転職。

テーマ:

3月末で 某所窓口の仕事を退職し
4月から 心機一転
講師の仕事を始めました。

前職は契約切れだったので
有無を言わさず クビ切られました。
まじめに勉強して 知識も増やしたのに
契約社員なんて、そんなもの。

今度の仕事は資格が必要だったので
3週間くらい 必死に勉強しました。
最後は 実技を 管理職の前で行って
筆記試験にも合格して 修了証ゲット。
なのに、翌週 課長の抜き打ちテストで
30人の前で いきなり講師やれとか…

もうこうなると怖いものなんてない。
人間、変われば変わるものです。

人前で話すのが嫌で
一度も葬儀で 喪主やらなかったのに(笑)

テキストの知識だけで
いかにも、色々場数踏んでますみたいな
顔をして 講義をしてるわけです。

でも やりがいはあります。
1年後に更新の見直しがあるようなんで
クビにならないように 頑張ります。






そんな 疲れた私に
息子が マッサージ機を買ってくれました。

まともな 母の日のギフトは
人生初かもしれないわ、感動した。

上の写真は 遊びにきた友達と
マッサージの具合を 試してるところ。
…なんか、微笑ましい(笑)

AD

編物。

テーマ:
編みたい欲望が
数年ぶりに沸き上がってきた、この冬。

マフラーを編むつもりが
極太毛糸で編んだら、厚みがすごくて
2玉で終了して かばんに方向転換。

取っ手は DAISOで購入。
毛糸だとそのまんま 挟み込めばOKだ。

脇の厚みを取りたかったので
家にあった フェルト生地を縫い付け
なんとなく薄く感じたので
裏地は別色の これまたフェルト。
端の始末がいらないから、楽だな。



紐は 鎖編みして
余っていたスペアの ボタン(牙.キバ.風)





通勤にお弁当を持っていくための
サブバックにしたり
子供の試合会場にビデオカメラを入れたり
活躍中でござるよ。

毛糸は DAISOで100円×2。
取っ手は 多分 200円だったような。

材料費 500円くらいで
手編みのバッグとは、素晴らしい。
AD

娘 ( 追記あり )

テーマ:
アメンバー記事の 『生命』を
かなり前に削除してしまった。

読めなかった方には申し訳なかったけど
これは娘の友達が死を選んだこと。
彼のSOSに娘が気づいたけど
結局、間に合わず 学校に出向いたことを書いた。

続きを書くつもりでいたのだが
どうしても、彼の親の行動に納得できず
未完のまま削除してしまった。

中学二年生の多感な時期。
彼の死で娘は変わったし、私も変わった。
反抗期で 毎日のように言い合いをしていた。
遊ぶことが第一で 部活や勉強も中途半端。
仕事を始めたばかりの私は 日々で精一杯で
疲れはてていたのかもしれない。

でも、彼(会ったことはないけど)の死で
気づいたことがある。
元気で 楽しい…と言って
毎日、学校に通えることが一番なのだと
転校生なのに たくさんの友達がいて
『女の子なのに、さばさばしてて
一緒にいて、楽だと 娘が言ってます』と
友達のお母さんに誉められること。

それって、すごいことなんじゃないかと。
がさつだし、適当だけど
それって さばさばしてるってことなのか?
でもちゃんと 友達の話は聞いて
いろんな相談にのってあげてる。

これは高校生になった今も変わらない。

変わらないといえば 相変わらず勉強は嫌い
だけど 部活は一生懸命やっている。


私は 娘を前みたいに 怒らなくなった。
間違えたことをしたときは
怒るのではなく 説明をする。
どうして駄目なのかを きちんと話す。

朝、起こしても起きないときは
以前なら 罵声浴びせてたけど
『具合悪い? 学校、行ける?』なんて
優しく言ってて 自分でも驚く。
そうすると 『うーん、起きる』と
のそのそ起きてくる。

こちらが売らなければ喧嘩にはならないのだ。

毎年、彼の命日には
今でも 当時の友達で集まっている。
忘れないことが供養…
それってすごいことだと思う。

彼の死を止めることが出来なかった。
それだけは残念。

AD