福井発 玄米・コシヒカリがうまい農家のBlog

安全・安心・本物「魂のお米」を生産・販売するマイセンが、玄米・健康・その他(?)の情報をお伝えします。


テーマ:
大変おまたせしました!!

今年も美味し~いごはん 新米 キラキラがご用意できました!

炊飯テストを実施しましたが、新米は好きまず香りが違います。
炊き上がる時のなんとも言えない、芳しい香りを是非堪能してください。


◆ご注文はダウンこちらから

  平成22年産コシヒカリ(玄米)

  平成22年産コシヒカリ(白米)


秋の田


豊かな大地の恵に、感謝!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

大変長らくお待たせいたしました。


本日より、新米(コシヒカリ白米)をお届けします。
ふっくら、ぴかぴかの感動新米、ご笑味くださいませ。
白米

※申し訳ございませんが、玄米はもう少々お待ちください。


感 謝


H19年度産新米コシヒカリのご注文は、こちらから

http://www.maisen.co.jp/kounyuu/okome.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

待ちに待った新米のシーズンです。


でも新米をありがたがるのは

実は日本人だけなんだそうです。


「新米(シンマイ)」という言葉ですが

これはかなり昔から使われてました。


室町時代にキリスト教布教のために来日していた

ポルトガル人の宣教師たちが作った

日葡辞典には「シンマイ」という言葉が

「新しき米」という意味で載っています。


「初物を食べると70日長生きする」


という初物信仰は

「新米」という言葉が象徴するとおり

室町時代からすでにあったようです。


感謝


残留農薬ゼロ安全・安心、美味しい新米を食べたい方はこちら
http://www.maisen.co.jp/kounyuu.html
お米、健康情報が満載のマイセンのホームページはこちら
http://www.maisen.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コシヒカリの稲刈り真っ最中です。

稲刈


台風が目の前に迫っていますので

これからのお天気がちょっと心配です。


でも今は不思議なくらい静かです。
風もありませんし、雨も降っていませんし

時々陽も差します。

稲刈りは今のところは順調。

コシヒカリの新米(白米)の出荷は

9月10日からを予定しています。

玄米は精選に時間がかかりますので

もうちょっと先になります。

ご勘弁下さい。

キヌヒカリは今月初めより新米です。


感謝


残留農薬ゼロ、安全・安心のお米を食べたい方はこちら
http://www.maisen.co.jp/kounyuu.html
お米、健康情報が満載のマイセンのホームページはこちら
http://www.maisen.co.jp/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
玄米はあんまり…、なんかぼそぼそしているから…。
 
白米でも炊き方や品種によりぼそぼそすることもあります。

玄米も白米同様、品種により食感が大きく異なります。
勘違いしている方もたまにいらっしゃるので念のため。玄米という品種が
あるわけではありません。

玄米のおいしい炊き方でも書かせてもらいましたがお奨めはコシヒカリ
もちろん残留農薬ゼロのもの。

コシヒカリの最大の特徴はあの「ねばり」でしょう。お米を食べておいしい
と感じる要素は人それぞれで個人差はあるでしょうが、日本人の場合は「ね
ばり」においしさを感じる傾向が強いようです。

お米にはアミノペクチンとアミロースという二種類のデンプンがあります。
この2種類のデンプンの含有率の違いがねばりの違いとなります。アミロー
スの割合が高いとパサパサした食感になり、低ければもちっとした食感にな
ります。

ただアミロースの割合が低いほどいいかといえばそうではありません。ちな
みにもち米はアミロースが全くありませんがもち米を主食として毎日食べて
いる人はそうはいないと思います。重要なのはバランス。一般的な日本のう
るち米のアミロースの割合は20%前後ですがコシヒカリの場合は16~18%で
す。コシヒカリぐらいのバランスが日本人好みのもっちり感を生み出します。

玄米の悪いイメージのひとつ、「ぼそぼそ感」はコシヒカリの玄米には感じ
られません。ですから玄米を選ぶ際には品種にもこだわってほしいのです。

奇跡的に生まれた究極のお米コシヒカリは、玄米食でも最適の品種です。

感謝

残留農薬ゼロの安心・安全なお米を食べたいかたはこちら
http://www.maisen.co.jp/kounyuu.html
お米、健康情報が満載のマイセンのホームページはこちら
http://www.maisen.co.jp/
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
うまいお米の代名詞ともいえる「コシヒカリ」。

コシヒカリといえば新潟県というイメージがあり、新潟で生まれたと思っている方も多いでしょうが、実はコシヒカリ発祥の地は福井県です。


コシヒカリ誕生までには様々なドラマがあり、数々の奇跡があります。

奇跡その1 福井大地震を乗り越える
コシヒカリは昭和23年に福井農業試験場で試験栽培され始めました。しか
しその年の6月にいきなり福井大地震(マグニチュード7.1) に見舞われ地
割れで噴出する土砂で水田は覆われほぼ全滅状態になります。しかしコシヒ
カリの試験田だけは何故か成長を続けます。たまたま運が良かっただけなの
か、生命力が強かったためか今となってはよくわかりません。

奇跡その2 空梅雨、洪水
地震の1ヵ月後の7月下旬には大雨により、地震で被害を受けた堤防が決壊
し、あふれた水が試験場の水田まで押し寄せました。しかしその年は空梅雨
であったため大雨が幸いし、水の引いた後は水不足にあえいでいた水田に潤
いを与え秋には豊作を迎えることになります。

奇跡その3 見た目と味のよさ
そもそもコシヒカリは、病気に強く「質より量」を重視しての品種改良が目
的でした。しかし実際は本来の目的とは全く逆でコシヒカリは病気には大変
弱いものでした。にもかかわらずこのコシヒカリがその後も試験栽培された
その理由とは?

質と熟色のよさ

本来の目的とは正反対の性格を持つコシヒカリですが、味、収穫時の熟色の
美しさが幸いしあと一年あと一年という感じで栽培が続けられます。

奇跡その4 化学肥料に対する認識の変化
当時、米を量産するためにたくさんの化学肥料を与えていました。しかしこ
の頃ぐらいから倒伏しないのをいいことに化学肥料を多用することに対する
警鐘が鳴らされ始めます。コシヒカリは倒伏しやすい品種ではありますが、
肥料を押さえることにより倒伏の回避は可能でした。

奇跡その5 新潟県の推奨品種に
倒伏しやすいという大きな欠点のあったコシヒカリではありますが、こうした
背景、新潟農業試験場長のなかば強引な決断により新潟県の推奨品種とな
ります。品種名をつける際には、どこかの県が推奨品種にする必要があります。
新潟県の推奨品種となったことで「コシヒカリ」の名が与えられました。
「コシヒカリ」という名前は福井と新潟の技術者により「越の国に光輝く」
という意味を込めて命名されました。

こうして数々の困難を乗越え奇跡的に誕生したコシヒカリは、現在越の国に
とどまらず日本全国で光輝き、命名より50年を経た現在なお作付面積・収
穫量ともダントツ1位のまさしく日本一の米として親しまれています。

※越の国・・・越前福井から越後新潟までをさします

感謝

残留農薬ゼロの安心・安全なお米を食べたいかたはこちら
http://www.maisen.co.jp/kounyuu.html
お米、健康情報が満載のマイセンのホームページはこちら
http://www.maisen.co.jp/
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。