2010年07月25日(日)

メモリアルコンサート。

テーマ:公演
加藤アイリーンさんにささげるメモリアルコンサート。


$わしおの日記-2010072421300000.jpg


アイルランドの作曲家ポール・ヘイズ氏の連作歌曲集を
世界初演しました。


作詩は生前の加藤アイリーン女史によるもの。
最後の曲はピーター・マックミラン氏の作詩で、
アイリーンさんへむけての想いをつづっています。


最初は現代曲ということもあって、
譜読みが大変でしたが、かなり長い間、曲を熟成させ、
コンサート当日は想いをこめて歌わせて頂きました。



初演に演奏させて頂いたことを幸せに思います。



生前からもずっと誰からも愛される加藤アイリーンさんの
ご人徳で、コンサートには沢山の方がいらっしゃいました。


アイリーンさんの親友であった、今回の主催者でもある
ピーターさんのアイリーンさんへの詩の朗読も
舞台裏で聴いていて、出番前なのに胸が熱くなってしまいました。
本当に素敵でした音譜





そして、後半は華やかにオペラアリアや重唱のコンサート!!!

テノールのジョン健ヌッツォさんとピアノの石川悠子さんとともに
素敵な時間、空間を創っていきました。


ジョンさんの「誰も寝てはならぬ」を生で聴き、圧巻。
ニューヨークやイタリアのオペラを観に行った時の
感覚が体に蘇ってきました。
衝撃の体験。

これは、間違いなく自分のオペラ人生の中で
忘れられない経験になりました。


ピアノの石川悠子さんとは前半から一緒に演奏をしていて、
今回がはじめて?!なの??
というくらい息もぴったり。


というか、私が心地よいところをぱっと瞬時に判断してくださって、
曲を導いてくださりつつ、息がぴったりなのは、
悠子さんの才能なのだと思います!!!!!


ピアノの石川悠子さんとo(^-^)o

$わしおの日記






ソプラノ、テノールの2重唱では、間奏でジョンさんとダンスをしたり(*^o^*)


私「あ~~ジョンさんとダンス緊張するよ~~。」
ジョン「大丈夫だよ、僕についてきて!」

と。


あ~、なんと頼もしいんだ!!!




彼の美声を横で聴きながら、大学時代にジョンさんのサインがどうしても
欲しくて、待ち続けて、やっと手にいれたサインのこと
思い出し、

オペラを続けていてよかった・・・ラブラブ思い、幸せな気持ちになれました。







コンサート後にジョン健ヌッツォさんと。

$わしおの日記






コンサート後のレセプションでも
アイルランド大使の方とお話させて頂いたり、
オペラ好きの方々とも交流をもつことができて、
面白いお話も沢山うかがえましたクラッカー



今回、主催してくださった、ピーターマックミランさん、
助手の方々、作曲のポールさん、ホールに携わって下さった方々
コンサートにいらして下さった皆様・・・音譜





この場を借りて御礼申し上げます!!!
感謝でいっぱいです。






またすぐにお会いできますようにニコニコ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Mai Wさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。