神戸垂水*ストレスのない離乳食✴管理栄養士ひなみまい『かもめスタイル』

ストレスのない離乳食 おかゆにこだわらない離乳食
妊活、こどもの食事、妊娠、部活、受験と食事


元世界一周バックパッカー
現在は自由な管理栄養士
ニキビやアトピー家族のどんぞこ生活からの今

マリンピア神戸さかなの学校ママヨガ主催

NEW !
テーマ:

中南米を8か月ほど旅行していた時

私たちの体調はだんだん良くなっていた

 

夫のお肌はつるつる気味に

私も。

 

原因として

考えられることはたくさんあって

 

①毎日がサバイバルだったということ=生きる気力が湧くしかない状況

 

②逆にストレスがないこと

明日しなきゃいけない仕事もないし

どこいってもいいし、ここにとどまっててもいい

自由でストレスフリー

 

③毎日重たい荷物を背負って無限にあるくこと

 

④毎日疲れるからよく寝ること

 

⑤スープ

 

考えだしたらいろいろあるしどれが原因とかでもないんだけれども

 

その中でもやっぱり強く思うのは

 

中南米のスープ

 

とにかくスープがでるの

 

日本の味噌汁みたいな感じ

 

 

なんのスープかっていうと

肉のスープね

 

地域によって

牛だったり

豚だったり

鶏だったり

羊だったり

 

食べられない部分はとにかくスープの鍋に放り込む

そんなスープ

 

 

だから鶏の足の部分とか内臓部分とか

当たり前にに入っている

 

 

きっといい出汁がでるのよ

 

実際おいしくて

シンプルで

あっさりしていて

身体にしみる味なの

 

スープじゃないけれども

豚の料理もさばきたてで毛が生えてるまま

メインディッシュになってる

 

そんな料理を食べ続けてきた

 

 

 

ある日のスープには

あのみんなの嫌いな虫が泳いでいたことも…

 

ああ、それは私たちの店のチョイスが悪かったのよ

朝からこんな話で、ごめんなさいね

 

 

動物性のお肉を余すことなく使ったスープは栄養がたっぷりで

私たちの体を元気にしていってくれたのではないかしら

 

そんでもって、細菌もいい意味でも悪い意味でも

日本にいるときよりたーくさんの菌に触れたんではないかしら

 

最近テレビでもネットでも腸内細菌の話をよく聞くようになりました

 

腸内環境をよくするためにはいろいろな菌に触れたほうがいいとか

抗生物質はいい菌までも殺してしまうから身体によくないとか

 

そんなことがいわれているけれど

そんな話を聞くたびに

 

その旅行のことを思い出す

 

1年間の旅のうち、インドに行ったのは最後の方だったので

免疫力がついていたのか全くお腹を壊すことはなかった

 

きっと日本からインドにいったらすぐゴロゴロピーだったんじゃないかしらん

 

 

腸内細菌って一人あたり2キロぐらいいるんだって~

うんちってその死骸なんだって~

うんちがちっちゃくて、便秘のときは、腸内細菌が活躍できてないんだね

 

細菌さんに一人一人に挨拶したい気分だわ

「私の健康のために、ちょっと頼みますよ~」

賄賂も渡しちゃお

 

 

募集中

8月3日【大阪・中崎町】しっかり学べる!離乳食講座♡

 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。