たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

2ステージ制の廃止またはチェアマン、常務の退任まで

浦和のリーグ戦アウェイ参戦を自粛しています



たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


ぷろじぇくと


Smile Running Project に賛同しています


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ


<2015‐16シーズンの大会参加(&予定)>

150905 皇居チャレンジラン 5k 21分21秒

150927 渡良瀬遊水地ハーフマラソン ハーフ 1時間44分19秒

151004 皇居1周チャリティーラン 5k 21分16秒

151011 彩湖エコマラソン 10k 42分53秒

151017 皇居Cityマラソン 5k 20分44秒

151025 出版健保ロードレース 5k 20分14秒

151108 光が丘ロードレース 10k 42分20秒

151206 加須シティマラソン ハーフ 1時間38分08秒

151213 さのマラソン フル

160110 谷川真理ハーフマラソン ハーフ

160228 東京マラソン2016 フル

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k


テーマ:



元気、ホリ、啓太のトークショーは大盛況だったようで。聞いてないけど。

5連戦最後の一番。前節2得点の槙野が有休消化。
最終ラインを弄りまくるミシャマジック(褒めてない)が炸裂し、どうなることかと思ったが。

結果から言えば、牛に全く覇気がなく快勝。
とても名将ネルシーニョとは思えない試合運びだったような。
特に終盤は疲労困憊の浦和に走り負けるなど、散々な出来。

シュンキ、相馬とも再会(徳重はサブ)。
サイドのマッチアップはなかなか楽しませてもらいました。

チーム状態が最悪な時に瓦斯、牛と当たれたのはなんという僥倖か。
現在首位と勝点差6。
折り返しとしては決して悪くない数字でしょう。

 理想 勝点35 (ホーム9勝、アウェイ8分)
 現実 勝点33 (ホーム6勝2敗1分、アウェイ4勝2敗2分)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「URAWA REDS」 の記事

テーマ:
何もない秋田において、子どもにはかなり娯楽性の高いイベントが高校野球でした。
アートメークに出てくる高校野球芸人ほどではないけど、俺もかなり観ていた方だと思います。
当時は八橋、弁天、水林、県立の時代だった(←ジジイ)。

というわけで、本日秋田県予選の組み合わせが決まりました

秋季大会の結果 優勝:秋田、準優勝:能代、3位:能代松陽、4位:大館鳳鳴
春季大会の結果 優勝:能代、準優勝:明桜、3位:大曲工、4位:秋田中央

報知高校野球によれば「予測困難」としながら、秋春とも安定した成績の能代が本命らしい。
個人的には明桜(旧・秋田経法大附)の久々の復権が楽しみ。

秋の県大会を久しぶりに制したおらほは、2003年以来20回目の出場を狙う。
が、初戦を勝てばいきなり大曲工が濃厚という厳しい組み合わせ。
さらにさらに、初戦の相手である横手清陵が、昨秋その大曲工に2-1で勝っていたりする。
今年もかなりシンドイい戦いになりそうだ。

ちなみに、長年率いてきた佐藤監督が今年度秋田中央高へ異動。
今年から母校に戻った前平成高の伊東監督(99年主将で甲子園出場)に引き継がれています。

授業で体育を習った小野先生(県高野連会長)が定年なのね・・・
部活の監督が某高校の教頭になってたり、そりゃ俺もジジイになりますわ。


 #タイトルの「夏祭り」は『大甲子園』で白新高校のエース不知火がこのコマの後に言ったもの。
 #あの頃の水島御大は絵が迫力あって凄かった(←過去形)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DCIM1333.jpg

一言で申し上げて、相当に酷い試合でありました。

特に前半は、選手たちが悩みながらプレーしてるんだろうな、というのが丸わかり。
ペッカーか08年後半かというくらいの不出来で、心が折れそうになりました。

こういう時こそゴル裏の出番なのだが、お経カラオケに終始してまったくの効果ゼロ。
今日の勝点3を呼び込んだのは選手たちの頑張りであって、サポではありません(きっぱり)。

それでも勝てたのは、単に「相手が瓦斯だった」ということに尽きるのかもしれない。
リードするゴールが決まって周囲とハイタッチすらしなかったのは、今年では初めて。

とはいえ、内容よりも勝利というゲームでしっかり勝てたのは良かった。

次は苦手な牛戦。
今日の試合を見るに甚だ不安であるが、ここも内容よりも結果を重視で。

まだ年間勝点1位は十分に届く範囲にあります。

 理想 勝点32 (ホーム8勝、アウェイ8分)

 現実 勝点30 (ホーム5勝2敗1分、アウェイ4勝2敗2分)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


※写真は12年全社関東予選、青梅FC対越谷FC。


あれだけ魅力的なサッカーしてたチームが、いまや都2部の中位かぁ・・・

さて、昨日は全日本大学駅伝の関東予選の記事を書きましたが、今日は全社の関東予選をおさらい。
日曜日に各ブロックの決勝が行われ、関東地区代表6チームが決定しました。

VONDS市原FC 2-0 早稲田ユナイテッド
ジョイフル本田つくば 2-0 日立ビルシステム
東京23FC 2-0 エリースFC東京
アイデンティみらい 0-0(PK5-4)海自厚木マーカス
エスペランサSC 2-1 さいたまSC
流通経済大学FC 1-0 tonan前橋


我らが名将・KUMA3率いるエリースは、東京勢対決に惜しくも敗れました・・・

茨城3、東京、神奈川、千葉各1。
埼玉勢は全滅です。協会、つか社会人連盟は少し危機感を覚えるべきでしょう。

カテゴリでは関東1部4、2部1、県リーグ1。
唯一県勢で残ったのは、茨城県リーグのアイデンティみらい。
関東1部のKOREA、2部マーカスを連破して堂々の本選出場。

去年まで浦安にいた都並ジュニア(兄)が所属しているみたい。
せっかくなので、地域決勝まで上った数年前のジョイフル本田のような旋風に期待します。

本番は10月21日~26日、今年の決戦の地は愛媛です。

 #前にも触れたけど、今年の地域決勝予選ブロックは富士北麓でも開催が!
 #あそこでは走ってばかりでサッカー観たことないから、ぜひ行きたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※写真は08年駒場スタジアム開催のさいたまシティマラソン

土曜日、(珍しく)浦和駒場スタジアムにて全日本大学駅伝の関東地区予選会が開催されました。

20校出場で上位9校に出場権。
数的には門は広いと思われがちだが、すべての大学が近年の箱根出場経験校。
そう簡単ではない。

<結果>
1位 山学大 4:03:25.8
2位 日本大 4:05:20.9
3位 日体大 4:05:43.6
4位 拓殖大 4:05:52.9
5位 帝京大 4:05:54.4
6位 國學院 4:05:56.0
7位 中学大 4:06:02.9
8位 大東大 4:06:39.2
9位 国士大 4:06:58.0

--ここまで出場権--
10位 順天堂 4:07:06.5
11位 東国大 4:07:12.1
12位 城西大 4:07:26.3
13位 専修大 4:08:45.9
14位 法政大 4:09:10.4
15位 上武大 4:10:32.6
16位 東農大 4:11:21.8
17位 中央大 4:11:39.7
18位 亜細亜 4:12:15.2
―   神奈川大 DNF
―   創価大 DNF

神大は余裕の予選通過だったはずが、ラスト1周で棄権者が出て予選通過ならず。
創価も留学生がリタイヤし予選敗退。

個人的注目の順大、東国大もそれぞれ惜しくも本選出場を逃した。
だが、東国大は大健闘と言って差し支えない順位と記録である。

この時期には考えにくい程の猛暑の中だったため、記録はなかなか難しかったか。
28分台は最終4組の留学生3人(日大ワンブイ、山学ニャイロ、拓大デレセ)のみ。

ここでも戦前の予想通り、やっぱり心配になるのが中大。
エースの集う4組に、ベスト30分台のルーキーを起用せざるを得ない台所事情はキツい。

秋工出身・日大の石垣はエントリー変更で出走しなかった模様。
夏合宿を経て、本番ではぜひ走ってほしい。



ちなみに、08年のレース(ハーフ)の10キロ通過タイムを確認したら、44分35秒でした。
暑さが違うとはいえ、一昨日のレース(10キロ)より1分以上余裕があるという・・・
まったく、齢はとりたくないもんですわ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
きちんと一日休める幸せな日曜日。
出張地獄からは少し抜け出し、今季初(遅!)のBB秋田の試合へお出かけしてきました。



焼津おさかなセンターは飽きたので、今日はうみえ~る焼津内の鮪料理屋さんで昼食。
焼津だし鮪丼でも食えばいいのだろうけど、鮪が大好物というわけではないので海鮮丼に。



対戦相手、藤枝の元秋田三人衆は先週西が丘で偵察済みであります。



三宅、三好はスタメン。峯はベンチスタートでした(途中出場)。
BBは畠中がスタメン。元全日本大学選抜のメンバーです。



先週の瓦斯戦ではダメダメだった藤枝ですが、今日は積極的に出てきます。
すると前半18分、セットプレーからの混戦で三好弾炸裂。最悪の恩返しをいただきます。

攻め手がないわけではなかった秋田。
後半32分、遊馬のシュートのこぼれに初スタメン畠中が詰めて同点。
一気に行けるか、と思わせたのだが。



終了間際、クロスに飛び込んだ比嘉がGK三宅と交錯しそのままアウト。
ATを10人で戦うことになると、89分に交代で入ったばかりの大迫に決められジ・エンド。

結局1-2で敗れ、悔しい連敗。
決して強さは感じさせなかった藤枝だが、決定機数では完全に秋田を上回っていた。

秋田は20本もシュートを浴び、中にはかなり際どいものもあった。
個人的には勝てる試合と感じたものの、完敗と言うべきか。


バスを囲んだり選手に水をかけて勝つならそうしますが。

とにかく、下を向いても始まらない。
来週は今日よりずっと手ごわいであろう酉とのアウェイゲーム。
気合入れ直して戦いましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前半こそ熊の不出来につけこみ久々の得点ゲットに成功も、後半はフルボッコ。
ミシャ名物・狂気の3枚替えも飛び出し、なす術なく3連敗。

鹿、脚、熊との試合は勝てる保証なんてないのは確かで、一喜一憂する必要はないだろう。
特に圧倒された鹿戦の内容見たら、その後も苦しい試合になるのは予想できた。
しかし、同じ失敗を何度も繰り返すというのはさすがにマヌケすぎる。

瓦斯、牛との連戦は勝点6が必須。ここは内容はなくて構わない。
これが取れなきゃ、年間は中位争いを覚悟するくらいの気持ちで。

サポーターが勝たせるなんて、大言壮語は吐きません。
ボイコットする奴は勝手にすればいいが、俺は勝てるように少しだけお手伝いするつもり。

・・・選手にモノを投げる奴がサポとは思わんけどね。

 理想 勝点29 (ホーム7勝、アウェイ8分)
 現実 勝点27 (ホーム4勝2敗1分、アウェイ4勝2敗2分)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


来月の富士北麓に向けたレース(練習代わり)の第2弾。
本日は昭和記念公園へやってきました。



梅雨とは思えぬ猛暑に、園内の紫陽花もやや疲れ気味か。



参加したのは10キロの部。
最初の5キロを21分50秒で通過するも、あまりの暑さに後半はジョギングに。

<記録> 45分41秒(グロス)
<順位> 48位/612人(総合)、18位/230人(ジジイの部)

はい、2007年9月の巨峰の丘マラソン以来の45分超えです。
情けないとは思いつつ、順位はそこまで下じゃないのが不思議。

12時の時点で立川は31.3℃を記録(スタートは11時)。
公園内で緑が多いから少しは体感的に涼しいとは言え、運動してはいかんレベルでした。

結果を見るに、暑くてヘタったのは、別に俺だけじゃなかったということですね。



ベジタブルマラソンというだけあり、参加賞は野菜。
ジャガイモ(小)2、タマネギ3、キュウリ2、シメジ1袋。
Tシャツはもう要らんので、これはありがたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
15日、出張で関西にはいたもののなかなか自由が利かず、吹田ではなく奈良滞在。
昨日遅くに帰宅しましたが、まだ試合録画すら観ていません。つかたぶん観ずに消します

残念ながら、ここに来て完全に足踏み状態。
ただ、年間シーズンで見ると首位と勝点差7の3位というのは、何かを諦める必要は全くない位置。
もちろん、下を見れば勝点7差は9~11位なので、普通に中下位に沈む危険性も孕んでいます。

勝てないという問題もあるが、それ以上に無得点試合が続いている方が深刻かと。
当たり前の話だが、点を取らないと勝点3は絶対に無理なのだから。

前線の3人に疲労感が見え、関根の突破が読まれ、陽介が挙動不審という状況は苦しい。
(本当ならここでトシや橋本やヒラたちの出番なんだろうが、試合勘がちょっと)

強いチームは、内容ゼロでもセットプレー1発で勝つこともできる。
練習しないということであれば、那須の勝負強さに賭ける用兵があっても良いと思うが、ないだろな・・・ 

下の勝点計算見ると、いまだホーム全勝&アウェイ全分けの勝点68ペースに近い
自称「厳しいサポ」を装ってブーブー言うのは勝手だが、諦めるならゴル裏から去っていただきたい。
地域リーグで応援チーム探せば、シーズン全勝も夢じゃないぞ。

とにかく、そんなのは置いといて、明日からの3戦で勝点7ゲットを目標に戦いましょう。

 理想 勝点28 (ホーム7勝、アウェイ7分)
 現実 勝点27 (ホーム4勝2敗1分、アウェイ4勝1敗2分)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、初黒星を喫したブラウブリッツ秋田。
実は若者たちも、全国出場を賭けた熱い戦いを繰り広げておりました。

日本クラブユース選手権の東北予選最終日。
6チーム中上位3チームが全国への切符を手にすることができる大会。

5試合ある中で3連敗という痛恨のスタートで、既に自力での突破は消滅
もし3位塩釜(勝点6)が敗れ秋田(勝点3)が勝つと、得失点差の勝負となる。
このように、一応まだ可能性を残していたとはいえ、得失点差は塩釜が+3で秋田が-1。
総得点で劣っていたため、塩釜が敗戦し秋田が5点差以上をつけて勝つしかない状況。

そして迎えた昨日の決勝ラウンド(リーグ)最終節。
塩釜より先に登場しブラウブリッツ秋田U‐18はここで意地を見せた。
コバルトーレ女川を相手に、7-1の爆勝を飾ったのである。

これで得失点差は逆転。
あとは仙台FCが塩釜を下せば、秋田の全国出場となったわけだが・・・
さすがにそう都合よくは進まず、塩釜は3-3のドローで勝点1を上積み。
惜しくも全国出場はならずでした。

今季、高円宮杯(秋田県リーグ)でBB秋田はいまだ無敗。
西目&秋商という名門2校を6-1、4-2と粉砕し、この世代を牽引するチームとなりつつある。

アカデミーはライセンスを交付されるために置いているかと言われれば、「否」であろう。
いずれはトップで活躍する選手も育つはずだし、その選手を目標にまた育成年代が充実していく。
・・・そんな好循環が産まれることを願っています。

yabase3

いま、秋田はスタジアム問題ばかりがフィーチャーされているような気がする。
悲しいかな、ネットでの意見を見てる限りでは、サポはどうも行政ばかりの責任にしている感がある。

でも、少し頭を冷やして考えてほしい。
J2規格の新設で100億(by殿)、あきぎん改修でも何十億とかかるだろう。
サポカンで岩瀬社長は、八橋陸の改修でも18億と言っていた(ただしこれなら「断る」とも)。

県民全員がサッカーに理解を示してくれるわけがない。
ましてや高齢化の進んだ県、例えば「福祉にもっと予算を」という理屈は筋が通ってしまう。
若者対策にサッカー専用スタを、といくら叫んだところで現状では(あくまで現状では)難しい。

そもそも、役所への要望をちらちら見るに、「無駄なハコモノは今後作るな!」という声は多い。
少子高齢化、人口減が進む状況ではやむを得まい。

成績を残しても「昇格できない」となれば、チーム補強の障壁になることも分かります。
なので、どうしても早めのJ2ライセンスにこだわるなら、八橋陸の改修が近道でしょう。
そりゃ専スタの方が良いに決まっているが、ない袖を振れとダダをこねたって何も進まない。

話が逸れましたが、何度か書いている俺の最大の願いをもう一度。
何十年か後、もし自分が故郷に帰ったときに、そこにあるのが「当たり前」のクラブになっていること。
その時は「サッカー文化」が定着した地になっていることでしょう。
CWC制覇も夢には違いないが、その次です。

そんなわけで、長期的視野に立つと、スタ問題はあまり焦らない方が良いのではと考えてます。
サッカー不毛の地に文化として定着させるカギは、むしろアカデミーの充実にあるのではないか。

たぶん多くのゴル裏サポさんたちと意見が違うであろうことは、充分に承知しています。
自分も秋田住みだったら、専スタ専スタ言ってると思うので・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。