老人ホームでのご老人の骨折

テーマ:

年末年始で3人の入居者様の骨折があって
2人入院しているんです
職員不足で
入居者様をしっかり観ていられないのです
お知り合いの方で
働いていただけそうな方はいませんか
という
住宅型有料老人ホームの管理者さんが
相談にきました

 

 

そこの老人ホームは

とても楽しい
アットホームな雰囲気で
ノーマライゼーションを実践している処です
「寝てて、寝てて」とか
「勝手に立ち上がらないでください」とか
全然言わない
とても自由な雰囲気だったので
私は好きでした
親を
ここなら入居させたいなって
思っていたくらいです

 

なので
職員の合理的に動ける配備について
可能な提案させていただきました
このアドバイスで
日勤者に少し余裕が出ます
職員が充足するまで
時間を稼ぐことができます

 

たしかにご高齢者は骨が脆いです
骨折を怖がっていると
寝たきり老人製造所になってしまいます
無理やり寝させて
無理やり車イス生活をさせて
ご老人をつまらない顔にさせないでください

 

 

AD

あけましておめでとうございます

新年早々
良い老人ホームの見分け方を教えてほしいと
お電話をいただきました

こういったご相談には
いつも
レモンマーケットについてお話ししています

レモンという言葉は
欧米では
お行儀の悪い
女の子の意味で使われるそうです

経済学では
購入してみないと
中身が判らない商品のことを言いまして

外見は良いけど中身がいまいち
買って失敗っていう商品を言います

レモンは買ってから切るまで
中身がわからないから
ちょうどこういった商品の市場を
レモンマーケットって言っています

こういった商品ってけっこう多くて

中古車なんかは、外見はピカピカだけど
故障ばっかりっていう物もあるし

大きい商品だと
ゴージャスな高層マンションとかは
住んでから手抜き工事が発覚しちゃった
っていうのもあります

ものすごく大きくて立派な病院なんだけど
医療ミスがやたらと多かったり

老人ホームも外見がゴージャスで
利用料金もそこそこなんだけど

職員は忙しくしてて全然来てくれないし

車イスへ移るときは
むりやり介助するもんだから
いろんなところにアザができたり

オムツ交換をまめにしてくれないから
おしりがただれちゃったり

会話もないし
職員は鬼の顔で働いているし
老人ホームもレモンなわけです

良い老人ホームの見分け方は簡単です

・玄関先の整理整頓
・職員の顔つき
・施設内の臭い

この3点を確認するだけです

清潔に暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
玄関先の整理整頓はバッチリです

楽しく暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
職員の顔つきも朗らかです

健康的に暮らしてもらおうって
考えている老人ホームは
身体の清拭や排泄介助は完璧です
だから
排泄臭や老人臭は全然しません

老人ホームを経営している方々には
自分の施設が
レモンになっていないか
気を付けてくださいね

 

 
AD

医療も介護も

もうすぐ報酬改定があります

でも

社会をぶち壊すような改定は

絶対にしません

 

どの組織も

経営を維持できる能力は残るのです

改定されるポイントを捉えて

組織が生き残るべき

戦略や戦術を練る必要があるのです

経営者や管理者が

頭を使うべき時なわけです

 

こんな改定なんかで

経営がおかしくなる組織は

どこかがおかしいのです

しばしば

おかしい組織では

改定ごとに有能な職員離れが起きます

人的資源管理が機能しなくて

有能な職員にしわ寄せが行くからです

 

頭を使う組織は

戦略と戦術を駆使して

優秀な職員をその気にさせる舵取りをします

辞めない工夫もいろいろやって

さらなる地平を見つめながら躍進します

我々コンサルタントは

こんな時が腕のみせどころなのです

 

 

AD

介護事業所の実地指導について

テーマ:

行政の実地指導では

介護保険法の目的と制度に則った運営が

きちんとされているかどうかが

けっこう細かく調査されます

 

事業所を開設して間がない管理者様は

五里霧中です

たくさんたくさん

不安を訴えて来られます

 

行政指導は3つの事柄が調査されます

・利用者様の介護計画と実施の適正を確認

・介護の質を中心とした確認

・組織運営の健全性を確認

 

介護計画と実施等の適正確認では

利用者様のニーズに応じた

介護サービス計画が作成されているか

計画に基づくサービスが提供されているか

日付の整合性や請求の正確性をみます

 

介護の質についての確認は

利用者様の尊厳ある自立支援に向けた

介護の質の確保と向上が図られているか

ケアマネジメントプロセスを理解しているか

身体拘束や虐待はしていないか

地域との連携を行っているか等をみます

 

組織運営の確認として

人員基準を満たした労務管理をしているか

労働衛生に問題がないか

経理状態が健全なのかをみます

 

調査のツボを押さえておけば

良好な運営状態だということを

アピールできます

 

日ごろから

・利用者様の介護計画と実施の記録

・介護サービスのモニタリング

・健全な人的資源管理

について、きっちり記録して行きましょう

 

調査までに時間が無いならご相談下さい

休日でも深夜でも

記録チェックや業務チェックなど

全て正確に秘密厳守で行います

管理者様の傍に居て

適切なアドバイスを確実にいたします

 

要介護4の認知症の方に対して
毎日行う介護の内容は
起床介助や排泄介助、朝昼夕の食事介助
就寝介助や夜間排泄介助
それと週単位の入浴介助や
必要時の生活援助などです

 

これら全ての介護の報酬を積算すると
月額介護報酬は80万円を軽く超えます
しかし要介護4の方の
介護保険の支給限度額は月額約30万円です

 

すなわち
重度の認知症の方が入居した場合
有料老人ホームは80万円分の介護内容を
30万円に減額して請求する現実なのです

 

近頃の老人ホームに対する風潮は
過剰な介護サービスの提供を行っている
悪質な組織として取り上げられています

 

利用者様の事を考えて
ケアマネージャーが作成したケアプランが
過剰なサービスと考えられているのです

 

利用者様に叩かれ罵られながらも
頑張って介護をしている職員が
報われない現実があるのです

 

今後
集合住宅の在宅介護報酬が減額されたり
支給限度額が減るようなことがあって
採算が取れなくなったら
休止や廃止の施設が必ず増えます

 

そうなったら
誰が重度認知症のご高齢者を
あたたかく見守るのでしょうか

 

政治や行政は
優生思想に傾き過ぎな気がします

 

11月1日開設予定の

住宅型有料老人ホームかしの樹木部は

30室の老人ホームなのですが

250名を超える見学者様が

3日間の見学会にお越しくださいました

 

おかげさまで

約10部屋の入居契約が結ばれ

約8部屋が入居契約の運びとなり

約10部屋で入居相談が進んでいます

 

群馬県には

500施設、15000室を超える

高齢者入居施設がありますが

今回の見学会で

まだまだ生活困難を抱える高齢者様が

潜在的にいらっしゃいます

 

まずは

高崎市木部町を中心とした地域が

ハッピーになるよう

いろいろな活動が続きます

 

 

 

本日から3日間は
高崎市木部町201番地でオープンする
住宅型有料老人ホーム「かしの樹木部」の
施設見学会です

 

私の思い描く高齢者介護事業に
いちばん近づいた構造と機能を持った
ユニークな建物がご紹介できます

 

この施設もコンセプトは
「笑顔が絶えない暮らしができる施設」です

 

吹き抜けを多用した開放的な空間と
いたるところの採光と
これでもかっていう
広いウッドデッキとか
いろいろシカケがありますが

 

一番の大仕掛けは
入居されるご老人と
心を一緒にする
スタッフたちなのです

 

見学会では
建物を観るのもいいですが
中で動き回っている
スタッフも観察してください

 

 

 

医療依存度の高い要介護4や5の方が

廉価で安心して暮らせる

住宅型有料老人ホーム「こころや富士見」の

施設見学会の初日でした

 

あいにくの雨模様でしたが

50名を超える方々がお見えになり

生活困難を抱えるご老人が

ご家族と一緒に来られて

悩みや不安をお話ししてくれました

 

本日だけで10室ほど成約になりそうです

一日中立ちっぱなしで説明していたので

疲労感ハンパないのです

 

しかしかしかし、安心したお顔を

いっぱい見る事ができたので

充実感ハンパないです

 

さて

ゆっくり風呂に入って寝ますね

明日も10時からなので

早く寝なくちゃ

 

コンセプトは
「笑顔の絶えない老人ホーム」

 

そう
高崎市木部町でオープンする
住宅型有料老人ホーム「かしの樹木部」が
完成しました

 

いろいろ備品が搬入され
打ち合わせをしました
オープニングスタッフのテンションも
上がっています

 

いよいよ10月13日から施設見学会です
もう、何名かの入居希望者様が
お部屋選びをされているようです

 

私も見学しました
「笑顔が絶えない」というわけなので
確かに、とても明るくて
便利な仕掛けが
そこかしこにあります

 

完成度の高い有料老人ホームになりました

 

閉店したコンビニの建物で

デイサービスの経営はどうだろうかと

ご相談がありました。

 

デイサービスは、決まった利用者様が

決まった人数で、決まった時間に

生活支援や機能訓練を受けるところです

 

静養室、相談室、専用事務エリアが必要で

トイレは身体が不自由な方でも利用できる

構造と数が必要です

 

過去の経験では

200万~1000万円の費用が必要でした

浴槽や機械浴等の設備の違いで大違いです

 

要介護2の利用者様が3~5時間の利用で

介護報酬は約4360円です

これが18名定員で食事の提供はせず

午前と午後が別の営業だと

1日の売上が約15万7000円になります

月~土曜営業だと月額約400万円になります

 

しかし、現実は軽度の利用者様が結構来ますし

様々な都合でプラン通りになりません

採用した職員が低レベルだとすごく苦労します

したがって、約7割の280万円が

順調に行っている時の売上だと考えてください

 

そして、経費に関しては

賞与や社会保険料を見込むと

最低月額130万円の人件費は必要になります

苦労する経営者も月30万円は欲しいものです

他に、光熱費、消耗品、維持費、リース料など

多く見積もって50万円位は必要になります

 

銀行融資だって、最初は信用がないので

運転資金しか借りられない場合が多いです

1000万円融資で返済は5年が多いのです

この場合、毎月の返済額は約20万円です

 

なので、ざっと考えただけでも

売上が280万円程度で

経費が230万円かかります

 

建物の賃貸料金と改築費用は

大変重要な因子になります

そこの賃貸料が月額40万だと

ものすごく冒険的な経営が待っています

 

農地が多い地域ならば

土地を購入して自社で新築も考えられます

建設融資なら多額で長期返済が可能なので

6000万円借りて20年返済なら

月額返済が約25万円です

 

4000万円を建設資金として

残り2000万円を運転資金として

稼働させれば、安心の財源で

長期にチャレンジができるわけです

 

どんなコンセプトのデイサービスにするか

規模はどれくらいにするのか

熟考すると自ずと経費が導かれます

できるだけいっぱい理念を盛り込んだ

楽しい事業計画をたててください

 

って説明をして

これが無料のアドバイス内容なので

いつまでたっても当社は貧乏です