たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。


たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ
秋田においでよ!はコチラ

<Best Time>
皇居1周 19分33秒62(出版健保ロードレース)
5キロ  19分23秒(テレ玉ふれあいマラソン)
10キロ  41分04秒(葛西臨海公園ナイトマラソン)
ハーフ  1時間31分04秒(さいたまシティマラソン)
30キロ  2時間19分15秒(青梅マラソン ※ネット)
フル   3時間25分02秒(湘南国際マラソン ※ネット)
100キロ 11時間22分24秒(サロマ湖100キロ ※グロス)


<2016‐17シーズンの大会参加(予定)>

160110 ハイテクハーフマラソン ハーフ 1時間41分55秒(グロス)

160228 東京マラソン2016 フル 5時間04分23秒(グロス、ファンラン)

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k 43分09秒

160604 皇居さわやか健康マラソン 5k 21分04秒

160618 ベジタブルマラソンin立川 10k 45分41秒

160701 TOKYOベイエリアナイトラン 10k 45分14秒

160716-17 24時間リレーマラソン@富士北麓

160924 浦和競馬42.195kリレーマラソン ダート5k 32分05秒(ファンラン)

161002 上田古戦場ハーフマラソン ハーフ 1時間43分26秒(グロス)

161010 和光市民体育祭 1500m 5分41秒

161023 高尾山森林マラソン 15k 1時間38分48秒(トレラン)

161030 出版健保ロードレース 5k 20分21秒

161113 さいたま国際マラソン フル 4時間11分27秒(グロス)

161204 川口マラソン ハーフ 1時間37分28秒(グロス)

161211 所沢シティマラソン ハーフ 1時間43分06秒(グロス)

161224 皇居エンタメラン 5k 20分36秒

170108 ハイテクハーフマラソン ハーフ

170122 サンスポ千葉マリンマラソン ハーフ

170205 パークらんマラソン in 彩湖・道満グリーンパーク 30k

170229 高知龍馬マラソン2017 フル

170226 東京マラソン2017(抽選中) フル 落選

170312 和光市民ロードフェスティバル 10k


テーマ:
昨日は深夜というか早朝に帰宅したため、今日は家でダラダラ。
もう何年も行ってないレッズフェスタは、今年もパスしました。

というわけで、吹雪の全国女子駅伝をTV観戦しました。

アンカー勝負にもつれ込むという、近年ではもっとも面白い展開となった今大会。
千葉との一騎打ちを制した京都・筒井が独走で圧勝かと思いきや・・・

岡山のエース小原が鬼神の如き走りで、ノーミスの筒井を追い詰める。
最後は2秒差で京都が逃げ切ったが、素晴らしいレースだった。

が、今大会最大の驚きは、出水田や宮田ら大学&社会人組が多数参戦した4区。
なんと高校1年生が並み居る強豪を押しのけ、区間記録に迫るレベルの区間賞を獲得。
長崎商の廣中璃梨佳選手、覚えておきますわ。

さて、9区中7名が中学&高校で編成された我らが秋田県チーム。
2区鈴木(大曲高)が区間9位、4区黒澤(花輪高)が区間8位と爆走。
苦しい戦いになるかと思いきや、最終順位は過去最高タイの22位でフィニッシュ

21位宮崎までは僅か4秒。
来年はこの4秒を縮めるべく、また頑張っていただきたい。
今度はぜひ渋谷璃沙にメンバー入りしてほしいなぁ。

来週はひろしま駅伝。
こちらは入賞に期待です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3泊4日の旅より帰還。
仕事始め3日にして早くも近畿6府県を制覇してきました。

さて、出張の間にトップチームの背番号と新ユニが発表。
近年、ユニのデザインについては諦めているので、どうでもいいっす。
TENGAに続いて今度は放課後電磁波クラブですね。

で、背番号。
ラファがなぜかタイプが違うような気がする8番。
11番を今後の誰かに空けているのであれば、もう一度ダンスシューズも出したいが。

その他復帰&新加入は15長澤、17田村、19オナイウ、25エノテツ 28福島、38菊池、39矢島。
覚えるの大変だけど、かつての横河武蔵野の入れ替わりに比べればこんなのはラクラク。

2番と悲運の(?)12番は欠番。
番号でプレーするわけじゃなし、正直大将の9番以降はさほどこだわりはないや。

この背番号発表で一番嬉しいのは14平川ですけどね。
というわけで、今季のレースも14で走ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


毎年恒例、走り初めはこの大会。
ただの河川敷コースでこの参加費は高いかなとも思うが、まぁ仕方なかろう。
正月太りの身体状況を確認するレースであります。



とにかく寒かった今大会。
走っても走っても身体が温まらない。
福島和可菜氏が「走るにはちょうどいいかも」と言ってたが、ちょっと体感温度が低すぎた。

<記録> 1時間39分39秒(グロス)/1時間39分27秒(ネット)
<順位> 733位/一般男子2288人中

最初の数キロこそ混雑でキロ5分くらいだったが、あとは機械のように4分40秒前後で走破。
脚はまだまだだが、呼吸を乱さずにゴールという目標はクリアした。

次戦は千葉マリンスタジアムでのサンスポマラソン。
これも2月を見据えての練習代わりのレース。



男子は元箱根ランナー(専大)の大橋秀星選手が優勝。
2位は山学出身の桃澤選手、3位はあのサイラス・ジュイ選手。

ほか、松本翔選手が8位、8キロ太ったという徳本監督が23位で、カンボジア代表(26位)に勝利。
福島和可菜氏は25分台の女子13位でした。お見事。



本来ならケータリングカーで飯食いながら、豪華抽選会を待つところだが・・・
第1ウェーブスタートだったし、あんまりな寒さなので、とっとと会場を後にしました。
果たして、来年も出るだろうか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※昨年のFC西武台対江南ブロッコリーズ@道満

すでに地区予選が行われていた彩の国カップ。
いよいよ、明日より決勝ラウンドが始まります。

組み合わせは下記サイトの通り。
http://ssfa.jp/tournament/sainokuni-cup

さいたまSCや坂戸、アルマレッザらがTIUやフェニックスら「大学勢」とどう戦うか。
決勝まで勝ち抜けば、文字通りホンモノの大学生たちを相手に、天皇杯出場を賭けることとなる。
(ちなみに関東L以外の上位3位は全社関東予選の出場権を獲得)

何故か埼玉は天皇杯においては「大学天国」。
社会人たちの頑張りに期待しましょう。

筒井新監督体制となったアヴェントゥーラ川口は、初戦でFC小手指と対戦。
2つ勝てば(恐らく)パイオニア川越戦が待っており、ここが一つポイントでしょう。

天皇杯予選は大好きなのだが、最近あまり行けていない。
何とか時間を都合したいのだけど…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


大晦日から3日まで実家に帰っておりました。
雪が全くないという、なんとも穏やかで幸せな正月であります。



いつものことですが、今更秋田市内をウロウロする必要もないので、特に動き回らず。
初詣も近所の古四王神社にて。
非常に見てくれはショボイ(失礼)が、意外と(失礼)由緒正しいのだ。



2日の夜だけちょっと贅沢。
家から車で僅か20分の場所にある、秋田温泉さとみへ家族でお泊り。



やることもないので、ひつまぶしに過去のれがしーを捜索。

こちらは昭和63年初場所の番付表。モンゴルがいません。
先代佐田の海の名もありますな。



1986年の高校野球県予選のパンフ。
巨人へ行ったジャンボ川辺擁する秋田工が優勝した大会(甲子園ベスト16)です。
いまだ未出場の南高が最も甲子園に近づいた年でもあります。



金農のメンバー表一覧。
元ダイエーの足利のほか、巨人やオリックスなどにいた佐川の名も見える。



「MSXマガジン」の年末号恒例の付録を発見。イラストが80年代やね。
全ての(?)ソフトを網羅したスグレモノなのだ。
出版社の書籍目録みたいなもんか。



一応エロゲ、なのか??
ROMでもディスクでもなく「テープ2本組」というのが時代を感じさせます。



80年代から「アプリケーション」って言葉使ってたんすね。



91年発刊の『2001年の東京』
今読んだら逆に意外と面白いかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
若干のアクシデントはあったものの、青学圧勝の三冠&3連覇。
選手層に差がありすぎた。

結果、他校のだらしなさが目立つ箱根となってしまった。

今年は秋以降から東海が頑張ってくれないと、シーズンも盛り上がりに欠けそう。
順大の復活は素直に嬉しい。

あとは中央がどう動いてくるか、だな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1区、服部起用で勝負をかけた東洋だが、青学を離せず。
4区は駒澤が中谷投入も失速。

結局、包囲網は早稲田だけが可能性を残すという結果に。
選手層で大きな差があり、青学は3連覇に向け磐石の体制に。

個人的に大注目の東海は、距離の壁に跳ね返されてしまったか。
勝負は再来年だと思う。

ニャイロやワンブイはやる気を失ってしもたかな。
神大鈴木はMVP級の走りだった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日で無事仕事納め。
ジジイになると、ホントに1年が早いですね。

さて、今シーズン最後の回顧シリーズは趣味のランニング編。
3月末に引っ越したのだけど、近所に絶好の公園があって実に重宝しています。

1月10日のハイテクハーフ(旧タニマリハーフ)から先日の皇居まで、全16レースに出場。
フル2、ハーフ4、15キロ(トレラン)1、10キロ3、5キロ4、1500m1、その他1。
ハーフ以上ばかり出るランナーも多いと思うが、これくらいのバランスで良いと個人的には考えている。


上田と所沢のハーフは初出場。
どうも最近出る大会が決まってしまってるので、新たな刺激も少しずつ入れていきたい。

また、1500mをちゃんと走ったのは、恐らく大学のスポーツテスト以来。
中1の5月に5分10秒くらいだったが(※クソ遅いです)、それより約30秒遅くなってた。
中距離のペースが全然掴めなかったので、練習すれば5分半くらいまでは出せるかもしれん。


全体的にタイムとは下降の一途を辿っているが、出版健保5位・エンタメラン3位と意外な結果も。
できれば5キロ20分カットはジジイになっても目指したいのだけど、なかなか厳しいです。

2017年のとりあえずの目標は、2月の高知(フル)。
さいたま国際でまさかの4時間台だったので、リベンジをはかります。
苦手な周回コース(彩湖)の30キロ走も事前にエントリー。失速はもうイヤじゃ。

その他はほぼ未定。
Jリーグの日程がプロ野球くらい早く決まってくれれば、予定も組みやすいのだが・・・
予定が合えば、内陸縦貫100キロ以来ご無沙汰の秋田の大会も久々に出てみたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
消えた都道府県名の謎 意外と知らない「ふるさとの成り立ち」47の物語 (イースト新書Q)/イースト・プレス
¥価格不明
Amazon.co.jp
これも編集部から放出された一冊。

書名は実に興味深いのだが、実際の内容とは少し違うかな・・・
「謎」に迫るというよりは、現在の都道府県名になった歴史が羅列されている印象である。
決して読みにくいわけではないのだけど、ぶっちゃけ面白くない筆致。
なんか官僚的な文章だなと思ったら、元官僚な著者でしたw

地元のことは知っていても、普段行かない地域のことはよく知らぬ。
その点では様々な歴史(ex.鳥取はもともと島根の一部だった等)に触れられたとは思う。
行きまくっている関西の歴史的経緯も、少しだが理解できたか。

あ、「藩」の呼称は江戸時代ほとんど使われていなかったというのは知らなかった。
大河やら時代劇の台詞は、あくまで視聴者に分かりやすくしてくれてるのね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今年もあと1週間。
浦和の今季を振り返ります。

<リーグ戦>
23勝5分6敗で、目標としていた年間1位をクリア。これは文句なし。
勝点74は、優勝した06年や昨年の72を上回る。ペッカー(勝点36)の倍以上。

さらに昨年69得点40失点が、今年は61得点28失点。
守備のイメージのないミシャサッカーで1試合1失点未満は、素晴らしい数字。
最後の鹿戦の印象があるので褒めづらいのはそうだが、サポ的には良いシーズンだったかと。

もっとも、鹿にはホームでぐぅの音も出ぬ大惨敗を喫している。
さらに6月にはCS出場を決めていた鹿が時間をかけ準備したと思えば、一発に負けただけではない。
来年は鹿にダブルを決めて文句なしの優勝を。

<ルヴァンカップ>
準々決勝、準決勝を危なげなく勝利し、決勝へ。
決勝ではやらかしながらも追いつき最後はPKながら勝利、久々の優勝を味わう。
でも、埼スタで決勝というのはどうなんだろな。
無理を承知で言えば、「当該チームが上がった場合は他のスタで」という方が公平とは思うが。

<天皇杯>
主管が協会ということで今季唯一のアウェイ参戦は壮絶な打ち合いで撃沈。
PK負けは仕方ないとしても、棍棒でただぶん殴るみたいな海豚の攻撃に耐え切れないのはキツい。
あれではヤマガーですら完封できないだろう。
もっとも、GK大谷はJ1レギュラー級の実力を十分見せつけてくれた(一つやらかしたけど)。

<ACL>
西川がPKを蹴るという状況となり、他の選手にややガッカリした。
ユース時代FKを蹴っていた選手だし能力に疑いはないが、メンタル的にどうなのよ・・・
カンコックのゴミ捨てクソチームは二度と国境を越えないでいただきたい。


<ユース>
プリンス関東を制覇し、参入戦にも連勝。
2012年以来のプレミア昇格を決め、ようやく最高峰の舞台に戻ってくる。
若鯱が降格の憂き目に遭っており、何とも対照的な結果になったものよ。

2年生橋岡は大事に育成して、10年後の柱となるよう成長してもらいましょう。
エドは徳島入りが決まり、来季もJ2には浦和ユース出身者がゴロゴロいることに。
だぞーん様がどんな中継するか分からんので、どの程度観られるかは疑問だが。

個人的なトップチーム参戦結果は(たぶんだけど)12勝4分5敗
アウェイ参戦なし、平日開催(特にACL)は出張でなかなか厳しかった。

というわけで、以下観戦試合限定の今季の個人的アウォーズ。
MVP:阿部勇樹 次点・興梠
ベストゲーム:2nd第2節柏戦(2-0) 次点・2ndG大阪戦(4-0)
ワーストゲーム:1st第15節鹿島戦(0-2) 次点・1stFC東京戦(3-2)
ベストゴール:宇賀神(2ndG大阪戦) 次点・高木(2nd広島戦)

来季の目標は、ぜひホーム全勝&アウェイ3勝14分の勝点74でおながいします。
「ホームで勝ってアウェイは勝点1」という基本線を守り、降格3チームにはアウェイでも勝つ。
これで今年と同じ高いレベルの勝ち点を達成できます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。