この記事から見る方は

ひとつ前の

映画『マリー・アントワネット』とコラボ その1から

ご覧くださいね。


それで、この映画マリー・アントワネットとの

タイアップの特集記事のオファーをもらった時、

私の中でちょっとしたズレがありました。

・・・と言うのも今回の映画の中では

サンダルキュートでおしゃれで
天真爛漫なアメリカン・マリー口紅
だったから。


私の中のマリーは14歳で

フランスの皇太子ルイ・オーギュストに嫁ぎ、

なんと国家に影響を与える立場に置かれてしまい、

しかも夫とはつまらない日々・・・

そんなとき、とあるパーティーで目と目が合い、

とたんに恋に堕ちる二人。

マリーの若々しい美しさと、

フェルセン伯爵の精悍な男らしさは

たちまちお互いを引き寄せたことでしょう。

しかし、この恋はフェルセン伯爵の

マリーへの確固たる忠誠心からなり、


王冠1究極のプラトニックラブ王冠1だったと言う説もあるのです。

実はオファーのあった

この
フェルセン伯爵との一夜
と言うのは

映画の中にも出てこない架空のシーンなのです。

もし処刑前夜、マリーとフェルセンが
一夜を過ごすとしたら・・・


と言う私の妄想の元目

二人の傍らにあったお菓子を表現してみました。



9層に重ねた層は

幾重もの苦難を表し、

チョコケーキココアのフィユタージュはマリーの経験した

苦楽を何層にも見立て、

チョコケーキショコラのカスタードクリームは

濃厚な口どけと芳醇な香りが

ときめくような愛への期待。

チョコケーキ中心のマカロンは口に入れたとたんに

消えてしまう、はかない恋のせつなさ。

チョコケーキ間に挟まれたラズベリージャムは若いマリーの

はじけるような甘酸っぱい恋の匂い。

チョコケーキ純白のプレートに描いたのは

マリーの情熱と

フランスの民衆の反発。

チョコケーキアメの糸は何も言えずにただ見守る

ルイオーギュストの届かぬ思い。



・・・私の妄想壁が炸裂する中
いちご苺入りのシャンパンカクテルグラスと頂く
こんなお菓子が生まれました。

しかもこのお菓子、、

ドキドキパイに水分が移るまでの

たった一夜の賞味期限ハートブレイク
なのです。
AD
美研インターナショナル出版『Rosalba』音譜


ブーケ1マリーアントワネットが愛した
Sweets & Tableブーケ1

シーン6『フェルゼン伯爵との一夜』
レシピ掲載されました。

この依頼を受けてから
まず、架空のシーンであることが
私の想像力を掻き立てました。

お菓子のデザインやパーツ、イマジネーションは
浮かび始めたら止まらないのでアップ
とにかくすぐに書き留めるために殴り書きになります。


そして出来上がったお菓子は・・・
王冠1ミル・ノワール『幾重もの苦難』王冠1

9層に重ねたとろけるようなミルフィーユ



それをコーディネイトしてこちら。


レシピと写真を紙面に掲載してもらいました。


華やかではありませんが、
このショコラのミルフィーユの中に
この場面でのアントワネットの気持ちを
たっぷり込めています。 

そこでロサルバの紙面にに入りきらなかった
ミル・ノワールをもう少し解説させてください。memo

では次の記事で・・・矢印
AD