毎日ドレスですが、それが何か?

神戸でウェディングドレスのオーダー制作・ウェディングドレスのリメイクをしています。古い洋館や森の中などに似合う、クラシカルでシンプルなドレスやBOHOスタイルのドレスを得意としています。


毎日ドレスですが、それが何か?





テーマ:

ウェディングドレス「shoot the moon」物語

 

その1からずいぶん時間がたってしまいました!

 

びっくりです。

 

おばあちゃんが、

1月はいぬる(広島県北部の方言で、“帰る”)

2月は逃げる

3月は去る

 

って言ってたけどほんとですね。

 

私はその間もずっとウェディングドレスを作っておりました。

とってもありがたいことです。

 

春のウェディングドレスの報告はまた改めて。

 

 

 

さてさて、前置きが長くなりました。

 

「shoot the moon」の制作編。

 

 

デザイン画ができたら、

 

 

生地を揃えるのと同時進行でパターンを発注します。

 

パタンナーさんは、

既製服のパターン制作が主なお仕事ですが、

宝塚の衣装を作るのが夢だったということで、

ウェディングドレスのお仕事をとても楽しんでくれて、

一緒に悩んでいっしょに喜んでくれる

とっても素敵なパタンナーさんなのです。

 

 

パタンナーさんといっしょに仮縫いチェックをします。

 

 

仮縫い場所はまたしてもルーロットです。

 

 

仮縫いだけど、だいぶイメージがかたちになってきて、

花嫁さまも実感が湧いてこられたようです。

 

嬉しそうです❤️

 

仮縫いの時の花嫁さまの、

この表情を見るのが大好きなんです。

 

平面のデザイン画だったものが

初めてかたちになり、

 

それはサイズがぴったりで、

たしかに自分にあわせてあることがわかって、

 

お顔がぱあっと輝かれます✨

 

この瞬間、大好きなんです。

 

 

 

仮縫いが終って素材が揃ったら、

 

 

縫う

 

縫う

 

縫う

 

なんですが…。

 

とっても繊細な素材。

 

いろいろな工夫が必要です。

 

 

薄い紙を敷いて縫います。

 

 

そしてドレスは段取り命です。

 

 

段取りしながら

ひたすら縫うのです。

 

 

 

 

作業中、アトリエのラジオから

ノラ・ジョーンズの歌声が…

 

 

曲のタイトルは「shoot the moon」

 

 

これだっ!

 

と思いました。

 

月光のようにふんわり優しくて、

でも芯の強い女性をイメージしたドレス

 

 

こうしてこのドレスは「shoot the moon」

という名前になったのでした…🌙✨

 

 

 

 

次回はいよいよ結婚式当日編です!!!

 

 

 

◯ウェディングドレスのオーダー制作

◯ヴィンテージドレスのデザインリメイク

◯ヴィンテージ・古着のリメイクとお直し

 

を神戸・旧居留地のシェアアトリエで行っています。

特にリメイクとお直し技術を専門で習得しているため、

ヴィンテージウェディングドレスのリメイクを特に得意としております。

奈良・大阪・京都・滋賀からもご相談に来られます。

 

「お母様のウェディングドレスをお直ししたい」

というお問い合わせも増えております。

 

リメイク・オーダーのお問い合わせ・ご相談は「仕立て屋タケチヒロミ」まで

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

海風に揺れる柔らかいシフォンのウェディングドレス。

 

 

「shoot the moon」という名前をつけました。

 

月光のように柔らかなシフォン。

 

 

shoot the moonという言葉には、

「不可能に見えることを成し遂げる」

という意味があるそうです。

 

柔らかいけれど芯の強い女性

 

をイメージしてお仕立てしました。

 

 

 

 

フォトグラファー 小山田悦さんの主宰する

le bonheur 花嫁の支度部屋

「写真のためのmariage」のためのウェディングドレスです。

 

 

 

 

 

このウェディングドレスをオーダーしてくださった

花嫁さまに初めてお会いしたのは、

昨年のまだ寒い時期のこと。

 

移動式チャペル 「ルーロット」にて、

初めてお会いしました。

移動式チャペル ルーロットは、

トレーラーハウスでどこでも結婚式の挙げられるチャペルなのです。

 

普段は、打ち合わせやご試着、

ドレスのショールーム等にも利用しています。

 

小さくてかわいいおうちチャペルで、

花嫁さまにも好評なんです。

 

 

 

 

…話が横道にそれました。

 

 

 

そう、初めてお会いした時のことでした。

 

ショートカットの似合う可愛らしい花嫁さま。

その華奢な可憐さからは想像もつかないですが、

 

新郎さまのことをひたむきに想い、

自分の好きなことを仕事にしている、

 

まっすぐな強さを秘めてらっしゃるなと思いました。

 

 

 

ご希望のドレスのデザインと方向性を相談しながら、

花嫁さまの美しさがより引き立つように…

 

 

さらにそのひたむきさと可憐さが表現できるように…

 

 

デザインしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は制作編です。

 

 

 

◯ウェディングドレスのオーダー制作

◯ヴィンテージドレスのデザインリメイク

◯ヴィンテージ・古着のリメイクとお直し

 

を神戸・旧居留地のシェアアトリエで行っています。

特にリメイクとお直し技術を専門で習得しているため、

ヴィンテージウェディングドレスのリメイクを特に得意としております。

奈良・大阪・京都・滋賀からもご相談に来られます。

 

「お母様のウェディングドレスをお直ししたい」

というお問い合わせも増えております。

 

リメイク・オーダーのお問い合わせ・ご相談は「仕立て屋タケチヒロミ」まで

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前の作品のご紹介です。
 
 
ヴィンテージのヘッドドレスや、
コスチュームジュエリーのショップにお勤めだった花嫁さま。
 
お母様のウェディングドレスのリメイクをご依頼頂きました。
 
お母様には内緒で…
 
「お店でディスプレイに使うから」と
持ち出して頂き、ワタクシがしかと預かりました!
 
伯母さまが手作りで作られたというドレス。
花嫁さまも華奢な方でしたが、
お母様はさらに華奢だったようで、
 
ウエスト周りのサイズを10センチ以上出しました。
幸い、スカート部分がラップタイプのデザインでしたので、
重なり部分を調整することでサイズを出すことが出来ました。
 
サイズを調整するだけでなく、リデザインもしていきます。
 
ハイネックのデザインのドレスの襟周りを、
コスチュームジュエリーが映えるように。
 
ヴィンテージのヘッドドレスとアンティークカラーのブーケに
合わせて...。
 
こんなスタイリングも素敵ですね。
 
 
 
そして、
 
これが、
 
内緒にされていたお母様のウェディングドレスで、
サプライズ登場された瞬間のお写真です。
 
 

 
お母様、号泣されたみたいです…。
 
嬉しいですね。
 
本当に仕立て屋冥利につきます。
 
 
ほんとに、いい仕事です。
 
受け継がれるドレスひとつひとつに、物語があります。
 
 
 
その物語を読むように、お仕事をしています。
 
 
末永く、お幸せに…
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とても美しい方からドレスのリメイクを依頼されました。
 
かつてウェディングのカラードレスとして着用された個性的なドレスを、
イベントやパーティで着られるようなドレスにリメイクして欲しいとのご依頼。
 
 
見たことのないような真っ赤な羽飾りがついています。
 
バブルな時代のものらしく…ざ、斬新です!
まずこの飾りに目を奪われてしまいます。
 
お客様:「どうしていいかわからないの」
 
とのこと。
 
私:「とりあえずこの羽飾りを取ってみましょう!」
と、その場でちょんちょんとカットしてみました。
 
 
あらら、なんだか素敵なドレスが出てきましたよ。
 
 
真っ赤な羽に目を奪われておりましたが、
上質な黒のベルベットなかなか素敵な素材です。
 
まず長過ぎるトレーン(後ろの裾)をカットし、
飾りについていたくしゃくしゃチュールのトレーンは、
ヒップにまとめて付けてアクセントに。
 
背中が露出しすぎるということなので、
カットしたトレーンから取り外しできる背中の当て布を作りました。
 
 
パーティで使用するとのことですので、
胸元に赤系のスワロをちくちく縫い付け、
 
トレーンのチュールのお花も胸元に。
 
 
これだけでうんと雰囲気がかわりました。
 
早速パーティで着ていただきました。
 
 
本当にお似合いで美しかったです。
 
 
黒鳥のドレスを来た貴婦人と仕立て屋。
 
喜んで頂けて召使いは嬉しゅうございます。
 
バブルな時代のドレスもあきらめないでください!
この時代のものはとっても品質や生地がいいので、
ぜひリメイクされることをおススメします。
 
ドレスのリメイクのお問い合わせは
仕立て屋タケチヒロミまでお気軽に。
 
お待ちしております!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウェディングドレスのオーダー制作はもちろん、

ヴィンテージドレスのリメイクもしております。

 

こちらは、イギリスのデザイナーで1960年代のヴィンテージドレス。

 

 

私はリメイク専門の学校でお直し技術を学んでおりますが、

洋裁とリメイクは根本的に考え方が全く違っているのです。

 

なので、

「イチから作ることは出来るけど、お直しはどうしていいかわからない」

という同業者の方からオーダーを頂くことも多いです。

 

お直しには、ほどいてみないとわからない、

お直しでできることの限界がある…などの場合もありますが、

 

思い出のお品や

古き善きものを蘇らせることは、とても価値のあることだと私は思っています。

 

リメイクとは、そのお洋服の「物語」を引き継ぐこと。

 

「物語」は仕立て屋タケチヒロミがもっとも大切にしている価値観の

ひとつなのです。

 

 

「お直しをしたら着られるかどうかもわからない」

「どこをどう直したら自分に合うかわからないが、これからも着たい」

「母の思い出のドレスをお直ししたい」

 

というご相談もお気軽にお申し付けください。

 

お問い合わせはこちらまで

 

メール

 

classique.cloque@gmail.com

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。