疲れ落とし

テーマ:

先週、とある会社説明会で

「疲れを落としに飲みにいく」

という言葉を聞きました。


疲れは溜まるものではなく

落とせば落ちるものだそうです!


いやーこの言葉を聞くまで

(今日は疲れてるから、飲みはホドホドにしておこう)

とか思ってたのですが、そういう発想が疲れの元だったんですねえ。


疲れてるときだからこそ、週末はパワフルに遊ぶぞ!


Rui Camilo Photography

パリっとした感じの写真サイト。

絶妙な色の濃さがツボに入りました。

AD

大激怒!!

テーマ:

gekido

この給料ドロボウ! と叫びたくなったのは先週のこと。

 

就活で東京に行くため、学割証を発行しに大学の学務に行きました。 

ウチの大学は自動発券機で学割証がもらえる仕組みなんですが、

発行できるのは午後5時までです。

 

僕は4時30分ごろに発券機に並びました。

操作している人がいたので並んで待っていたのですが、

しばらくすると機械は紙詰まりで動かなくなりました。

 

操作していた人は学務係を呼んだのですが

やってきた学務係は明らかに手際が悪く、

機械が動き出したのは5時ぎりぎりでした。

 

僕は確認のため、

「まだ発行できますよね?」

と尋ねたところ

「ちょっと待ってくださいね・・・・・(パネルを確認)・・・あっ、今ダメになりましたね。

また明日お越し下さい」

 

「・・・・え~っと、かなり前から並んでたんですけど、

手書きで発行していただくとかもダメですか?」

「ええ、この機械が動いてるから、手書きはダメです」

 

機械は今オマエのせいで止まったとこやろ!

 

と叫びたいのをこらえつつ、さらに話を伺うと

学生一人が一年につき発行できる学割証の枚数は決まっているため

手書きで発行すると、その管理が出来なくなるとのこと。(発券機が管理している)

 

「じゃあ、学生証を預けますので、今は手書きで書いて頂いて、あした

手書きで発行した枚数をコレで発行して頂くってのはどうですか?

明日出発するんで、どうしても今日必要なんです」

 「あ~、そういうのはちょっとね・・・」

 

オマエ今めんどくさそうな顔したなコラ、

何様だオマエこら!?公務員様か?えぇ?コラ? 

「そういうのはちょっと」?

そういうのはちょっとなんなんだ!?

ハッキリ言うてみい、コラ!

ナァニがしたいんだ?オマエ学務にいてナニがしたいんだ?

 

と長州力風にマイクアピールを決めたあと、ラリアットで

転がして思い切りストンピングしてやろうと思いましたが、

そんなことしたら、就職先がリアルにプロレス団体しかなくなるかも

しれないので思い留まりました。

 

学務は普通に態度悪すぎです。

食堂のおばちゃんを見習え!!

AD

実家にて就活

テーマ:

aozora

今日は実家から更新です。

 

今日は説明会から帰ったあと、天気が良かったので

歩いて郵便局に行きました。

そのとき昔の通学路を通ったのですが

ちょうど、下校する母校の中学生たちとすれ違うタイミングでした。

 

いつの間にか学ランがブレザーになってたり、よく吠える犬が今はもう

いなかったり、ドブがなくなっていたり、新しい家が建っていたりで

なんだか現実感が無く、よく似た別の町にいるような気持ちになりました。

 

本当に今日は絶好の散歩日和でした。

 何もかもどうでもよくなってしまうような天気の良さでした。

ウソのように晴れ晴れとした、まるで別世界のように感じる日が

一年に何日かだけですが確実にあるような気がします。

 

その後、晩メシは家族で焼肉屋に行きました。

オトンはビールでお腹がいっぱいになったせいで

あまり食べる気はなく注文は他人まかせ。

弟はずっとメールを打ち続け、

オカンは迷うことなく自分が食べたい物を注文していました。

 

僕はというと、昼間の天気の良さの余韻にいまだ浸りながら

ビールを飲んで気持ちよく酔っ払っていました。

 

ウチの家族のバラバラっぷりは今に始まったことではありません。

 

と、そのとき、オトンの目の前に虫が飛んできました。

 虫はそのままオトンの皿に墜落し、焼肉のタレで溺れてしまいました。

オカンは虫を見るなり、

「ちょっとコレ、虫じゃなくてゴキブリのちっちゃいやつじゃないの!」

と叫びました。

よく見ると確かにゴキブリだったんですが、

僕はそのことよりもオカンが騒ぎださないか心配でした。

 

オカンは悪質なクレーマーです。

過去には、案内された席が入り口から遠いという理由だけで

バイトを怒鳴りつけて店を出た前科があり、

あとはまあ、ここには書けないヒドイこともしたことがあります。

 

(うわ、やっべー)

と思ったその瞬間、オトンは

「そうか、これゴキブリか」

と言いながら、箸でゴキブリを掴んで

焼肉の網の中に投げ入れてしまいました。

肉を焼いてる途中だったんですが。

 

オカンはそれ以上何も言いませんでした。

別にクレームをつける気は無かったかもしれませんが

僕はとりあえずほっとしました。

弟はその間も何事も無かったように、メールを打っていました。

AD