14歳  千原浩史

千原兄弟の弟、ジュニアさんがかいた自伝的小説『14歳』を読みました。



ジュニアさんが14歳のときの引きこもってたときのはなし。



本当にジュニアさんが書いたの?って思うぐらいすごい引き込まれました。


引きこもっているときの気持ちとか、その理由とか、昔とか。

すごく読んでて現実味があって、凹みました。

落ち込んだよ。

読み進めるのが恐かったり。苦しくなったり。



途中泣いたり。


かなりお気に入りの1冊になりました。



ほんとよんで、千原兄弟が芸人やっていて良かったと思った。

千原兄弟が好きでよかったと思ったよ。



自分はこんなジュニアさんみたいな息子を持ったら耐えられないとおもうけどね。

AD