「ニキビが治らないんだけど、
何を食べたらいいのかな」と友人に
相談を受けました。


自分の魅力を活かすには、外見だけでなく、
心と身体のベースを整えることも重要

だと私は考えています。
その為には、毎日の「食」がとても大切!


今日は管理栄養士の視点から、
20代以上の吹き出物を予防する食品、
避けたい食品について書きますね。


ニキビは過剰になった皮脂が出口をふさぎ、
毛穴が詰まることによって起きます。
夏は汗をかきやすいので、皮脂が詰まりやすい
状態になっています。


外的ケアとしては、まず洗顔で清潔を保ち、
きちんと保湿すること。
そして、内的ケアとしては、
皮脂のもとになる脂質の代謝をスムーズに
すること
です。




具体的には、いわし、さんま、さばなど
ビタミンB2やB6の多い食品
と、
とうもろこし、枝豆、きのこ類、海藻類など
食物繊維の多い食品
を欠かさず食べること!
ビタミンB2、B6は脂質代謝を促進する働きが
ありますキラキラ


また、メロン、甘夏、キーウィといった
ビタミンCの多い果物は、コラーゲンの生成を助け、
肌のみずみずしさやハリを保つのに役立ちます。



避けたい食品としては、
皮脂を増やす原因となるアルコールやチョコレート、
ケーキ、ナッツ類
など脂肪分の多い食品ショック!
カフェインを含むコーヒーなど刺激物の摂りすぎも
吹き出物にはよくありません。



そして、ストレスを溜めないようにすること、
きちんと睡眠をとることを心がければ、なお良いですね!




いきなり全部を実行するのは難しくても
続けていくことで、変化を感じるはずです。
美肌を保って、気分よく過ごしちゃいましょうニコニコ
AD
少し前になりますが、、、


元俳優の高知東生さんが逮捕された事件を受け、
妻である高島礼子さんが記者会見を開いて
いましたね。


たまたまなのか、意図してなのかは
わかりませんが、
謝罪にとても適している服装を
されているなと思いました。


ワンピースとジャケットという適度な
フォーマル感と丸首で優しい印象。
グレーを主体に、黒で無難に
まとめています。



*写真は週刊女性PRIMEより



謝罪時に個性を出しすぎた服装は
反感につながる怖れがあります。
誰にでも受け入れられることが
まず大切なのです。


そして、グレーは、前に出過ぎず
控えめな印象を与える色。
敵を作りづらくするのに、とても有効です。



お化粧もかなり薄く、髪を束ねて顔を出し、
華美を避けて、清潔感もありますね。



その後、日本でどの位騒がれたのか
後追いはしていませんが、
きっと最小限の騒ぎで済んだのではと
想像しています。


発言や態度はもちろん重要ですが、
その場面に適した外見作りも
とても重要です。



AD
初対面の印象は、10年以上引きずるとも
言われていますが・・・


この初対面の時、
印象を大きく左右するののが
目から入る印象
です。


「人は見た目が9割」という本が
ヒットしていましたね!



メラビアンの法則では、視覚的要素が
55%という実験結果が出ています。

セミナーなどでもよく使われるので
知っている方もいるかもしれませんね^^


特に初対面の時、
気をつけた方がよいのが色選び!



面接、合コン、交流会など
自分の印象がとても大切な場面では、

色の印象から、無意識に「こんな人かも」
という想像をされやすい
です。




例えば、
「私はユーモラスで社交的なんです」
と伝えたかったら、
黄色を取り入れましょう。



黄色はコミュニケーションを促す色なので
会話もはずみやすいという特典も。
逆に、紫はミステリアスな印象を与えるので
伝わりにくくなります。





色が与える印象を味方につけると
スムーズに進みやすくなりますよニコニコ
AD