三重臨床心理カウンセラー

自分を取り戻し、幸せを感じて生きるために

日本臨床心理カウンセリング協会認定の 認定臨床心理カウンセラーとして、





また、L.E.O JAPAN Angel Riel 認定 ヴィーナスセミナー(女性のための恋愛セミナー)講師として、





三重県を拠点に活動しています。





心理カウンセリングは、来談者中心療法を根底に(お客様のお話しを遮ることなく、心に寄り添って聴ていくこと)、ご希望によってアドバイス等させていただいております。





場合によっては心理療法、ワークも行います。ご希望をお知らせください。





恋愛に関するお悩み(婚外恋愛等を含む)、人間関係、自分の性格を見つめたい、などのお悩みをよく伺っております。








こちらでは、「本当のあなたになる」ことが悩みの解決につながるという考え方に基づき、行っております。




















~ヴィーナス女神セミナーのご紹介~








ステキな恋がしたい!幸せな結婚をしたい!

今のカレとの関係や夫婦関係をもっと良くしたい、人生の自己実現をして仕事でも成功したい、


人間関係をもっと良くしたい‥!





そんな前向きな貴女へのお勧め、成功への最短コースが「ヴィーナス女神セミナー」です。








(女神・弁財天からのメッセージを元に、脳科学などの科学的根拠・歴史的事実に基づいた、男女の宇宙の真理をお伝えします)

 


これは、すべての女性が、恋愛や結婚・人間関係・仕事や自己実現などで成功していただくための、


世界最先端情報をお伝えする、女性限定スピリチュアルセミナーです。









スピリチュアルにご興味ない方でも大丈夫です)





科学的に証明された男女の脳のしくみの違い、役割りの違い、能力の違いはもとより、まだ誰もどこのセミナーでも教えていない

男性を手のひらでころがす究極の魔法のテクニックをお教えします(なので、ひとまず女性限定です(笑)











どれか一つでも、気になる方におすすめです♪




□インナーチャイルドを癒してもっと自信を持った生き方がしたい

□自分に合った恋愛&結婚をしたい

□恋愛ができない

□結婚できるかどうか不安

□これまで、パートナーとの関係が上手く築けていない

□魅力的な女性になりたい(女神として目覚めたい)

□両親との関係が悪い

□男性に尽くし過ぎて、逆に疎まれたり嫌われてしまう

□自分に自信がない

□自分の能力をもっと発揮できるようになりたい

□インナーチャイルドを癒したい

□もっと仕事や社会で自己実現したい(成功して、豊かになりたい)

□お金持ちになりたい(または、お金持ちと結婚したい)

□子ども達(息子・娘)をすこやかに育てたい

□息子・夫・彼、男性の心理を知りたい

□娘の将来が心配なので、なんとかしたい

□スピリチュアル能力に目覚めたい、高めたい

□地球や自然を大事にしたい。平和な世界を目指している

---などなど...

 


実は、





たった二つのことをするだけで、貴女の望みは叶います(^^♪





それが...レディマスター・ヴィーナスが教えてくれた、究極のテクニック...





「聖なる6文字」を覚えて使う...シンプルで楽しい魔法♪を、具体的にお教え致します












詳しい内容、ご予約については下記のサイトをご覧くださいませ☆








三重臨床心理カウンセラー






すべてのセッション、セミナーは、三重県 近鉄伊勢中川駅から徒歩7分の自宅にて行います。




と、まずは丁寧なごあいさつをしたうえで、、、

気軽にきてくださーい(^^♪

テーマ:
音楽を聴いていてよく見るのは歌詞

音色に乗せて発せられるメッセージ


これは個人的な好みなんだけど


綺麗な友情とか、高潔な恋愛とかを歌ったものはあまり心惹かれず、


どちらかというと、一般的には、最低だとか、醜いだとか、重いだとか、汚いだとか言われる歌が好き




嫉妬や苦しみや悲しみや、ひとり悲劇のヒロインを演じているかのような酔いしれた歌のほうが好き



ドロっとしていて、クセがあり過ぎて、思わず耳を塞ぎたくなるような思いのこもった歌のほうに真実を感じるから



綺麗な生き方を否定してるんじゃない


綺麗な生き方だけを良いこととして、醜いものを認めないのが好きじゃないだけ



依存がなければ、人を深く愛する力なんて育たない

依存はなんにせよ、生まれた時に誰もがもってる


それを大人になったらもうやめなさいだなんて



私はそんなに強くない

私はそんなに立派じゃない

私はそんなに賢くない

私はそんなに聞き分けよくない


それが迷惑なんだったらごめんなさい


でも清く美しく生きていけない


苦しまない楽な生き方なんてできない



なのにそれを押しつけられたらもうたくさん





綺麗な生き方を否定してるんじゃない


それでもなお綺麗な生き方がしたい


自分の心を大切にして、人を深く愛せるようになりたい

日々のささやかなことに大きな喜びや安定を感じて生きていきたい


できれば世界が平和であってほしい、貧しいと言われる人たちにも食料や教育が充実していてほしい






だけど醜い心はなくならない

人から後ろ指を指されるような思いは消えない


そういうものを誰もがもってるのに



それを認めないで正義を振りかざすのは、正義じゃない


そんなのは愛じゃない



嫌がられる気持ちをもってるのが人間なんだ





私は強くそう思う、あくまでも私は…と付け加えておきたい



そんな諸々の気持ちに私も苦しくなるときがあるけれど


それはもう、仕方のないことだと受け容れているので

それはもう、人である以上避けられないことなので


たとえ迷惑をかけられたとしても、たとえ誰かに依存されたとしても


たとえ私の思いが届かなかったとしても、たとえ好意を裏切られたとしても


そのなかにも愛があることは、人である以上避けられないことなので


そんな嫌がられる気持ちがないと、愛が見えないのは事実なので


臆病なのかもしれないけれど、それが人間のはずなので


私は美しい歌も好きだけど、暗い歌が好き





心理カウンセリングのご予約はこちらダウン







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分を変える、自分を受け入れる、自分を癒す、自分を許す、自分を信じる、自分を愛する、



言葉は違えど本質は同じだと、私は思っています。


この言葉のどれ1つをとっても、決して簡単ではないというのも思っています。



心理カウンセリングは、その簡単ではないものを、促進させるための1つのツールになります。



ツールがあったほうが、当然、楽にはなります。



だけど、これも筋トレに似て、


やっぱり本人の気持ちが一番大事です。



クライエントさんの人生を背負うことができない。


出来ることならなんとかしたい、今すぐ苦しみを取り除きたいと、カウンセラーは思っています。



だけどクライエントさんの気持ちが全てなのです。


私たちカウンセラーのできることは、クライエントさんの心を精いっぱい支えることだけです。



どんなときも、寄り添って理解する、受け止める。




今は色んなカウンセリングスタイルがあります。


共感や寄り添うなんてことはしない、クライエントさんの引っかかりを見つけて、そこを開いて一緒に笑ったり


時には厳しいことも言う、そんなカウンセリングも聞きます。



私のところでも、そんな場面がよくあるんですが、


基本はやっぱり寄り添うという姿勢です。



それは私がそれで楽になっていったから、というのが大きいです。



でもすぐに楽になったわけではなく、苦しいこともたくさんありました。



楽になってから感じたことですが、



結局、どんなやり方であっても、しんどいです。




表現やアプローチは違うけれども、



自分と向き合うというのは、どれも同じなんですよね。



ど派手に乗り越えようと、

地味にコツコツやろうと、

逃げの体勢に入ろうと、


結局は、しんどいことを避けられない。




頑張らないで生きていくといっても、それ自体がすでに頑張ることなので


結局は、しんどいです



心理の世界でも、新しいアプローチは次々に生まれていくし、

日々、常識でははかれないようなものが出てくるわけだけど



自分と向き合うというのに、変わりはありませんから、


やっぱり、しんどいです。



そこに寄り添うのが心理 カウンセラーだと思っています。


自分と向き合うことが、時にどんなに苦しくて、

だけど貴重な体験で、幸せなことなのか、


それを一番知っているのが、この仕事に従事する者だと思います。





心理カウンセリングのご予約はこちらダウン


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
100%愛されてるって確証がないと嫌だ


と言われても、確証の得ようがない



心に100%というのはないと思っている



あの人のこと嫌い


だけど好きなときもある


100%常に好きっていうのはないけど

100%常に嫌いっていうのもない



だから、はっきりさせることなんてできない


相手の言っている思いが本当か嘘かなんて、相手だって完全に把握できていないし


かといって、あなたも把握できているとは限らない


結局、証明のしようがない



だから、『信じる』という言葉があるのかもしれない



それは、相手を信じるというのではなくて


その人を選んだ、好きになった自分を信じる、というほうが私はしっくりくる



最低な男を捕まえたんです…

 モテない冴えない男しか選べませんでした、私にはその程度の男性にしか相手にされませんでした…


だからそんな自分のことを信じるなんて無理です…




そう思ってしまう人もいるかもしれない



だけど、自分を信じるってそういうことじゃないから



そんな軽い基準で測られるものじゃないからね



言葉でうまく説明できないし、逆にサラッと説明したくもない



それくらい、自分を信じるってチャラチャラした基準じゃない


強いて言えば、底から湧き上がってくるもの

何もかも肯定してる、揺るがないもの

何よりも大切なもの



それは、誰の心にも必ずあるもので


意識でどんなに自分を否定していても、決してなくならないもの


自分を傷つけようと、酷いことをしようと、消えない



自分を信じるというその塊は、誰の心にもあって一生なくならない


気づいたらわかる


もの心ついたときから、あったんだって





心理カウンセリングのご予約はこちらダウン


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある知人が、最近、高齢の親の病気のこともあってと、よく接している、という話しを聞きました。


そのことで強いストレスが加わったのか、かなり大きな円形脱毛症になってしまったと。



言いたいことは山ほどあるものの、今さら言ったところで喧嘩になって疲れるだけ、我慢している。





そんな話しを聞いた夜、自分のことを振り返りました。



私の場合は、言いたいことを中途半端に言って、


分かり合うこともないまま、両親が他界しました。



こういうのって、未消化な感情が残ります。



その未消化な感情は、親を恨むという方向で残ります。



すると、外で人と接する時に、何かの拍子で、その未消化な残り火がチリチリと心を焼き


嫌な思いのすることがあります。




たとえばそれが、相手からの嫉妬だとします。


嫌がらせだったり、無視だったり。



もし私のなかに、未消化な感情がなければ、


嫉妬も嫌がらせも無視も、気にならないはずです。



心の中にまだ痛みがあるから、それが消化されていないから、


反応してしまうセンサーになっているのです。




こういうことを考えたときに、


自分が嫌な思いをするのも、自分のせいというわけではなく、


また、相手のせいでもなく、



これは仕方のないことなのだと、思うのです。



精いっぱい自分と向き合っても、全ての感情を成仏させることはたぶんできない。



たぶん、しなくていい。



未消化な感情があるからこそ、相手の嫌がらせも、


嫌だけれども理解ができる。



自分の中にドロっとしたものがあることを認められるなら、


相手の中にだってあるのは当たり前のことだから。



そして、相手の中にある、ドロっとした未消化な感情を


ほじくって、


ほら、あなたにもあるじゃない?



なんてことは、究極的に考えて



自分にも同じことをしていることになるのだから、



傷つくのはこれも当たり前のことだと思います。



こういうわけで、他者は鏡というのも頷けます。





なんて言って、私はほんの少しだけ実は後悔しています。



もっと親にボロカスに怒鳴りつければよかったなと。



自分がどんなに苦しかったか、どんなに辛かったのか、どんなに憎んでいたのかを


恐れずにはっきり言えたなら、



今ごろ、親を心から許せていたかもしれない。



どんなに酷いことをした親であっても、


自分の怒りをぶつけられれば、


そのとき、親は曲がりなりにも聞いているわけなので、


今ごろ、もっと感謝できていたかもしれない。


ほんとうの親孝行が、できたかもしれない。


これはもう、親の育て方云々の話しじゃなくて。

親が悪いとか、ただ責めたくて言いたいのではなくて。

私の心が感じたことを、私の責任で


言うべきだった、という話し。


親に理解してもらうためじゃなく。

私が私にケジメをつけるために。







とはいえ、心理カウンセリングでは


心理療法というツールがあり、未消化な感情を成仏させることは可能なんです


でも、今のところ特に困っていないので、ほんの少しの親に対する気持ちを


あえて胸に留めたままにしています。



かといって、自分の弱いところを親の影響で…っていうのはもうないですね。



もっと過酷な環境下で育った人でも、自律して生きている人はたくさんいるのだから。



まるで筋トレに似て、心ももっと鍛えていきたいなと思ったり。



自分の人生なのだから、誰かのせいになんてしたくない。


そしたら誰かの人生に成り代わっちゃうから。


誰にも侵されず、我が道を歩いて行こう。


どんな感情が、押し寄せようと。


それがほんとの自己愛。






心理カウンセリングのご予約はこちらダウン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ1週間は筋トレができていない、職業は心理カウンセラーの藤川です


筋肉がつくと体重は増えます。

でも見た目は細く見える。


筋肉で引き締まるからなんですが。



それはさておき、今のところ2キロ増えたまま、体脂肪は20から21をいったりきたりといった感じ。




いっとき、ただでさえ食の細いタイプなのに、さらに食欲低下で慌てふためきましたが


季節の変わり目には、どうも食欲低下を起こしやすいことが運動を通してわかってきました。




まだまだ自分の身体のことや、自己ケアの勉強中です。。



最近はしっかり食べられるようになり、体質改善も積極的に取り入れて色んな人体実験もした甲斐あって



わかってきたこともありました。




それは食事の重要性です。


私も太りたいけれども、できれば脂肪はつけたくないし、


何より一番の目的は疲れにくい身体になること

(美しい肉体への夢は、言うならば馬にとって人参となるのと同じ。夢がないと正直つまらない)



疲れにくい身体になるには、筋力はどうしても必要です、特に下半身。






それで、食事について、私の身体の反応が




『食べなければかえって太る』



というものでした。




これは、バランスよい食事をなるべく心がけること、というのがついてきます。




炭水化物が太らせるのかというと、筋トレをする人は必ず摂取することを大切にして、太ってはいません。



運動をしているから、食べても太らないだろう…と思って食べているのではなくて、




食べないと身体がもたないから、高強度の筋トレに耐えられる食事を摂ろうとする。




三食きちんと、なるべくバランスよく、


炭水化物ばかりに偏らず、タンパク質、ビタミンやミネラル、質の良い油などなどを摂取して、


食べ物から補えないものはサプリでまかない、


間食は、チーズやナッツ、ヨーグルトなどで、常にお腹をある程度満たしておく、



と、そのように食べてるから、痩せるという


これがどうも私だけではない、周りの人たちの身体の反応のようなのです。



1日1食しか食べられない日もよくありましたが、


体脂肪は23%から24%ありました。



食べ始めると、これが20から21%

有酸素運動をすると、18%になるときもでてきました。



でも筋肉がついてくるので、体重は2キロ増えます。



下半身が締まってきました。



しかしお尻周りとお腹の横っちょ辺りに、あまりほしくないものがまだついています。



今後も色々試して、様子を見たいなあと思います。





もともと、虚弱体質で、高熱を出したり、風邪をひきやすく、こじらせることもしょっちゅうでした。


そうなるとかなり長いこと寝込んでましたが、


最近は扁桃腺炎をおこしても、寝込むということが減ってきました。


とはいえ、図に乗ってやり過ぎないようにしたいものですが…


やり過ぎのラインが相変わらず分からないので、


心の赴くままに、まさに

『我がまま』にやるしかありません



反省しても同じことするから、反省もしないことに(ぉぃ




心理カウンセリングのご予約をはこちらダウン




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私もたまに無意識のうちに、人に言ってしまうことがありますが


はっきり言って、かなり難しい言葉



『無理しないでね』




昔は私自身が多くの人に、本当に多くの人にこの言葉を言われてきました。



そのたびに、『無理をしないというのは、具体的にどういう状態を指すのか?』と


それこそ苦悩しながら考えていました。




既にそこが『無理をしていた』





人の言う『無理をするな』を必死に分かろうと努力した



きっとこの努力がどんなに苦しいものなのか、言った人たちには分からない


『ほら、無理をするから体調を崩すんだよ』


『だから言ったじゃないの、無理をするからややこしくなるんだよ』





正直、私は困ってなかった。



困ってるんじゃなくて、ただ目の前のことに全力に動いてただけ


身体がついていかなかっただけ


それはしんどいけど、しょうがない


身体がついていかなくても、うまくできなくても、


それでもやりやたい、なんとかしたいっていう気持ちのほうが止められない



それを止めるのは、心臓を止めろって言ってるのと私にとっては変わりがない


だから、無理をするなと言われても分からない



衝動を止められるような、そんな生半可な気持ちじゃない


自分を殺すことがどんなに辛いことなのかを知ってる


それに比べたら、体調不良を起こしたほうがまだマシだ


自分の気持ちに嘘をついてまでして、病気1つない身体を手に入れたって生きてる感じがしない



だけど、分かってもらえない



それは時に孤独だし、悲しいこと


それでも心の中で燃えているものを消すことはできない


理解されなくても、やるしかない


そういう風にしか生きられない



無理をするななんて、無理なことを言わないで

それが分からない人は、実はいっぱいいる


あなたの頭の中だけが世界じゃない

あなたが当たり前だと信じているものは、誰かにとってはあり得ないんだ


その違いを理解してほしい


特に、心と向き合う人たちにとって


無理をするなという言葉は、諸刃の剣だと私は思っている


無理だろうとなんだろうと、自分の人生と向き合うことの意味を知ってるのだから、


無理をせざるを得ないことが実際にあるし

それは言い換えると、


一般的には『無理してる』と言われがちな


『勇気』や『覚悟』や『決意』だったりするんだ


苦しいことが起こることを覚悟して、


やると決意して、

勇気を持って取り組むのを、



無理をするなという言葉で片付けないでほしい



本人は真剣に楽しんで、やってるんだ


心配は有難いけれど、それよりも



できたら、ほんの少しの理解と、エールを送ってほしい



無理をするなという言葉の代わりに。


本当の真心を込めて



優しさって、難しいね


ブルーハーツじゃないけど、クライエントさんのことは心の中で『ガンバレ!』ってエールを送ってる時あります



心理カウンセリングのご予約はこちらダウン



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
心理学も哲学的な側面があるので、

色々うんちくは言えるし、

文字で心のことを説明しようというときには、


色んな方角から色んな例えを使って、色んなこと書いたりしますし、


そんなブログも多いし、私のブログもきっとそうだろうなぁと思います。




色々発信しているかたのブログを読めば、



『あれ、この間はあんなこと書いてたのに、


今日のブログはこの間の記事とは全然反対のこと書いてない?


どっちを信じたらいいの?


私はどの考え方を用いればいいの?』




なんて、迷ったりすることありませんかね…





だけど絶対変わらないものがありますよね



それが、自分の感情だと私は思ってます。




たとえば星座占いって、12星座を元にいろいろ紐解いてます



星座によって、物の捉え方など違うわけですが、




どの星座が正しいとか弱いとかって話しじゃありませんよね



あくまで特徴なのです



12の特徴が、各々いろいろ主張してるわけで


これだけでも単純に12通りの考え方があるってことになります


正しいとか間違ってるとかじゃなくて。



だから、ブログも色んな考え方の人が、各々、


自分の中で真実だと思ってることとか、信じていること、


確かな感覚をもったこと、成功した方法なんかを書いてます



極端にいったら、体験談ですよね



心理学は心の科学で、哲学的な側面があるけれども



これも人間の造りしもので、昔の人の体験から生まれてるわけです



そのなかの何を信じるかは、


星占いでいえば、12星座の感性によるところが大きいということになってますので、


別に何を信じてもいい、ってことになります


や、私は心理カウンセラーであって占い師ではないのですが、これはただのたとえです









苦しいとか、悲しいとか、


なんだかとても忌み嫌われて、


確かに私も心から好きとはいえない器だけど、



苦しくなるからって、悲しくなるからって、


心の在り方を学ぶっていうのは、なんか、なんか…




だってしょうがないじゃないか



人間なんだからさ


 
隣の人が楽しそうに誰かと話していて、


自分が1人で寂しかったら、



なんか苛々するのもしょうがないじゃないか



トイレに早く行きたいのに信号が変わらなかったらイライラするのもしょうがないじゃないか



苛々しててもおとなしくしてるし、

苛々してても信号待ってるんだぞ



だから、


しょうがないんだからしょうがないじゃないか



在り方云々以前に、

感じちゃうのは、

思っちゃうのは、


しょうがないじゃないか


自分の本当の気持ちが見えない



しょうがない


いまは見えないのだから、しょうがない


見たくて頑張ってるけど見えないものは、しょうがない


分からない自分はダメ人間と思うのも、


思うものはしょうがない



どんなに説明されたって、

どんなに言葉を並べたって、本を読んだって、



感じられないものは感じられない


わからないものはわからない


しょうがないじゃないか


なんでそれをなんとかしようとしなくちゃいけないんだろう


わからないって言ってるのに、


わからなくて苦しいと言っているのに、


悲しくてたまらないのに、


なんでそれでもまだ外に答えを求めるんだろう



だって求めたいからだ


しょうがないじゃないか



そうだ、全てがしょうがない



怒り心頭して全てを破壊してしまっても、

周りがそれで傷ついても、


そのとき爆発してしまったものは、しょうがないじゃないか



とことんしょうがないじゃないか




ずっとずっと深いところまで徹底的にしょうがないじゃないか


人がなんと言おうが思おうが、


この心で実感できないものは、信じられない

どんなに偉い人が声高らかに正論や真実を伝えようと


この心がそれを体感できない以上


ただの言葉遊びでしかない


全く意味を成さない




で、今すぐ感じる心になれないのもしょうがない


これはダメ人間とかヨイ人間とかの領域の話しじゃない

そんなレベルの話しじゃない


もっと根源的なこと





というか、単純に


わからないものはわかりません


わからないものはわからなくてもいいってこと


頭で分かるなら本の値段はもっと高いだろう


あくまでも皆さんの体験談です


それと、自分がどう感じるかは別物だし

好きに感じても犯罪なんかじゃありません



苦しみ方も、いろいろあっていいのに


いったい誰が、苦しみ方の手ほどきをしたんでしょう


家のものを破壊するくらいの怒りが湧いても、個人的にはしょうがないと思います


そんな怒りの感じ方だって、あっていいでしょう?

いや、無し!って言われても困ります


だってそう思うんだもん、しょうがないじゃないか



これは、心理学のアプローチでも哲学的な話しでも、

自己啓発でもなくて


真実だと私は思ってますが、

これも私の体験談と言われれば、その通りです








心理カウンセリングのご予約はこちらダウン


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
筋トレで追い込むときに、時々ブルーハーツというバンドの歌を聴きます。


私の世代だと、トレイントレインが流行ってましたが


うまく言えないけれども泣けてくる曲が多いブルーハーツです。






たぶん頭を一生懸命使ったら、


泣けてくる理由とか、説明とかつくのかもしれないけれど、


それがとてももったいないと感じてしまいます。




ポエムとかも好きですが、理論的に説明のつく感動なんて


まるでつくられた、機械みたいな感じがしてつまらないので




なぜだかわからないけど、なんでか泣けてくる…っていうのが歌に限らず好きです




考えたくない

説明なんてしたくない

ただ泣いてたい

ただ、感じていたい


そこだけは、間違いがないから



心理カウンセリングのご予約はこちらダウン




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本当にやりたいことをやる。


本当に好きなら苦しくても、それでもやりたい気持ちが勝つ。



という言葉は、


自己受容ができたときにはじめて、分かる感覚かもしれない。


言葉だけをそのまま受け止めてしまうと、


まだ自己否定が強い場合、


『何をやっても続かない…本当に好きなことってなに?

何が好きで、何が嫌いなの?』


ってなる。



違うと思う。



本当に好きなものに、本当はもう出会ってるんだけど、


自分を受け容れるということが、とても難しくて、よくわからなくて


だから、分からないだけかもしれない。



本当に好きなら苦しくても、好きが勝つと言えるのは、


心の底で自分を信じられてる。



苦しくても、大丈夫、自分ならきっとできると思ってる。



よしんばできなかったとしても、それも受け入れてる、できなくても大丈夫だと、そこまでの信頼を自分にしてる。


ここまでよくやったと、続かなかったとしても、結果が最悪だったとしても、誇りさえ持つ。

挑戦したこと自体に胸をはる。

とことん、自分を信じてる。

悩みながらも心の底では、信じてる。

必ずなんとかなる、私なのだからと。




だから言える、『本当に好きなら苦しくても、好きが勝つ』と。

そう言える人は、それが当たり前の感覚になってるから、さも普通のことのように言いやすい。


『続かないなら好きじゃないのかもしれないね』って。


自分を信じてるから、その感覚で言ってる。


自己受容は、やっぱり基礎の基礎だと思う。




心理カウンセリングのご予約はこちらダウン




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カウンセリングではしばしば、


『どれくらいで楽になれますかね?』という質問のなされる時があります。



それはもう、当然の質問だと受け止めています。


私だって、苦しければ早く楽になりたいと思いますから。。




ブログには何度も書いていることですが、


まずカウンセリングは、『感じる時間』です。


考えることももちろんありますが、感じることに重きを置いています。



現場でよく思うのは、この、感じることがどれくらいできるか、

考えるのではなく、心で感じることをどれだけ話せるか、

最初のステップといってもいいと思います。




ところが、その最初のステップがなかなか大変というのも当然あります。




時々、


『悪い想像はすぐできるのに、

良い想像はなかなかしないし、すぐ自己否定するし、自分を信じようとしない。


悪い想像ができるなら、良い想像もしようよ』



みたいな話しを聞きますが、


もちろん、それはその通りだと思いますが、



なぜ、良い自分がいることを信じられないのか、

なぜ、自分を認めようとせず、否定のほうが多いのか、


それは、自己防衛があるからです。



危機回避ですね。


悪い想像をしておけば、実際に悪いことが起きても


ダメージが少なくて済むと、どこかで考えてしまう。



そこまでして守りたいのが、自分の心です。


特に繊細な人ほど、感受性の高い人ほど、この自己防衛反応が強い傾向にあります。



分かりやすくいうと、感じやすい人ほど、思考が強くなるのです。




なので、『私は感じろって言われても、よくわからない、

だけど確かに知識をいつも求めてるし、


考えない時間がないくらいだから、


こんなんじゃ変われないんじゃないか…』



と、思ったら、




それほどまでに、あなたは本来感じることが相当得意な人なんだよと、いうことになります。

そういう才能、能力があるということです。



嫌かもしれないけれど、


嫌だと感じるのは、現時点で自己防衛反応のほうが上回ってしまっているからです。


それはつまり、何か常に身構えているということでもあります。


そこを緩め、心で感じる本当のことを話し続けることで、


少しずつ確実に変わっていくのが、心です。



どれくらいでその辺りにいけるのかは、人それぞれです。



心理の世界において、遅すぎるというのはありません。


人それぞれのペースがあるのが当然だからです、当たり前のことだからです。



カウンセリングは、集中して受けたいと感じたら、その時は集中して受ける時です。


受け続けていると疲れるときもあります、そのときは休むときです。



これが目安になります、心で感じることが全てです。


だけど考え過ぎて、迷う時もありますよね。


それはそれで、何も問題はありません。


迷う自分を、『それだけ慎重になっているんだな…』と事実を認めてください。


それだけ、自分のことに一生懸命だということだと私は思います。



なんだか最近、『一生懸命』とか『頑張る』という言葉が、やや煙たがられる傾向にあるように感じますが、


そういう時期は、生きていれば否応なく、どんな人でも起こるはずですよね。


楽に生きようといって、それを選ぼうとすること自体もけっこう一生懸命だし、頑張るものです。


まあ確かに、本当にやりたいことって、夢中になりますから、

頑張ってるとか一生懸命なんて感覚が、そのときはないものですが、

そこまで夢中になれる好きなことでさえ、

しんどくなる時期はあります。

それでも好きならできる、確かにそうなんだけど…





言葉は難しいですね


やっぱり、言葉を付け足すより、感じることが全てだと思っちゃう今日この頃です。



心理カウンセリングのご予約はこちらダウン



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。