たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。


たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


ぷろじぇくと


Smile Running Project に賛同しています


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ
秋田においでよ!はコチラ

<Best Time>
皇居1周 19分33秒62(出版健保ロードレース)
5キロ  19分23秒(テレ玉ふれあいマラソン)
10キロ  41分04秒(葛西臨海公園ナイトマラソン)
ハーフ  1時間31分04秒(さいたまシティマラソン)
30キロ  2時間19分15秒(青梅マラソン ※ネット)
フル   3時間25分02秒(湘南国際マラソン ※ネット)
100キロ 11時間22分24秒(サロマ湖100キロ ※グロス)


<2016‐17シーズンの大会参加(予定)>

160110 ハイテクハーフマラソン ハーフ 1時間41分55秒(グロス)

160228 東京マラソン2016 フル 5時間04分23秒(グロス、ファンラン)

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k 43分09秒

160604 皇居さわやか健康マラソン 5k 21分04秒

160618 ベジタブルマラソンin立川 10k 45分41秒

160701 TOKYOベイエリアナイトラン 10k 45分14秒

160716-17 24時間リレーマラソン@富士北麓

160924 浦和競馬42.195kリレーマラソン ダート5k 32分05秒(ファンラン)

161002 上田古戦場ハーフマラソン ハーフ 1時間43分26秒(グロス)

161010 和光市民体育祭 1500m 5分41秒

161023 高尾山森林マラソン 15k 1時間38分48秒(トレラン)

161030 出版健保ロードレース 5k

161113 さいたま国際マラソン フル

161204 川口マラソン ハーフ

161211 所沢シティマラソン ハーフ

170108 ハイテクハーフマラソン ハーフ

170122 サンスポ千葉マリンマラソン ハーフ

170205 パークらんマラソン in 彩湖・道満グリーンパーク 30k

170229 高知龍馬マラソン2017 フル

170226 東京マラソン2017(抽選中) フル


テーマ:

出張中につき、ホテルにてテレビ観戦。

スコアレスでなければドローでも充分な試合。

微妙なジャッジによるPKではあるが、貴重なアウェイゴールをゲットしました。

あとは埼スタで普通に勝って、下らん制度と完全にお別れしましょう。

あとTBSはもうサッカー中継すんな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「携帯」 の記事

テーマ:
※5月のFC Gois戦@東洋大G

昨日行われたプリンスリーグ関東第16節で、浦和レッズユースが甲府ユースを下し優勝を決定。
開幕で山梨学院に敗れた後15戦無敗で駆け抜け、2節を残してのダントツVは見事である。

が、いくら関東を圧勝しても即昇格にならないのは、地域リーグと一緒。
プレミア参入戦で16分の4に入る必要があります。

栗鼠、瓦斯、鞠、木白、鹿らの下のカテゴリにいるというのは、いい加減我慢し難い。
強豪との参入戦になるのは間違いないだろうが、ぜひとも昇格を果たしてほしい。
12月16日&18日(広島開催)の連勝を目指して頑張れ!
橋岡のアルゼンチン遠征(U‐19代表)もその頃には終わっている。

 #どうでもいいけど、広島はセカンドチームが現在中国2位につけていて参入戦枠に。
 #悔しいけど、やっぱ大したもんだなぁと思うわ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


浦和戦でもないのに市原臨海に連日行くわけにもいかず、今日は家族サービス(?)。
先週の平林寺は近すぎたので、ちょっとだけ離れた嵐山渓谷へ紅葉狩りへお出かけです。
もっとも、高速使えば一時間もかからぬ。



この写真だけ見たらそれなりだが、実は盛りの時期をちょっと外してしまったかという感じ。
まぁ、好天に恵まれ約1.5キロの遊歩道を歩くだけでも気持ちよかったので、結果オーライ。



道中、クッソ冷たい川の中に入ってる兄ちゃんがいたので、何をしているのかと思えば・・・
石に石を積んでいた。
地球の力学を無視しているかの如きそのテクニックに、ただただ驚嘆である。



嵐山のB級グルメとして観光協会が売り出しにかかっているらしい「辛モツ焼そば」。
実は昨日の晩に焼きそばは食ってしまったので、今日はパス。

いくつか屋台が出ていたが、どこもあり得ないくらい価格が良心的で、好感度大。
手作り中華まん100円、焼きいもも芋煮もフランクフルトも100円。
甘酒は無料で提供しており、昼過ぎにはもうなくなっておりました。

※10月の栗駒山

妻には秋田の山々の紅葉をいつか見てほしいと、ずっと思ってるんだけどね・・・
まずは散歩レベルで行ける八幡平あたりから慣らしていくか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


続いて第2試合。
ワイルドカードながら、地域リーグ王者として唯一決勝ラウンドに勝ち残った今治。



全社準優勝、4チームの中では最も元Jリーガーを擁する(たぶん)鈴鹿アンリミテッド。
元BB秋田・FW柿本健太も所属しているが、残念ながら今日は出番なし。



双方よく走り、球際のバトルもかなり激しい試合に。
しっかり守って縦に速い攻撃を仕掛ける今治、ボールを回して隙を伺う鈴鹿という図式か。

今治は19分、完璧にサイドから崩し、折り返しを#18桑島が飛び込んで合わせ先制。



鈴鹿の攻撃の起点は#28小澤。
今治はとにかく彼を自由にさせないということに苦心していた様子。



とは言っても、セットプレーのキッカーにマークは付けられない。
57分、精度の高い彼のFKから#4吉川がドンピシャで合わせて、鈴鹿が同点に追いつく。



66分、今治はパスをつないで中央でまたも#18桑島。
人数は揃っていた鈴鹿守備陣だが、無理矢理シュートコースを見つけ左足一閃。
威力はなかったが、タイミングを外されたかDFがブラインドになったか、ボールはゴールへ吸い込まれる。



今治はGK#21今川の安定感が抜群
ハイボール、クロスへの対応から飛び出しの判断まで、出色の出来であった。
鈴鹿は決して悪い出来でもないだろうと思うが、今日は彼らの日ではなかったか。



試合は2-1で今治が勝利。
シュート数は5本対4本だが、その数字以上に見応えのあるゲームだった。
ただ、両チームともこの消耗が激しそうなスタイルであと2日持ちこたえられるのか注目。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


明日の京都出張が消えたため、代休を救出。
出勤と同じ時間に起きたら、部屋の窓から富士がクッキリと見えました。
やっぱ冬の澄んだ空気は大好きです。



せっかくなので、首都高渋滞にハマりながらもお出かけ。
地域CLの決勝ラウンド初日。大事な大事な初戦。

会場はパルテノン神殿が印象深いゼットエー何とか(要は市原臨海)。
地決やTDK対ジェフリザなどでは来ているが、浦和戦だと阿部ちゃんに2発食らった菓子杯が最後か。



全社3位。もっとも今大会に遠かったと言えるヴィアテイン三重。
以前、天皇杯で桜相手に正面からド突き合い、延長までもつれこむゲームをして名を売った。
今日の登録メンバーには和波、加藤、坂井といったJサポにもお馴染みの名前が並ぶ。



対するは、全社王者・三菱水島FC。
昇格の意思は分からぬが、元JFLの仲間としてぜひとも応援したい「勤労者チーム」。
サブには4名しか入っていなかったが、3戦連戦の大会、大丈夫だろうか・・・



やや固い立ち上がりとなった前半。
20分過ぎに水島がペースを握ったかな、と思っていたら、27分に混戦から三重#30寺尾が先制ゴール。

DFに当たりコースが変わったのは、やや水島には不運だったか。
この寺尾、ドリブルで相手を翻弄したりなかなか面白いプレーを随所に披露していた。



後半は逆に三重がプラン通りのゲームと思っていたら、77分に水島がFKから#9宮沢が合わせ同点。
今年の水島は本当に勝負強い。



4審がATのボードを用意し始め、このままPK戦突入かと思われた89分。
途中出場の元Jリーガー#6坂井からの折り返しを#13藤牧が見事に決めて、三重が勝ち越し。



シュート数は三重が上回るも、水島は負けてなお強しという印象。
ただ、3戦しかないので初戦を落とすと勝ち上がるのは非常に難しいのだが・・・

ああ、TDKに負けた時の岐阜は上がったか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
深爪式 声に出して読めない53の話/KADOKAWA
¥1,296
Amazon.co.jp
妻に見つかってしまい、「こういう本を買うのは珍しい」と驚かれた。

・・・どうやら、カバーから恋愛モノの自己啓発本かなんかに思ってる節が。
そんなもんとは一番縁遠いタイプなのを知っているからこその反応だろう。
まぁ、知らん振りして後で彼女にも読まそうw

シモネタを交えつつ(というか中心?)、実に深い考察をしているツイッター廃人のエッセイ集。

で、第1章からいきなりS●Xの話でまとまっているのである。

普通なら少し耐性をつけるような章立てにしそうなもんだが、160キロど真ん中直球で勝負。
チキンな自分が担当編集者なら、このような構成にはできないと思う。
合わない人は合わないだろうから、まずは読者層を選別する、という機能を果たしているのかも。

尾崎豊の求めていた(かもしれない)「自由」の正体
著者が「生まれ変わるなら男になりたい」理由。
ぜひこの答えは本書を読んでいただきたい。くだらないから(※超褒め言葉)

他にも「タマブ●ロニスト」だの「生死を賭けて精●をかけてる場合ではない」
「家事とフ●ラは自分が好きでやってると思い込む」など、
とにかくいろいろとヒドいしくサイテーである(※超褒め言葉)。
著者を抱きたい、と思わせる本に久々に出会った気がする。

版元の特性もあり、編集時代はカタめの本しか制作した経験がない。
こんな本を担当できたら、ちょっとした幸せを感じられたかもなぁ。

・・・編集長との打ち合わせや販売会議は修羅場になるかもしれんけどww
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


去年、CS準決勝で脚に敗れた時のブログではこう記しています。
「ただ、リーグ戦での敗北に比べると、悔しさは100倍くらい薄いです。」

こういうシステムなので、公式記録や賞金などはCS決勝に勝ったほうが王者。
でも、やっぱりゼロックス+αくらいにしか思っていません。

(あくまで個人的に)獲りたかったのは、年間勝点ナンバーワン。
それは実現しているので満足も満足、100点満点です。

で、相手として鹿が上がってきたのは、(俺の)モチベーション的にも良かったかもしれない。
今年6月、内容的に超のつく大惨敗で、完全に心折られた相手が鹿でした。
ブログでは「ここまで力の差があったことが衝撃」と記した。

積年の恨み+今季ホームでの大きな借り。
鹿相手に勝ってシーズンを締めくくるというのは、やはり大きいと思うのだ。

申し訳ないが、海豚が相手ではそこまでの感慨はない。
そう考えると、半ばどうでも良い(失礼)CS決勝も、少しは意義がありそうだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日深夜に近畿の旅より帰還。
J2・J3は最終節の日ですが、今日は家族サービス(?)で、紅葉狩りにお出かけ。



新座市役所近くにある関東の名刹・臨済宗妙心寺派の金鳳山平林禅寺。
もともとは岩槻に創建されたという。

時期的に少し早いかなと思ったが、緑とのコントラストも楽しめ、それなりでした。



国指定天然記念物の境内林に数々の県指定文化財、史跡が。
岩槻からこの地への移転に一役買った“知恵伊豆”こと松平信綱夫妻の墓もあったりする。

県外の人には「知る人ぞ知る地」かもしれないが(「ぜんや」の方が有名か)、見所は多数。
人が少ない時期に、ゆっくりと訪れるのも良いかもしれない。

簡単な編集が楽だったフォトアプリの仕様が変わってしまい、まだ使いこなせてない。
いじったら色合い(色温度)が少しおかしいな。研究せねば。

 #BB秋田は堂々の4位フィニッシュ。
 #できれば間瀬サッカーを継続して、さらに成熟度を上げて欲しい。
 #天皇杯で福岡に互角以上の内容で存在感を示した山口は参考になるだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最終節はこれからですが、この時期はどうしてもやってくる
川田が引退を表明し、畑田と伊東テルの契約満了が発表された。

ととーり

川田を初めて見たのは、たぶん07年の横河武蔵野vs鳥取@西が丘だと思う。
浦和対大分のゲームではたぶん見てない(出てない)はず。

松本やガンジュといった全国を見据えていた地域クラブならともかく、まさかその後カンビに来るとは。
J1所属選手は当時のBB秋田にとっても貴重な存在でした。
「秋田の子どもたちのために第2の人生を」とのコメ、秋田に今後も関わってくれそうで嬉しい。


畑田は最初にレンタルでやってきた際、比嘉とともに「超JFL級」と称されていたのが思い出深い。
開幕(というか震災のため正確にはシーズン第1戦)の松本戦で、いきなりのスタメンデビュー。
その後JFL優勝の長野でも主力として活躍した。

そう考えると今年の成績は案外だったが、まだ20代半ば。
伊東テルの年齢までやると思えば、サッカー人生はこれからが本番だ。

その伊東テル。
やはり清水時代の印象が圧倒的。
プロ入りしてからは守備的な選手だったが、Jリーグ初得点を献上したのはやはり浦和であるw

元代表だからとあっさりとレギュラーを譲ってしまうようでは、秋田の未来は暗い
彼が秋田入りするときのエントリ にはこう書いた。

今シーズン、現状では2試合の出場にとどまっている。
が、チームにとっては、決して悪いことではないだろう。
試合に出なくても、教わることはたくさんあったはずだ。

引退表明はいまのところなし。
で、本日彼の出身地・静岡に4つ目のJクラブが誕生することがJリーグ理事会にて確定。
もっとも、旧清水市と沼津市の関係がどうなのか知りませんが。


お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
3人の今後に幸あれ。

へば、まだな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここまで変わった日本史教科書/吉川弘文館
¥1,944
Amazon.co.jp

9月のブックフェアで買った本にようやくたどり着く。

研究が進むとともに教科書の記述内容も変化している、ということを分かりやすく伝える一冊。
46のテーマごとに、この数十年の変化を教科書の専門家が解説してくれている。

仁徳陵が大仙古墳だったり、聖徳太子の扱いが小さくなってる、というくらいは知っていたが・・・。
鎌倉幕府の成立も、1192年から1185年に変わった、ということすらもう古い情報らしい。
正解は「段階的に成立したので断定できない」だそう。

894年の「遣唐使廃止」も不正確なようだし、「鎖国」という言葉も消えつつあるという。
忠臣蔵や赤穂事件に触れている教科書も少ないらしい。
子供たちにそんな話を振ってもサッパリ分からない時代はもうすぐだろう。

我々が子供の頃に習った「常識」はどんどん変わっていっている。
目からウロコ、というのは陳腐すぎる表現になるが、読んでいて飽きない内容だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。