入院中の出来事2

テーマ:

検査が延期になってやることがなくなった。

 

6時過ぎようやく夕食が運ばれてきた。特に制限のない普通食。

 

同じ病室の人はなかったり流動食だったりするので食べづらいなあ(´Д`;)と思いながら箸を進めていると、同世代と思われる向かいのベットの人がなにやら看護師さんと言い合い?をしている。

 

5分粥と7分粥の攻防戦が繰り広げられていた。

 

「だめなんですかー?!さっき良いって言いましたよね-?ムキー

 

どうやら普通食に近いご飯が食べたいらしく、主治医の指示で行き違いがあったようだ。

この後も私が退院していくまで食事のことに関してはイライラマックスは続いていた・・・

 

検査の方は体調を見て判断した主治医から翌日にERCPに代わりEUS(超音波内視鏡)で様子を見ましょうと言うことになった。

 

胃カメラより大きくて堅いらしいので、どよ~んとした気分になった。

検査中は点滴から鎮静剤を投与するので意識はないらしいです。 

 

 

事前準備で点滴をセットする。

担当は2人の看護師さん。1人はまだ新人さんぽい若い人。

針を入れに来たのは、若い看護師さん一人。

心なしか表情が硬く緊張している様子。

 

注射針を準備していると私も緊張してきた。

 

実は私は注射の痛みは我慢できるが、血管が気持ち悪く感じてしまう。

学生時代、理科の授業中に血管、動脈、静脈という字を書こうとすると、とたんに手に力が入らなくなり、ふにゃふにゃな字がノートに躍った(笑)

一時期は看護師さんになろうかと進路を考えたこともあったが、これで断念した。(´・ω・`)ショボーン

 

「それでは刺します。ちくっとします。」と言うと 目一杯顔を腕に近づけ てガン見。(;・∀・)

私は他の人より血管が細いので、見えにくいことは確かですが、目と腕の距離が5~6cmの看護師さんは初めてですw 

 

針は皮膚を通過しチューブに変わったところでかなり慎重に血管を縫うようにくねくねと這わせます。(;´Д`)くねくね具合が気持ち悪いです・・

思い切ってお願いしますw

その時間がとても長く感じました。

 

(採血は時間が短いため針を入れたままで行い、点滴などの長い時間の時は針は最初だけで、抜いてチューブのみになるらしい)

 

看護師さん「痛い・・・ですか?」

私「・・・う~ん・・入ってない・・感じです。(´・ω・`)・・ザンネン・・

血が逆流してきません。詰まったような違和感。

 

看護師さんはチューブを抜くと「また来ます」と言い、後片付けを淡々と無表情で行い去っていきました。

 

後から来たのはベテランの別の看護師さんで残った材料で処置をしていたのですが、あるはずの物がないことに途中で気づき、なんで持っていっちゃったのかしら?エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?とちょっと慌てていました。

 

先の看護師さんはやはり緊張マックスだったらしい・・・

 

 

 

AD

入院での出来事

テーマ:

思えば病気で入院したのは次男を妊娠中に髄膜炎にかかって以来です。

さすがにあのときは死ぬ思いした。

割れるように頭痛くて5分おきに吐いてた。そのときに比べたら痛みが引いたせいもあって平和だ。

 

入院一週間前に食事制限(一日一食)をしたせいか体調が良くなっていた。気がかりは長女。入院と時を同じくして2泊3日の京都旅行へ。

結局アルバイトの給料振り込みが間に合わなくて京都にもある事務所でもらおうとfaxを送っていた。

そんなわけで電車賃と一泊分のお金を確保した他は財布の中に5000円のみで強行。滝汗

 

 

入院は6人部屋でかなり狭い。隣のベットがカーテン越しに手が届く。ひそひそ声もすべて筒抜けでカーテンがあっても普通に会話出来る距離。私を含めて5人分のベットが埋まっていた。

同じ病名の人はいないようだったが、それぞれ内臓に重篤な疾患を抱えた人ばかり。

当日にERCPを予定していたので前日の昼にゼリー飲料を飲んだ他は水分だけだった。。

手術する先生を大学病院から呼んでくれていたらしく、準備が出来るまで待機していた。

 

すでに時間は午後2時をまわり、さすがにお腹がすいてきた。

(ヽ'ω`)

 

その頃長女からラインが入る。

 

「お母さん生きてる?」「2万もらえない?」( `・ω・´)ノ ヨロシクー

 

どうやら京都でお金は手に入らなかったようだ。

 

長女には15歳になったときVISAデビットカードを作って持たせてある。いきなりクレジットカードを持たせるより安全で健全かもしれない。 

同じ銀行同士なら送金手数料も無料だ。

 

しかたなくスマホからVISAデビットカードの口座にネット送金した。

 

 

しばらくすると主治医が部屋に来た。

どうやら今日は大学病院の先生の都合が悪かったらしく検査が延期になった。

 

AD

胃カメラとMRI その2

テーマ:

胃カメラが終わった直後はあまりの苦しさに頭がボーっとしていた。その後2日間は喉が痛くて違和感があった。

この日は胃カメラのみで3710円のお会計

 

翌日にはMRIの検査

 

閉所恐怖症ではないので恐怖心はなく大丈夫だろうと思っていた。部屋の入り口は大きな分厚い鉄の扉でできていて密閉感が。

 

検査技師に気になる事があったので質問した。

歯の治療でブリッジのところがあるのですが20年ぐらい経過していて材質が不明だった。(忘れた)

金属に引っかかるのか聞いてみたら、問題ないでしょうと言われたので安心して部屋の中へ。

 

MRIの検査機械が思ったより狭い。少し不安を感じながら台の上に寝そべり動かないようにベルトで固定。お腹の上に座布団大のマット?が置かれる。腕はバンザイで頭の上に。耳にヘッドフォンを装着。

 

検査が始まって遠くで工事をしているような音が聞こえてきた。ガガガガとかピーピー音とか。時間が経つと腕がどうにも

だるくなり、ごそごそと動かしてしまっていた。(検査中は動いてはいけない)

肘を曲げて下ろしたい衝動に駆られたが狭すぎて無理だった。

あまりにも腕がごそごそ動いてしまったためか撮影が中断になり2人の検査技師が見に来た。

 

今度は腕を下ろして腕ごとベルトで動かないように固定w 手には呼び出しのスイッチを渡されました。

 

結局40分ぐらいかかりました。

 

こちらの会計は4100円でした。

診断はなくこの日は検査終了後に帰宅。

 

入院までにERCP(膵管造影)の同意書を渡されていたのですが私自身そこまでの状況にあると思えずにいました。

 

MRI等の検査結果からの判断で結果的にERCPは保留となりましたが入院はしました。そのときの出来事が興味深く退屈しなかったので書きたいと思います。

 

AD

胃カメラとMRI その1

テーマ:

入院前に胃カメラ検査をやることになり午前中に予約が入っていた。そこの病院は一般検診や特定検診なども行っていてかなりごった返していてどこも長蛇の列を作っている。

 

胃カメラの場所に行くと他の場所と違い嘘のように人がいない。

老人が1人いるだけだった。

 

胃カメラって苦しいと聞く。この年まで胃が多少調子悪くても避けまくっていた。

時間になり胃カメラ検査へ。カメラを操作するのは、これからお世話になる若め?の主治医(見た目で判断)

 

検査の前に蜂蜜のような透明の液体を喉に含んだ。

5分ぐらい上を向いて喉の奥に溜めるらしいが、うまくいかなかった。少ししびれた感覚になり、結果的に5分と持たず全部飲み込んでしまった。

 

診察台に横になり口に固定器具をくわえ、直径1センチぐらいのカメラを飲み込んだ。オエオエオエオエオエ~

 

看護師さんが背中をさすってくれ、力を抜いて~とか言われた気がする。胃カメラが動いている時は嘔吐反射が止まらない。

「うんうん。苦しいよね~」と言いながらどんどん進める。

 

モニターに胃が映し出され、主治医が説明を始めた。が、全く頭に入らない。十二指腸の入り口を通過したところで映像をちらっと見た。胃の中に水やら空気やらを送り込んでいたが、神経が喉に集中していたので全く気にならなかった。

 

検査結果で喉に炎症があり逆流正食道炎の指摘を受けた。他はきれいでピロリもいなそうと言うことでやっぱり膵臓だろうと医師が言った。

 

嘔吐反射がきつかったようでティッシュに血がにじんでいた。

 

 

 

高校生の長女

テーマ:

更新が・・・かなり空いてしまいましたあせる

 

家には高校生の長女がいるのですが勉強そっちのけでアルバイトに明け暮れている。

平均すると毎月2~3万ほど働いている。

とにかくよく買い物するらしく、お給料をもらった翌日には使い果たす勢い。お友達とよく遠出もするので予定を立てる時はお財布の中はすでにスッカラカン。予定日までにあわててアルバイトを入れ

ぎりぎり間に合わせるというのがいつものパターン。

 

私が入院前の一週間になにやら友達と旅行の計画を立てていた。どうやら京都に泊まるプランを考えているらしい。

京都だと宿泊費と交通費だけで最低3万はかかる。

夏休み中なので青春18切符を使い、宿泊も素泊まりプランで安く抑えようと色々思案していた。

 

よくよく聞くとどうやら私が入院する日に京都に行くのが決まったようで、そんな急に大丈夫なの?と思ったが、全く大丈夫ではなかった。ドクロ

実際お財布の中は5000円。

なんでもこれからアルバイトで4万ぐらい働くつもりでいる様子。

入金日のことを考えると絶対無理じゃない?と忠告したが諦めず

京都でおろすから大丈夫だと。ATM

 

こちらは入院費がかかるのでお小遣いは1万円しか出せないよと

渡しました。

 

 

 

膵炎の方はというと、痛み止めを最初飲んでみたが効くいているのかよくわからず、ピンポイントで痛いのではなく、お腹全体が膨らんで苦しいのと鈍い痛みなので、薬は飲まず一日一食程度の

量に制限してみた。主にゼリー系で過ごす。

 

入院までに胃カメラとMRIの検査をすることになった。

 

 

 

 

 

膵炎検査

テーマ:

CTの検査が終わり結果を聞いた。

 

「膵臓が少し腫れてますね。

ただ・・この画像だと膵臓がもやもやして・・・よくわかりません。」

 

も・・もやもやとは?(;´Д`)

 

画像をよく見ると膵臓だけはっきりしてない。

膨張しているようには見える・・

(サツマイモにフィルターかけたような画像)

 

CT~~~~~

役に立とうヨ~~~

 

 

血液検査の結果

「アミラーゼ(消化酵素)が基準値越えてますね。・・・ん?あなた脱水起こしてますね。点滴しときましょう。」

 

もっと詳しく検査した方が良いのですぐに入院しましょうと言われたが家の事があったので一週間延ばしてもらった。

 

この日は薬を一週間分処方してもらい

請求書の合計2万近く。

 

これが今日一番痛かった・・・( ;∀;) ジーン

 

 

久しぶりの病院検査

テーマ:

大きな病院は数年ぶり。

健康診断もサボっていたので

ちょっと調子崩しただけ。と軽く考えていた。

周りを見渡すと平均年齢高い。

9割がたお年寄りであふれていた。

 

自分では胃が荒れてるから

胃薬出しときますねー程度で終わると

思っていた。

 

初診問診票に症状には

みぞおち痛 背部痛 食べられない 

の3行を書いた。

診察時に「食べられないのは大変でしょ」

ということですぐにエコー検査をすることになった。

(本来は予約制で数日後になるらしい)

 

看護婦さんから検査するので

水は飲まないでくださいね!と言われ

朝まともに水分取ってなかったことを

思いだす。

 

少し飲んどくんだった・・・

飲んじゃいけないと言われると余計飲みたくなる・・

('A`)のど渇いた・・

 

の前に血液検査しましょうと言われ

4本取られた・・(`;ω;´)余計のど渇いた気がする・・

 

エコー検査には20分かかった。

結構ぐりぐり痛かった。

特にあばら骨あたりぐりぐりされたが、

エコー検査ごときで痛いとはいえないので

我慢した。

 

エコー検査の結果、胆管拡張と膵臓の腫れ

があるように見えると言われ・・・

 

CT造影検査を追加でやることになった。

 

(;´Д`)み・・水・・

 

検査前に副作用同意書にサインしといてね。

とお医者様に言われ読んでみると

恐ろしいことが書いてあるんですが・・・

 

重篤なものとして
ショック、呼吸困難 意識障害 血圧低下

腎機能障害 末梢神経障害による激しい痛み。

まれに心停止

 

コエ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

 

私アレルギー持ちなんですけど大丈夫なんだろうか?

しかも今からっからなんだけど・・・:(;゙゚'ω゚'):み・・水・・

 

と、いろいろ考えたが、そのままやることにした。

 

造影剤用の注射はお医者様が打ってくれた。

結構ぶっとい針でぶすっと刺されたような?

 

その瞬間体中熱くなった。( ゚д゚ )クワッ!!

お股まで熱いデース・・・

 

CT検査結果は・・

膵臓がもやもやしてる

 

つづく・・・

 

ある日膵炎に?

テーマ:

 今までFX中心にブログを書いてきましたが

アメブロは新たにジャンル変更して日常の記事をアップします。σ(^_^;)よろしくお願いします。

 

ブログ主40代・・最近膵炎発症

 

長女・・高校生

長男・・中学生

夫・・40代後半 

 

体調のこと 

一番最初に異変を感じたのは半年ぐらい前

胃の不快感があり、軽い吐き気のようなものが続いていたかな。

吐き気だけならよくあることだと思い病院にも行かず放置してました。

 

その吐き気はなぜか空腹の時に感じていたので何か食べれば

治まりました。それを繰り返してると今度は胃酸過多になり

少量食べてもすぐ苦しくなってました。

先月には食事の後、数時間して背中も痛み出しかなり我慢が

出来ないぐらいになってきたので胃カメラでも飲んで検査してもらうことを考え地域の中核病院を選んで前日の夜から絶食することにしました。

 

 病院は午前中から行って終わったのは夕方近くでした。

 

 

 

 

 

FXブログのお引越し

テーマ:

FXブログと日常生活(膵炎経過観察とか滝汗

ブログを分けようと思います。

 

FX専用といっても内容がないですが・・・

(´・ω・`)

 

FXブログはこちら

FXで山あり谷ありな日常

 

このアメブロは日常生活ブログとして

続けていこうと思います。(タイトル変更します)

よろしくお願いします。m(_ _ )m

 

ちなみに今現在膵炎の症状は落ち着いてます。

脂質はなるべく避けてます。

油は使わない ゆでる 蒸すとか 

揚げ物禁止にしました。

 

今も検査中で様子見です。