いいタイミングで春めいて

テーマ:

追いコン1

きのうは所属するジャズサークルの追いコンでした。


同期のカルテットの最後のステージは出来すぎでした。


線の細い印象だったサックスは、骨太かつ知性的なフレーズを。

暴れまわるドラムは、的確なサポートとアクセントを。

不安定だったベースは、腰の強さと美しい音色の絶妙なバランスを。

そして訳も分からずぺチャぺチャと叩きつけるだけだったピアノは、あのような具合になりました。


あっという間だったような気もしますが、6年という時間は長かったようです。



いや褒めすぎか・・・。


この後にライブが3本も控えているので、追い出されるという実感は

実はほとんどありませんが、みなさま本当にありがとうございました。


大事な場面に言葉が足りないのは僕のダメなところですが、

胸がつまって言葉になりませんでした。

かなり泣きそうでした。


あの山盛りの花束を、風呂に浮かべて

セレブ気分にひたってみようかな。


-----------------------------------------------------------------------


そうそう、二次会で話題になったり、いただいた色紙に書かれていたりしたので

こんなサイトがあったことを思い出しました。


楽しい体外離脱


体外離脱訓練日誌


あやしさバクハツですが、金縛りでお悩みの方はぜひどうぞ。

僕は一時期、金縛りがクセになっていたのですが、なるほど!という感じでした。

AD

あとは卒業するだけ

テーマ:

さんざん苦労させられた修論発表も、終わってしまえばこっちのモノです。

突っ込まれると危ない箇所もあったのですが、

質疑応答は意外と基本的なことしか聞かれなかったので助かりました。

また、別の研究室のスタッフさんからのウケが良かったので、

けっこう満足のいく結果です。


昨日は一日中家でゴロゴロして、夜中までゲームして、

今日の14時からの松本でのバンド練習を寝過ごしてしまいました。

ごめんなさい本当に人間のクズです。

次の練習には”わ詫ーる”を用意いたします。


というわけで、長野県を去る前にライブを3つする予定です。


3/11 上田 Melting Pot D.C.   ピアノトリオ+カルテット

3/18 松本 陀瑠洲         ヴォーカルもの。スタンダードとかクロスオーヴァーとか。

あと、日時も場所も未定なのがもうひとつ。

また詳細が決まり次第、upします。


これが最後、とかはあまり考えたくないし、

たぶん働きだしても、気付いたら楽器をさわっていると思います。

ここでひと区切りという実感はなかなか湧きません。


そういえば、ゴジラのテーマを作曲した伊福部昭(いふくべ・あきら)さんが亡くなられたそうです。

ご冥福をお祈りします。

あまり触れられることはありませんが、ゴジラのテーマは変拍子です。

僕も言われるまで気付きませんでした。

AD

さらに大詰め

テーマ:

またまた研究室の椅子を並べて寝てしまいました。

就寝11PM、起床3AM。


というのは、きのう(というのは感覚的にしっくりこない。いつから今日になるのか?あれ?一日の長さってナニ?)発表する内容が大幅に変更され、スライドを作り直していました。

ハイ、土曜日の頑張りがパアでした。


実は、良い成果が得られた実験結果がたくさんあります。

そして、僕は上手くいかなかったところの考察を中心に発表したかったんですが、

「ムリしなくても、結果があるじゃん」

と言われてしまいました。


たしかに、考察するには精度とかが疑問なのですが、

「そういう考察は "上手くいかなくてごめんなさい" です。君の発表には必要ないよ」

と教授が言うのです。


僕はこういうおだてられかたに弱いので、ハイじゃあ内容変えます。と、

即答してしまいました。 はあ・・・。


自分がやりたいことと、ひとが望むものはちがう、ということは

けっこうわかってるつもり、と言うかわかったフリをしてでも

賢く振る舞いたいので、この変更に異論はありません。


でも、もうちょっと自分の説をプッシュした方が良かったような気もします。

教授は僕の性格を知り尽くして、僕はいつも上手く転がされるので。

いまさら反抗期でもないけど。

AD

いよいよ大詰め

テーマ:

修論の提出も終わり、残りは発表会だけです。


今日は研究室で発表の練習がありました。

発表の持ち時間はひとり12分。


僕は、何も考えずに

「まあ、なんとかなるやろ。どうせ練習やし」

と、ぶっつけ本番で望んだところ

途中でテンションが上がってしまって、

結局25分もしゃべってしまいました。


これはアニメ一本とほぼ同じ時間です。

途中で止められなかったのは、あきれられたからっぽいです。


助手の先生からは

「それじゃ講演会だよ」

とのご指摘をいただきました。


よくよく考えてみれば、発表のスライドが

35枚もある時点で、かなりおかしな話です。


とりあえず、これが本番じゃなくて良かったです。

卒業できなくなるところでした。