こんばんはお月様

湘南・茅ヶ崎、東京・白金台デコパージュレッスン

Atelier Maison de la Mer  HIROKOです。

 

 

 

 

 

HIVに母子感染した孤児たちの生活施設として1999年にタイ北部チェンマイ郊外で設立されたバーンロムサイ。

そこでは、カラフルで繊細な刺繍の古布や天然素材の染めものなど、チェンマイ周辺の少数民族の伝統の手仕事を生かした“ものづくり”をしています。

寄付だけに頼らない、自立した運営を目指してその“ものづくり”ははじまりました。

創設者でバーンロムサイ代表の名取さんが母の友人ということもあり、以前から商品を目にしていましたし話も聞いていましたが、銀座伊東屋で開催中のイベントバーンロムサイの衣食住+art展で母が新たに購入してきたものを見せてもらいました。

 

{A6D77A77-D3A5-40F6-A9EB-A667C8ACF93F}

右上から時計回りにウォレット(お財布)、キーホルダー2種、子供が描いたカード。

 


 
古布を使った刺繍のウォレット。
{D5AAA9CA-504C-4163-9372-ED1B67E8A185}
 
 
{A18D40AD-1EAF-433F-846C-409D0101FB89}
 
 
 
キーホルダーはバッグに提げても可愛いですハート
{60AF63BA-DC93-427A-BD65-8177B2DDF3A3}
 
 
 
{EDF16910-64B8-4872-A9EE-FB6C1B25AE1A}
 
 
 
裏側も凝っています。
しっかりとした作りです。
{3EB677A6-C8B5-4E48-BE1E-301CAD491057}
 
 
 
ビーズのキーホルダーはカレン族のシルバーとの組み合わせ。
{87A1A46F-F636-4D38-A923-C865E4BA1E76}

センスの良さと美しい手仕事にうっとりキラキラ

鎌倉に実店舗があり、オンラインショップもあります。

詳しく→こちら

  

名取さんはあるインタビューで、

「バックグラウンドの話をお客さまに押し付ける気持ちは、まったくないんです。『支援だから』と、気に入らない品を買っていただくよりも、背景を知らないで『わ、かわいい!』と買っていただく方が大切なこと。そう思いながら、現地らしい材料で、現地らしい雰囲気をどう生かしていけるか、工夫しています」

とおっしゃっています。

〝気に入ったものを買うことが、支援になる″という、新しい社会貢献のあり方。

ハンディキャップは人それぞれ違っても自立するということは生きていく上でとても大切なことですよね。

その仕組みづくりが素晴らしいです。

 


こちらは今回の銀座伊東屋のイベント『バーンロムサイの衣食住 +art展』の会場で500円寄付するともらえるエコバッグ。

{989A605E-C15C-46C5-942A-58EC51D01EB1}



可愛いくて使い易そうなので母から譲ってもらって一部をデコパージュしちゃいました!

タイといえばゾウさん!?

{FA258B62-C0F1-4C32-ABAA-3DD2BAD45EE1}



{0BD5687F-A5E9-464A-98D7-15B995DB5993}



白金台でレッスンがある時は何かと荷物が多いのでこちらを使いますビックリマーク

 {A3D74FD3-7547-4096-A575-12BEB409E59F}

 


タイの施設には宿泊施設hoshihana villageもあります。

とても素敵なのでいつか行きたーい飛行機

銀座伊東屋のイベントは2/19(日)まで開催中です!

ご興味のある方はぜひホームページをご覧くださいラブラブ

 

 

 

 

 

Atelier Maison de la Mer

お問い合わせは→こちら

レッスンのご予約は→こちら

レッスンスケジュールはこちら

デコパージュレッスンメニュー・ポリシーは→こちら

アトリエアクセスは→こちら

Instagramは→こちら

Facebookは→こちら

 

デコパージュ作品がたくさん見られるサイトですコレ

ぜひご覧ください音符


にほんブログ村
 
 
日本初!デコパージュ専門情報サイト『デコパージュナビ』のコラムを執筆しました!