たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

2ステージ制の廃止またはチェアマン、常務の退任まで

浦和のリーグ戦アウェイ参戦を自粛しています



たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


ぷろじぇくと


Smile Running Project に賛同しています


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ


<2016シーズンの大会参加(予定)>

160110 谷川真理ハーフマラソン ハーフ 1時間41分55秒(グロス)

160228 東京マラソン2016 フル 5時間04分23秒(グロス、ファンラン)

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k 43分09秒

160604 皇居さわやか健康マラソン 5k 21分04秒

160618 ベジタブルマラソンin立川 10k 45分41秒

160701 TOKYOベイエリアナイトラン 10k 45分14秒

160716-17 24時間リレーマラソン@富士北麓

160924 浦和競馬42.195kリレーマラソン ダート5k

161002 上田古戦場ハーフマラソン ハーフ

161023 高尾山森林マラソン 15k

161030 出版健保ロードレース

161113 さいたま国際マラソン フル

161123 朝霞ロードレース 10k

170229 高知龍馬マラソン2017 フル


テーマ:

日曜日早朝から京都で仕事につき、今週は関西滞在中。なので試合はテレビですら観ていません。

ぶっちゃけ、栗鼠戦なんかよりずーーーっと結果にこだわってほしい鹿戦。

昨年の試合展開をなぞるかのような点の動きでした。
慎三と航不在の中、よくぞアウェイで勝ってくれた。
曽ヶ端愛してます。

これで休日出張も頑張れますわ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「携帯」 の記事

テーマ:
浦和学院が公立高に完封されたり、青森山田が8強にすら入れないなど波乱続きの夏。

秋田は今日から8強を目指す3回戦。
第1シード能代は大差で完敗
第2シード明桜は延長戦で惜敗
第3シード中央は初戦ですでに敗退済み

うーむ、何とも読めない大混戦の予選となってきました。

本日は初戦を5回コールドと圧勝発信した我が母校も登場。

昨秋の県大会を制し、GWにはあの早実に6-1で快勝
清宮に「100年経っても勝てない」と悔しがらせ、期待をしていたのだが。

残念ながら、第4シード大曲工に1-3で敗戦し、今年も甲子園出場は叶わず。
俺が生きている間に出られるのだろうか・・・

能代に圧勝した秋商は、さすが昨夏の全国ベスト8という底力を発揮。
ノーシードとはいえ、やはり本命はここか。
近年力を力をつけている松陽、大曲工、角館あたりが追うのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


この土日、毎年恒例の24時間リレーに参戦してきました。



土曜は曇天で富士山は一度も顔を出さず。
涼しくて走るには良い気候で、持っていったドリンク類はほとんど減らなかった。



11月11-13日に地域決勝1次ラウンドが行われる富士北麓公園。
この巨大スコアボードの出番はあるのか(ねーよ)。



観戦スタンドはかなり貧弱で、青木町公園以下だと思います。
が、これでも甲府のJ2公式戦開催実績があったりするのだ。



もっとも、芝生は比較的整備されているようです。



前半の急な登りもシンドいが、耐久レース的に脚にくるのは最後のこの下り。
箱根は5区より6区の方がキツいのではないか、とマジで思います。



個人的にうどん類としては日本で2番目に旨いと思う「富士吉田うどん」。
塩分が抜けている身体に染み渡るおいしさである。



コニカミノルタがスポンサーから外れ、経費節減の努力がそこかしこに。
何とか花火は開催された。



日曜は晴天に恵まれ、たまに秀麗無比なる出羽じゃない方の富士が顔を出した。
GKからだとこんな感じに見えるはず。


<レース結果>
 チーム 153周(順位不明。たぶん130位前後/206チーム)
 個人  24周(38.4キロ)

昨年、一昨年の170周に比べるとだいぶ少ない。
エースが海外赴任で不参加だったのと、序盤10時間を僅か6人でまわしたのでやむを得まい。
他チームは12人とかで十分休息を取って走っていることだし。

順位を気にするレースではないので、楽しんで完走すればそれでよし。
我がチームに初参加の高校生くん2人、来年も走ってくれると嬉しいのだが・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016071723590000.jpg

24時間リレー後、仮眠をとり栗鼠戦へお出かけ。

旧浦和市民ですが、埼玉っ子ではないので、特に意識は無し。
普通にホームチームとして勝ってくれればそれで良かった。

が、残念ながら2度のリードを守りきれずドロー。
磐田・栗鼠と、昇格組からホームで勝点4を失っているのはちょっと大きい。

アウェイ戦では何もできなかった栗鼠戦に続き、今回も苦戦。
実は苦手なのか、それともこれが双方の実力なのか。
強力とは言えない攻撃陣に対し、負けてもおかしくないくらいに決定機を与えてしまっていた。

前半は時間の件でイエティにグダグダ言う向きもあろうが、試合を切れなかったウチが悪い。
陽介の1点目だって、彼じゃなければファウル取ってくれたか分からんし。
それと、2失点目のマテウスには誰かチェックに行けなかったものか。

この状態で航と興梠が不在となるのはメチャクチャ厳しいな。

 理想 勝点43 (ホーム11勝、アウェイ10分)
 現実 勝点43 (ホーム7勝2敗2分、アウェイ6勝2敗2分)

 #大観衆、五輪壮行試合とフラグ立ちまくりな中、試合前にあの歌を歌う中心部。
 #それで試合後あの大宮のコールにブーイングだとしたら、あまりにもカッコ悪いと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は滋賀・大津泊。
テレビ観戦すらかなわず、映像はBSの速報Jリーグ頼みでした。

なぜか最近苦手にしているアウェイの蟹戦。

ハイライトを見る限り、攻撃は悪くなかったようだ。

このスケジュールに関わらず、スタメンは相変わらず。
日曜の栗鼠戦には果たしてどう臨むのか。
まぁ、そこはミシャだからなぁ…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥648
Amazon.co.jp
読書芸人大絶賛・西氏の本、2冊目読了。

デブでデリカシーがなくてダメンズ好きな頭の足りない大阪BBA「肉子ちゃん」のお話。
小学生の娘が狂言回し役を務める。
簡単に言えば『天才バカボン』の世界である。キャラ的にも肉子がバカボンのパパ。

家族の大切さ、産まれてくるいのちのとうとさをまなべるすばらしいおはなしだとおもいました。
とってもかんどうしました(棒)

・・・前回読んで全く合わなかった『ふる』よりは少しストーリー性あるけど、やっぱ無理。
ぜんっぜん面白くないです。

さぞかし酷評だろうと尼レビュー覗いてみたら、超高評価ですごすごと退散してきました。
どうやら感性がおかしいのは俺のようです。

後半の種明かしで、なるほど肉子の正体見たりと思ったら空振り。
間違いなしと思ったのに、ミステリばかり読んでると、妙な深読みが自然になってしまうみたいだ。

「恥ずかしい」を「しょし」と表現してたから、どこの話だべと思ったら石巻・女川方面でした。
でも、他の会話読んでると、あんな方言だっけと少し違和感も。

とりあえず、2冊読んでこれだから、たぶんもうこの人のは読まないだろうなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こういう場に当たり前のようにいないのが、ニートのニートたる所以。

さて、諸事情により心配された豪雨もなく、涼しさを感じるくらいの気候。
選手の年齢層がやたらと若い木白との一戦でした。

大勝、惨敗、初ゴール、サヨナラ勝ち・・・
柏との試合は、不思議と印象に残る試合が多いような気がします。

前半は柏の素早いチェックに少し慌てさせられ、好機は数えるほど。
柏は相変わらず足下が巧みで、浦和のチェックは簡単にいなされた。
先制はしたものの押され気味で、かなり厳しい後半になるだろうと思っていた。

が、後半は面白いようにカウンターを発動。
柏に若さが出たのか、浦和が確変したのかは分からん。
支配率はいつもよりだいぶ低そうだが(柏の方が上かも)、完勝と言って良いでしょう。
興梠のオフサイドは完全に誤審だったし、もっと点差をつけられたくらい。

もっとも、CKが結局GK西川に戻ったり、絶好の1対1でシュートすら撃てないなどの課題は散見。
このあたりをきっちり遂行できれば、上位陣にも勝ちきれるかと。

ハイレベルな内容の試合とは言い難いが、第三者が見ても「面白い」試合ではあったと思う。

戦術云々は抜きにして、走れるし技術も高いし戦えるし柏のサッカーは好きです。
ウチは去年もやられたけど、伊東はホント鬱陶しい(←ベタ褒め)選手だなぁ。
負けてるのにCK時に全員が戻っていたのはちょっと謎。

 理想 勝点39 (ホーム10勝、アウェイ9分)
 現実 勝点39 (ホーム7勝2敗1分、アウェイ5勝2敗2分)

勝ち点68=試合数×勝ち点2というペースに追いつきました。
年間勝ち点1位(notちゃんぽんしっぷ優勝)、十分に狙える数字です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふる (河出文庫)/河出書房新社
¥572
Amazon.co.jp

北方三国志のおまけ本である『三国志の英傑たち』も再読完了し、次の本へ移行。

以前アートメークの読書芸人で出演者が皆大絶賛していた著者。
嫁が気になったのか2冊ほど買っていたので、パクって出張に持って行きました。

AVのモザイクがけを仕事としている主人公・花しす。
彼女はICレコーダーで会話を密かに録音し、それを聞いて楽しむという、変わった趣味の持ち主。
彼女だけに見える「白いもの」、そして所々に現れる「新田人生」という男。
果たしてその意味することは・・・というお話。

うーーーーーーーーーむ。
たまたまこの物語が俺に合わなかっただけだよね?
途中から読むのがシンドくなって、ほとんど流し読みに近い状態に。

すみません、面白さが一切理解できませんでした。
レビュー読む限り、多くの人は感動し面白く読んでいるようなので、俺の感性がクソなんでしょう。

いまもう1冊の方に手を出してます。
これがダメなら完全に合わないということで。
読み始めたところだけど、登場人物に全然感情移入できないので辛いかなぁ。

内容とは関係ないけど、「花しす」という主人公の名がすでにちょっとダメっす・・・
で、「新田人生」と言われると、どうしても身体中にお経を書いて拝みながらロープ渡りする人物が・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の試合、米澤の恩返しを食らいホームでドロー。
6戦勝ちなしとすっかり勝ち星に見放され、いつの間にやら7位まで後退しました。
間瀬監督のいるうちにホームで勝ち癖をつけておきたいところ。

さて、先週木曜に秋田は会見を開き、施設基準の問題でJ2ライセンス申請を断念する旨を発表。

ちょっと前のエントリ で「急ぎたいなら八橋陸改修で」と書いたが、あくまで「急ぎたいなら」の話。
拙速は巧遅に勝るというが、それも最短でJ2に上がりたいという前提があるなら、である。

(サポの皆さんは分からんけど)個人的にはカテゴリにはこだわっていないので、むしろ歓迎です。
育成組織はじめ組織基盤強化を進めていくことが、最終的には近道に通ずると思っています。

この会見の文字起こし を読む限り、非常に分かりやすくまとまった内容のように感じた。
ここまで信念があるのなら、コースケ社長にはぜひ貫いてほしい。
断念するという説明よりも、今後の構想についてより長く語ってくれたのは素晴らしい。

あとは、サポがこれをきちんと理解して「我慢」できるかどうか。
ちょっと順位が上がったからと言って、「俺ら強いんだからほら行政金出せよ」というのは通じない。
何度も書くけど、将来「そこにあるのが当たり前」なクラブになるには、必要な我慢である。

焦らず、少しずつでも前進していけばいつかJ2、J1だって見えてくる。
社長の信念をサポも信じて、できることをやっていきましょう。

で、一方の鹿児島の方は見切り発車というか、行政頼みと言うか。
この動向、J2下位勢はメチャクチャ気になるだろうなぁ。

>残りの半年で行政が動いてくれると期待をしているのでないかと思います
と社長も聞きようによってはかなり辛口なツッコミを。
もし申請が通って昇格したとしても、その後にはなかなかに茨の道が待っているのではないか。

・・・まぁ、じぇいりーぐ様のハコモノ基準がおかしいとはずーーーっと思ってることだけど。
「身の丈経営を推すくせに、身の丈スタは認めない」なんて誰かに言われてたな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
文庫版三国志完結記念セット(全14巻)/角川春樹事務所
¥8,634
Amazon.co.jp

最近読書に関するエントリが少なかったわけですが、理由がありました。
北方三国志を久しぶりに再読していたのです。
全13巻という大作なので、出張が続いてもしばらく持ちました。

吉川三国志とはまた違った「漢」たちの物語。
(俺は未読ですが)マンガ版やNHK人形劇とも違うキャラ立ちが魅力です。
桃園の契りも貂蝉の登場もなく、逆にリアル感が増幅しているような。

特にほとんどの作品で脳筋扱いされていた呂布の描かれ方は衝撃的。
(この作品内での)そのカッコ良さは、錦馬超と双璧である。

独自の登場人物をうまく使っているのも、この作品の特徴。
これを読まないのは人生損してる、と思えるくらいの大傑作です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。