チラシの裏 ~UTAU調声メモ~

UTAUの調声、仕様、関連ツールについてのメモをまとめています。

個人的なメモから始まったUTAU調声に関するブログです。
基本的なことは省き、他のサイトにはない情報を中心に纏めています。
ある程度UTAUに慣れた人~中級者ぐらいの方が読むといいんじゃないかなって感じです。


記事一覧:
はじめに →用語の確認

☆初心者のためのシリーズ
・UTAU初心者のためのあれこれ
 └超初心者のためのUTAUインストール講座
・はじめての ろくおん!(簡単中の人体験)
 └超初心者向け・UTAU録音機材とソフトの準備
MIXに最低限必要な知識 for UTAUユーザー(準備中)
presamp簡単講座
歌声合成の魅力って?~機械っぽさ、人っぽさ、その他諸々~

☆調声の基本
・ピッチの調声について(準備中)
・ノリの出し方(準備中)
・無声化(母音の省略)のしかた(準備中)
連続音を擬似CVVC化する
クロスフェード部分の違和感をなくす手段あれこれ
multi-prefix音源(統合音源)の使い方
シャッフルビートは3連符で打ち込め!

☆発音の話
小さい「っ」が無音じゃない件
「n あ」なんて存在しない件(ンについて)
二重母音とは?

☆調声技術・コツ
クロスフェード最適化について
・「意味を伝える」ということ、譜割りの話(準備中)
ustをtxtとして扱う(一括変換とかできるよ)
声をアアアアアって切る加工(ハピシン冒頭みたいな)
調声時に重視したいことランキングを作ろう
違和感と生々しさと統一感と感情の情報量と
・歌詞とボーカルの表現をいろいろ考察(準備中)

☆おすすめ
最低限入れておきたいプラグイン
おすすめエンジンまとめ
UTAUのMIXするならReaperが神って話
UTAUの凄い動画を紹介

☆仕様
図解でわかるパラメータ・原音設定
 →先行発声・オーバーラップと原音設定パラメータ
調声パラメータまとめ(UTAU本体仕様)
 →エンベロープ、STP、ピッチ、ビブラート等の数値解説
prefix.mapってなぁに?(マルチもあるよ)
・周波数表の基本知識(準備中)
UTAUのインストールをミスると編集した原音設定や周波数表がどっかいく件(VirtualStore問題)
resampler、wavtoolとは
presampの仕様まとめ
まいこ式CVVCについて

☆その他
空花ルアの使い方【取扱説明書】
・旧こんな音源あったらいいなのコーナー
 →特殊な収録方法まとめ
 →拡張音源まとめ
連続音、CVVC、単独音のメリット・デメリット比較
音源や録音リストの各wavに番号を振る方法
まいこさん流CVVCの原音設定
連呼式CVVC制作まとめ(切らない)
歌連続音を録ろう!ガイドBGM集
HANASU用CVCについて考えてみた
UTAUに代わるソフトが欲しい件 #UTAかわ


注意事項
・ところどころ内容が古くてあてにならないので信用しないでください
・中の人ではないので録音勢の事情には詳しくありません。
・日付は書き始めた日ではなく、最新の更新日時です。
・旧サイトから移転作業中です。


その他
原音設定の依頼受けてます(詳細

ustファイル・原音設定等の配布場所はこちら
夏語遙(日本語CVVC)、おたま帽子3.0、重音テト英語音源などのアレンジ版原音設定、暗鳴ニュイ連続音各種統合キット、逆音セシル統合キットなど。

自作録音リスト配布所
連続音やCVVCの軽量化、連続音・CVVC混合音源、子音を伸ばして録る音源などなど。連呼式もあるよ。注意書きを読んで使ってください!

oremo用ガイドBGM BPM120、最大8モーラ、シンプルで短めのガイドBGMです。収録時間の短縮にどうぞ

テーマ:
resampler,wavtoolとはの記事にて、エンジンとはなんぞや?という話をしたので、今度は実際にどれが使いやすいのかというのを書きたい。

エンジンは音源との相性が激しいので、いろんなエンジンを試して合うものを使ったり、部分的にエンジンを切り替えて使ったりすると良い(ここでMacユーザーが白目になります)
ust内のエンジン切り替えはUTAU標準機能ではないので、このプラグインを使う。


【ニコニコ動画】ひとつのustの中で複数のUTAU合成エンジンを切り替えられるようにしてみた

なお、地味ーに切り替えの番号を変えたりエンジンを増やしたりできます。
C:\ユーザー\All Users\UTAU Plugin\resampler wrapperの中のengine.iniを編集。詳細はここ
OSによって場所が違うので、エクスプローラ開いて適当に検索かけたほうが早いかも。
うちはWin10だけどC:\ProgramData\UTAU Pluginだった。


前置きはこのへんにして、おすすめエンジン解説。

☆引き伸ばし型

・resampler系
UTAU標準のエンジン。何も知らない人はこれを使っていることになる。
実はバージョンがいくつかあって、私は色々試したことはないから詳しくないんだけど、resamplerマスターみたいな人もちょいちょいいるっぽい。

UTAU最新版にデフォルトでついてくるやつについて、
特徴:
出音は少し強めの声になる。
単音階で息っぽくなく、明るくて単純なパワー系女声音源(テトさんとかテイ様とか)と相性がいい。
メリット:
音程の加工(原音より高くしたり低くしたり)に比較的強い。
1音階しかない音源はresamplerを使うことが多い。
デメリット:
ピッチの急な変化に弱い。ビブラートを強くかけた箇所で変なノイズが鳴ることも。

・fresamp系
個人的によく使うのがこれ。こちらもバージョンがいくつかあって、音が全然違う。
一般配布されているのは11と14。

fresamp11の特徴:
それなりに量のある多音階音源と相性が良い。
メリット:
かなり綺麗に合成できる。出音は割りと原音に近い。
デメリット:
音程の加工が苦手。歌わせたいピッチが原音の収録音階から離れすぎると発音(母音の感じとか)がかなり変わってくる。

fresamp14の特徴:
11よりも出音は若干強め。音圧高めの曲に合うかも?
メリット:
音程の加工に強い。超高音とかにしても比較的耐えられる
デメリット:
子音(と母音の変わり目?)にノイズが乗りやすい。

どちらも引き伸ばしにはそこそこ強く、CVVCの子音をめっちゃ伸ばすとかでなければロングトーンもそんなに気にならない。ウィスパー系音源の引き伸ばしはちょっと苦手かも?
結局一長一短になるので、最近は「fresamp11をメインのエンジンにして、部分的に(超高音域)fresamp14に切り替えて使う」ことも多い。

・TIPS
囁き系の音源や、男声音源など収録音階の低い音源に特化している印象。

メリット:
音源との相性によってはかなり生々しい出音を実現できる。
デメリット:
引き伸ばしに非常に弱い。
TIPSで使ってほしい音源を配布するときは、BPM低めのガイドBGMで収録したり、原音設定を工夫したり、ロングトーン音素を用意するなどの配慮が必要。


☆ループ型

・tn_fnds(他人の褌)
声質よりも発声の安定感によって向き不向きが異なるエンジン。
ループ型エンジンの特徴についてはこちらに書いたので割愛。
特徴:
音符にeフラグを設定すると、そこだけループではなく引き伸ばし処理にできる。引き伸ばし部分の音質は良くないので短めのノートにしか使えない。
メリット:
原音に近いリアルな声を再現できる。ガサガサしがちな男声音源にもおすすめ。
ループ部分に違和感がなければバラードやアカペラにも使える。
また、生成が鬼早いので耳コピ段階での暫定エンジンに最適。
デメリット:
ループ型特有のうわんうわん現象に適切に対処できるスキルが必要。
resamplerやfresampに比べて弱めの出音になるため曲によっては迫力が足りない。
音源との相性によってはすごい変な音が出る(素材の音程の解析系事故)。


☆その他

・Moresampler
ループ型と引き伸ばし型を自動で切り替えてくれる。どちらかの出音に固定する設定も可能
モーフィング技術を使っているらしく、位相合わせのあれこれでクロスフェード箇所が不自然になることはないらしい。従来の音量クロスフェード式ではできなかった機能がついていたり、やたら幅広いサンプリングレートに対応していたり、独自フラグが大量にあったりと新世代の技術感が凄まじい。
開発中なので色々怪しい。私もまだ検証できていない部分が多いので詳細は割愛。

・グロウルエンジン
他のエンジンと組み合わせて、グロウル(がなり)っぽい音を作るソフト。VOCALOID4のグロウル機能に対抗してる感じ?


※音程がない部分の仕様について

発音のうち、サ行のsやカ行kなどの無声子音は音程がない。
(音程とは~とか、F0がどうとか、そういう細かい定義は置いておいて、ピッチを操作する必要がない部分の話)

今回紹介したエンジンのうち、音程がない部分のピッチを操作するものはresampler,fresamp,TIPSで、操作しないのがtn_fnds。
前者は音程をいじってほしくない子音やブレスの出音があまり良くない。

TIPSとtn_fndsはループ・引き伸ばしの違い以外はあまり音質に大きな差がないんだけど、この無声子音の綺麗さが全然違うので、個人的にはtn_fnds押し。

また、UTAU上でブレスを鳴らす場合はtn_fndsがおすすめ。
Direct=trueで原音を鳴らせば綺麗にはなるけど、音量の操作など色々めんどくさい。
比べてtn_fndsは、どの音程でもいいので音符を置いて鳴らせば、音量いじるのも楽だし子音速度で息の長さを微調整できるし、gフラグかければ表情もある程度コントロールできる。
ただし、激しく吸い過ぎて声っぽいのが入ってるブレスには向かないので注意!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このページでは空花ルアの各音源について説明します。
UTAUの基本的な使い方は当サイトの初心者向け記事(準備中)@Wikiなどをご覧下さい。

※音源のインストールは、zipファイルをUTAU画面に放り込み、画面の指示に従ってください。
・通常音源フルセット、連呼式CVVC-rondo-はそのままインストールできます。
・-power-や-soft-など表情音源は、通常音源フルセットを拡張する形でインストールされます。先にフルセット音源をインストールしてください。
-power-や-soft-を単体で使いたい場合のインストール方法は後述します。

※UTAU上でキャラクターアイコンをクリックすると【簡易説明書】(readme冒頭)が開きます。
調声中に困ったときに使ってください!


【通常音源フルセットの使い方】

・単独音、連続音
音符を入力・歌詞を入れた直後は単独音で再生されます。
プラグインを使うと連続音化できます。
(使い方は普通の単独音・連続音と同じです)

連続音を使うときは、子音速度を120~150程度に上げて(子音を短くして)歌わせると綺麗に歌ってくれます。

単独音を使うときは、僕の考えた最強の(ryプラグインの中にある「エンベロープ自動設定」をこんな感じでかけてから調声してください。




・presampやautoCVVCを使う場合
単独音とか連続音とか考えなくてよくなります。
presamp簡単講座(当サイト内記事)
presamp配布所
「選択範囲をpresampで再生する君」「presampでwavファイルを生成する君」配布所
autoCVVC2.0配布所
※古いautoCVVC(for Namineやver1.23など)は使わないでください。


・CVVC
連続音で気に入らなかったところで使ったり、より思い通りの歌い方に近づけるときに使います。
表記が一般的なCVVC(eve式など)と違っています。



s,sh,hy,f,r,lは伸ばして使うことができます
(他は伸ばしすぎるとノイズが乗ります)


・エンジンについて
fresamp系を推奨していますが、他のエンジンでも使えます。
フラグ無しの場合、fresamp14だと比較的カサつき、一部の音素にノイズが乗ります。
11だと綺麗に出力できますが、超高音で母音の発音がだいぶ変わってしまいます。
個人的にはこの2つを切り替えて使っています。他のバージョンはよくわかりません。

一応tn_fndsでも使えるように原音設定していますが、長い音符で不自然になりやすいので後述のロングトーン音源を使ってください。
周波数表はfrq(resampler,fresamp)とpmk(TIPS)を同梱しています。


・wavtoolについて
wavtool4vcvを使ってください。
presampの場合はソフトに同梱のwavtoolexを使ってください。


・音階について
A3,C4,D#4,G4+裏声C5を収録しています。
A3~G4は自動切り替え、[あ裏]のように入力すると裏声になります。


・喉切り母音「a あ・」について
喉で区切って発音した母音です。(どんなものかは聴いて頂ければわかるかと思います)
しっかり区切りすぎていて使いづらいものも混ざってますが、そんなときは子音速度を150~200程度まで上げてみてください。
正確には「声門破裂音」と呼ばれるもののようです。


・ロングトーンについて
[あー]のような表記です。いくつか用意してあります。
TIPS(原音の長さに比べてUTAUの音符が長すぎる時に音が劣化しやすい)や
tn_fnds(ループ型)などのエンジンを使う方はどうぞ。


・語尾音について
[a R]系は連続音から切り出した語尾です。
[a R息]は別途収録した語尾息です。
[a R-]はロングトーンから切り出した語尾です。[- た][あー][a R-]のように繋ぎます


・息音源の使い方
サフィックス・プリフィックス選択プラグインをインストールします。

UTAUに[息]という音符を入力し、プラグインを起動します。



プレフィックス1でb1,b2,p1のどれかを選択。
種類が多すぎて分けてるだけなので正直どれでもいいです
(p1はポップスから、b1はバラード前半、b2はバラード後半から切り出した音)

サフィックスに短、中、長と書かれたものがそれぞれ大量にあると思います。
(長さ別に分類し、適当に番号を振ってあります)
下の「原音を再生する」にチェックを入れて「短01」等をクリックすると音が出るので、好きなものを選んでOKを押してください。

選んだ音がUTAUに反映されるので、「$direct=True」か、ust内でのエンジン切り替えがわかる方はそこだけtn_fndsやTIPS等の出音の綺麗なエンジンに切り替えてください。
tn_fndsなどに切り替える場合は音量を30くらいまで下げてください。
(gフラグや子音速度が使えるのでエンジン切り替えがオススメ)
「$direct=True」の詳細はUTAU ユーザー互助会@ ウィキが詳しいです。


・その他
もっと細かい情報については、「テキスト」フォルダ内の「フルセットの使い方.txt」に書きました。



【表情音源(拡張音源)の使い方】
現在リリースしている表情音源:-power-、-soft-
(-rondo-は後述)

・インストール方法
-power-や-soft-などのインストールは、デフォルトでは通常音源フルセットを拡張する形でインストールされます。先にフルセット音源をインストールしてください。

-power-や-soft-を単体で使いたい場合のインストール方法:
 voiceフォルダにコピペする方法でインストールします。
 ①C:\Program Files (x86)\UTAU\voice内にzipの中身をコピペする
 ②「強単体.map」「弱単体.map」などのファイルを「prefix.map」に書き換える

・-power-について
いわゆる強音源です。
[あ強]と入力すると通常音源から強に切り替わります。
C4,D#4,G4,A4+B4,裏声C5を収録しています。
(通常音源と微妙に違うのでお気をつけ下さい)
C4~A4は自動切り替え、B4は[あ強_B4]、裏声は[あ強裏]と入力します。
ハ行、ラ行、リャ行は連続音で、他はCVVCで収録しています。

・-soft-について
弱音源とひそひそ音源のセットです。
[あ弱]と入力すると通常音源から弱に、[あ無]と入力するとひそひそ(無声音)に切り替わります。
弱はA3,C4,D#4,G4を収録しています。拗音のみCVVC、他は連続音のリストを使用しました。
ひそひそには収録音階はありません。単独音で収録しています。


・単独音で使う、かつpower、soft単体での使い方
前述の通り、「強単体.map」「弱単体.map」というファイルを「prefix.map」に書き換えて使ってください。
[あ]と入力しただけでpower,softで再生されるようになります。
あとは通常音源と同じです。
最強プラグインでエンベロープを一括設定してから調声してください。

・単独音で、かつ通常音源といっしょに使いたい
収録音階の都合上、_C4などの音階名を入力する必要があります。
multi-prefix音源(統合音源)の使い方(当サイト内記事)で解説しています。


・連続音・CVVC化して使いたい、通常音源といっしょに使いたい
収録音階や録音リストの都合上、presampかautoCVVCを使う必要があります。
(他の、統合音源対応でない連続音化プラグインなどは使用できません)
presamp簡単講座(当サイト内記事)
presamp配布所
「選択範囲をpresampで再生する君」「presampでwavファイルを生成する君」配布所
autoCVVC2.0配布所 ※古いautoCVVC(for Namineなど)は使わないでください。

先頭音([- さ][- な]等)が入ってないこともあるので語頭はアタックを削る必要があります。
単独音同様、僕の考えた最強の(ryプラグインの中にある「エンベロープ自動設定」をこんな感じでかけてから調声してください。



(休符の次のノートだけにチェックを入れてもいいです。CVVCになるので出音はほぼ変わりません)

通常音源と表情音源の収録音階が違う「multi-prefix」構造の音源では、どのprefix.mapを使うかはpresampが勝手に切り替えてくれますが、
最強プラグインの「文字置換」で音階名を付けることもできます。

lua5


・ンについて
ア行、サ行、シャ行、ハ行、ヒャ行、ファ行、ヤ行、ワ行、ヴァ行の
前に「ん」がくるときは、[ン]と入力してください。



(画像は-power-ですが-soft-も同様です)


・ひそひそ音源について
-soft-に同梱されているひそひそ音源(無声音)は、子音やブレスと似た扱いで歌わせます。
音程を加工しないように出力するのがコツです。

$direct=Trueで出力した場合、音素材の引き伸ばし加工も起こらなくなるため、あらかじめ1音1音を伸ばした単独音で収録されています。
tn_fnds等、音程無し部分を加工せずに出力してくれるエンジンでも綺麗に歌わせることができます。この場合も引き伸ばしやループは(よほど長いノートでない限り)起こりにくくなっています。


・エンジンについて
・wavtoolについて
・喉切り母音「a あ・」について
・息音源の使い方
通常音源と同様です。



【連呼式CVVC-rondo-の使い方】

ドレミファロンド」をお手本とし、歌声に近いかたちで収録した音源です。
C4,D#4,F4,G#4,A#4を収録しています。

使い方は一般的なCVVCと同じです。
単独音としても使用できます。
UTAUのvoiceフォルダの構造に詳しい方は、通常音源や-power-と統合してみるのもおすすめです。

・単独音で使う
音符を入力・歌詞を入れた直後は単独音で再生されます。
僕の考えた最強の(ryプラグインの中にある「エンベロープ自動設定」をこんな感じでかけてから調声してください。

lua2


・presampやautoCVVCを使う場合
単独音とかCVVCとか考えなくてよくなります。
CVVC音素は表記が一般的なCVVC(eve式など)と違っています。

presamp簡単講座(当サイト内記事)
presamp配布所
「選択範囲をpresampで再生する君」「presampでwavファイルを生成する君」配布所
autoCVVC2.0配布所
※古いautoCVVC(for Namineやver1.23など)は使わないでください。

・extraフォルダについて
空花ルアの他の音源と同じもので、子音単体・息音素が入っています。
使い方は通常音源の項に書いています。

・エンジンについて
・wavtoolについて
・喉切り母音「a あ・」について
通常音源と同様です。



【その他】

もっと細かい情報については、「テキスト」フォルダ内に裏話txtがあります。
また、一部音源のノイズ除去を塩釜さんにお願いしました。こちらも各音源のテキストに記載しています。
(readme.txt、character.txtは全音源共通のためProject-Lua-メンバーのクレジットのみ記載しています)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Virtual Store問題について。

UTAU音源をインストールしたはずなのにvoiceフォルダにない?
UTAU音源の原音wavや原音設定、周波数表などを編集したはずなのに反映されない?
音源データを消したはずなのに消えていない?
プラグインの設定を編集したはずなのに反映されない?エラーを吐く?

などなど。
Twitterでよく見かける現象なのですが原因も解決方法もはっきりしてるので書いときます。



タイトルには「UTAUのインストールをミスると~」って書いたけど、直接の原因はWindowsの仕様なのでUTAUは悪くなかったりする。
しかもデフォルトの状態で起こるので別にミスってなかったりもするけど、まあそこはイメージしやすさ重視のタイトルってことで・・・

編集したデータをどっかへやっちゃうのはVirtual Storeという機能のせいで、順を追って説明すると、

WindowsのPCのソフトウェアが入ってる場所(Program Files)は大事な場所だから簡単に手を出せないようにしてある
(書き換えるには「管理者権限」が必要)

UTAUの本体(ソフトウェア)もそこに入ってる

UTAUの本体が入ってる場所と同じところに音源、原音設定、周波数表などのデータも入ってる
(エンジンやプラグインなどもこの近くにある)
それらのデータを書き換えるにも「管理者権限」が必要

管理者権限のない人がデータを書き換えようとすると、Windowsが勝手に
「よくわからん人が書き換えたデータで上書きするのはまずいぜ!原本はそのまま置いといて新しいデータは別の場所に置いとこ」ってなる

・変更したはずのデータが書き換えられてないように見える
・消したはずのデータが消えてない
・入れたはずのデータが入ってないように見える(実は別の場所にある)
などの現象が起こる

というわけです。まったくWindowsはおせっかい野郎ですね!
Virtual Storeが機能の名前なのか保存場所の名前なのかはよくわからんです。

ちなみに、最近のバージョンのUTAUではこれを回避するために、音源とプラグインをProgramFilesの外に保存するようになってます。
つまり、人によってデータが入ってるのは「UTAU本体と同じ場所」「Virtual Storeの場所」「Virtual Store回避のためにUTAUが用意した別の場所(ドラッグ&ドロップでインストールすると勝手にここに入る)」の3つの可能性があり、非常にややこしい。
音源制作とかでVoiceフォルダをよく触る人とかは特に、保存場所をどれか1つに絞って把握しておいたほうがいいです。



☆この現象が起きちゃった時の対処法
書き換えたはずのデータは生きてるので焦らなくて大丈夫です。
データを消したいのに消せない場合は後述。

C:\Program Files\UTAU の中に入ってたやつは
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\UTAU の中に入るらしいです。ググったらそう言われた。今Windowsぶっ壊れててMac使ってるから確認できないけど。

あ、OSのバージョンによって微妙に変わるかもしれないです。Win7とかWin10とか。そこらへんは臨機応変に!

そこから大事なデータを救出したら、次のステップへ。


☆この現象が起きないようにするには

対処法1:管理者権限があるよ!と伝える案
UTAUの本体の保存場所がわかる人は、本体(UTAU.exe)を右クリックでプロパティを開く
どこぞのタブにある「管理者としてこのプログラムを実行する」を探し出してチェックを入れる
これで私はここを書き換える権限があるんだぜ!ということになり、Virtual Storeが起こらなくなります。
こちらのサイトにスクショ付きで詳細が載ってます。
Virtual Storeの正当な対処法って感じですが、UTAUを起動するたびに確認画面が出てめんどくさいです。

対処法2:管理者権限なんて必要ないんじゃ!案
筆者はコレ。
UTAUがProgram Filesの中に入ってるからこんなことになるんだ!
別の場所に移動する、もしくは最初から別の場所にインストールしておけば問題なし!
わかりやすい場所にUTAU.exeがあったほうが音源フォルダの書き換えやエンジンのインストールがしやすいから一石二鳥だね!
さらに、C:以下じゃない場所に置いておけば、もしPCが壊れて初期化とかするときにデータが消えなくて済むことがあるので安全性がちょっと高い。
(というか今まさに、OS壊れてインストールしなおしてるけど別のパーティションに音源入れてたおかげで助かってる私です)

対処法3:Virtual Storeが絡まない場所にデータを保存する案
UTAU本体はProgram Filesの中に置いておいて、音源などのデータは別の場所に保存する作戦。
これが一番簡単です。
まず大事なのは、UTAUの最新版をインストールすること。
古いバージョンは何かとおすすめできないです
(新しいバージョンにも欠点はあるのであえて古い方使う人も多いらしいけど)

ver 0.4以降のUTAUは、D&Dインストール(DLした音源のzipをつかんでUTAU画面に放り投げるインストール方法)すると前述の「Virtual Store回避のためにUTAUが用意した別の場所」に音源やプラグインが入ります。
この場所の確認方法は、
・音源なら、ツール→原音の設定(原音設定画面が開く)→ファイル→フォルダを開く で音源保存場所が開く
・プラグインなら、プラグインを選ぶ画面で「プラグインフォルダを開く」
voiceフォルダをよく編集する人とかは、この場所のショートカットを作っておくと便利かも。


これらの策を講じてから、救出したデータを入れ直すなり消したいデータを消すなりすれば、今度は大丈夫なはず。
一度デフォルトの場所にインストールした後にUTAU本体が入ってるフォルダを別の場所に移すと、「別の場所に移すのにも管理者権限がいるぜ!」ってなって余計混乱するので気をつけたほうがいいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。