ハワイ島のドッグ事情

テーマ:

 

 

翌日は朝早く起きて、暗いうちからフルーツやベーグルの朝食を食べて

 

向かったのはヒロの街。

 

 

 

土曜日、ヒロの街ではファーマーズマーケットが開催されています。

 

この

私たちが泊まっているボルケーノビレッジからヒロの街までは車で40分。

 

見た事もないような南国のフルーツがゴロゴロ。

 

 

アンセリウムやジンジャーの色鮮やかな花々も買って帰りたいけれど

 

今回は滞在中に食べる野菜だけ買ってヒロの街を出発。

 

ヒロの街から向かうのはまたまたハワイ島の反対側、コナ。

 

やっぱり3通りの行き方があり、

 

①.島の上を通る(ハマクアコーストという素晴らしい海岸線をドライブ)

 

②.島の真ん中をつっきる(右手にマウナケア山を眺める)

 

③.島の下を通る(こちらも海岸線をドライブ)

 

私たちが選んだのは②.

 

理由は一番早くコナの目的地に着きそうだったので...。

 

 

コナにある、この子のいるブリーダーさんを訪ねるのが目的でした。

 

 

この大きな子犬、スタンダードプードルの赤ちゃんです。

 

まだ3ヶ月弱。

 

ちょうど私たちが訪ねた日の午後、新しいオーナーさんのところに

 

行く事になっていました。

 

新しいオーナーさんは馬、ヤギ、スタンダードプードルを飼っているので

 

この子も牧場を駆け回りながら大きくなるよ、とブリーダーさん。

 

ハワイ島、島が広いだけあります。

 

牧場も至る所にあり、広いところでのびのび育つんだろうな。

 

だからでしょうか、オアフ島ではあまりいない動物のブリーダーが多いのは。

 

ここ、スタンダードプードルの犬舎はコーヒー農園の中にありました。

 

 

 

今回なぜ、スタンダードプードルのブリーダーさんを訪ねたかというと...

 

子犬はもちろん可愛いけれど、子犬を見るが目的ではなく、

 

このブリーダーさんは犬を育てるのにロウミートボーンのダイエットを

 

実践している、ということを知り、ぜひ訪ねてみたかったのです。

 

 www.RawMeatyBones.com.

 

ようするに売っているドッグフードではなく

 

生の骨付き肉を食べさせて育てる、ということです。

 

実際にお食事風景も見学させてもらいましたが、犬達は

 

ガシガシと骨付き肉を食べていました...。

 

市販のドッグフードには必要な栄養が全て詰まっているという

 

認識のもと、ハナを育ててきましたが、ココのブリーダーさんに

 

言わせると

 

「犬はオオカミと同じよ、オオカミがビタミン飲みますか?

 

狩りをしてしとめた動物の肉を骨まで食べるのがオオカミ。

 

犬も一緒よ」

 

生肉ならば、チキン、ビーフ、ラム、どんな肉でもOK。

 

確かに、ここにいる犬達はみんな体格もしっかりしているし

 

毛並みも良いし、ビックリしたのはみんな、歯がきれい。

 

私の質問「歯はどんなメンテナンスをしていますか?」

 

ブリーダーさん「フフフ、骨を食べているから歯が骨で磨かれるの。

 

セルフメンテナンスよ。あとは広いコーヒー農園を思いっきり

 

走り回るの。骨付き生肉&エクソサイズ」

 

 

今更、ですが、私もハナに実践してみよう。

 

ロウボーンミートダイエット!

 

(なま肉を食べた事が無いハナがはたして食べるかどうか疑問ですが)

 

 

 

 

 

 

AD

今年2度目のハワイ島ー5

テーマ:

雨の降り出したコナコーヒーの農園から次の目的地は宿泊する

 

ボルケーノビレッジ。

 

距離にすると102マイルの道を小さなレンタカーで走ります。

 

走行時間2時間少しで到着。

 

 

オアフ島から来てドライブをしていると、実感するのがハワイ島の大きさ。

 

A地点からB地点までの移動距離が長いこと....。

 

ハワイ島の面積は10432.5㎢。

 

東京都の約5倍の広さがあります。

 

コナからボルケーノビレッジまで行く道は3つのコースがあります。

 

島の上を通るか、下を通るか、真ん中を通る道。

 

この日選んだのは真ん中を通る道。

 

今回は登らないマウナケア山を左手に見ながらひたすらドライブ。

 

 

宿に到着した頃には日も暮れて

 

お部屋の暖炉には火が灯ります。

 

夏でも夕方から夜半は暖炉の火が必要なくらい冷えるボルケーノビレッジ。

 

上の写真のロフトが母娘の寝室。

 

 

私は一階の暖炉のすぐ側にベッドを作りました。

 

暖炉の炎を見ながら夜を過ごすのが好きだから...。

 

 

今回の旅は、部屋にフルキッチンが付いているので

 

食材やワインやチーズをオアフ島から持って来て

 

ディナーは女3人で作って食べる旅。

 

なにしろ夜は真っ暗になるボルケーノビレッジからわざわざディナーを

 

食べるために街までドライブするのも嫌だしワインも飲めないし...

 

というのが理由です。

 

 

ディナーを食べ終わってからハワイ島1日目の最大イベント。

 

お酒をいっさい飲まない母友の運転で夜のボルケーノナショナルパークへ。

 

お酒を飲まない友人に感謝するのはこういう時。

 

 

夜間無料のナショナルパークの中に入り、ジャガーミュージアムの

 

目の前から見えるハレマウマウ火口から赤い溶岩がふつふつと湧く

 

噴火の現場で、私たち、自然の威力と地球の鼓動を静かに感じて来ました。

 

 

 

AD

今年2度目のハワイ島ー4

テーマ:

 

私はここに来るのは三回目。

 

ですが、なぜか大好きなコーヒー農園なので、今回もやってきました。

 

 

いつも参加するのは無料の農園ツアー。

 

 

真っ赤に色づいたコーヒーの実を一つ取って

 

口に含みます。

 

コーヒーは、実は何とも甘い果実。

 

 

コーヒーは果実の種を焙煎して、出来上がるんです。

 

ブルーマウンテンの次に高価なコナコーヒー。

 

どうしてかというと、人件費がかかるから、これだけ価格が

 

高くなってしまうんです、という説明を受けました。

 

昔は、子供から大人まで、家族総動員でコーヒーの実を収穫していたそうです。

 

収穫時期に合わせて学校の休みが決まる、という

 

生きるための優先順位に合わせて日々の生活がまわっていた時代のお話。

 

 

こちらUCCのコーヒー農園で収穫されるコーヒー豆は

 

ココの販売所で売るくらいの収穫量なので、他の島や

 

ショップには卸さないそうです。

 

農園ツアーが終わる頃、一緒に参加されていた大阪からいらしたご夫婦。

 

夫婦「これから焙煎ツアーに参加しまーす」

 

私たち「え、焙煎ツアーがあるんですか?」

 

UCC担当者「$35でご自分でコーヒー豆を焙煎してオリジナルラベルを

 

こちらで作ったバッグに入れてお土産としてお持ち帰りいただけますよ」

 

というセールストークにやられた私たち。

 

焙煎ツアー、大阪のご夫婦と一緒に参加してきました。

 

 

 

指導者の三木さん。

 

この方は過去2度お邪魔した時も、コーヒー農園ツアーのご案内を

 

してくださいました。

 

 

こちらが焙煎した豆を入れてお土産に持たせていただけるバッグ。

 

写真を撮って、即席で作っていただけます。

 

記念日なんかに作るカップルが多いそうです...。

 

 

焙煎前のコーヒー豆。

 

 

実はココの農場でのもう一つのお楽しみはこちら。

 

コナコーヒーのアイスクリーム。

 

何回行ってもまた行きたくなる場所ってありませんか?

 

私にとってはここがそう。

 

きっとこれからも、ハワイ島に行くたびに、寄るんだろうな。

 

 

午前中は晴れるけれど、午後になると必ず雨が降る、こういう気候が

 

コーヒー栽培には最適なんです、という説明を受けましたが

 

確かに午後になって大粒の雨が降ってきました。

 

雨の合図で私たち、次の目的地へGO。

 

 

 

AD