迷子の大人たち2

~もしもエエ加減な男が農業を始めたら~「池田なません」の【ニワトリノニワ】農場経営者池田司が送る、脱力系テキトー農業日記


テーマ:
胃カメラを飲んだ。

実に11年ぶり。当時私は東京の商社マンであり満員電車のストレス、及び大企業に身を置くストレスとに身を苛まれていた。

つまり経営者としての評価ではなく直属の上司の評価により企業内での価値が決まるというやるせないストレスに病んでいたのだった。

僕は大企業には向いていない。それは初めから分かっていたことであり、実際新卒としての就職先は従業員20名ほどのベンチャー企業だった。

何故商社になど入ってしまったのだろうか?

見栄?違うな。その商社で面接をした入社後の上司が何でも人材の揃っている大企業のメリットを生かして横断的に何でも好きにやって良いと言ってくれたからだ。

ベンチャーでは自分で考えたことを隣にいる社長に提案し即実行できるという面白さがあったものの、実行できる幅がIT関連だけに縛られているという限界があったのだ。

そうして給料がやたら高い商社に入社した。やたら高いと言うのは大卒としてではなく、その上のランクの院卒の給料規定に則っていたからだ。

その頃から、給料はあるにこしたことはないが給料より遣り甲斐に従って生きていた。

大学からの生き方に一貫しているのだが、僕はやりたくないことをロボットみたいにやれる人間をバカだと思っていた。

楽しくないことを義務とか単位取得のためとか思って実行できる人間は、楽しくないから勉強やらないと学校をサボるヤンキーよりも愚かだと思っている。

評価基準は誰なのか? 親か、教師か、上司か、或いは自分自身なのか。

誰かがヤレと言えば楽しくなくてもやってしまうのか。そんな生き方をするヤツが子供の意思を無視して楽しくもない学習塾に通わせ、親と同じ楽しくない人生を強要するのだ。

そして。

最も危険な弊害が、社会人になったら上司の評価ばかりを気にして上司の前では常に目の色を伺うような卑屈な人生を送ることになる。

そんなヤツは上司の目が届かないところで必ずサボるようになる。

東京でも地方でも良く見かけるのだが、公園に車を停めて真昼間にイビキをかいて寝てるサボリーマンたち。

僕は彼らを横目で見てお前らがサボってるのは就業時間だけでなく自分の人生でもあるんだぞ、と思っていた。


僕はそういう自分の人生を無駄にしている人が大嫌いである。そんな人が間近に居たならとてもストレスになる。増して自分が骨身を削って立ち上げた事業なら・・・


自分がやりたくて立ち上げた事業。ストレスなんて感じるはずがないと思っていた。だが

今年の7月くらいから胸やけするようになった。8月に入ってそれが胃痛になり、9月に入り頻度が増し、10月に入り病院に行こうと決意した。

そして問診を受け、昨日胃カメラを飲むことになったのだ。

10年前と違って今の胃カメラは口からではなく鼻から麻酔しながら入れるタイプになっており、チューブも細くて全く嗚咽することなく、また産卵するカメのごとく涙をちょちょぎらせることもなく終わった。

そしてすぐに医者の診断を聞きながらプリンターから内部撮影の写真を記念に、と言われて渡された。なんの記念やねん。

胃カメラ.jpg

苦手な人も居るだろうから写真はあえて不鮮明に調整してある。右下の写真が示すように、胃と食堂の境目の粘膜がただれている。
逆流性食道炎 の特徴である。

そして胃酸分泌抑制剤を処方してもらった。診察の時から飲んでいるのでもう一週間経つのだが、今日になりようやく痛みが無くなった。


しかし、こんな田舎でしかもやりたいことをやってるハズなのにまさか胃炎で胃カメラを飲む羽目になるとは・・・


先日、ニワトリノニワでは季節外れの桜が咲いた。

季節外れの桜.jpg

秋に咲く桜の原因は、
夏に何らかの影響で葉っぱが落ちてしまったことが原因らしい


生き生きと茂っているべき季節に葉が落ちてしまい、秋の涼しさを春と勘違いして季節外れの花を咲かせる。


・・・・と、いうことは?





↓↓クリックして応援

生き方 ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

池田 司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。