マインドフルネスって本当に効果あるの?これはヤバい!マインドフルネスの真実とウソ!!日本一わかりやすいマインドフルネスのブログ。

人間力がアップするマインドフルネスの真実を書いています。本気で自分の人生を変えたい人だけ読んでください。

NEW !
テーマ:
最近始めた遠隔気功はなかなか良い。気を送る場所は問わないし送られる人もわざわざ私のところに来なくてもいい。



遠隔気功って本当にあるの?うさんくさいんじゃないの?と思う人はたくさん居るだろうし「そんなのは存在しない」と最初からバッサリと切る人もいる。



しかし実践してる身としては「遠隔気功はある」と確信せざるを得ない。私の気功の先生もたくさんの人の病気を遠隔で治している。



例えば、ある人に今から5分間遠隔で気を送ると伝えて4分の時点で気を送るのを辞めた。そして「どうだった?」と聞くと「最後の1分くらいは気を送るのを辞めましたか?」と返ってくる。



気を送る相手の頭の中に黒いイメージが見えたのでそれを遠隔で取り除いたところ「頭の中の黒いモヤモヤが消えました」とフィードバックがあった。



二つほど事例を紹介させてもらったがこのようなフィードバックはたくさんある。もちろん送る前に「黒いイメージを取るよ」とかは伝えていない。



送る相手にどんなイメージがあるのか、どのような気の流れかは遠隔を始めないとわからないからだ。



これを偶然の一致だという見方も出来なくはないが、そうなると偶然の一致が多すぎる。正直なところどのようなメカニズムで距離が離れた人に気が届くのか?はわからない。



量子可通信や意識場やゼロポイントフィールドなど理論はいくつかあるが、どれもこれも仮説の段階だ。



実際に遠隔気功を体験したい人はこちらのページより問い合わせしてもらいたい。遠隔気功の問い合わせ。


もちろん料金は無料。しかし冷やかしはお断り。



マインドフル気功のモニターも募集中。


マインドフル気功のお申込み・お問い合わせ




7月31日(日)と8月14日(日)のマインドフルネス瞑想会でも気功に取り組むのでマインドフル気功に興味のある人はそちらに参加されてもいい。


◎7月31日(日)第37回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎8月14日(日)第38回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎本気で自分の人生を変えたい人はマインドフルネス療法を受けてください。体験も行っています。詳細とお申込みはこちら


大阪・天満橋マインドフルネス研究所のHPはこちら


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日から「マインドフル気功」のモニターを募集する。



マインドフル気功とは簡単に言えば、マインドフルネスと気功を組み合せて同時に取り組むことで心身の自己治癒力を圧倒的に高める方法だ。



自己治癒力が高まることで慢性的な身体の痛みや症状、違和感は余裕で改善するし現代医学では治療不可能と言われている病が治ることも珍しくない。自己治癒力が高まると身体だけでなくうつ病などの心の病にも効果がある。



少し乱暴に言えば病は全て自分が作り出しているものだからそれを治すことが出来るのも自分だけというわけだ。



マインドフル気功はそれを強力にサポートする方法と捉えてもらってもいい。病は自分で治すといってもその方法が多くの人がわからない。だからマインドフル気功のセッションではその方法を伝える。



伝えると言っても知識や理論ではない。言葉でもない。そうではなくあなたの無意識に働きかけて身体でそれを理解するといった方が良いだろう。無意識が変わらないと心も身体も何も変わらない。



だからマインドフル気功のセッション中は常に私が「気」を送り続けて無意識を書き換えて自己治癒力を高めるように働きかける。無意識が変わることで自然とあなたの心と身体が良い方向へ変化し自己治癒力も高まるのだ。



そしてマインドフル気功は心身の健康の維持や増進、病を克服するだけでなく人生を変えることも出来る。無意識が変わるということは物の見方や考え方が変わるということだから人生は当たり前のように変わるのだ。



マインドフル気功はマンツーマンでのセッションになる。モニター参加費はかなりの低価格。モニター参加者の顔や名前、所属をホームページやブログ等に掲載することはないので安心して参加してほしい。モニター募集は8月末まで。



マインドフル気功で取り組む内容。

・マインドフルネス瞑想(呼吸、ボディスキャン)
・気を取り入れて自己治癒力を高める呼吸
・自分の気を動かすワーク
・身体全体に気を流すワーク
・内臓を活性化させる気のワーク

セッション中は常に私が気を送り続けて無意識レベルで働きかける。 参加条件は「本気で自分を変えたい人」。




お申込みやその他の詳しい内容はこちらよりお願いします。


マインドフル気功のお申込み・お問い合わせ




7月31日(日)と8月14日(日)のマインドフルネス瞑想会でも気功に取り組むのでマインドフル気功に興味のある人はそちらに参加されてもいい。


◎7月31日(日)第37回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎8月14日(日)第38回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎本気で自分の人生を変えたい人はマインドフルネス療法を受けてください。体験も行っています。詳細とお申込みはこちら


大阪・天満橋マインドフルネス研究所のHPはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分の身体を自分で整えることはとても大切だ。身体が必要以上に緊張していたり違和感や痛みがあると心にまで影響が出てくる。やる気が出ない、気分が乗らないというのは身体に原因があることも少なくない。



それだけでなく人間関係やコミュニケーションにも影響がある。私たちは緊張している人と一緒にいるとそれが伝わり緊張してくる。反対に気持ちに余裕があり身体が緩んでいる人と一緒にいればこちらの身体も緩みリラックスするのだ。



ここの部分を理解するのは非常に重要だ。特にカウンセラーや医者といった対人援助職のプロはそうだ。



カウンセラーや医者自身の身体がガチガチに緊張していたり痛みなどがあるとそれは患者やクライアントに確実に伝わる。そうすると表面上はどんなに良い治療やカウンセリングを行っても患者の状態は良くなるどころか悪化する。



特に直接身体に触れる整体師やマッサージの人はこのあたりのことを徹底的に理解しておかなければいけない。



怖いのはこれが全て無意識可で行われることだ。感覚が鋭くなければ治療者も患者もなかなかそれに気づくことが出来ない。



しかし「なんか理由はわからないけどこの医者は嫌だな」という違和感を覚えたことがある人はいると思う。それは相手の無意識の身体の緊張や違和感を自分の身体がキャッチして脳にフィードバックした結果なのだ。



だからそう感じた病院や医者に通うのは絶対に辞めたほうがいいだろう。頭で考えたことよりも身体で感じたことの方が正しい。



この辺のことはカウンセラーや整体師の人の中にはぼちぼち気が付いている人もいるのだが医者や教師の中にはほとんどいない。



人はそこに居るだけで相手の心と身体に無意識に影響を与えているということを理解して自分の身体をしっかりと緩めて整えることをしなければいけない。



それには「マインドフル気功」をおススメする。マインドフル気功についての詳しいことはまた明日にでも。




◎7月31日(日)第37回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎8月14日(日)第38回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。






◎本気で自分の人生を変えたい人はマインドフルネス療法を受けてください。体験も行っています。詳細とお申込みはこちら



大阪・天満橋マインドフルネス研究所のHPはこちら





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
頭でっかちな人は瞑想が上手く出来ないケースがとても多い。



瞑想の基本である「意識する」「集中する」「気づく」ということを考えて行ってしまっているのだ。だから体感が伴わないし心もすっきりしない。



素直に感覚に任せればいいのだが頭でっかちな人は「意識するとはどういうことか?」「気づくとは何か?」と瞑想中も考えてしまっている。そこにリアルタイムで気が付いていればいいのだが頭で考えているうちはなかなか気づくことが出来ない。



その理由は二つある。一つは言葉に囚われていること。マインドフルネス瞑想会やワークショップに来る人達の中にはマインドフルネス瞑想の起源やインド哲学、仏教等の知識が豊富な人がいる。そういう人と話していると「よく勉強しているな」と感心することがある。



しかしいざ瞑想に入るとこういう人達ほど瞑想がまったく出来ない。本人は出来ているつもりらしいのだが私から見ると囚われていることにすら気が付いていないのだ。それは瞑想後の話しを聞けば一瞬でわかる。



そして非常に痛いのが、自分は正しいと思いこんでいる点だ。こちらが「それは違うよ」と指摘しても何かの理論や知識を引っ張り出してきて言い訳や反論を行い自分と向き合うことはしない。ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいる人にこんな人が圧倒的に多い。



もう一つの理由は身体の感覚が乏しいこと。身体の感覚が乏しければ瞑想を上手くすることが出来ない。だから身体の感覚に意識を向けるエクササイズは必須になる。



ここで問題なのが現代人の身体だ。身体の感覚を高めようと思うのならば身体の歪みや緊張をある程度、同時並行で矯正する必要がある。現代人の多くは身体が壊滅的に歪んでいるし筋肉の緊張度も高いのでいきなり瞑想やボディスキャンをしてもあまり意味がない。



それと身体の感覚を感じるエクササイズをするときに重要になってくるのが「身体を本当に感じている」「身体を感じていると思っている」の違いが理解できるかだ。



後者の「身体を感じていると思っている」という誤解をしている人は実は少なくない。頭で考えることが「身体を感じる」ということを邪魔しているのだ。



瞑想にちゃんと取り組んで効果を出したいのならばここで書いた二つのハードルをクリアしなければならない。現代人の多くの人にとってこの二つをクリアするのはなかなか困難だろう。本を少し読んだだけで、瞑想会やワークショップに1回や2回参加して習った程度でクリアできるわけもないのだ。



ここで瞑想の効果と言ったが、瞑想指導者の中には「瞑想は効果を望むものではない」という人がいる。そういった言葉は無視していい。なぜならそれは達人の境地、仏教で言えば仏陀になってから言えることであって数年程度修行したくらいの僧侶が言う言葉ではないからだ。



明日のワークショップはまだ空きがあります。



7月23日のワークショップの宣伝動画







ワークショップのお申込みはこちらよりお願いします。





◎7月23日(土)心と身体を融合させる体感型のワークショップ。
詳細とお申込みはこちらです。


◎7月31日(日)第37回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎8月14日(日)第38回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。






◎本気で自分の人生を変えたい人はマインドフルネス療法を受けてください。体験も行っています。詳細とお申込みはこちら



大阪・天満橋マインドフルネス研究所のHPはこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の動画はマインドフルネスと人間関係について。








7月23日のワークショップの宣伝動画







ワークショップのお申込みはこちらよりお願いします。





◎7月23日(土)心と身体を融合させる体感型のワークショップ。
詳細とお申込みはこちらです。


◎7月31日(日)第37回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。


◎8月14日(日)第38回 マインドフルネス瞑想会。
詳細とお申込みはこちらです。






◎本気で自分の人生を変えたい人はマインドフルネス療法を受けてください。体験も行っています。詳細とお申込みはこちら



大阪・天満橋マインドフルネス研究所のHPはこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。