シニア世代からのメッセージ@毎度楽々

2013年12月3日まで、諸見里しのぶ@勝手に応援団&女子プロゴルフのタイトルでブログを綴ってきました。
これからは諸見里しのぶ選手や女子プロゴルフだけでなく、世相観察や現役世代に伝えたいメッセージも書いて行きたいと思います。


テーマ:
民主主義の社会とは、貴族制のように生まれによって選択された人々が行う政治でもないし、独裁制のように誰か独りの個人とか、政党によってなされる政治ではありません。

多様な有権者の意思を投票によって決定するのです。

民主制か、貴族制(択ばれた人による寡頭制)、独裁制かは、人類が長年の間それぞれを選択してきていますね。

民主主義の国は、先進国に多く、独裁制は、後進国に多いようです。
表向きは、民主主義を標榜している中国とか、北朝鮮は、共産党や金正恩の独裁制です。この体制に反対すれば、拘束されて処罰され、刑に服し、時には、死刑もあります。日本人が中国で拘束されてますけれど、中々問題にはなりません。

貴族制の国は中々見つかりませんが、国王などがいる英国には残ってますね。英国の上院は、貴族によって構成されてます。

さて、民主制ですけれど、長所は、幅広い国民の意見、意思を反映できることです。欠点は、雰囲気とか、その時の世相とかを反映して、情緒的、感情的なものになりがちです。

民主制の危機は、2極に別れてしまうことが多いことでしょう。
欧州では、移民を受け入れるか?
拒否するか?

英国のようにEUに残るか、脱退するか が問題になります。

つまり民主主義では極論どうしが激しくぶつかり会うのです。

歴史的には、ヒトラーを生んだのも民主制でしたね。
彼は、合法的に政権を奪取して、後に独裁者となり、ユダヤ人、障害者などを虐殺し、国民もゲシュタポによって監視していました。

1920年代のドイツは、第一次世界大戦後の過重な賠償金と、1929年からの世界景気の後退の中で、国民の不安、不満心理を捉えて、誘導していったのです。

現在の日本の政治情勢は、
民主主義ですが、「景気回復」しているのに、不安や不満が充満していて、それが気分として、雰囲気として政治に表れているようです。

時間が経過すれば、事の正否とか、間違いはわかるのですが、有権者は、「自分の気分」次第で投票することになります。これは、民主主義では、言論の自由が保障されているので、極論もまた一つの考えということで容認せざるを得ないからです。

問題は、この世論形成の過程で、メディアが冷静でなくなることです。つまり、購読者数、視聴率という「商売、営業、利益追求」の観点から、公正な報道を離れて、自社の主張だけを述べるようになり、二極化した言論を煽ることです。

最近の日本の森友学園、加計学園の問題などはまさにそうです。
メディアによって報道に凄く差がありますね。報道しない部分もありますからね。

売れる記事を書く、あるいは、不安、不満に乗った記事を書いて報ずる・・・
こういうスタンスが一番危険なんだと思います。

反安倍一辺倒の報道機関もあれば、親安倍一辺倒の報道機関もあります。

歴史、時間が経過すれば、どちらが正しいかが判明します。

日本人の一人として思うのは、

自民党は、ダメだから、一度は民主党に政権をやらせよう と思って投票した人は、大きな間違いだったと反省して欲しいものです。そういう自分の気分(不安、不満)で選んだ政権がどうだったのかを考えて欲しいね。

確かに自民党の議員の中には酷いのがいるのも事実です。そういう輩は、二度と選んではいけません。それだけに小選挙区の野党候補は、しっかりして欲しいのです。

人間の悲しいところは、自分の知ってること、自分の情報が正しいと思ってしまうし、自分の判断は間違いが多いなんて思わないことです。

人間は間違いだらけだから気をつけないといけない・・・・なんていう人は、誰からも好かれないけどね。

格言に「好事魔多し」とある。
調子に乗ってはいけないということだなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

毎度楽々さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。