大相撲

テーマ:

駿傑

朝青龍の記録づくめの優勝、琴欧州の大関昇進などが

大きな話題になった今場所ですが、琴ノ若の引退というのもありました。

見ましたか?その最後の取り組み。


相手は駿傑(石出改め)。

名力士の最後の一番に会場全体の集中力も高まります。


しかし、立会いの瞬間!

なんと駿傑は変化してしまいました!

不意を突かれてあっさりと負けてしまい

”そりゃあないよ・・・”という表情の琴ノ若。

引退の一番なのに変化って。


スーパーヒール力士・駿傑、誕生の瞬間です。

朝青龍もCMに出たり、優勝して泣いたりして、丸くなってきたと皆が思う、このタイミングで、

次世代の悪役が静かに産声をあげたのでしょうか?

日本相撲協会は狙ってやってるんでしょうか?

しばらく見守ろうと思います。


ちなみに最終日は、7勝7敗の高見盛りに対して

厳しい攻めで勝ち越しを許さず、高見盛りを半泣きにさせました。

つくづく悪党です。

AD

エロい方のピンク

テーマ:

笑福亭鶴光を知っていますか?

ええか~、ええのか~、ええのんか~

でお馴染みのこの人 です。

落語界では、ナントカ落語協会の役員も務めたこともある偉い人、らしいです。


              ◆◆◆


今日、テレビをつけたらドラゴンアッシュが出ていました

実はもうデビュー10周年になるらしく、いつのまにか二人のダンサーが加入したらしい。


見たのは武田真治の番組で、武田真治とトークとかセッションとかしてたんですが、

二人のダンサーは何だかコンテンポラリーな感じでクネクネと踊るし、

サックスを吹く武田真治の腕は、それは何の準備?PRIDEに出るのか?

というくらいのありえないムキムキぐあいだったし、

あいかわらず降谷建志はマイペースにスカしていたので、

僕はだんだんとそれがダウンタウンのシュールなコントに見えてきて、

変な笑いがこみ上げてどうしようもありませんでした。

特に、途中から二人のダンサーは今田と東野にしか見えませんでした。

denjiha

思い出したのはこんな感じ。


で、ドラゴンアッシュがすでに10年目ってことは、 昔ヒップホップを聴いていた若者で

現在はオッサンって人がそろそろ出てくるはず。


そこでヒップホップにも新たなジャンルが登場するかもしれません。

それは例えば、ピンクヒップホップ。


そう、笑福亭鶴光がピンク落語を創設したように。

その内容は中年のねっとりエロス。(しかしリスナーの大半は中学生)


A to the B ,say!, (ええか~)

B to the C,  (ええのんか~)

C to the XXX!!! (ここがええのんか~)


みたいな。

いや、アホまるだしか・・・


しかし是非、featuring鶴光師匠でやってほしい。数年後のすっかり丸くなったユウザロックとか。

ていうかやったら実際そこそこイケるんちゃう?イケそうな気がしてきた!

マネされる前に言っておきますが、先に考えたのは僕です!

2005年9月17日午前3時15分に僕が先に考えましたからね!

AD

かわいらしさについて

テーマ:

ozawa

今年のサイトウキネン を見に行った友達の話によると、

ナマの小澤征爾はめちゃくちゃかわいらしかったらしい。

見た目というか、その振る舞いや表情が。


演奏者を一点に集中させ、表現したいことを伝え易くするための

「かわいらしさ」は、小澤征爾の能力のひとつなのかもしれない。


指揮者に限らず、演奏するひと・表現するひとは

表現する内容とは別に、その内容をうまく伝えるために

「かわいらしくする」という手段を使うのはアリかもしれない。


そして、小澤征爾はかわいらしさを追求した結果、

あのヘアスタイルに落ち着いたのかもしれない。

音楽の鬼め!

AD

柔道

テーマ:

tani

谷亮子はあれだけ強いのに何故、2階級制覇を目指さないのか?


しばらく前だけど、テレビで48kg級で谷亮子の次に強い選手の

取材をやっていたのを見て思った。


ボクシングとか他の格闘技だと階級上げたり下げたり

と言う話はよく聞くような気がするけど。


調べてみると、48kg級の次は52kg級らしい。


さらに、こんなものも発見。

谷亮子選手は48キロ級以外でも通用する?


52kg級もイケそうやん!


それでも、体重を増やして挑戦しないのは、


もしかして、


女の子だから?


コーチ:「もう48kg級に敵はいない!52kg級に挑戦してみないか?」

谷:「(太るのは)イヤです!!


コーチとこんなやりとりがあるのか?


しかし谷よ、産後太りというものがあるじゃないか。

復帰後は、日本のためではなく、全ての産後太りした女性

のために、2階級制覇を目指せ!

妄想族旗揚げ

テーマ:

もしも男だけの原始社会があったら・・・


「今日のメシ当番はザリガニ釣りで決めようぜ」

「ビリはメシ当番でしかもメシ抜き、な!」


全員ザリガニ釣りにハマる。

しかし、誰かがそのうちザリガニしか食材がないことに気付く。

「こんなモン喰えるか!」

そして、喧嘩→戦争→絶滅。


もしも女だけの原始社会があったら・・・


「この果物チョー甘くない?」


みんな果物しか食べない。

まれに米を食べようとする者、罠をしかけて動物を

食べようとする者があらわれるが、


「ハア?バカじゃないの?っていうかあの子キモくない?」


相手にされない。

そして食料がなくなる→絶滅。


--------------------------------------------------------


僕は、見かけによらずバカみたいに男らしい、

と言われることがたまにあるんですが、


女目線でも考えることが出来れば、

感受性は2倍。人生が2倍楽しくなる


と、妄想していた時期がありました。


しかし、男と女は別の生物。

無謀な挑戦でした。


しかも、楽しさが2倍になったとしても

しんどさが5倍ぐらいになるかもしれない、

ということを予感し、この妄想は打ち切りました。


少ないながらも、この妄想で得たこと。

・男と女では「好き」のニュアンスが違う。

・女の方が何かとしんどい。男は気楽。

・男は、自分の中にある「女らしさ」を自覚すると、より男らしくなる。逆もしかり?

↑んん、これはなんかクサいかなあ?

mousou

という訳で新しいジャンル【妄想族】を始めました。        

過去に考えた妄想をまとめます。

妄想して欲しいお題も募集します。

年越しには「初日の出妄想」を行います。4649!


ああ、あと

・宮○藍はなんかイヤ

というのも追加しておきます。