テーマ:結婚準備
2005-09-12 22:46:18

些細な?悩み。

         ドレス下着

                                                

                                             

県民共済では、ドレスの試着と予約が、半年前からということで、

さっそく電話をして、ドレス試着の日が来月半ばに決まりました!

                                          

気づけば、もう式まで半年なんですね…

私たちの場合、スタートだけは早く切っていたので、

ここまでがかなり長かった感じです。

(でも、まだ折り返しなんですが…)

でも、ドレス試着は、結婚式を挙げる新婦さんとって、

「最大にして最高のヤマ場!」って感じですよね?!

                                          

ところで、みなさん、ドレス用の下着って、どうされてますか?

スリーインワンとか、ガーターベルトとか、ペチコートとか…

普段は着けないものだし、種類も色々あって、選ぶのも大変ですよね。

私にとっては、この下着がものすごい悩みの種だったんです。

                                                                                               

私の場合、体の割に胸が大きくて、

アンダーとトップの差がかなりあるんです。

いつも下着選びもサイズがなくて困ってて、

私にとってはかなりのコンプレックスなんですが…

                                        

そんななので、雑誌を見ても、ネットで探しても、お店を回っても、

自分のサイズを取り扱ってるところが全然なくて…

唯一取り扱っていた、最大手の下着メーカーでは、

スリーインワンだけで、¥27000…

他にガーターベルトとか揃えなくちゃいけないのがいっぱいあるし、

何回も着ないのに、そんなにお金かけらんないし!

でも、サイズ合わないのは着れないし!

…と、一人で悩んで、かなりイライラしてたんです。

それこそ、母親に八つ当たりするくらい…(汗)

                                                 

                                                    

そこで「困った時の共済だ!来月試着だし、相談してみよう!」

と思い電話してみると、

さすが、今まで私の常識を覆してきてくれただけありました。

                                              

「そんな高いの、買わなくていいですよ~」と軽く笑われました。

母親と二人して、代わる代わる聞いてみれば、

ドレスの中なんて見えないんだから、普通のストッキングで十分!

ペチコートも貸すから、いりませんよぉ~とあっさり。

しかも、肝心のビスチェも、共済では¥5000で取り扱っていて、

私のサイズでも、「大丈夫だと思いますよ~。」との答え。

完全に肩すかしのような…それとも、私が騒ぎすぎ?

                                              

でも、今まで何百人もの花嫁さんを送り出してきたプロが、

「皆さん、お金がもったいないから、それで済ませちゃいますよ。」

というのを聞いたら、なんだか心がホッと軽くなりました。

                                                

                                              

やっぱりこういうことは、親にとっても、私にとっても初めての経験だし、

情報を得るのが雑誌やネットだと、左右されてしまいがちですよね。

規格に合わないと、やたらと不安になったり、悩んでしまったり…

 

                                                                                           

そういうときに、こういうプロがそばにいて、どんなに小さなくだらない

ことにでも答えてくれるっていうのは、とても安心感があります。

レンタルだから、衣装以外の小物類もかなり揃っているし、

まとめて貸してくれるし、自分が揃える物は、最小限でいいみたいだし。

私が思う以上に、システムがスムーズに出来てるんですよね。

まぁ、何百件とこなしてるんだし、当たり前かもしれませんが…

                                                 

                                                   

共済のビスチェも、試着してみないとサイズが合うかどうかは分からない

のですが、とりあえず、煮詰まった状態から抜け出せてよかった~

あとは、試着までに、少しだけダイエットできればいいんだけど…

それは、次に悩むことにします☆

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
テーマ:結婚準備
2005-08-29 03:42:01

試食会

     料理   

                                                                             

                                                

ariariと私と母親の3人で、試食会行ってきました!

(なんか、最近、この3人で行動することが多い気が…)

私たちは、県民共済のプランを利用しているので、

一応、プラン内で設定されてるコース

(ホテルの通常コースの中で、一番安いもの)

「和洋折衷」「和洋中折衷料理」を試食してきました。

                                       

                                        

試食会前にメニューを見たところ、和洋折衷に比べて、

和洋中折衷は、品数が一品多めだったのですが、

実際に食べてみても、ボリューム感がありました。

                                    

何のメニューが具体的に違うのかというと…

                                   

        和洋                和洋中

     コンソメスープ    →   ホタテ&ふかひれスープ

                                            

     魚料理(ムース)   →  カニのチリソース

                    海老のうにソース

                                       

和洋折衷のコンソメもムースも上品な味で、おいしかったのですが…

やっぱり、このボリュームの違いは結構、大きかったかも。

カニは身がそのままって感じで食べ応えがあったし、

海老もぷりぷりだったし。

特にariariは中華料理が好きなので、気に入ってましたね。

                                            

私的には、好き嫌いが多くて、辛いものもダメので(汗)

うにソースも食べれなくて、チリソースもかなり辛かったんです。

しかも、デザートは、杏子のゼリーとメロンだったんですが、

杏子もダメだし、メロンも食べれなくて…

なかなか惨憺たる結果でした。

でも、中華料理って、どうなんでしょうか?

私ほどじゃなくても、好き嫌いが出ないかどうか、心配です。

                                                                                         

あと、気になったのが、盛り付けかな?

やっぱり中華なので、「ホテルの料理らしい、きれいな盛り付け!」って

よりは、「人数分に取り分けました!」という感じ。

飾り気がないというか、中華料理屋で食べてるみたいな。

ariariは気にしてない風だったけど、私は気になったかも…

                                             

                                           

まだ、時間はあるので、ゆっくり考えるつもりですが、

ariariと母親は、ボリュームがあった和洋中のコースが

かなり気に入っていたので、たぶん、それになると思います。

お客様にはお腹いっぱいになって帰ってもらいたいし、

食事の満足って、結婚式の満足にもつながりますよね。

(私の経験上から言っても。)

私の意見はいいんです…花嫁は食べれなそうだし…(涙)                                              

                                                

まぁ、実際に行ってみると、こんなものかなぁ~って感じですね。

友達の結婚式とかで食べた料理は、すごくおいしかった記憶が

あったので、なんか、期待しすぎたかも…

もちろん、どの料理も味はちゃんとおいしかったのですが、

やっぱり、婚礼料理はその場の雰囲気の中で食べてこそ?!

おいしいものなのかな?という気持ちにもなった試食会でした。

皆さんの試食会は、どうでしたか?


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:結婚準備
2005-08-24 21:00:27

ウェディング相談会

この前の土曜日に‘ウェディング相談会’なるものに行ってきました。

                                            

ホテルでariariと待ち合わせて、私は母親と二人で行きました。

親まで来てる人は、他にいなかったみたいですが、

実際に見ないと分からないこともあるだろうと思って、連れて行きました。

                                          

                                          

受付を済ますと、案内図を渡されて、自分たちで回る形式。

どこへ行ったらいいか分からず、ウロウロしてたら、

司会者相談のブースにつかまってしまいました。

いきなり司会者の人がたくさん載ってるアルバムを見せられて、

「どのようなご披露宴にしたいなど、決まってますか?」なんて

言われて、どうしよう…(汗)

でも、私たちの式が来年で、まだ何も決めてないということ話したら、

向こうも「じゃ、これからですねぇ~」とあっさり引いてくれました。

                                                

                                                

それから、その日メインにしていた、「演出デモンストレーション」へ。

簡単な披露宴形式で、流行の演出などと紹介してくれるというイベントです。

そこでは、ケーキカットや、キャンドルリレー、テーブルを回っての鏡割り、

発光液体タワー、映画風に作られたスライドなどを見せてくれました。

まぁ、参考になったものあれば、「これはいいや…」と思うものもあり、

色々とまとめて見れて、面白かったです。

                                                

                                                   

あとは、料理や生ケーキ、装花、ブーケの展示を見ました。

ウチの母親は、前から「イミテーションでいいよ!」といっていたのですが、

デザインされた生ケーキを見たら、「これもいいわね。」なんて方針転換。

                                                

写真・DVDコーナーはやっぱりみんな関心が高くて、すごい人だかりでした。

逆に衣装コーナーは思ったよりも見学者が少なくて、ちょっとびっくり。

でも一番びっくりしたのは、引き菓子コーナー

ユーハイムやマキシムドパリなどのメーカーが、引き菓子の見本を展示

してたんですが、通るたびに大量の試食と、試供品を渡されました。

思わず「こんなに、いいんですか?」と聞くと、

「味を分かっていただかないとね。」といわれて、納得。

この引き菓子のおみやげが、一番うれしかったです。

                                               

                                                

なんだか、会場の熱気に押されて、あっという間に回ってしまいました。

今から思うと、もっと聞きたいこともあったかも…。

でも、来年挙式の私たちにとっては、まだ早かったかなぁ?

説明する業者さんの方も、そこまで売り込めなかっただろうし。

もっとリアリティのある時期に行けば、違っていたかもしれませんね。

                                                

まぁ、とりあえず、久しぶりに結婚準備っぽいイベントだったので、

楽しかったです。また機会があったら、行きたいですね。

今度の日曜日は、いよいよ試食会に行ってきま~す!


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:結婚準備
2005-07-23 02:36:05

相談会&試食会

この間、ホテルから封筒が届きました。

中を見ると、「ウェディング総合相談会」と「試食会」のお知らせ。

                                           

                                             

最近、あまりにも結婚準備でやることがなく、

(私たちが早く予約を入れすぎなんですけど)

テンションもすっかり下がり、結婚式のことなんて忘れかけてた私…

久々に結婚準備ネタだぁ~♪

なんて、うれしくなってしまいました。

                                            

その日は、「総合」なんて言うだけあって、ホテルもかなりやる気らしく、

教会と神前の模擬挙式を続けざまにやるかと思うと、

挙式、披露宴演出デモンストレーションと、盛りだくさん。

相談会も、料理展示、衣装、美容着付、装花に始まり、

ブライダルエステやシャンパンタワー・発光液体相談なんてものも。

まぁ、ホテルで取引してる業者さんの見本市みたいな感じなのでしょうが、

そういう具体的なものを目にするのも、話に聞くのも初めてなので、

どんな感じなのか楽しみです。

                                                

                                                 

試食会の方は、披露宴で出すコース料理を実際に食べれるというもの。

どのコースを選ぶかで、一緒に行く母親と少しモメました。

母親の意見では、

「お客さんにお腹いっぱい食べさせた方がいいわよ。」

(一番ボリュームのある和洋中折衷コース派)

ariariの意見では、

「部屋の雰囲気からして、中華はどうなの?」

(無難なところで和洋折衷派)

というわけで、その二つコースを食べ比べることにしました。

                                                

私たちは、おいしければ特に料理にこだわりはないんですが、

皆さん、結構、もめたりとかあるんですかねぇ?

                                                 

                                                 

というわけで、どちらも8月下旬の予定なので、

またまた、まだまだ先の話になりますが、

とりあえず今はその日を楽しみにしてます☆

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:毎日のこと
2005-07-15 20:33:00

子供

前のブログでも書いたとおり、

北海道から帰ってきた友達と、その息子の4ヶ月になる赤ちゃんと、

中華のバイキングへゴハンを食べに行ってきました。

                                               

                                            

私の周りには、赤ちゃんがいないし、

私もまだまだ先のことだから勉強なんてしてないし、

4ヶ月と言われてもどんな状態なのか、全然分からなくて…

目の前にしても、「触ってもいいのかな?壊れないかな?」とドキドキ。

でももう首もちゃんと座っていて、想像以上にしっかりしていてビックリ。

まだミルクのみで、言葉もしゃべれるわけではありませんが、

表情豊かな子で、その場にいた友達たちが代わる代わる抱っこしても、

泣きもしなければ、わめきもしない、とてもいい子でした。

                                             

                                              

ゴハンを食べながら、話は自然と、出産の話へ。

彼女は陣痛が始まってから産むまで40時間かかったそうで…

しかも産まれる瞬間は、痛みでまったく記憶がなく

後から旦那様に

「もう無理!とかヤダ!とか助産婦さんにキレまくってたよ」

と言われたそうです(笑)

その話を聞いただけで、その場にいた私を含む3人(私以外は既婚者)は、

「そんなんなんだ…」「怖すぎる…」「私、子供なんていらない…」

                                                 

                                               

でも、私が一番驚いたのは、彼女の「お母さんぶり」

トイレに行くにも、「あそこのトイレは、おむつ台がある」

とちゃんとチェック済。

デパートでベビーカーを借りるのも、慣れた様子。

食事中も常に赤ちゃんを気遣って、話しかけたり、抱っこしたり。

席を離れられない彼女の代わりに、私たちが食べ物を取ってきたり。
自分の食事よりも、赤ちゃんを優先する彼女は、

誰がどう見ても、立派な「お母さん」でした。

                                                 

                                                 

そんな彼女を見ていて、自分の母親の言葉を思い出しました。
「子供と一緒の時は、ラーメンなんて食べれないわよ、伸びちゃって。」

確かにそうだよなぁ…お母さんも、こうやって私を育てたんだ…

なんて、感謝してみたり。

でも、私もこんな風に出来るのかなぁ…と不安になってみたり。

                                                 

                                                 

結婚したら、私もariariも、すぐに赤ちゃんが欲しいと思ってるんですが、

現実はなかなか大変なようですね。

でも、お母さんに高い高いをされて、喜んでる赤ちゃんを見たら、

こっちまで楽しくなって…子供はいいなぁ、なんて思ってしまいました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:毎日のこと
2005-06-15 22:32:54

結婚式、する?しない?

来週、結婚して北海道に引っ越してしまった友達が、

3ヶ月ぶりに帰ってくるんです。

彼女は「できちゃった婚」で、今年の3月に北海道で出産して、

生後3ヶ月の子供(男の子)も一緒に連れてくるそうで…楽しみ。

                                              

                                        

彼女は、「人生計画の鬼」みたいな人で、

前も書いたかもしれないですけど、

結婚前からゼクシィを毎月定期購読してて、

夢は「ミラコスタで結婚」だったはずなのに、「できちゃった婚」

なんだから…人生って分からないものですよね。

しかも、自称「子供嫌い」だったのに…(笑)

彼女に電話をして、「自分の子供だから、かわいいでしょ?」と

聞いたら、「自分の子供だから、余計、憎たらしいよ」なんて

言ってましたけど…

どんな親バカになってるのか、会うのが楽しみです。

                                                                                 

彼女は、大学時代のアルバイト先の友達なのですが、

その中のもう一人の友達が、最近、入籍しました。

まぁ、前から6月に入籍するとは聞いていたので、

驚きもないのですが、結婚式などはまだ考えてないとのこと。

そういえば、北海道の彼女も、結婚式がお預けになっちゃったし。

                                            

私の周りでは、

「結婚式」に重きを置いている人があまりいなくて、

「結婚式をきちんと挙げる私たち」が、少数派なのかなぁ?

なんて、思います。

                                             

                                            

もちろん、できちゃった婚だとか、お金がないとか、

人によって理由はいろいろだとは思うけれど、

私たちにとっては、まず先に「結婚式を挙げる」

というのがあって。

結婚式を挙げるために、逆算して、

「じゃあ、その間お金を貯めて、1年後にしよう」

それに、結婚準備だって、かなりダンドリ通りだし。

こんなにきっちりやる人って、案外、少ないのかなぁ?

                                          

                                             

もちろん、7年も付き合っているので、

「ちゃんとケジメをつけたい」というのが、一番ですが、

前のブログにも書いたとおり、

ariariに「早く二人で暮らしたい」なんて言われると、

何のために1年もかけて、結婚式やるんだろう…

結婚式のために、何かを犠牲にしているような…。

                                           

まぁ、こんなこと考えるのも、今がヒマだからなんだとは思いますが、

友達を祝福するとともに、少し複雑な気分になりました。               

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
テーマ:毎日のこと
2005-06-13 14:06:53

居場所

結婚したら、実家で、私が使っていた部屋はどうなるんだろう?

なんて、皆さん、思いませんか?

                                                 

私的には、勝手な思い込みですが、

いつ帰ってきてもいいように、残しておいてくれるのかなぁ~?

なんて、漠然と思ってました。

手つかずでね、そのまま。

もちろん、帰ってきちゃいけないんでしょうけど。

                                           

でも、私の結婚が決まって以来、ウチの両親は、

私の部屋をどうやって使おうか、二人で計画を立てているようで…

                                                  

                                                  

もともと、私の部屋は、私と妹(4歳下)が二人で使うように作られた部屋で、

二部屋分の16畳あって、壁の仕切りもない、かなり広い部屋なんです。

そこを家具などで仕切って、二人姉妹、仲良く過ごせるように…

なんて親の思惑とは裏腹に、高校生と中学生だった私たちは、

音楽がうるさいとか、寝れないとか、

その部屋で毎日ケンカばっかりしていて、

(そりゃ、一人部屋の方がいいですよね?)

とうとう、私がこの部屋を取り、妹は両親の寝室を使うことになったんです。

そして、ここ10年くらい、

両親は、狭い畳の部屋に布団を並べて寝ていたんです。

                                                   

                                                        

両親の計画によると、私の部屋は、二人の寝室になるらしく…

私にも、

「あんたが引っ越す時、あのタンス持って行くんでしょ?」とか

「早く荷物片付けちゃいなさいよ」とか、「さっさと引っ越したら?」

なんて言われて、悲しい…

しかも、結婚までまだ1年あるのに…

その間、ずっとこう言われ続けるのかなぁ?

                                                    

ariariは、今現在、二人の住まいとなる家で一人で暮らしているので、

すぐにでも私に来て欲しいみていで、

ことあるごとに「早く二人で暮らしたい」と言われます。

それはそれで、私としてもうれしいし、早く一緒に暮らしたいけど…

でも、毎日朝から夜まで仕事してるような状態なのに、

さらに家事まですることになったら、生活していけると思えない…

でも、私がそう言うと、「じゃあ、一緒に暮らしたくないの?」

そう言われると、すごくすごく困ります。

                                                    

                                                     

もちろん、結婚したら仕事は減らすし、その分、家事だって頑張ります。

でも、それは、私にとっては、「1年後の予定」であって、

今すぐにどうこうできるような問題じゃないんですよね。

自分の気持ちだって落ち着いて整理したいし、

もうちょっとゆっくり考えて、行動したいのに…

                                                    

実家からは尻を叩かれて追われ、

ariariからはプレッシャーをかけられ…

なんだか、ストレスがたまる…

というわけで、なかなか居心地の悪い日々が続いています…

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
テーマ:結婚準備
2005-06-07 23:44:18

ヒマ

久しぶりにブログ書いてます。

ariariも書いているように、私たちは県民共済で決められたスケジュールで

動いているので、今の時期、何もすることがなくて準備がヒマヒマなんです。

和装は決めちゃったし、ドレスの予約は6ヶ月前からだし、

式場との打ち合わせも、引き出物も、結婚指輪も、3ヶ月前だし…

普通の人なら、今くらいは、ドレスショップとか選んでるんですかねぇ~

                                                             

                                                                                                                      

何も進まない状況の中で、ただ一人、

母親だけが、「留袖はどうしよう~」と今から悩んでいます。

(何にせよ、ウチの母親は気が早いんです…6ヶ月前でいいから!)

そうそう。

母には、ウェルカムボードの作成を頼みました。

母は「グラスリッツェン」といって、ガラスに絵や文字を彫るのを習っていて、

せっかくの機会だからと頼んだら、かなり大きなお皿を買い込んできて、

「1年がかりで彫るわ!」と気合入れてました。

                                                            

                                                                                                            

あとは、今のうちに、披露宴のBGMを選んでおくとか?

料理を決めてしまうとか?(ホテルで゙試食会をやってくれるそうなので)

ケーキをイミテーションと生、どっちにするかとか?

そんなもんかなぁ…???

                                                                                                                                                                                 

私の一番の心配は「ariariが結婚式までに、飽きてしまわないかどうか」

熱しやすく冷めやすい性格なので…心配です。

なんせ、まだまだまだ先の話しだし。

とりあえず今は、タキシードが似合うように、ダイエットしてもらって。

私は私で、今年の夏は日焼け止め命!で頑張って。

                                                      

皆さん、こんな時期は、何をされてましたか?                                                                                      

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
テーマ:毎日のこと
2005-05-14 15:32:14

パン作り

今日はariariが友達とフットサルをしに行っていて、夕方帰ってくるまで

ヒマだったので家でパンを作っていました。

今日作ったのはカフェオレパンです。

(写真は、私が作ったものじゃありません。)

           

             カフェオレパン

                                                   

私はケーキを作るのが大好きで、趣味が高じて、

今は料理学校の製菓の講師をしているのですが、

パンは習い始めたばかりで、未だ勉強中なんです。

                                                 

私が思うに、ケーキとパンって、同じように見えて、

実はかなり違うものなんですよね。

人によって、向き不向きがあるように思います。

独断と偏見ですが、ケーキ作りは、材料を揃えるのがダイヘンだし、

準備も手間がかかるし、マイペースにコツコツやるタイプの人じゃないと、

飽きちゃったりするんですよね。

逆にパンの方は、そんなにたくさんの材料はいらないし、

こねるのさえ頑張れば、発酵の間とか他のことができるし、

少しくらい大雑把でも何とかなる、というか…

(別に悪い意味で言ってるわけじゃないですけどね。)

授業で教えていても、「この人は、ケーキに向いてるなぁ」とか、

「この人はパンの方が好きなんじゃないか」とか、何となく考えたりします。

もちろん、両方得意な人はいるし、それが理想なのですが

                                                   

ともあれ、私は、パン作りとなると、緊張感が漂います。

今日もこねあがりに右往左往するわ、発酵の間、何していいか分からなくて、

オーブンの前にずっと座っていたり…

もっともっと勉強すれば、平常心でいれるのかしら?

でも、結婚生活には、パンが作れる方がいいですよね?

頑張ろう~っと。

                                               


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:結婚準備
2005-05-13 14:10:19

エステ

もう先週の話になりますが、この前のGW。

ariariはカレンダーどおりの休みだし、私はGW中にも仕事があったりしたので、

遠くには行けない…ということで、日帰り温泉に行ってきました。

埼玉県の小川町にある温泉で、前に行ってかなり気に入って、また行ったんです。

でも、そこは超人気!!!の温泉で、

こんな田舎のこんな場所にこんなに人が!!って

驚くくらい、いつも混んでるんです。

いつも入場制限をしていて、その日は1時間半待って

やっと温泉に入ることが出来ました。

                                                  

その温泉での一番のお気に入りは、何といっても『岩盤浴』!!

要は低温サウナで、石の敷かれた床の上で寝てるだけなのですが、

これがすっごい汗が出るんです!

暑すぎず、サウナっぽい息苦しさもないから、ついぐっすり寝てしまうんですけど、

目を覚ますと、体中が汗ぐっしょり。そして、すっきり!

サウナ嫌いの私でも、何度でも入りたくなってしまう…

                                                  

もちろん温泉もとっても良くて、ちゃんと硫黄の匂いがして、お湯もぬめり感があって、

肌がしっとりするんです。

1000円でタオルやら浴衣やら、すべて貸してくれるし。

本当におすすめです。

                                                   

その日は、そこで一日過ごす!と決めていたので、(そこには、食事処などもあるので)

ariariと温泉に入る以外の何かをしようと話していて、

前からやりたかった、マッサージとエステに申し込みました。

ariariは足裏マッサージを頼んで、私は顔のディープクレンジングと

普段手入れの出来ない、背中のパックを頼みました。

                                                     

私にとってエステは初体験

ブライダルエステにも行こうと思ってたので、まずはここで経験してみよう、と。

中に入ると、音楽やら香やら、エスニックな雰囲気。

まずは、顔のディープクレンジングをしてもらいました。

何かを塗って、クルクルとマッサージして、それを2回くらい繰り返して…

やってみると、「もう終わり?!」ってくらいに簡単。

(安いコース頼んだからかな?)

でも、出来上がった顔を触ると、何これ?!ってくらいモチモチ。

気になっていた、頬の赤味も取れて、肌色が明るくなってる♪

                                                  

それから背中のパックをして(これも塗るだけだった)拭き取ると、

今まで背中の手触りなんて気にしてなかったけど、確かにスベスベでサラサラ☆

背中は、私よりもariariの方が「すごい!」と感激してました。

                                                   

いやぁ~こんなに簡単に、こんなにきれいになれるなんて、ハマりそう…

ブライダルエステも絶対にやるぞー!


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。