たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

2ステージ制の廃止またはチェアマン、常務の退任まで

浦和のリーグ戦アウェイ参戦を自粛しています



たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


ぷろじぇくと


Smile Running Project に賛同しています


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ


<2016シーズンの大会参加(予定)>

160110 谷川真理ハーフマラソン ハーフ 1時間41分55秒(グロス)

160228 東京マラソン2016 フル 5時間04分23秒(グロス、ファンラン)

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k 43分09秒

160604 皇居さわやか健康マラソン 5k 21分04秒

160618 ベジタブルマラソンin立川 10k 45分41秒

160701 TOKYOベイエリアナイトラン 10k 45分14秒

160716-17 24時間リレーマラソン@富士北麓

160924 浦和競馬42.195kリレーマラソン ダート5k

161002 上田古戦場ハーフマラソン ハーフ

161023 高尾山森林マラソン 15k

161030 出版健保ロードレース

161113 さいたま国際マラソン フル

161123 朝霞ロードレース 10k

170229 高知龍馬マラソン2017 フル

NEW !
テーマ:
昨日はBB秋田の川崎戦進出をネットで見届けた後、阿佐ヶ谷へ出撃。
たぶん2011年以来(?)のNext Sundayへ行ってまいりました。

2016082811400001.jpg

新潟は津南の誇る“うたうたい”のライヴでありました。
「うたうたいは誕生日に唄ってなきゃダメ」とはいいこと言うなぁ。
で、石井よしみって誰やねん(注:「タッチ」を歌った人を酔っぱらい風に言うとこうなるらしい)

2016082811400000.jpg

今回は歌だけでなく、トークも充実。
久々に生歌聞けて良かったです。三鷹Fでのワンマンミニライヴとか懐かしいわぁ。

そして日本一美味いレーベンブロイ300円も健在。
冗談でも盛りでもなんでもなく、ホントのホントにガチ美味いです。

店長さん、最初は覚えてなかったぽいけど、何度もおかわりに行ったら思い出してくれました。
昔、年に数度のバータイムOnlyの時にアフォほど飲んだので、なかなか忘れられないでしょう。

主賓オススメの日本酒「苗場山」もうめがったす。
なかなか川口のビアガーデン飲みが実現せん。ちょっと時間作ろう。

誕生日おめでとうございます&ありがとうございました。
早く3枚め出してください。忘れないよう、とりあえず貼っとますね。
マンモスのうた/NEXT SUNDAY
¥1,028
Amazon.co.jp

眼鏡劇場/Hi-Re:music
¥1,543
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
いろいろあって、本日夕方にようやく録画視聴。

年間何試合も観ていると、贔屓チームであっても眠たくなることが数試合ある。
まさに今回のゲームがそれでした。

決定力で自滅した川崎戦に続き、今度はその手前で自滅。
ネルの策に嵌ったとかではなく、勝手に崩れました。

パスの出し手が悪いのか受け手が悪いのか知らんが、あのリズムの悪さで勝てるわけがない。
これを修正するのが監督の仕事だと思いますが、例によって自爆ボタンをポチッと(以下略

率直に言って、優勝できる力のあるチームなら、こう簡単に連敗することはないんだろうなと思う。
これでもまだ勝点70ペースで来てるというのが信じられん・・・

最近、決定機に直結するミスの目立つ阿部ちゃんの不調ぶりは気になる。
ルヴァンは全休でもいいのではないだろか。

 理想 勝点53 (ホーム13勝、アウェイ14分)
 現実 勝点55 (ホーム8勝3敗2分、アウェイ9勝3敗2分)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Story Seller annex (新潮文庫)/新潮社
¥637
Amazon.co.jp
有名作家たちのアンソロジー『Story Seller』最新版。
なぜ「4」ではなく「annex」なのかは謎。収録が6名と少ないからというだけか。

1:暗がりの子供(道尾秀介) 2:トゥラーダ(近藤文恵)
3:R-18-二次元規制についてとある出版関係者たちとの雑談(有川浩)   
4:万灯(米澤穂信)  5:ジョン・ファウルズを探して(恩田陸) 6:約束(湊かなえ)


1 トカゲの話で嫌いになった著者だが、これは悪くない。ただ、叙述トリックにやや酔いすぎか。
2 別の短編集にて既読。さすがの『サクリファイス』スピンオフ。
3 わけわからん。
4 この本の中では一番面白かった。もし馬也さんが書いたら陳腐なラストになっただろう。
5 わけわからん。
6 状況説明が少なく、想像でしか読み込めない箇所あり。この著者も少し苦手。


全体的に重め、暗めの話が多かった。
初めて読む著者はいなかったので、新規開拓もできず。

そういや、先日旅行で訪れた飛騨高山がやたら米澤氏の「氷菓」を推してた。
ちょっと萌系みたいだったのがアレですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天皇杯、特に予選は大好きなのだが、今年はなかなか機会に恵まれず。
観たのは西武台対江南ブロッコリーズ、スペリオ対南葛、三菱UFJ対FC HUMMERくらい・・・

というわけで、全出場チームが決まり、組み合わせも途中まで決定。
普通に考えれば、讃岐対今治あたりが注目カードだろうか。

ここ数年2種年代がエントリーできなくなり、市船対鞠とか国見対川崎とか柏対柏ユースとかはなし。
ああいう異種対決こそ面白かったのだが。
近場対決も相変わらずで、興を削ぐことこの上ないわ。

個人的に結果が楽しみなのは、大学生絡みのカード。
中でも山学オリ対栃木姥、パル対関西大、鶴対早稲田は個人的に注目。
大学以外では岐阜対Honda、ヴェルディ対Vonds
2回戦以降では、レノファと蜂が激突するならば、ぜひ(内容を)観てみたいゲームだ。

BB秋田は・・・相手が相手なのでしっかり勝ってもらわんと困る。
次の川崎に勝って、3回戦で犬と秋田ダービーすんべ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
死神の浮力 (文春文庫)/文藝春秋
¥842
Amazon.co.jp

著者作品では『オーデュボンの祈り』と並んで好きな『死神の精度』の続編。
前作は短編集だったが、今回は長編である。

主役は“死神”の千葉であるが、基本彼の役割は狂言回し。
実質的には、子供を殺された山野辺夫妻と”絶対悪”本城の物語と言っていいのでしょう。
まぁ結末については予想通り。

また、人間世界との「認識のズレ」がちょっと今回は大きいかな、という印象も。
正直言って、出来は前作の方が上だと思う。
ただ、最近ワケのわからん作品が増えていたので、作風が戻りつつあるのは嬉しい。

それにしても、相変わらず装丁が秀逸ですなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016082022580000.jpg

心配された土砂降りはなく、蒸し暑いだけで済んだ。

カンペオンを歌ったらしいが、我が軍のサポたちは頭大丈夫なのか??
大事な試合には違いないものの、今日の勝ち負けで何かが確定するわけでもなし。

さて、アウェイでは何もさせなかった川崎との一戦。
今日のホームゲームでも主導権を常に握り、勝たないといけない内容だった。

早い時間に失点はしたが、終始圧倒し、前半のうちに同点に。
あとは逆転弾、ダメ押し点を待つだけの展開だったのだが・・・

ムトゥやトシが惨憺たる出来で、悉く好機を逃し続ける。
そして流れを変えるべき役割の監督さんは謎采配を連発する始末。
さすがにこれで勝とうというのはムシが良すぎるでしょう。

少ない決定機を確実に決めてきた海豚に、何とも受け入れがたい敗戦を喫しました。
鹿戦みたいに埋めがたい実力差を見せつけられて諦めのつくゲームならまだしも。

大一番、というより観衆の多い試合で負け続けるというのは何なんだろう?
選手のメンタルなのか、後押しする我々の問題なのか・・・

正直、決して強いとは感じない相手にホームで敗れたのはもったいないとしか。
まぁ、強くないところに負けた浦和がさらに弱いということでしょう。
覚悟と情熱で優勝しろみたいなダンマク出てたけど、実力で普通に勝ち取って欲しいもんです。

どうでもいいけど、海豚は試合中に異議多すぎませんかね?

 理想 勝点52 (ホーム13勝、アウェイ13分)
 現実 勝点55 (ホーム8勝3敗2分、アウェイ9勝2敗2分)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


翌日は白川郷をウロウロ。
まぁ、実際は前日夕方にも少し歩いてはいたのですが。



急に天候が急変することが多い旅でした・・・
ここは雪がある方がキレイかもしれぬ。

観光地化が進みすぎていて、個人的には五箇山の方が風情を感じたかな。



午前中たっぷりと散策したので、再び移動。
まずは高山の古い街並みを歩いてみた。



ここも人、人、人・・・
外国人の情報網もなかなか凄いと思うわ。



高山ラーメン食った直後だというのに、飛騨牛握りをパクついてみた。
当たり前だけど、メチャクチャ旨いのぅ。



最終目的地、下呂温泉へ到着。
三名泉の名付け親、林羅山の像が出迎えてくれます。



「日本三名泉」とは、草津・有馬・下呂のこと。
俺もこれですべて制覇しました。



地名としては、「上呂」も「中呂」もあります。



温泉街の中の「かえる神社」内の絵馬にこんなのも。
うん、明日勝とうな。



石段172段を登って辿り着く温泉寺の本堂。
かなりの歴史を感じさせる。



宿泊した旅館・雅亭さんには貸切の露天(有料)も。
貴重なのでビール片手に(おい)入ってみることに。
パッと見で広いな、と思ったら鯉さんの泳ぐ池も混じってました。



翌朝喫茶コーナーから見たらこんな感じ。
明るいと全然雰囲気が違う。



雅亭さんの展望露天風呂からの眺めは絶景でした。
泉質もこれまで経験した中で最高クラス。

リフレッシュできた休暇でありました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今年の休暇は富山&岐阜を攻めてみました。
初日はいきなりの豪雨に遭ったが、せっかく立山まで来たのでケーブルカーに乗車。



これは美女平駅から撮影。
すんごい角度なので、これじゃないと登れないというのも納得。
約500m弱を一気に登り降り。



ケーブルカーからバスに乗り継ぎ約50分。
到着した室堂は標高2,450m。鳥海山の山頂よりも高所である。
気温は13度前後でしかも雨。到着時は凍えるくらい寒かった。

写真はミクリガ池。この頃にはだいぶ小雨になっていた。



ミドリガ池まで歩くと雨は上がっていた。
透明度の高い池(※火口湖)だなぁ。



そして青空がついに!
駐車させてもらった宿の方には「明日にしたら」と言われたが、来てよかった。



立山駅前で一泊し、翌朝まずは日本一の落差(350m)を誇るという、称名滝へ。
那智滝が130m、華厳の滝で97mだから、いかにその落差が大きいか。



立山を離れ、次の観光は世界遺産・五箇山。
まずは菅沼集落へ。



ここには、9棟の合掌造り家屋が残っている。
小ぢんまりしているものの、その分落ち着いて観光できる場所でした。



五箇山のもう一つの集落、相倉は菅沼から10キロほど富山方面へ戻る。
20棟と菅沼よりはやや大きいが、それでもごった返すという感じではないのが嬉しい。

ここで雨に降られた・・・



五箇山から県境を超え、白川郷へ移動。
ここは以前も来たことがあります。

今回の宿はこちらでした。
世界遺産の中に天然温泉の宿泊所があるのは、全国唯一ここだけだそう。



夕食は飛騨牛メイン。せっかくなので地ビールも。
地ビールって実は美味いと思うことは少ないのだけど、これはなかなかでした。

(後半へ続く)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

旅行3日め。

昨日に続き白川郷を散策し、途中高山に寄り古い町並みをブラブラ。

そして人生初の下呂温泉にやってきました。
これで草津、有馬と三大温泉(by林羅山)を制覇。

今日はまだまだ飲むでー。
明日で休みも終わりやorz
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

旅行2日め。

落差日本一という称名滝を観滝し立山に別れを告げ、次なる目的地は世界遺産。

五箇山の二集落を見物した後、宿泊地である人生2回めの白川郷へ。
今日は軽く散策しただけなので、明日またガッツリ歩いてみます。

それにしても、食いすぎ&飲みすぎやのう…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。