Someday, Somewhere

~ようこそ、詩音(shion)のブログへ~


テーマ:

朝鮮日報の記事です。


歌手PSY(サイ)の「江南スタイル」が世界的な人気を博す中、多くの外国人が「この歌詞はどういう意味なのか」と知りたがっているという。


英国のBBCラジオは「江南スタイルの歌詞の意味をきちんと知りたい」というリスナーのリクエストが相次いだため、先日は歌詞全体を英語に訳して朗読した。

米国国防省のスポークスマンが韓国の記者に電子メールを送り「江南スタイルの歌詞はどのような意味なのか」と尋ねたという記事も登場した。

私たちが英語を勉強する際に、洋楽の歌詞を有効活用するように、韓国語を学ぶ外国人にも「江南スタイル」のような有名なK-POPはいい教材となり得るのだろう。



しかし正直なところ、記者は江南スタイルの歌詞の意味まで外国人に教えたい、という気持ちはあまりわかないPSYが作ったというこの歌詞に、外国人に伝えるための努力や真心のような価値ある感性や意味、美しさが含まれているのか確信が持てないからだ。江南スタイルのブームで唯一ともいえる残念な部分は、まさにこの点だ。



夜が来ると心臓が熱くなる女 コーヒーが冷める前に一気飲みする男

今から行くとこまで行ってみようか 

おしとやかに見えるけど遊ぶ時は遊ぶ女 時が来ると完全に狂ってしまう男

筋肉よりも思想がムキムキな男


江南スタイルの歌詞だ。英国の日刊紙『ガーディアン』はこの歌詞について「韓国の貧富格差など社会像を風刺した」としているが、どの部分からそのような印象を受けたのか気になる。



一部では「第2の『江南スタイル』になり得る」という意見まで出ていたPSYの「ライト・ナウ」の歌詞は次の通りだ。「笑わせて座ったね。完全に遊んでひっくり返ったね/1人で太鼓をたたいて鼓をたたいて全くバカ騒ぎしているよ/くるくる回って、見なくてもビデオ…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者の方の感覚 はすごくまっとうなように思います。

この歌詞で何をどう理解すればいいのか・・・「どうでもいい、勝手にすれば・・・」という感じでしょうか。ちなみにこの記事のタイトル「KPOPの歌詞は韓国の顔」でした。

どういう風にとればいいんだろう。韓国の顔だからもっといい歌詞にしないといけないのではという

注意喚起なのか、まさかこの歌が韓国の顔と言いたいのだろうか。


もう一つ朝鮮日報から

【ソウル聯合ニュース】韓国の音楽チャート「ガオンチャート」が9日に発表した10月のアルバムランキングで、人気グループ東方神起のアルバム「Catch Me」が首位に立った。


 ガオンチャートによると、9月に韓国で発売された「Catch Me」は10月に11万4956枚のセールスを記録した。9月の売り上げ枚数(13万1882枚)と合わせた総売り上げは24万6838万枚に上る。


 ただ、同名タイトル曲が10月のデジタル総合チャートで71位にとどまり、アルバムチャートとは対照的な結果となった。


 アルバムランキング2位は「江南スタイル」で世界的ヒットを飛ばしているPSY(サイ)の「サイ6甲 PART1」、3位はEpik High(エピックハイ)の「99」だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この現象は、自国内のファンは音源利用で、CDは日本ファンの大人買い+海外ファンということでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード