1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月21日(土)

ホンダ スポーティーな走りの「CB1100 RS」を新たに追加し発売!!

テーマ:函館マジマ国産館

 Hondaは、空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載した定番の大型ロードスポーツモデル「CB1100」「CB1100 EX」の各部の熟成と深化を図るとともに、17インチホイールを採用するなど、より軽快感のあるスポーティーな乗り味を実現した「CB1100 RS」を新たに追加し、1月20日(金)に発売※1します。

 

 

 CB1100シリーズは「“鷹揚(おうよう)”ゆったり乗る・見せる・魅せられる」をコンセプトに、穏やかな出力特性の空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載し、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求して開発。2010年3月の発売以来、高い質感と扱いやすい乗り味でお客様の価値観や所有欲を満たす伝統的なネイキッドスタイルの大型ロードスポーツモデルとして熟成・深化してきました。

 今回のCB1100シリーズはシンプルでエモーショナルな佇まいと新たな走りの方向性を拡げることをねらいに、初代からの開発コンセプトを継承しつつ、CB1100 EXは所有する喜びをさらに深め、細部に至る仕上げと質感を追求し伝統的なスタイルの深化を図るとともに、従来モデルより5kgの軽量化を実現させました。CB1100 RSはスポーティーな走りを実現する17インチホイールの足回りを採用し、車体ディメンションや足回り主要部品を変更するとともにCB1100 EXよりもさらに3kgの軽量化を図り、応答性の高い軽快なハンドリングを実現させました。CB1100は従来からの端正なデザインを継続しながら、CB1100シリーズ共通の新設計マフラーとエアクリーナーを装着し、空冷直列4気筒エンジンの魅力を深化させました。

  • ●CB1100シリーズの共通装備
  • ・直列4気筒らしい吹け上がり感と重厚なサウンドを際立たせた新設計のシンメトリーな左右二本出し小型軽量マフラー
  • ・質感を高めるクロームメッキ仕上げの2重管構造のエキゾーストパイプ
  • ・クラッチレバーの操作荷重を従来比約16%低減し、扱いやすさと快適でスムーズな乗り味を提供するアシストスリッパークラッチ
  • ・全タイプに標準装備したABS
  • ・駐車状態からの引き起こし荷重を軽減するための傾斜角を採用したサイドスタンド
  • ●CB1100 EX/CB1100 RSの共通装備
  • ・手作り感のある曲面基調の彫りの深いフォルムと、手塗りを重ねたような平滑度の高い高品位な塗装を採用したフランジレスフューエルタンク
  • ・素材の質感を引き出す手仕上げによるヘアライン加工を施したアルミプレス製サイドカバー
  • ・バフ仕上げの美しさを引き立てるアルミダイキャスト製ステップホルダー
  • ・ステップホルダーの輝きと協調させたアルミ鍛造のチェンジペダルやブレーキペダル
  • ・スムーズな減衰力特性を発揮し、上質な乗り心地に寄与するショーワ製SDBV(ショーワデュアルベンディングバルブ)フロントフォークを、それぞれの特性に合わせた仕様で装備
  • ・トラディショナルなフォルムを守りながら洗練さを印象付けるLED仕様のヘッドライトとコンパクトなLED仕様のテールランプ
  • ・質感を高めるアルミプレス製チェーンケース
  • ・盗難抑止性を高めるウェーブキー
  • ・メーター中央のインジケーター部に質感を高めるサチライトメッキを施したカバー
  • ・標準装備としたETC車載器※2とグリップヒーターおよびインジケーターランプ
  • ●CB1100 EXの装備
  • ・トラディショナルな姿と軽量化を目指し、新設計した前後18インチのアルミ製リムや小径ハブ
  • ・美しい輝きと手入れのしやすいステンレス製40本スポーク
  • ・トラディショナルな印象のバルブ式大径丸型メッキウインカー(CB1100と共通)
  • ・アップライトなライディングポジションのハンドルを採用したTypeIとスポーティーなライディングポジションのローハンドルを採用したTypeIIをタイプ設定
  • ●CB1100 RSの装備
  • ・軽快なライディングフィールを可能とした専用の足回り装備とキャスター角26度の専用ディメンション
  • ・スポーティーなキャラクターを演出する、アルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤ
  • ・前傾のライディングポジションとなる新設計のローハンドル
  • ・軽快なハンドリングを実現するφ43mmのインナーパイプや2ピースボトムケースを採用したショーワ製SDBVフロントフォーク、リザーバータンク付きリアクッション、新設計の軽量アルミ製スイングアーム
  • ・スポーティーな印象を感じさせる樹脂製フロントフェンダーやラジアルマウントブレーキキャリパー
  • ・コンパクトでスタイリッシュなLEDウインカー
  • ・エアチェック時のメンテナンス性を向上させたL字バルブ(CB1100と共通)
  • ●CB1100の装備
  • ・安定感のあるゆったりとした走行をもたらすアップハンドルや18インチキャストホイール
  • ・ETC車載器※2とグリップヒーターおよびインジケーターランプを装着したE Packageをタイプ設定
  • ●カラーバリエーション

CB1100 EX<TypeI>/CB1100 EX<TypeII>

  • ・キャンディープロミネンスレッド
  • ・パールサンビームホワイト
  • ・パールシャイニングイエロー

CB1100 RS

  • ・グラファイトブラック
  • ・キャンディープロミネンスレッド

CB1100/CB1100E Package

  • ・パールグレアホワイト
  • ※1CB1100 EX、CB1100 RS、CB1100 E Packageは、「二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要になります
  • ※2ETC2.0非対応
お買い求めご予約はホンダ正規販売店の函館マジマグループまでお気軽にお問合せください!!
 
 
函館マジマ国産館
函館市松陰町17-11
0138-32-8192
 
函館マジマ札幌支店ビーストリクト
札幌市中央区南21条西11丁目1-1
011-533-8198
AD
 |  リブログ(0)
2017年01月20日(金)

スズキ、150ccの新型ロードスポーツバイク 「ジクサー」を発売!!

テーマ:函館マジマ国産館

スズキ株式会社は、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を1月27日より発売する。
「ジクサー」は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイクである。スズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなる、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スポーティーなスタイリングとした。
フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな154cm3エンジンを、軽量で剛性の高いフレームに搭載することで、力強い加速性能と優れた燃費性能を実現した。さらに、多機能メーターや、前後輪ディスクブレーキ、大径フロントフォーク、7段階調整式リヤサスペンションなど、スポーツバイクに相応しい装備を採用した。
「ジクサー」は、2014年にインドで生産・販売を開始し、アジアや中南米向けを中心に輸出している。インドで13の部門でバイクオブザイヤーを受賞するなど、海外市場で好評を得ているモデルを日本市場に投入することで、軽二輪車の新規需要を開拓する。

 

 

ジクサー」の主な特長

エンジン・車体

  • 専用開発の空冷単気筒154cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、低速からの力強い加速性能(最高出力10kW/8,000rpm、最大トルク14Nm/6,000rpm)と優れた燃費性能(58.8km/L)を実現。
  • 平成28年国内新排出ガス規制に対応。
  • コンパクトなエンジンと軽量なフレームの採用により、軽量な車両重量(装備重量135kg)を実現。
  • アップライトなハンドルやシートのポジションにより快適な乗車姿勢を実現。
  • ※国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。

装備

  • 視認性の高いフルデジタル表示の液晶多機能メーター。
    • 1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
    • 2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
    • 3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
  • 大径のフロントフォーク(インナーチューブ径41mm)と7段階調整式のリヤサスペンション。
  • 大径の前後輪ディスクブレーキ(前266mm、後220mm)。
  • リヤタイヤに140サイズのラジアルタイヤを採用。
  • 長距離の走行に安心な大容量12Lの燃料タンク。

デザイン

  • スズキの大型スポーツバイクと共通イメージのスポーティーなスタイリング。
    • 1)力強い印象を与える、ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、タンクの一体感
    • 2)ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザイン
    • 3)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLEDテールランプによる、シャープでコンパクトなリヤ周り
    • 4)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー
  • 車体色は、青「トリトンブルーメタリック」、黒「グラススパークルブラック」、黒/赤「グラススパークルブラック/キャンディソノマレッド」の3色を設定。
お買い求めご予約は函館マジマグループまでお気軽にお問合せください!!
 
 
函館マジマ国産館
函館市松陰町17-11
0138-32-8192
 
函館マジマ札幌支店ビーストリクト
札幌市中央区南21条西11丁目1-1
011-533-8198
AD
 |  リブログ(0)
2017年01月19日(木)

スズキ、250ccの新型ロードスポーツバイク 「GSX250R」を発売!!

テーマ:函館マジマ国産館

スズキ株式会社は、250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を4月17日より発売する。

「GSX250R」は、2016年11月にイタリア・ミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングを特長としている。
搭載する248cm3の2気筒エンジンは、平成28年国内新排出ガス規制に対応しながらフリクション低減や燃焼効率向上など、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性とした。「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたスタイリングは、テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザインとし、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながら、快適なライディングポジションを実現した。

 

 

「GSX250R」の主な特長

エンジン・車体

  • ・水冷2気筒248cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性(最高出力18kW/8,000rpm、最大トルク22Nm/6,500rpm)と優れた燃費性能(41.0km/L)を実現。
  • ・平成28年国内新排出ガス規制に対応。
  • ・車両全体で見直しを行い、既存エンジン搭載の「GSR250F」と比較して11kgの軽量化を実現。

※国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。

装備

  • ・黒基盤に白字を表示するネガ液晶を採用した、視認性の高いフルデジタル表示の多機能メーター。
    1. 1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
    2. 2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
    3. 3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
  • ・快適なライディングポジションに調整したセパレートタイプのハンドルバーと前後分離式シート。
  • ・専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンション。
  • ・前後輪に花弁形状のブレーキディスクを採用。
  • ・長距離の走行に安心な大容量15Lの燃料タンク。

デザイン

  • ・「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたスタイリング。
    1. 1)テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなデザイン
    2. 2)スズキのスポーツバイクの特長である、ヘッドライト左右に配置した吸気口とポジションランプ
    3. 3)先進的なイメージを持たせた面発光LEDのポジションランプとテールランプ
    4. 4)スポーティーな一本出しマフラー
  • ・車体色は、青/白「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」、赤/黒「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」、黒「パールネブラーブラック」の3色を設定。
お買い求めご予約は函館マジマグループまでお気軽にお問合せください!!
 
 
函館マジマ国産館
函館市松陰町17-11
0138-32-8192
 
函館マジマ札幌支店ビーストリクト
札幌市中央区南21条西11丁目1-1
011-533-8198
AD
 |  リブログ(0)
2017年01月16日(月)

ホンダスポーツモデル「VFR800F」「VFR800X」の装備を充実させ発売!!

テーマ:函館マジマ国産館

Hondaは、スポーツツアラーとして定評のある「VFR800F」※1の各部の熟成に加え、装備を充実させるとともに、クロスオーバータイプである「VFR800X」※1のツーリングでの快適性を高めて、それぞれ1月16日(月)に発売します。

 

 

 

VFR800Fは、開発コンセプトの「大人のスポーツバイク 〜Elegant Sport〜」を踏襲しながら、スポーツツアラーとしての装備をさらに充実させました。スタイリングは、エッジの効いたシャープで上質感のあるデザインを継承。今回、ボディーカラーに新色のデジタルシルバーメタリックを加え全4色設定とし、メインフレーム、フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一、精悍さと高級感を演出させるとともに、新たに左サイドカウル部に各種端末の電源に使えるアクセサリーソケットを標準装備して使い勝手を向上させました。
 VFR800Xは、装備をさらに充実させ、ツーリングでの快適性を高めました。スタイリングは、冒険心をかき立てる、タフで洗練されたクロスオーバーデザインと存在感のある軽快なプロポーションを踏襲。フロントブレーキディスクハブ、フロントアクスルホルダーをブラックで統一し、従来のパールグレアホワイトに加え、今回、上質感のあるキャンディープロミネンスレッド、精悍なマットバリスティックブラックメタリックを追加し、全3色を設定しています。左アッパーカウル部にはVFR800F同様にアクセサリーソケットを標準装備しました。また、手動操作で5段階の調整が可能な可変タイプの「アジャスタブルウインドスクリーン」を採用し、走行状況に応じて走行風を抑制することで疲労軽減に貢献しています。
 さらに、VFR800FおよびVFR800Xともに、内部構造を3室から2室に変更した異形テーパー形状マフラーを採用し、出力向上とともにV型4気筒エンジンらしい重厚で歯切れの良い排気音を実現。さらに、従来モデルに比べ、コンパクト化したマフラーを車体中央寄りに配置することで、マスの集中化を図り快適な操縦性を実現。また、利便性を高める、ツーリングに便利なETC車載器と寒冷時に役立つグリップヒーターの標準装備を継続しています。

  • ※1「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用、および決済用のETCカードが必要となります
お買い求めご予約はホンダ正規販売店の函館マジマグループまでお気軽にお問合せください!!
 
 
函館マジマ国産館
函館市松陰町17-11
0138-32-8192
 
函館マジマ札幌支店ビーストリクト
札幌市中央区南21条西11丁目1-1
011-533-8198
 
 |  リブログ(0)
2017年01月15日(日)

苫小牧新春フェア最終日!!

テーマ:ブログ
おはようございます!!

本日の苫小牧も絶好調に晴れております!!

あっと言う間の新春フェア最終日!!

皆様は沢山のチャンスをゲットしたことだと思います!!

最終日の今日もまだまだ福袋もありますよ!!




勿論2017年モデルハーレーダビッドソンをはじめ、皆様のツボをくすぐるような中古車もありますよ!!





まずは見に来てくださいね!!

今日の営業時間はPM5:00までになりますので宜しくお願いします!!

本日最終日も皆様の沢山のご来場スタッフ一同お待ちしてますね!!



函館マジマ苫小牧特設会場
苫小牧市有明町1-7-12
0144-75-0819
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

函館マジマ株式会社

Facebookページも宣伝

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。