中村雅人 in 松本瓦祭

テーマ:

昨日の夜、瓦祭 にて、あの中村雅人 さんと再びセッションしてきました。


曲目は、

1.朝日のようにさわやかに

2.ECLIPSE

3.Foot prints

4.All Blues

5.Cameleon


何を隠そう2曲目の「ECLIPSE」は学祭のステージ用に、sleep walkerのCDを聴いて練習した曲です。

まさか本人のバックで弾くことになろうとは・・・!


肝心の演奏内容なんですが、「ピアノがやりにくい・・・ん~いやいやおもしろい」と非常に気を遣われたダメ出しを頂きました。また、「普通は走るところやのに逆にモタるねんなあ」とも。いや、もうスンマセン・・・としか言いようがないです。


言い訳させてもらうとすれば、冷静にサックスの音を聴いて最高のバッキングをする!という気持ちが大きすぎて音に素直に反応できず、また躊躇する場面があったと自覚しています。


しかし、もともとのリズムのとりかたに変なクセがあることも確かです。サッカーでいうと独特なリズムでドリブルするデルピエロと同じように、音楽でもリズムの触り方にもひとそれぞれ個性があって、僕は変なリズムでドリブルするサッカー選手のような個性を目指していたのですが、その持論を盾に真っ当なアプローチから逃げていたのかもしれません。いや、そんな話を小難しくする必要はなく、素直にリズムに反応すればいいだけの話です。特に昨日のようなダンスミュージックの場合は。


なぜ、それが出来ないのかということを、実は昨日のセッション終了からずっと考えていました。原因は、どうも自分の精神的なところにあるようだ・・・という方向に考えが向かいつつあります。危険なのでもう止めます(笑)。


ただ、ノッてきたときに躊躇しないためには、僕はもう少し素直にならないとダメなようです。


自分の話ばかりになってしまいましたが、いやもう中村雅人はやっぱり凄かった!1時間の演奏はあっという間でした。そして僕のピアノが全然ダメだったかのような反省っぷりですが、そこまでダメダメだったわけではありません、たぶん。演奏中は楽しくて気持ちよくてたまりませんでした!これからは素直に「あの中村雅人のバックで2度も演奏した」ことを自慢にしていきたいと思います。リアル友人の皆様、覚悟しといてください。

AD

wakadannna


営業ライブ やってきました。


演奏の出来は・・・どうだったんでしょうか。お客さんには満足して頂いた感触でした。

また予想以上の満員御礼だったので、興行的(?)には大成功だったと思います。


しかし、ミウチシャン(身内+ミュージシャン)の評価はイマイチ。

確かに今回は何かとだらしなかったです。

聴きに来た人に興奮してもらえる、ある程度の盛り上がりは危なげなく出せましたが・・・

V.S.O.P(ベリー・スペシャル・ワン・パターン)というヤツに過ぎなかったのかもしれません。


プラス面でまったくの想定外だったのは、ゲスト参加のサックス吹きのアイドルパワー。

今回はそれがいつも以上でした。

この人はノってくると天井しらずだと薄々感じてはいましたが、

この日は何かオーラ的なものを放出して場を支配していました。

後半に至っては、ステージ付近の空気の密度が変わったかのような凝集力でした。

あんなのは初めて体感しました。

まさかここまでとは・・・。


と、のんきに感心してる場合ではありません。

僕は異様な空気に押され、最後の曲のソロで明らかに失速してしまいました。

たぶん聴いている人には気付かれなかったのですが、しのぎきるのに精一杯でした。

次はアレを受けきって、倍にして返したる!


と意気込んだところで、どうせ僕の演奏は暑苦しく男ウケする方面です。

オシャレさを壊さずに盛り上げるってのも、これからの課題です。

そう、それで、次回もやらせて頂くことになり、日程が来年の2月25日に決まりました。

次はキッチリガッチリ作りこんだものをお聴かせします、押忍!


聴きにきて下さったみなさま、MELTING POT のみなさま、本当にありがとうございました。

AD

ライブ告知

テーマ:

===============================================
■TIME: 11月19日(土)18:30

■PLACE:MELTING POT D.C.
   *上田市合同庁舎からすぐ

     map

■charge:1500円(ワンドリンク・おつまみ・食事付)

【time table】
18:30-19:30 1stステージ
19:30-20:30 Dinner Time
*お好きなメニューを選べます
20:30-21:30 2ndステージ

【出演バンド】
・艶男
・若旦那

■主催
NPO法人ルーバンデザイン研究所

MELTING POT D.C.            (Tel 0268-23-3215) 
Tシャツ工房ハウストン       
===============================================

こちらのレストランのオーナー様に御贔屓にして頂きまして、
晴れて第2回目の開催となりました。

ジャズ研の皆様には毎度おなじみのバンド「艶男+ミポリン」が出演します。
そして!「若旦那」初登場!ご期待下さい。
両バンドとも、オーソドックスなスタンダードジャズを主に演奏します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とまあ、こんなところですが、

出演バンドが艶男若旦那って・・・。

まるでフンドシ締めた男二人による怪しいパフォーマンスの

ようですが、そんなことはありません。


そして、このレストランはどのメニューも仰天の美味しさです。

僕自身も演奏のことより、当日に何を食べるかということで気を揉んでいます。

AD

sunny

大学の友人、悪魔ベーシスト・ヒロトと一緒に

○洋大学ジャズ研の合宿に遊びに行ってきました。

平日の夜だったけど。
お邪魔するのはこれで3度目です。


「文化の違い」ってやつなんでしょうが、ここのセッションは

とてもキッチリしていて、緊張感があります。

全員が真剣勝負を意識しています。

みんな真摯で熱心で、セッション後にはアドバイスし合います。


そして僕のような他大学の人間は

プロレス風にいうと「外敵」です。


僕はこういう緊張感のある場では、何故かニヤニヤしてしまって

演奏面でも、決して笑わせようとしている訳ではないけれども、

笑いを誘うようなソロをとってしまいます。

昨日も一発芸的なフレーズを出しまくってしまいました。



そして、その後の宴会で・・・ヤツラは本性を現します。

酔った勢いで(いや酔ってなくても)全裸になり、セクハラはするわ、

油性マジックで顔に落書きするわ、ピンクローターを振り回すわ、人前で勃起するわ、

とにかく、今までのマジメな雰囲気はなんだったのかと思います。


しかも、ここのサークルの女の子も慣れきっているのか特に気にするようでもありません。

やがて、僕たちにも全裸でいることが普通に見えてきます。

菅平の壮大な星空に、下半身全裸で流れ星を探していた、

そんなロマンチックなS君の翌日のお腹の調子が心配です。


今回は、全員が脱ぎ始める前に帰りましたが、

本当に面白い写真に限って載せることが出来なくて残念です!


しかし、そんな雰囲気の中でも

「あの曲のアレはどう合わせれば良かったっスか?」

と、暗い情熱を湛えた目でジャズ談義に持ち込もうとする

青年がチラホラいることも、強烈な印象です。


今回も、張り詰めていてメチャクチャで、

それでいて温かくやさしいもてなしをして貰ったので

実は帰り際に少し泣きそうになりました。


また行きたいなあ。

過酷だった!

テーマ:

きのうは別の学科の前期打ち上げパーティーに参加して演奏してきました。

メンバーは僕、音沙汰さん 、同期のヒロト、さかもっさん(なんとドラム歴1ヶ月!

どうもお疲れ様でした。直前の上達っぷりは驚異的でした。また学際でやりませう)のカルテット。


最近、あまりコンディションのよろしくないセッティングでの演奏が多いんですが、今回もまたヒドかった。


ナゼ、エアコンが効かない?


終始汗だくでの演奏でした。


しかし演奏は自分では納得のいくものでした。音がモワモワしてたらしいけど。

音沙汰さん と一緒に演奏するたび、僕のケリー節 に磨きがかかるのが実感できます。


そしてパーティーでは、ほとんど何も口にできなかった僕は、解散後に一人ですき屋にて豚丼をほおばり、その後、すき屋の近くにある古本屋で鋼の錬金術師 を全巻読破してしまいました。


なんだこの無駄な行動力は。


-----------------------------------------------------------------


近々、アメブロから引っ越すかも・・・