こんにちはニコニコ

 

先月、ノーツコンソーシアムでユーザー情報交換会が開催されました。
その際に筆者が参加者の皆様に質問を投げさせていただきましたパー

 

「Notesクライアントにはドメイン検索機能が使用できますが、
Anonymousでブラウザから使用する場合に利用できる検索ツール等はご存じないですか?

 

GSA Extender for NotesCBES
とてもいい製品で理想ですが、お値段も素敵すぎなんです・・・

 

値段を落とすためにある程度機能が制限されても構いません。
(Notesの文書を検索するだけでもよい)何かいい製品をご存じないですか?」

 

 

このようにお聞きしたところ、I社S様より

以下のような私の発想になかった回答が返ってきましたびっくり

 

「Notes文書だけ検索すればいいのであれば自分で作ればいいじゃないですか?」

 


・・・・・確かに。。。
作成するということは頭の中になかったですw

 

ということで作成したDBを

いくつかの回に分けて紹介していきたいと思います。


このDBを作成するにあたってポイントをいくつかまとめてみました。
・FTSearchをうまく使う
・NotesにはACLがあるのでうまく利用する
・上記とは逆にフラグ等でACLを制御していない文書の扱いを注意する
・馴染みのあるUIにしてみる

 

・・・あとは思いついたら組み込んでみるということでてへぺろ

 

ーーー手順ーーー

1)DBを作成する
筆者は以下のようにDBを作成しました。

DB名、ファイル名は何でもいいです。

筆者は「検索サイト/search.nsf」としています。

(実際運用に渡すときはかっこいい名前にしますけどw)

テンプレート等の設計も必要ありません。


2)早速XPageを作成します。
特にバインド等はしません。

こちらも名前は何でもいいです。
テスト用に作成したので「demo_1」とかにしておきますか。

 

 

3)編集ボックスコントロール・ボタンコントロール・繰り返しコントロール・計算結果フィールドコントロールを以下のように配置します。


ここまで出来ましたらXPageを一度保存します。
(設計上、エラーになります)

 

 

4)続いて装飾をしていきたいと思います。

 

・編集ボックスコントロールのIDを「queryText」
・ボタンコントロールのラベルを「検索」


5)ここまで出来ましたらXPageを一度保存します。
(設計上、エラーになります)

 

 


これで最低限のUIレイアウトは完成しましたので、次回は検索エンジンになるSSJSを作成します。

 

 

本日はこの辺でウインク

 

 

 

あでゅーパー

 

 

AD