時代になったはずですが


 

私たち占い師は、活躍の場を与えられ


 

人は、今なお 節分には


 

豆を撒きます。。。


 

 


 

人であるという必然を受け入れることで


 

いっそう謙虚にならざるを得ないことに


 

今更ながら 感じいる 


 

春の入口です。


 

 

 

 

 

       『 雪残る 路地裏の光 春の笑み 』  裕那

 

 

 

昨日の雪も春の光に溶け出して 

 

地面からは小さな草花の芽が顔を出していました。

 

私たちも 春を待つ準備を始めることにしましょう。

 

明日は、 立春大吉  今年の2月は、お目出度い 三合月。

 

この特別な2月のお話は・・・明日・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

      おかげさまで ありがとうございます。

 

 

新しい年 新しいカレンダー

 

その1ページ目から 大安だの 仏滅だのと

 

古臭い言葉が並びます。

 

この六曜 かなり根拠の怪しい判断基準なので

 

もう暦から排除しようという 印刷会社の思惑をよそに

 

どうしても載せてほしいという 一般庶民の希望で未だ暦の類には、

 

記載されるということです。

 

以前の気学の師匠は、 

 

『 食いっぱぐれた陰陽師が 

 

庶民に受けるように考えた 根拠なき出まかせだ!』

 

と言い切っていました。

 

思えば 鎌倉・室町時代に 中国からやってきた 六曜は、

 

「即吉・共引・周吉・虚亡・泰安・赤口」 

 

と言う言葉だったようですが

 

明治5年に太陽暦に改定表記された時

 

今までの暦法は、使用禁止となり

 

その中で規制に触れずに使用することができた

 

六曜を業者が採用しただけの事のようです。

 

現在では、 友引は、友を引くという意味で 

 

お葬式をしない。と言いますが

 

本来の「共引」の意味は、

 

「何事も引き分け」午前と午後が吉で正午が凶とされる

 

時間の吉凶を表すものであったと言います。

 

仏滅も 今では何もかもダメという日の様に思われがちですが

 

本来は、「虚亡・空亡」と表記していました。

 

エネルギーが低下している様子ですね。

 

無理はしないほうが良い。位の意味でしょうか。

 

何もかもが虚しいわけではありません。

 

月の満ち欠けによる太陽暦の朔日は、

 

一月と七月が先勝。

 

二月と八月が友引。

 

三月と九月が先負。 などと半ば無理やりに割り当てられて

 

そこから順番に六曜が振り分けられているだけで

 

何も意味がありません。

 

 

 

 

『三隣亡』の日に家をいじると向こう三軒両隣が両隣が火災に合う。

というのも根拠なし。

 

元々は『三輪宝』とされて 新築や建て替えに最適な日であり

 

真反対の意味でした。

 

同じく 丙午生まれの女は・・・というのも迷信。

 

今でも60年に一度の丙午には、出生率が下がるとか・・・

 

 

 

 

 

このような迷信は、人生を縛り 

 

可能性を狭めていく悪癖であると思います。

 

 

 

 

 

根拠なき迷信に振り回されて 

 

大安のお値段の高い日に結婚式を挙げたり

 

三隣亡の日に建前をして 

 

周囲から非難を浴びている方も多くいらっしゃいます。

 

占いを活かして未来に備えようと いつも 提案している裕那ですが

 

迷信に踊らされる事と

 

しっかりとした根拠に基づいて万年歴を読み解く 

 

学問としての命占は、天と地ほども違うということを 

 

知って頂きたいと心から思います。

 

 

 

 

 

何事も簡単に 知ろうとすることは、

 

取りも直さず 人生を迷うことになるのです。

 

人生に活かせる 予見を 本年も誠心誠意 発信して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

  明けまして おめでとうございます。

 

 

 

『 大好 大好 』

 

 

おおいによし おおいによし・・・・と読みます。

 

神様方や 悟りを開いた仙人が

 

全てが整って嬉しい気持ちを表すのに 使いますね。

 

千と千尋の神隠しで くされ神が 

 

一生懸命に汚泥を洗い流してくれた千に

 

『 良きかな 良きかな 』 と喜びを表現します。

この感じです。。。

 

神様が去った後には、金の粒が沢山残されていましたね。。。

 

 

 

 

この満タンの満足の言葉。。。

 

『 大好き 』 と同じ文字であること。

 

なんだか楽しいですね爆  笑

 

 

 

 

本年も 

 

大好きな自分と 

 

大好きな人と 

 

大好きな場所で 

 

大好きな事を

 

思う存分経験できる 一年で あります様にお祈りします お祝い


大好 大好 と大神さまの 喜ぶ声が聞こえてきます。

 

 



弥 ますますの ご開運をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

平成30年 初春 開運カウンセラー裕那拝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

    お陰様で有難うございます。

 

 

怒涛の2017年が終わり 新しい年が始まろうとしています。
さて世界は2018年どのような動きを方をするのでしょうか?
所々で 争いのきな臭さが漂い それを無視しようにも 無視できない危うさの中で
2018年は、始まろうとしています。
世界を読むには、やはりリーダーでしょう。ということで
主だったリーダーの2018年の運気を読みます。

 

 

最初に 

ドナルドトランプ氏1946年6月14日生まれ 九紫火星戌年(71歳)
華やかなことが好きなプライドの高い方。

実は、自信がなくだからこそ派手な行動をとりたがります。

来年の星が九紫火星 十二支が戌ですから まさにトランプさんが中宮に入る年。

中宮は、周囲を八つの星に囲まれて 八方塞がりになります。
物事全てがゴタゴタすることになるでしょう。
今から余計な発言が物議を醸しだしています。
彼にアドバイスするなら 「謙虚・冷静」 無理かなぁ・・・
アメリカを表す「申」は、かっこの中にいて弱運。
国としては弱い運気です。
リーダーさんのゴタゴタに振り回されませんように。。。

そして

金正恩氏 1984年1月8日生まれ 八白土星亥年 (34歳)
なかなか我慢強い努力家の一面が垣間見えます。
頭はよく策に富んでいますが そこに溺れて周囲が視えなくなりませんように。。。
来年は、歳破が付いて 自ら墓穴を掘る運気。
東南の角での破れですから 外交破綻もあり得ます。
判断力の低下から 取り返しのつかない行動に出ることも考えられます。
国としては底辺の坎宮にいて 冬の宮ながら五黄と同宮して 

エネルギーはものすごいものがあり
しかし 方向性が定まらず どこに向かうか?読めません。。。。
引き続き世界が注意しなければならない国の筆頭です。

 

そして 

習近平氏 1953年6月15日生まれ ニ黒土星巳年 (64歳)

こだわりの強い生まれの方。

権力を手中に掴むことに 執念を燃やすタイプですね。
来年は、簡単に言うと 「モテキ」 

政局でも彼の評価が高まり 人気を博すことでしょう。
世界でも存在意義が再確認されそうです。
でもその中で人為的な 

権力集中への操作があまりにも露骨に出ることで
来年の象意である 

真実が白日の下にさらされるという世の中の動きで
彼の真意が公になることでしょう。
その時の中国国民の反応はいかばかりか。。。。
中国自体は、同じく坎宮に座して五黄土星と同宮。
国として強力なエネルギーの方向性が定まらず 

危険をはらんでいます。
深圳の著しい発展に象徴される 

新しい中国の真の姿が暴露される兆しもあります。
何しろ来年は、秘密がばれる一年ですから。

さて・・・
いつもながらナルシスト全開のカレンダーを出したプーチン氏。
さすがの肉体ですが・・・?その運勢は?

1952年10月7日生まれ 三碧木星辰年 (65歳)
自分を演出するのがお好きなようです。
coolに観えて実は、繊細でガラスのような感性の持ち主。。。
と言っても2018は、

環境や生き方の大きな変化の中にいて

政治的手法も変化を起こす予見。

頭の良さは、ピカ一ですからその中でも抜け目なく動きそうですね。
危険な相手との外交もスマートにこなしそうですが
来年は、今まで水面下で繋がってきた

秘密の関係も白日の下に晒されますので
その対処が問題でしょう。
ロシアもまた底辺にあり 

エネルギーの向きが定まらず国としては、

迷いの多い一年でしょう。

そして

9年間の大凶時代を過ごしている韓国の大統領。
文在寅氏 1953年1月24日生まれ 三碧木星辰(65歳)
1月生まれで プーチン氏と同じ星・同じ十二支の文在寅氏。
同じく抜け目ない賢さの中に繊細な感性を隠して 困難な政局に挑んでいる感じですね。
韓国という国に困難の続いたこの4年間。この先5年間も大凶が付き
何が起きてもおかしくない状況の韓国です。
その中で目指す目標を決めて 国民の総意をくみ取り
さらに北の脅威をどう対処するか?
世界で一番悩み多き大統領であると思いますが・・・・
他利の人であることを期待します。
自分のために動く人物であったらこの難局は越えられないでしょう。
それくらい韓国にとっての2018年は、超えるべき課題に満ちています。

最後に我が国のリーダーの運気は?

安倍晋三氏 1954年9月21日生まれ 一白水星午年(63歳)
中宮に座してゴタゴタの絶えなかった2017年を脱して
やっと世界から本気で相手にされる場所に入りました。
大好きな外交に力を入れることでしょうけれど

2018年は外交の場所海外に開く東南の角に
破れが付き 外交による有効な政策は望めません。
安倍首相自身は、

引き立て運を持ち新規活動への期待に燃えていますが
半面2017年のやりっぱなしの色々が

白日の下 分かりやすく表れて
足をすくわれることになりそうです。
日本国は、東の宮に七赤金星ともに座し 

春の始まりに心は急きますが
夜明けの宮でもある東で 

まだ暗い足元に転ばぬ先の用心が肝心となります。
オリンピックにばかり気を取られていると 

世界情勢を見誤りそうな危うさを含んでいます。
安倍首相の以前退任の理由になった体調不良も 

再発しないように祈るばかりです。

 

 

 

一部ですが 世界のリーダーを読んでみました。
こうして 運勢盤を出して社会と個人の運勢を出すことは、
私共しか実現できていません。
運勢も方位も確実な判断ができます。

 



たまたま昨日 FMで 某有名占い師のG氏が
2018年の大凶方位 北と南 に引っ越しと旅行を勧めていたのを車の中で聞いて

心底「ゾッと」した私です。




本年も多くの皆様にご厚情を賜り 

親しく鑑定させていただきまして 心より御礼申し上げます。
そのご信頼を裏切ることなく
益々の精進努力をお約束いたします。

お陰様で ありがとうございました。

開運カウンセラー裕那拝

 

 

 


 



 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。