恵庭市のテーマパーク「えこりん村」では新イベント盛りだくさんで皆さんのご来場をお待ちしてますよニコニコ


今夏新イベント続々登場 恵庭のえこりん村【恵庭】


恵庭市牧場のテーマパーク・えこりん村は今夏、新しいイベントを続々と立ち上げる。16日に始める「みどりの牧場ショー」を皮切りに、バギー体験やファームツアーを企画中。同村内の改修を伴う大規模な計画で、庄司開作社長は「新しい魅力を発信できれば」と意気込んでいる。


銀河庭園の向かい側一帯を改修して始める「みどりの牧場ショー」は銀河庭園で行ってきた牧羊犬ショーをイベント化し、より自然に近い状態でヒツジを見学できる企画。これまでヒツジは平地でしか見られなかったが、斜面を駆け下りる姿を一望できるよう、約200人が座れるスタンドを設けた。


ヒツジ約50~60匹が一団で動く様子は大迫力で、ヒツジが間近まで迫ってこれるよう、スタンドの周りほぼ360度をフェンスで囲んだ。ヒツジと近くで写真も撮ることができる。45分間のプログラムで牧場内を歩くため、ヤギ、アルパカなども間近で見られる。


同村の有光良次動物飼育担当は「動物たちの特徴、しぐさなどそのまま伝えたい。家畜動物は人間との信頼関係があるので、野生動物とは違った距離感で楽しめます」とアピールする。午前10時30分、午後0時30分、午後2時30分の1日3回で、大人1500円、小・中学生1000円。


さらに、23日から同村の森をバギーで走る「グリーンバギー」、7月14日からトレーラーで引く客車に乗って同村内を周り、動物たちと触れ合う「ファームツアー」も開始。いずれも夏季営業の10月末まで、有料企画として展開する方針だ。


同村の銀河庭園が1日に5周年を迎え、庄司社長は「同じことだけをやっていても飽きられる」と説明。「無料サービスでは『出す側』もなかなか向上しない。有料にする以上はパフォーマーも力を入れ、より面白い魅力を発信していく」と意欲を燃やしている。


イベントの問い合わせは同村 電話0123(34)7800。(苫小牧民報より)

ペタしてね 読者登録してね フォローしてね アメンバー募集中

AD