こんにちは。

シンガポールで会社で働きながら、こんな活動をしています。


★はたらくママ@シンガポール(略称:はたママ)

シンガポール在住の日本人の中で働いているママ、いずれ働こうと考えているママのために、「子育て」「自分育て」の情報、アイディアを学ぶ、シェアすることで、共に支え合える仲間が出来る場づくりを提供しているコミュニティ。非公開FBページの会員250名。ボランティアスタッフ25名で月1のイベント・セミナー運営、またHPの記事の更新をしています。

http://asia.hatamama-world.com/

このコミュニティを立ち上げた経緯はこちら



★キャリアデザインカフェ

女性向けのキャリアコーチング×コンサルティング。
キャリアコンサルタントの仕事とはたママで出会ったママたちの仕事×子育て×シンガポールの相談1000人にのった経験を元に、その人がその人らしいキャリアを歩めるための一歩を応援しています。

http://ameblo.jp/makico0414/entry-12209327078.html
  • 21 Nov
    • キャリアデザインカフェのお知らせ♪

      今年もあと1ヶ月と10日。ちょっと早いですが、1年の振り返りをしながら皆さんへの宣言を…。今年はチャレンジの1年でした。2016年10月に正社員からパートに仕事を変え色々と動いてきました。いくつか取り組んだことがありますが新しいチャレンジとしてキャリアデザインカフェを始めました。個人に向けてキャリアの相談を出来る場としてのべ60名の方との個人セッションをしてきました。◎大学生◎専業主婦のママさん◎金融・コンサル・広告業界等で活躍する会社員の方◎フリーランサーの方◎起業家さん色々な方とお話してきました。夢や目標、仕事についてご主人との関係性について会社での人間関係について様々な問題について解決するお手伝いをしてきました。ひとつひとつのセッションで学びがあり、楽しいと感じ今後やりたいと思ったことがまたひとつ見えてきました。セッションに足を運んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。-----セッションでの気づき。それは、深い深いところから改善しないと目の前の悩みの解決が難しい方もいらっしゃるということ。複数の悩みが絡み合っていて表面化しているひとつの悩みを解くのにその次の階層にも悩みがあってその階層の悩みを解くのに更に次の階層にも悩みがあってこんがらがってる。そういう方とのセッションがある時に私のスキル不足で全て解決出来なかったり非常に長い時間がかかったり。悔しいけど、うまく体系化できない。何となく伝えたいことがあるんだけどうまく説明ができないこともありました。もっと深く人の心を知ることで目の前の悩んでいるその方が真にその人らしくいられること例えばやっている仕事に誇りを持てたり大好きな友人に囲まれるようになれたり…その人の毎日が楽しく有意義になるようなお手伝いがしたい…クオリティを高めて、どんな方にも説明が出来るようになれたらいいな…単純に悩みを整理し解決するだけでは物足りず、もっと深く入って人生の転機に立ち会うにはスキルや知識が必要だと感じるようになりました。そして決めました。深い部分から根本解決が出来るようにキャリアデザインカフェをバージョンアップします。「何でか分からないけど、やる気が起きない・・・」「このままじゃいけない、でも、どうしたらいいの?」という状態から自分の心が“真に求めていること”が明確になりやりたいことがあふれて、困っちゃう毎日に変わる状態になれるようにお手伝いをしていけたらと思っています。現在、時間をかけて修行中です。※恥ずかしがりやで半分しか写ってもらえませんでした。笑矢作雅子さん信頼し、尊敬できる私の師匠。パートの仕事を続けながらも自分のお仕事として始められるようにコツコツと準備していこうと考えています。もちろん、ボランティアでやっているはたらくママ@シンガポールの活動も続けます。-----正直、新しいことを始めるのはこわいです。宣言しちゃったので本当に進まないといけない。でも、きっとうまくいく。そう思うことでしか未来は開けない〜。そう思って、進むことにしました。キャリアデザインカフェの名称が変わるかもしれませんが想いの原点は変わりません。スタートの際には、まずメルマガでお知らせします。ご興味ある方はぜひメルマガにご登録ください。今後共よろしくお願いします。

      18
      2
      テーマ:
  • 10 Nov
    • チームを感じながら出来る在宅のお仕事って!?

      これから仕事したいなーというママに会うときに必ずと言っていいほど出てくる仕事スタイル、それが「在宅」でのお仕事。※12月1月号の「Parti」(シンガポールの情報誌)にも在宅勤務についてコラム書きました。ご興味ある方はぜひ待っててね。しかし、在宅のお仕事をしている人からこんなことも聞いていました。「孤独で寂しいこともあるんだよね~。」「どうやってキャリアアップしていけるのか不安なんだ。」※↑こんな方にも朗報!?-----その2つのデメリットさえも払拭できてしまう面白いシステムで在宅ワークの運営をしている企業さんにお会いしてきました。はたママスタッフのりえちゃん、ご紹介ありがとう。左からはたママスタッフりえ・Mamasan & Companyさんのお2人・私ハツラツとした前向きオーラ抜群の素敵なCOOの齋藤さん。(集合社員左から2番目)責任を持ちながらも自由に楽しく仕事をされている様子が伝わってくる、Quyen(クエン)さん。(集合写真右から2番目)-----企業の中には、実はオフィスに行かなくても出来る仕事ってたくさんあるとのこと。在宅でも出来る仕事と、隙間時間に働いて社会貢献したいというママたちのマッチングをしているのがMamasan & Companyさんなんです。この企業の素敵だなーという仕組みがあるんです。●孤独と思われがちな在宅ワークを「チームワーク」を感じながら取り組める。●キャリアステップを踏んで、マネジメントへのチャレンジができる。この会社では、一般の会社と同様にピラミッド型の組織図があり、上から、ボスママ(強そう!w)サブママオペママと組織化されてます。例えば、サブママは、自分のチームの人たちが楽しく、希望通りに仕事ができるようにサポートする課長さんみたいな役割。その上にいるのが、ボスママさん、これはいわゆる部長になるのでしょうか?w最初は、オペママとして入りその後、認められるとサブママ→ボスママとマネジメントに関われるし、きちんと昇給制度もあるようなんです!そして、お子さんが大きくなってから「外に出て働きたい」という方は正社員として就職する方もいるそうです。齋藤さんがそうやって子育て繁忙期から羽ばたいていただくのも大歓迎!とおっしゃっていたのがとっても印象的でした。-----お仕事をされている方はどんな方が多いか聞いてみました。「扶養枠内で、隙間時間を活かしながら、 これまでのキャリアを活かして バリバリとお仕事したい人に向いていますね。 妊娠で体調の関係でお仕事を辞めた方や 幼稚園ママ~小学校低学年ママがたくさん活躍中です。 2歳前後の小さなお子さんがいる方も多いです。」全ママさんの収入を平均すると3万円となるようですが、多くの方が5~7万円、一部の方は10万円を超える収入もあるようです。社会貢献もしながら、妻でも母でもない「私」を感じながらチームの一員としてお仕事をするスタイル。海外滞在をするママにもとっても需要がありそうですね。齋藤さん、Quyenさんステキなお話、ありがとうございました。-----Mamasan & Company株式会社▼会社のHPはこちらhttps://mamabpo.jp/▼働きたいママ用(国内)のページはこちらhttps://mamabpo.jp/mama_recruit/▼働きたいママ用(海外在住)のページはこちらhttps://mamabpo.jp/relocation/-----

      17
      テーマ:
  • 07 Nov
    • 日本遠征の振り返り:ママ向けセミナー、ロシア人ママの常識にみんなビックリ!

      日本遠征振り返りぼちぼちと気が向いたらアップの第1弾。ママ向けのワークショップについてお届けします~。ーーーーー9月28日(金)朝から再会が8年ぶり!?の聡子とのコラボセミナー。子育てやそのほかのことも含めて頑張っているママが少しでも気持ちが楽になって、子育ての楽しい時間が少しでも増えたら…という目的。タイトルは、〜しなきゃ、〜しちゃダメは本当に必要?今日からキモチが楽になる!子育ての楽しみ方発見セミナー聡子は私と同じく2児の母、得意な英語を生かして秘書として活躍中のワーママ。※聡子のブログ現在は育休中。周りの得意なことを持つママと協力しながら、「サプリ」というワークショップをしています。※サプリってこんなことしていています。まだ彼女が1児の母だったとき、色々な固定概念にがんじがらめになってついついイライラ長男君を怒ってしまっていたそう。その「後悔するイライラ」をどうにかしようと、アンガーマネジメント(怒りを自分で管理する)のテクニックを勉強し、アンガーマネジメントのファシリテーターになったのです。聡子のパートでは実際に参加者のママたちがどんな辛いイライラを持っているのかそれをどうやって解決して減らしていったらいいのかについてワークをしながら伝えてくれました。私のパートでは、色々な価値観を知ることで少しでも日本で頑張るママたちが「あ!そんな考えもありかな?」という気づきから、ラクになってもらえたらなーと思い同僚やご近所さんのシンガポール人、マレーシア人、ロシア人、中国人、インド人の子育てやパートナーシップに関しての価値観をシェアしました。その中でもみんな口を揃えて驚きだったのはこのママの話かな。◎ロシア人ママの常識!タイのリゾートも、日本への1週間の旅(富士山登山付き)も夫婦2人で旅に出る!ちなみに2歳の双子と1歳の子3人のママ!その間は、住み込みのメイドちゃんとロシアから実母を呼んで面倒見てもらうとか。私もこの手の話ははじめはびっくりしましたが、今では「夫婦の時間も大事」だなーと思うので子どもの健康と安全がしっかりと守れる環境があればいいなぁ。と思います。夫婦が仲良いことは子育てにおいてどんなにいい学校に行かせるよりも大事なことだなーって思うので。でも、日本で同じことする!?というのも難しい現状だってあります。わが家は、夫婦で旅行に行こう!とまではならないのだけど、お互いに忙しくて余裕がなくなってコミュニケーションが雑になって、ピリピリ!ということが一人目が生まれた後、2人目が生まれた後もよくありました。自分でも途中で「コミュニケーションが足りず、お互いの状況が見えていない=イライラしやすい」と気づいたので、2ヶ月に1度位は、子どもをメイドさんに預けて夫婦でランチしたり、ディナーするようにしています。2ヶ月に1度が無理でも、夫婦の記念日やお誕生日にベビーシッターさんやご両親にお子さんを預けてたまにはデートなんていうのもいいんじゃないかな~とそんなお話をしてみました。※最後にみんなで。楽しかったなぁ♪セミナーの様子は、聡子がもっと丁寧に書いてくれているので、こちらに紹介〜♪(というなんと雑なしめ…汗)

      10
      テーマ:
  • 02 Nov
    • シンガポールのパートの仕事を探す方法!

      最近、シンガポールの日本人向けフリーペーパー「Parti」でコラムを書かせてもらっています。女子のためのオシゴト相談キャリアデザインカフェ※今月号はP34だよ。今日は「Parti」の発行日!そして、来月号用のインタビューだったのでその2つのお話を。毎回、締め切りに追われている~。-----11月号はこの内容で書きました。実際にこれから仕事を始めようかなぁ。というママさんにインタビューして書きました。Q:シンガポールで家事と両立できるパートタイムの仕事はありますか?A:どんな環境で自分の強みを発揮できるかをイメージ!あなたに合うパートタイムの探し方を押さえよう▼具体的な探し方はこちらから(P.34)http://www.parti.com.sg/pdf/PARTI_2017_NOV.pdf日本人で駐在のご主人の帯同で在星中の女性が働くケースはここ数年で増えていると思います。お金の得る目的はもちろんですが、はたらくママで出会う方にお話を聞いていると、社会とのつながりを求めている方、せっかくだから海外での仕事経験を!という方もとっても多いです。シンガポールに住む日本人、わが家のように夫婦で現地法人で働いていたり事業をしていたりという方もいますが、やっぱり多いのは、夫:日本企業でシンガポールに駐在妻:帯同(のため仕事を辞めたり休んでいたり)というパターンでしょう。駐妻さんでお子さん(特に幼稚園や小学生)がいるママにはパートが人気だなーと感じます。期間限定でシンガポールに住む日本人ファミリーにとって、いつ帰るかわからない状態で今の生活スタイルを変えて例えば、メイドさんを雇うなどなどけっこうハードルが高いのでまず、こちらに来て数ヶ月ご主人やお子さんの生活が落ち着いてから子どもが幼稚園や学校に行っている間に出来る範囲で働いてみよう!という形になるようです。-----今日も締め切りに追われるように来月のコラムのためにインタビューをしました。Aさんも上記のような、ご主人の駐在に帯同してこちらに住む駐妻さん。そして、産休からもうすぐ仕事に復帰するママさん。パートでお仕事をされています。「今は子どもとの時間もとりたいので、割り切ってパートというスタイルで働いている」というAさん。ふむふむ。「割り切って働く」という意味を聞いてみると仕事内容が100%興味あるものではないようです。色々な条件面が合致したため、そのお仕事を引き受けることに決めたとか。でもそれでも頑張れる理由は?と聞いてみると日本に戻った時にやりたい仕事に就けるように今できることを精一杯やれることをとりあえず頑張ろうと思っているんです!お仕事をいただけるだけラッキーだなと思ってます。子どもは小さいうちに子どもとの時間を優先して一緒に遊んだりする時間がAさんには大事なハッピーな時間だそう♪仕事の内容等葛藤はありつつも先を見据えて頑張ろうって決めたとか。しっかり自分の軸を持ちながら新たな仕事への意気込みを話すAさん、とってもかっこよかったなぁ~。-----妻の自分・母の自分・自分自身、どれもハッピーでいるバランスで仕事を決めるって簡単なことじゃない。理想もあるけれど、現実もあるし。しかも、母になると理想がぶれたりわからなくなったり変わることもある…。それぞれの”いいバランス”を常にはかりながらみんな頑張ってるんだなーと元気をもらえたインタビューでした♪Aさん、ありがとうございました。

      11
      テーマ:
  • 31 Oct
    • シンガポールで出産!おさえておきたい4つのポイント(2017年更新)

      ※2015年に書いた記事を更新しました。先日、友人から「妊娠したかも?」と連絡があり何か参考になれば、と思いつく限りでざっくり書いてみました。◯日本語可なドクターが良いか、その必要がないか。日本語可なドクターかそうでないか、シンガポールで多くの%を占める短期滞在(主に駐在員家族)の日本人の方はまず考えると思います。私もその1人でした。ひとりめの妊娠の時には、最初ローカルの先生で日本語通訳の方がいるクリニックを選びましたがやはり、ドクターと英語で話せないことに不安があり、日本人ドクターに診てもらえるクリニックに変更しました。現在、日本語可能なドクターで分娩まで見てもらえるのはMOTOKOクリニックの先生、日本メディカルケアーの鍋島先生のお2人のようです。ラッフルズホスピタルの先生は、基本的には、最後の1ヶ月の検診から分娩までローカルの先生が担当となります。(※2013年、私がお世話になった時は2人から選べました。)私の担当をしていただいた先生は、日本人に慣れていれているので、出産に必要な医療用語は日本語でも話してもらえました。また、出産の時には日本人の先生も立ち会ってもらえたので安心できました。私の把握している限りだと、日本語可能なドクターはこの3院です。◯私立病院(プライベート)にするか、国立病院するか。私立だと先生、病院によって価格がかなり高い場合も。特に上の日本語可な先生、病院は高いということで有名です。ただその分待ち時間が短い等メリットがある場合も。私が2015年に通っていた国立病院(NUH)は、待ち時間が非常に長かったです。毎回検診は1時間待ちは当たり前、検査では2時間位待つこともありました。◯出産方法にこだわりがあるかどうか。シンガポールでは硬膜外麻酔での無痛分娩が一般的です。働いている女性も多いですが産休が短く(国民は16週間、外国人だと会社によりますが、8-12週間の場合も)出産前ギリギリまで仕事をして、産後に出来るだけ長くとりたいという理由もあってか計画出産をする方も多いようです。日本人の友人でも、家族に産後のサポートを依頼するため計画出産を選ぶ方も割と多い印象です。「こんな出産がしてみたいな」と何か特別に考えている場合には、ネットの口コミ等で探すと色々と調べられます。【私の場合】1人目はシンガポールスタンダードの無痛を選びました。ただ、途中から麻酔の効きが悪く副作用のため高熱が出てしまい、最終的に吸引分娩となりました。吸引分娩んほため、会陰切開部が広く、産後が辛かったです。その経験があったので、2人目はできるだけ傷口が浅く済む方法が良いと考え色々探しました。そうなると、自然分娩で、出来るだけ時間をかけてのお産を待ってくれるような先生。ということがわかりました。その際にお世話になったのが以下のFacebookグループでした。①【母乳育児の星☆】②【Stork's Nest Singapore】※どちらも非公開グループなので、申請した後に承認してもらう必要があるようです。①【母乳育児の星☆】は授乳や育児全般に関する悩み、迷いに関して、それぞれのメンバー同士で思いや体験などを共有できるようにと母乳育児の専門家の方が作ったグループ。(※現在は管理者の方は残念ながら日本に帰国されていますが、コミュニティは存在していますし、見ている方もいらっしゃいます。)②【Stork's Nest Singapore】は、上記の英語バージョンといった感じ。色々な国から来ているママが妊娠・出産・子育てのことで悩みを共有したり、情報収集したいしている非常にアクティブなグループ。私は、①で情報収集をして、2名の方から情報をいただき、そのうちのひとりにお願いして、お電話で詳しいお話を聞きました。また、並行して②でも「こんな出産がしたいのですが、良い先生知っていますか?」と質問をしました。すると、1-2日で40人もの方からオススメの先生や自分の出産経験についての情報が集まり、とっても助かりました♪その中でそれぞれの病院の方針や費用について調べて自然分娩の人も利用が多く、水中出産の施設もあるNUHに決め、電話でオススメしてもらったドクターに決めました。◯保険にはいるか否か。ご主人、ご自身の会社、個人で入っている保険が妊娠適用であれば良いですがそうでない場合、切迫早産で入院、未熟児で生まれて保育器が必要になった場合など高額の医療費がかかります。妊娠してから入れる保険も高額ですが、あるようです。以前に調べた時には、このエージェントで細かく教えてもらいました。※すいません。私が調べたのは2013年なので、今の情報は定かではないです。Expat Insurance以上、ざっくりですが、シンガポールで妊娠して「はっ!どうしよう。」となった方のお役に少しでも立てれば嬉しいです。※妊娠・出産ネタについてははたらくママ@シンガポールのHPでも発信しています。

      4
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 日本遠征の振り返り:旅の目的は?

      4年前から夢見てた日本遠征の旅がついに幕開けしました。バタバタして1ヶ月も経ってしまった。のですが、今更ながらに、まとめてみることに。今回の旅の目的は、この7年間でシンガポールで得た経験や知識を日本にいる人たちに伝えることでどんなところに面白みや新鮮さを感じてもらえるかそれをする旅でした。ーーーーー〜その日に書いたFacebookより〜【日本遠征への意気込み】これから日本へ。仕事として一時帰国したいと思ってから4年。コミュニティを立ち上げたときに掲げた夢の第一弾は、ほぼ視察の旅だけど。(笑)ここまでシンガポールで学んできた女性のキャリア、海外子育て、コミュニティ作りのことはもちろん、パートナーの理由でゆかりない土地に行っても、ママになっても、制限があっても、楽しくはたらき子育てする私なりの方法を持って帰ります。等身大の自分で伝えられたらいいな。子どもたちは夫とメイドさんに任せてきました。むすめっこにも許可もらい。お土産にプリンセスの日本語DVDとしまじろうDVDは入手済。お会いできる皆さま、楽しみにしてますっ。ーーーーー5泊6日の間に4つのイベントやセミナーを友人知人に協力してもらいながら企画。本当に周りの人に助けられましたー。さすがに1日に2本のセミナー慣れない東京移動。疲れたー!!でも良い気づきや嬉しい再会新しい出会いが盛りだくさんの旅でした。本当に皆さんありがとうございました。何だか長くなっちゃったので、第一弾のママ向けワークショップについては、また火曜日に。

      9
      テーマ:
  • 15 Sep
    • シンガポール子育てやキャリアについてのセミナー・イベント@東京

      ご無沙汰になっちゃいました。ここのところ、コンフォートゾーンを抜けるために凸凹道を歩いておりました。そしたら、前回のブログから1ヵ月半も経っていた!-----一人で日本に一時帰国するのを7月8日にFacebookでゆるぼしてその後も色々とあったのだけど、決めた。その時のFacebookの投稿【ゆるぼ】日本で仕事を作って一時帰国したいなぁ。と言ってたら夫が「やればいいじゃん」と一言。自分で枠を作っていることが多いなと感じる今日この頃。誰か日本で一緒にセミナーとかイベントとかしてくれる人いないかなぁ。<キーワード>海外・アジア・シンガポール・海外移住・現地採用転職@アジア・現地採用暮らし・幼児の2言語教育・子育て(小学生以降は弱い)・家事代行・メイド・コミュニティ作り・女性のキャリア@海外・駐在妻のキャリアこの時に色々な人がコメントをくれて嬉しかったなー。自分でも誰かに何かの情報や考え方をシェアしてお役に立てることがあるのかもーと希望が湧いてきて嬉しかった。そして、自分の中でなぜか自分で勝手にしめてしまっている扉を開くことで見える世界の楽しさを感じている今日この頃。-----ここまで決断するのも私にとっては簡単じゃなくって「行っても意味ないんじゃないか」「航空券代もったいないんじゃないか」といった葛藤があったのだけど。会いたい人がいて、やりたいことがあるんだったらそこでストップする理由はないなーって。そう考えられるのも応援してくれる家族あってのこと。ありがたい。-----今週興味を持ってくれた友人に連絡しまくって、イベントの企画が出来ました。イベントを主催していただいたり一緒にやろう!と言ってくれる人の存在がただただありがたい…。あとは期待に答えられるように準備。ただ、まだここからなので、来週は、来てもらった人に楽しんでもらえるようにしっかり準備します。よかったら遊びにきてね。-----●9月29日(金)10:30~12:00@豊洲【アンガーマネジメント×シンガポール子育て】イライラ生活脱出ヒントセミナーアンガーマネジメントファシリテーターの聡子と一緒に楽しく子育てが出来る考え方を提案するセミナーです。https://www.facebook.com/events/130772647548671/?ti=icl●9月29日(金) 19:00〜@恵比寿主催:ICC国際交流委員会海外インターンシップセミナーシンガポール在住7年!元リクルートキャリアコンサルタントが送る「アジアでキャリアアップする方法!」主に大学生向けに海外で就職する方法などについてお話するセミナーです。http://www.iccworld.co.jp/seminar2/tokyo/internship/short/2017/0929.html●9月30日(土)19:30~21:00@新宿主催:デジタルハリウッドSTUDIO新宿presents " Creator's Night "Vo.9~ 海外移住後も自分らしく!キャリアとコミュニティの作り方~デジタルハリウッドさん主催のイベントで、キャリアやコミュニティについての思いを語ります。http://school.dhw.co.jp/school/shinjuku/event/creatorsnight09.html

      37
      テーマ:
  • 31 Jul
    • メルマガはじめます。

      さて、今日はお知らせです。ゆるっとメルマガはじめます。きっかけは、今ノリにのっているパッションコーチの畑山リサさんの一言。「まっきー、はよ始めたらえーやん。」うぅ。実は、2年以上前にメルマガ配信ソフトは買っていたのに・・・背中をどーんと押してくれてありがとう。◆メルマガ登録はこちらから~はじめての方へ~シンガポールで夫と共にサバイバルな現地採用で2人の娘を育てながら仕事するワーママ小野麻紀子です。パートタイムで日系企業で働きながら女性のキャリアサポートを仕事にすべく活動中。ボランティア活動としては2013年10月からシンガポール在住で「働く×子育て」に関わる女性をつなぐコミュニティ「はたらくママ@シンガポール」の代表をしています。会員は、270名。27名のボランティアチームで月1-2回のイベントとWEBサイト運営をしています。この活動を通して学んだことは沢山ありますが、●自分のわくわく・大好きでたまらないことを追求することの大切さ●海外でキャリアがゼロになっても新しい道って必ず拓けること●制限がある中でもあきらめなければ明るい未来が拓けること●豊かな人間関係ひとつでどんな場所でも楽しめることこんなことをお伝えするメルマガを作ります~。<今までのキャリアと私のミッション> 大学卒業後のキャリアは、ベンチャー企業で広報を。27歳の時には、広報での独立の道を考えていました。理由は、結婚後も出産後も好きな仕事を続けるため。ところが…2010年7月の結婚を機に海外移住が決定。待ったいた現実はTOEIC300点のため選べない仕事駐妻とはほど遠い新婚暮らし(7人シェア)夫の仕事に嫉妬するかわいくない自分友人は全て夫繋がり、逃げ場なくホテルに家出あんなに仕事が楽しかった毎日から1年半のアイデンティティクライシスの日々。-----2013年、長女を出産産休が短いシンガポール生後2ヶ月と1週間で子どもを置いて職場に戻らないといけない現実それはそれは辛かった…日本にいたら、もっと一緒にいられたのに…まだ首もすわらない赤ちゃんをシンガポール人のアンティーに預けて復帰しました。子どもを預けて働くなら、もっともっと好きな仕事をしていたい時間と場所にとらわれずに仕事がしたいそう思ったけれど、いきなり独立も難しい手に職もないし、自信もないし物価高のシンガポールで現地採用で働くサバイバルなに暮らすのは甘くないとりあえず目下の目標として子育て×仕事を続けていくこと そしてひとつだけ決めたこと何か好きなことを始めること。そして始めたのが「はたらくママ@シンガポール」(以下はたママ)だったのです。それから4年。ちょっとずつちょっとずつでも確かに自分が大好きなことを仕事にしていく現実に近づいているかな。この4年間での経験●女性のキャリアのヒントを見つけるためのイベント、50回●子育て×仕事についての相談:1000人であえた大好きな仲間●3人っぽちだったメンバーが270人●一緒に運営する27名の仲間この経験、そしてたくさんの人との対話を通してやっとこさ、自分のミッションを見つけました。ライフイベントごとに役割・価値観が変化する女性がいつでも夢を更新しながら楽しく暮らし、はたらくための伴走者でいること結婚したり、出産したりやむを得なく仕事を辞めたり…価値観が変わってもその時をまるっと楽しめる自分を創っていく※私自身も上の自己紹介でオレンジ色が自分のライフイベントその度に価値観が変わっています。(大学卒業→結婚→海外移住→妊娠・出産→仕事復帰・・)そんなことをコミュニティ運営、講演、ライティング、コンサルティングを通してやってきたし、これからも続けていきます。はぁ~、久々に暑苦しい文章。で、肝心なメルマガは内容はまだ決まっていないのだけど・・・はっ。興味ある方は、ぜひ登録してね。◆メルマガ登録はこちらから

      42
      テーマ:
  • 19 Jun
    • 子どもが喜ぶダンボールの活用方法。

      昨日は父の日。急遽ワンオペになった日曜日。本当は、お友だちと遊ぶ約束をしていたけれど、むすめっこずの咳が気になりかつ雨降りっぱなしだったのでおうちゆっくりプランに。せっかくだからいつもしないことを。母ちゃん、意を決して!段ボールで絵の具遊びー。さぁ、はじめるよぉ。姉がなかなかのってきたのでよぉし!やってみよー。ぱぱにメッセージ書いて驚かせちゃおう。ぱぱありがとうは、難しい字は水で下書きしたところをなぞりなぞり。うん!いい感じ。色も順番に好きな色を選んで最後にはおはなをかくぅ。というので自由にかかせてみました。お花は5つ。パパママビー自分妹途中疲れてきたのか大泣きして自分と妹の名前は私が書くことに。(あー惜しい!)でも楽しく書けたね。お昼寝のあとはゼリーを作る!!と言うのでジュース買いに行きたかったんだけど雨がすごいのでおうちにあったフルーチェに変更。あ、そう。混ぜるだけです。でもなるべく子どもたちが「作った感」を演出。牛乳はかるときも「150までいったらストップだよ」と説明しながら一緒にゆっくり入れてむすめっこが「ストップぅぅ」といったら一緒にとめる。(笑)混ぜるのも数数えながら姉と妹と順番に。最後、容器に入れるのもやらせてみせてはい、冷蔵庫に入れるだけ。(笑)でも、本人たちは満足げ。あーよかった。夕飯お外で食べて帰ってくるとパパもおーきなありがとうとフルーチェに大喜び。サプライズ大成功だね。楽しい父の日になりました。

      29
      テーマ:
  • 02 Jun
    • ブランクがあって不安なあなた必見!

      キャリアデザインカフェでは駐在妻の方が半分位いるのでは?と思います。いつか皆さんに紹介したいなーと思っていた飯沼ミチエさんの記事。今回、とっても気になる内容でした。シンガポールでは配偶者ビザで働くことができますが、●夫の会社が禁止しているので働けない●帰任がいつになるか全くわからず不安定で働けない●妊娠中で今から就職活動するのは難しいといったお話もよく聞きます。そんな方必見の記事です!ミチエさんあたたかく包み込むような笑顔がステキな方でした。駐在妻特有のことで知りたいこと、悩んでることがある方この方のブログ必見です。◆おすすめ記事帰国後に再就職するために今出来ることは?働く女性の専門家へインタビューしてきました♪シンガポール駐妻さん:思いを形に!育休期間で見つけた私の原点<前編>シンガポール駐妻さん:アポイントは子連れで。ボランティアを通して社会と繋がる方法。<前編>中南米駐妻さん:「働きたい!」その思いを行動に変えてインターンシップを経験<前編>シンガポール駐妻さん:海外生活を楽しむための秘訣は「マイペースに自分らしく」を続けること<前編> 

      16
      テーマ:
    • 夫が話を聞いてくれるようになる方法。

      昨日の記事の反響があって喜んでます。調子という名の波に乗ってもういっちょ。パートナーの話していいタイミングって観察してますか?-----「こんなに一生懸命話してるのに聞いてくれないのーーーーーー?」そう思うことありませんか?(私はあります)でも、彼にもタイミングがあるんです。仕事から帰って疲れてるとき。テレビやスマホをぼーっと見たいときもある。そんな時に話しかけてもだめです。「うちの夫」だけじゃないです。みーんな一緒。(笑)男性は女性以上に張り詰めて仕事してることも多いです。ピーンと張り詰めた後のゆるーみタイム、かつお一人様時間は話したいのをじっと敢えてください。(笑)それが済んだあたりにのそっと現れます。🐢「はい、今からなら聞けますよ」なタイミングが。-----パートナーのタイミング、うまく本音を聞き出してハッピーな話。ここにもあります。これは、はたらくママ@シンガポールの公式サイトでライターErinaが書いてくれた話。5名の個性そろったライター仲間で次の月にどんなこと書こうとかと編集会議してるのですが。照れながらぜひともこの話を書いてみたいの!とみんなに話して、似たような境遇の誰かに届いたらいいなーと記事を書いてくれた彼女の勇気に感動した私。Erinaの場合は諦めずに彼を深く知りたいと思い続けていたこと。その思いが彼にも伝わったんじゃないかなー。-----彼にとってのいい感じのタイミング、ぜひ観察してみてね。そして、その波にのってあなたのおねだりを伝えてみてね。

      テーマ:
  • 01 Jun
    • 夫婦げんかがなくなる!魔法の話。

      ここ1-2週間、夫に聞いてもらいたい話が出来ていなくて「うむむー。」と思うことが続いていた私。そんな中でしたがこの前の週末、前から決めていた家の整理整頓を決行!!!!ザ・断捨離!子どもたちがはしゃぎなら遊んでいるうちは、私たちの作業もはかどりいい感じ…しかし下の子の「あっこあっこ(抱っこ)」が始まったことをきっかけに負の連鎖がぁぁぁぁ私は抱っこをしていて片付けが出来ない…。↓2人で進めていた作業スピードが落ちる…。↓早く終わらせたいのに進まず、2人共イライラ。↓夫「泣かせておいてもいいじゃん。」私「眠い時は抱っこしないと寝ないんだよ。」(心の声:そんなこともわかってないの?)(※ちなみに私不在時は、勝手に寝るむすめっこ2)↓その後、夫に仕事の連絡が入り、スマホでメールを打ち始める。↓私は更にイライラ。※緊急度の高さについて説明があり、自分が理解できればイライラしないと決めてる。でも、こういう雰囲気になると彼も説明しないことが多い。とまぁ、どこの家庭にもありそうなことがありました。-----しかし、次の日、「これはいけない」と思って、夫を夜のお散歩に誘ってお出かけ。夜、子どもが寝た後にメイドさんに「ちょっと外に出てくるね」とスニーカーを履いて。-----20分も歩いてくると、新しいカフェを見つけたり、お庭で楽しく飲んでいる家族を見ながら足取りと共に不思議と前向きな空気が生まれてくる。仕事の話、子どもたちの話、今後に向けて考えていること、最近気づいたことなど、2人とも出てくる出てくる。-----そう、わが家の裏から繋がるお散歩コースは私たちにとってのパワースポットなのです。緑が多くて、狭い道の中に新しくできたカフェが発見できたりちょっと行ってみたいバーがあったりもう少し進むと住宅街の片隅に公園があったりそんな場所を歩きながら最近思っていたモヤモヤについて話を切り出してみたら、色々なヒントをもらえたー。やったー。自分のことをよく理解してくれているパートナーに話を聞いてもらえると解決の糸口が早く見つかることも多いなぁと。(ただ共感してほしい時は、率直に伝えるようにしています。w)→ここけっこう大事。最近ちょっと不安に思っていたことや何となく矛先が見えなくなっていたことに対して次のアクションプランが見えてすっきりした日曜夜でした。そして、こういう感じになると彼も普段考えていることとかちょっと未来にはこんな仕事したいねとかこんな暮らししたいねとかそんな話をしてくれるんですね。-----一緒にいるのがハッピーで結婚したはずなのに忙しい毎日に追われながら、言い合いばかりってことありませんか。でもそんな毎日を続けたくて続けているわけではないでも夫婦だからこそ、素直になれないってことありますよね。(私はあります。)パートナーとの言い合いモードがなくなる魔法とは、パワースポットを見つけること。(彼が気づいていなくても大丈夫。何となく風に誘ってみるのもあり。)2人にとって、リラックスできて素直になれる楽しい未来をついつい話したくなる場所。まだ見つかってなかったらぜひ見つけてみてね。

      16
      テーマ:
  • 30 May
    • わが家のイチゴパン事件。

      昨日のブログの続きわが家でのルール(だいそれていう教育方針?)を理解してもらったうえで、子どもにどう接してもらうかそれってとっても大事なのです~。という話をしたんですが…ビーがわが家に来て▼最初の1週間わーーーい!!!なんて気持ちの良い人。あー本当にハッピー、ラッキー!!!子どもたちも伸び伸びしてる~笑顔が増えた~▼10日経過確かにビーがうちに来てくれて家の雰囲気も良くなった。あ、うーん、…なんかモヤモヤするぅ。▼2週間経過むすめっこ1が聞いてきた。「ママ、なんでティタビーは怒らないの?」そして、それに気づいたむすめっこ1が調子にのっているように見える…。ついに彼女が気づいたこと。ビーにわがままを言う→ダメと言われる→泣く→言うことを聞いてもらえる!!-----▼3週間目のある日。ビーとむすめっこ1と2がお願いしたお買い物に行ってくれたその夜。(私は仕事のため不在)頼んだ買い物以外にどピンクのクリームが入ったイチゴパンを買ったことを知る。(こういうのは普段は買わないのでなんで?と思った)※悪者にしてごめんね。イチゴパン。(画像はサイトからお借りしました。)私「あれ?これも買ったの?」ビー「欲しい欲しいと大声で泣くので仕方なく買ったんです。」私「許すとキリがないから、今度は泣いても買わないでね。」ビー「確かにマムはいいですよ、お母さんだから。でも私はメイドです。周りから嫌な風に見られるんです。」私「んー。」…そう言われると何とも。それでも買わないと通すのがあなたの仕事ということも出来るけどそれもしっくりこない。その後、4歳のむすめっこに冷静にわかるように話をした。そして、ほしいものがあったらママにちゃんとお願いするようにと約束。泣いていたけど、わかった模様。むすめっこからビーにもごめんなさいを言わせた。-----その後、ビーにも「イチゴパンどうのこうのじゃないよ。欲しいものがある時に泣きゃーいいと思わせないようにそういうことは許さないでね。」ポイントはそこだけ!なのでよろしく!と伝える。-----他にも日常にそんなことがポロポロと。何かおこる度にうちではここまではOKここからはNG、許さないのポイントをビーにも伝えるようにしています。この作業がなかなか大変。でも、きっとこれを繰り返すしかないし繰り返すことで、理解してもらえるはず!と思いたい~!!!-----そうそう、あと最近の気づき。平日仕事から帰って寝るまでは特にパパ不在が多いわが家なのでママ&メイドのパワーバランスに注目。前のメイドさんの時パワーバランスパパ…怒るとこわいママ…怒るとまぁこわい(けどパパほどじゃない)メイド…怒るとまぁこわい(けどパパほどじゃない)これから必要なパワーバランスパパ…怒るとこわいママ…怒るとパパ位こわい(ようにする必要あり)メイド…怒らない前は、必要あらば怒ってくれる人が他にもいたからさ。でも今は怒らないビーの分私が怒るべき時が多くなったと感じる。どうしてもビーを見てるとね甘やかしているように見えちゃうんです。おおらかで優しいのでそれが良さでもあるんだけど。うー、難しい。おおらかさや優しさ→のびのびはいいけれどあまやかし→わがままはよくないまぁ、とにかく、母、試されてます。そして、変化を求められています。自分が変わらないとね~。-----今の一番の不安ポイント。むすめっこがビーをなめたりするような子にならないか。怒らないからいいや~みたいに。そんな子になってほしくないなぁと。というのも、毎日、まいにち(昼寝をのぞいて)むすめっこ1、3-4時間むすめっこ2、6-7時間がビーと子どもたちだけの時間。彼女とのコミュニケーションで子どもたちが教わることがたくさんあるのです。-----とりあえず、今できることを信じて進むのみ。みんなはどうしているんだろう?

      8
      テーマ:
  • 29 May
    • メイドさんとの1ヶ月。

      ご無沙汰しています。新しいメイドさんのビー。(ここでの仮名にします。)彼女がわが家にジョインしてちょうど1ヶ月。むすめっこ1(4歳)は「ティタ※だいすきー」※タガログ語でおばちゃんの意味むすめっこ2(1歳9ヶ月)は「ティタ、ティタ、ティタ、ティター!!」と連呼。2人ともビーがだぁーい好き。朝から「グッドモ~ニ~~ングゥ!」というビーはとっても明るくて私もハッピーな日々が送れています。今までは、中東で6年、シンガポールで9年クウェート人、オマーン人、中華系シンガポール人オランダ人、上海系中国人、香港人とまぁ色々な家族のために働いてきた彼女は3ヶ国5ファミリー、ヘルパー暦15年の経験者。安定感抜群。何か頼みごとをしても「イエス、マァーム!」と気持ちの良い返事をしてくれるので「悪いかな」という罪悪感なく、お願いごとができます。※気を使いながら仕事を頼むというのは、日本人の中ではよくある話。例えば、Tシャツにちょっとしみが付いてしまって「しみ抜きしてから洗濯かけてもらえるかなぁ」なんてお願いごとをすることもあるけれど、それよりも大事なのは、やっぱり子どものこと。わが家でのルール(だいそれていう教育方針?)を理解してもらったうえで、子どもにどう接してもらうかそれってとっても大事なのです~。-----たとえば、、、わが家のルール。●食べる時にはテレビを付けない●出来ることはなるべく自分でやる●「あれほしい!これほしい!」と言われても簡単にあれこれ買わない●「ありがとう」「ごめんなさい」など相手の目を見ながら伝える●お願いごとをするときは泣く、叫ぶ禁止!かわいく頼むwその他にも私たち親が感覚的に大事にしていることも話し合った上で大事にしていることも言語化して、意図をわかってもらえるように伝える。この作業が大変。でも本当に大事だなーと思う今日この頃なのです。※初日は、はたらくママイベントに一緒に参加。むすめっこ2とビー、その前は私とむすめっこ1。ちょっと長くなってきたので、また続きは今度。おうちに帰ろう。

      13
      テーマ:
  • 19 May
    • パソコン修理。

      数年使っていたMacが動かなくなり... 。といってもMacを使いこなせてなかったので買い替えも何度か考えたのだけど。会社のPCを直した時に利用した会社さんがとても対応がよかったのでお見積もりをしてもらいました。バッテリー交換、$240(約2万円)とのこと。色々調べると自分でできれば6000円くらいで出来るらしいのだけど私がやったらいつになったら使えるようになるんだかだったので、お願いしました。日系の会社は他にも複数あるんだけど以前は見積もり出来ますか?と持っていっただけで、事前説明もなくお金を請求されたこともあり...。文句をいうスキもない感じで請求されて嫌な思いしたんですよね。やっぱり同じお金払うなら気持ちよく払える会社にお願いしたいよね。PCを持ち込んで預けるとお見積りも無料でしていただき対応もすばやくしていただけて満足のサービスでした。-----Kawatechttp://www.kawatec.com/Address:420 North Bridge Road #03-20 North Bridge Centre Singapore 188727Tel:6743-4530-----

      2
      テーマ:
  • 17 May
    • 絵本フィスティバル。

      ブラスバサー近くのナショナルライブラリーで絵本フィスティバル的なモノがやってた。インドネシアの絵本。かわいい。五味太郎さんの本もある。うれしいね。これは、中国語かな。中国語教材もたくさん。おばちゃんが近寄ってきて色々おすすめしてきてくれる。中国語は、学校では習ってくるけどわが家では全く使わない。仮にローカルの小学校に入るのならばこれから強化すべきところでもある。ので、CDつきのお話本でも買ってあげたらいいのかな。うむ。土曜日に用事があるからそのときまでに再検討しようかな。-----AFCC Book FairAFCC=The Asian Festival of Children’s ContentThe Asian Festival of Children’s Content (AFCC) is an annual festival in Singapore that celebrates and promotes the creation and appreciation of children’s books and content, with a focus on Asian themes.Indonesia is the country of focus for this year.DATE: 17 – 21 May 2017VENUE: L1, Plaza, National Library BuildingFEE: Free for public▼今年はインドネシアにフォーカス。土曜日まで色々なお話や演劇などもあるみたい。https://afcc.com.sg/2017/page/country-of-focus-indonesia-----興味あったら行ってみてね。

      2
      テーマ:
    • はたママの運営に関する徒然。

      2017年の大きなチャレンジ。それは、25名のはたママスタッフがそれぞれの形でコミュニティづくりを楽しんでもらうようなカタチを作ること。250名のコミュニティとなったはたらくママ@シンガポール。月1以上のイベント・セミナー・ランチ会等また、月7本ほどのウェブサイトコンテンツのアップに25名のボランティアスタッフが集まってくれてこのはたらくママ@シンガポールは成り立っています。-----みんなが、むりなく楽しい範囲で、その人たちの力を出してもらって気持ちいい距離感で関わってもらうこと。みんなで作ったイベント・セミナー・情報がシンガポールで働きながら子育てをしている人たちが役立つこと、楽しいことを今より少し見つけられる機会が増えたらいいなと。(これからシンガポールに来る人たちも不安が楽しみに変わったらいいな。)-----そんな中ボランティアで色々なことを進めることってむずかしいなーと感じることも多い。進めたいことがあっても、それに精通している人がいるとさーっと終わっちゃうことがそういう人がいないと、がんばってもかたつむりのように進んでいればいいけれど進められないこともあり、歯がゆい思いをしたり。ひとりひとりと会話を重ねながらそれぞれの経験×好きなことやチャレンジしたいこと×関われる時間で最大限に出来ることを一緒に考えてみるけれどそこで決めたことを本当に楽しんでもらえているのか不安になったり。みんな手弁当でやってくれてるから。自分も日々変わる毎日の中で気持ちの波があることもあるけれどでもそれを支えてくれるのも仲間あってのことだったり。-----今自分が携われる範囲で目の前のことをひとつひとつ一生懸命やること。そこからしか道は開かないしそこから道が開けるんだ。…あ、むすめっこの泣き声(5秒後)とことこと部屋に入ってきてベッドでまたコテンと寝始めた。さぁ、寝よう。おやすみなさい。

      2
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 最後の夜。

      わが家で1年10ヶ月毎日一緒にいたメイドちゃんととうとう明日でお別れ。最後にお礼を伝えつつお給料を渡しつつお別れの挨拶をしようと最後の夜、家族全員でその時間をとることに。もうすぐ4歳のむすめっこ1は少しずつ話もしていたので彼女がわが家から去ることについてはわかってる。夫も私も1言ずつ今までを振り返りながらありがとうを伝えたりこれからのエールを伝えたり。思い出を振り返っていたらやっぱり泣いちゃったよね。大変なこともいっぱいあったけど、楽しいこともいっぱいあったもんね。クリスマスプレゼントに大喜びの彼女は本当にかわいかったなぁー。-----夫のひざには涙を流すむすめっこ1。本当にさみしいんだろうなー。それはそうだよね。毎日毎日、両親よりも一緒に時を過ごしてた第二の母のようなお姉ちゃんのような大好きな●●ちゃんが明日からはいなくなるんだもん。母として申し訳ない気持ちを感じながら胸が痛むけれども。。こんな経験もひとつひとつ乗り越えながら周りの人を大事にできる人になっていこうね。ママはいつもあなたと一緒だから大丈夫だよ。-----寝る前...泣きながら「●●ちゃん(メイドさんの名前)、好き。」という長女を抱きしめていつも以上に「大好きだよ」と伝えました。明日は、仕事に行って帰ったら彼女をエージェントに見送りながら新メイドさんのお迎えだ。そわそわ。

      18
      テーマ:
  • 25 Apr
    • お昼休み。

      ランチタイム。時間も気持ちもバタついてるとブログが書けなくなる私。とうとう、週末あたりにメイドさんの切り替えが。どきどき。-----働いている会社のオフィスが移動になり、家の近くに。ランチ時間にむすめっこのプリスクールを覗きにいけるキョリに。-----今日は中国語の先生が紙芝居を読んでいました。むすめっこの後ろ姿と横顔しか見えなかったけどキャッキャッと楽しそうに笑っているのを見れました。エナジーチャージ

      8
      テーマ:
  • 24 Apr
    • はじめてのお手紙。

      ついこの前の日曜日、むすめっこ1に「おてがみ書いてみる?」と声をかけてみたらのりのりー!!で書かせてみるけどこれがまた「自分でできるー」とこっちの話も聞いたり聞かなかったり。あ。。。だからぁ!!と思いつつも気長に母、がんばりました。そして、書ききった。人生初のおてがみ〜。-----ひらがなにはまったのか今夜もモクモクと練習してた。ママって書いてーと言ったら名前を書いてくれた。わーい。うれしー。よくできました。

      1
      テーマ:

プロフィール

makico ono

自己紹介:
キャリアデザインプランナー 結婚、出産、引っ越し、転職などの大きな変化の中でもその人らしく生きるた...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。