たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

2ステージ制の廃止またはチェアマン、常務の退任まで

浦和のリーグ戦アウェイ参戦を自粛しています



たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!


TDK SC
YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


ぷろじぇくと


Smile Running Project に賛同しています


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ


<2015‐16シーズンの大会参加(&予定)>

150905 皇居チャレンジラン 5k 21分21秒

150927 渡良瀬遊水地ハーフマラソン ハーフ 1時間44分19秒

151004 皇居1周チャリティーラン 5k 21分16秒

151011 彩湖エコマラソン 10k 42分53秒

151017 皇居Cityマラソン 5k 20分44秒

151025 出版健保ロードレース 5k 20分14秒

151108 光が丘ロードレース 10k 42分20秒

151206 加須シティマラソン ハーフ 1時間38分08秒

151213 さのマラソン フル

160110 谷川真理ハーフマラソン ハーフ

160228 東京マラソン2016 フル

160313 和光市民ロードフェスティバル 10k


テーマ:


生きてます(挨拶)。
ちなみに出張地獄は最低あと2週間続きます。
4週連続の日曜入り。3週目の明日また旅立つわけですが、今日は貴重な休日なのでお出かけ。



初めて来ました、東洋大学のグラウンド。
日本クラブユース選手権U18関東予選決勝トーナメント1回戦。
我らが浦和レッズユースはFC Goisとの初戦に臨みました。



FC Goisは予選グループを2位で通過も、水戸ユースに0-7と大敗。
この試合もほぼ一方的な浦和ペースとなりました。

#20長倉の2得点、#11時里の直接FKで3-0とリードで折り返し。
後半早々謎のオウンで4点差。さらに#14井澤も決めて5-0。

ただ、何度か決定機を作るなど、決して無抵抗ではなかったGoisも#11(?)が意地のゴールゲット。
終盤、ど真ん中にスペースを空けまくり守備組織には問題多そうだが、悪くないチームでした。

無失点勝利を逃した浦和ユースは、他にも簡単な1対1を決めきれないなど課題が散見。
恐らく次はプリンスのヴェルディ、その次はプレミアの鹿が来るはず。
今日見た限りでは厳しい戦いとなりそうだが、何とか勝ち進んで欲しい。



10年後のトップチームのディフェンスリーダー(予定)の#40。
順調に育っていただきたい。

・・・ホントは今頃徳重が正守護神で君臨しているはずだったのに、サッカーは分からん。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「URAWA REDS」 の記事

テーマ:
5日しか事務所にいない5月。
貴重な1日が、運よく今日でした。

というわけで、全出版人大会に出席後、埼スタへ。

ウガのミスキックから幸運なゴールが生まれると、見事完封。
ただ、ソウルは競り合いも強いしパス精度も非常に高い好チームでした。
アウェイでは相当に厳しい戦いになるだろう。

勝利、そして無失点。
大きな1歩とは言えるが、まだ前半が終わっただけ。
勝利の凱歌は敵地で歌いましょう。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


外がゴチャゴチャうるさいですが、我々にとってはいつもどおりの試合。

結果的には、前半のPKを外したことによるドロー、と言えなくもない。
ただ、後半のカウンター食らいまくり地獄を考えれば、負けなくてよかったという内容でした。
ハッキリ言って、勝点1奪取は上出来と言わざるを得ません。

栗鼠戦の前半のように、完全に家鴨の術中に嵌まり、特に後半は全く見所なし。
球際で劣勢になる場面も散見されたが、ソウルはあれよりずーーーっと厳しいと思うぞ。

それにしても、CK10本がいずれも何のチャンスにもならず、得点の香りゼロ。
逆に相手カウンターの起点になるだけという・・・
ふんわりキック一辺倒の陽介だけに蹴らせるのは、そろそろ考え直したほうがよいのでは。

 理想 勝点23 (ホーム6勝、アウェイ5分)
 現実 勝点26 (ホーム4勝1敗1分、アウェイ4勝1分)

 #帰宅後、bj富山戦を録画で追っかけ観戦したが、あまりのフルボッコに鼻血も出ないレベル。
 #明日はしっかり勝って有終の美を飾りましょう。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファイナル2

元年の決勝・大阪対新潟を観戦したあの日から幾星霜。
あの頃は地元にチームができて、頂点に手がかかるようになるとは思ってもみなかった。

bjリーグ、最後の週末を迎えます。



開始直後から3ポイントを2発ずつノーミスで決めあうという、実にハイレベルな一戦となった琉球戦。
力は出し切ったと思うが、相手のどうしようもない勝負強さに屈した試合だった。


雪辱を期し臨んだ昨年の浜松・東三河戦。
第3Qまで6点のリードがありながら、最後の最後で逆転負け。

あんなにドキドキした試合は、サッカーでも稀なほどだった。
これがタイトルの重圧か・・・



3度目の正直。
今回が文字通り、忘れ物を取りに行く最後のチャンス

まずは富山を叩き、日曜日にはbjリーグ最後のチャンピオンとして名を残そう。

去年・一昨年の悔しさ、思い出せ!

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


5月は平日ほとんど家にいない生活が確定してますが、今日は数少ない事務所出勤の日。
空気が澄んでいたのか、これまでで一番クッキリと富士が窓から見えました。

仕事に追われ走ることもままならない状況ですが、7月の連休までには脚を作ります。
待ってろフジヤマ。

それにしても、俺の代休がまた生まれ死んでいく日々の辛さよ・・・
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試合後、悲しいことに姫路へ移動です。
ダービーはテレビ観戦。

栗鼠は攻撃の迫力不足はともかく、しっかり守れるチームだった。
鯱や蟹とは雲泥の差。
前半スコアレスなら、完全にプラン通りといって良かろう。

最高の時間帯で、陽介の右という意外性の一発で見事勝利。
アウェイでこの相手から勝ち点3はぐっじょぶです。

遠藤が不在となる五輪期間中がホントに心配。
すでにそれだけの選手となっています。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はお休み。
天気も良いので、近所へお出かけ。



行き先は赤羽スポーツの森公園。
第6節にしてこれが今季初関東リーグ。
対戦カードはFC KOREA対ヴェルフェたかはら那須。
無敗vs全敗という、対照的なチーム同士の一戦である。



ヴェルフェ先発には、懐かしや元TDKサッカー部戦士・遠藤雄二が!
高野とともに、元栃木SCの70年代生まれコンビで最終ラインを統率。
贔屓目なしでKOREAに対する「壁」となってました。



一方のKOREAには、こちらも懐かしや尹星二
CBで無難にプレーしてましたが、後半途中からはボランチで働いておりました。



試合はヴェルフェが完全に支配。
小気味良くつなぐサッカーで、後手に回ったKOREAは手も足も出ない感じ。

前半30分すぎ、#29森本が持ち込んで鮮やかにゴールゲット。



その後も攻め続けるヴェルフェ。
最下位に沈むKOREAの出来というエクスキューズはあるにしても、これは強い!
栃木トヨタカップで戦うかもしれない栃木SCやUVAは、戦々恐々としているのではないか。



KOREAも決してノーチャンスというわけではなかったが・・・
最初に感じたプレー判断の遅さよりも、連携面での未成熟さが大きな要因だったかも。


結局1-0でヴェルフェが磐石の勝利。
無敗を継続しこれで東京23に次ぐ2位に浮上。これは楽しみなチームになってきた。

・・・で、昇格組で東京23とヴェルフェに分けてるエリースの監督様は名将ということでFA?
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日からバリバリ働くつもりで出勤したものの、気力的に社会復帰できません・・・

休暇後のメールソフトを開く瞬間って、恐怖以外の何モノでもないな。

 

さて、昨日ようやく今年の24時間リレー@富士北麓への申込を完了。

海外転勤などで欠場するメンバーもいる中、今年はガラスの10代の力を借りることになりました。

 

思えばこの大会との付き合いも長いっすなぁ。

台風で6時間で終了したり、雷雨で避難命令が出たり、いろいろ経験しました。

大会後にJ2甲府戦やるからと、早く退出するように言われたこともあったっけ。

 

ここ5年ほどを振り返ってみましょう。

 

2011年。雪が少ない。

 

2012年。雪がある方が映えますね。

 

2013年。きわめて標準的。

 

2014年。なんも見えん。たまにこんな年があります。

 

2015年。去年は涼しくて楽だった。

 

さて、今年はどんな大会になるのだろうか。

レースまであと2ヵ月半。

 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


行こうと思えば、高校サッカーの埼玉県総体ブロック予選などもあったのですが・・・
さすがにそれはよろしくないだろうと思い、買い物に連れて行くついでに散策してきました。



行き先は、23区内とは思えぬほど自然に恵まれた石神井公園。
実は初めて来ました。



情報としては知っていたが、こんな場所に城跡があるというのは何とも不思議な感じ。
中性の武将・豊島氏の居城だったそうだが、あの太田道灌の攻撃で廃城となった模様。


本家との関係はよくわからぬが、「厳島神社」もあります。
水に関係した神社がほかにもあり、さすが東京屈指の(元?)湧水地。



三宝寺池で何やら楽しそうなレジャーがあるなと思って見ていたら、外来生物調査らしい。
5月5日にお仕事ご苦労様です。



湧水量が減り地下水を人工的に充てていると聞いたが、ここの湧水はガチでしょうか。
ホント23区内とは俄かに信じがたい緑の濃さ。
長野の高原、と言われたら信じられるレベル。
前に行った等々力渓谷は都会さ満載でガッカリしたもんなぁ。



素晴らしく昭和っぽい雰囲気を残す売店、食事処。
車じゃなきゃ生麦ジュースの一杯でも飲んだのだが。



別の売店では、このような名物も販売してたので、こちらは2人で1ついただきました。
それなりにもんじゃっぽい。


三鷹時代、井の頭には何度も行ったけど、自然がより濃く残っているのはこちら。
自分の好みもこっちだ。
そういや、昔この池にワニが出たとか言って大騒ぎしたけど、あれはどうなったんだろう?
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のゴミクラブにいまだムカつきが収まらない。
リフレッシュを兼ねて、ちょっとお出かけしました。



たぶん約1年ぶり(!)のむさりく。初めて車で来た。
確か1年前に見たカードも流ドラ戦でした。
東京武蔵野シティになってからは初参戦です。



出発時は暴風レベルだったが、一応強風レベルにはなったか。
空には雲一つなく、初夏の陽気。




GW、瓦斯の試合も国内ではなしということで、5,000人の集客を目指した武蔵野。
現役日本代表やアイドルまで動員しての営業。
ニューハーフ4人組の後ろで一緒に踊る世界的プレーヤーというシュールな画も。



岩田主将が200試合出場の偉業。
リーグ戦ではないけど、瓦斯を破った超絶FKは伝説の域。これからも頼みます。




試合は流ドラのペース。
武蔵野は守備網が完璧な流ドラに攻め手を見いだせない。

すると前半24分、クロスをファーでフリーになっていた#46宮津が流し込み、あっさりと先制。
武蔵野、攻守の切替は決して悪くなかったのだが、一瞬の隙を突かれてしまった。


風上に立った後半は、武蔵野が積極果敢に攻撃を仕掛けるものの、流ドラの堅陣は崩れず。
特に#40はシジクレイかという跳ね返しっぷり。
決して上背は高くないのだが、流ドラの壁となっていた。
抜群のテクを持っていたキャプテンマークの7番といい、これでBチームなんだものなぁ。



10番を背負っていたのは、去年のここでの試合にも出ていた、元浦和2種登録選手・小川紘生
途中出場ながら強烈なミドルを放った。

が、トップでプレーできる才能を持っている選手だろうから、このカテゴリで戦うのは最後にしてほしい。
ユースの試合で見ている限り、斎藤や茂木以上に感じた選手。
最後に辿り着く場所は、もちろん先輩宇賀神の戦っているスタジアムですぜ。


結局武蔵野は1600人以上の観衆(昨年平均の約2倍)を集めたスタで0-1で完封負け。
かつてのムラ隊長や大吾のようなエースの出現を待ちたいところだが・・・
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。