魔法使いの実験室☆彡

エネルギーワークやスピリチュアル、潜在意識といったことについて、理論とか概念とかは、その辺の本を読んだり人に聞いたりすればわかるけど、やっぱり自分で経験してみないと腑に落ちない!
というわけで、『実験』して『実際に体感』したことを綴るブログです^^

「チャネリングを学びたい」「スピリチュアルワークを習得したい」という方は、
【魔法使い養成学校】のサイトへどうぞ

魔法使い養成学校のサイトはこちら

初めてこのブログに来られた方はこちらの記事をお読みください

初めての方に向けて

テーマ:
今日はイベント~・・・ということで、準備をしていたら、
その最中に、いきなりつつかれました。



/////


(エニィ)
あのさぁ~。



(A-Ki)
はい。



(エニィ)
ブログ、やめれば?



(A-Ki)
・・・何でまた突然。



(エニィ)
だって、楽しくないんでしょ。
同じ記事はサイトにもあげているんだし、わざわざブログを続ける意味ってそんなに無いんじゃない?



(A-Ki)
ん~・・・。
確かに、二度手間だと思うことはありますが・・・

「サイトは見てないけど、ブログは見てる」
「ブログの更新でサイトのことを知る」
みたいな人も少なくないでしょうから、ブログに記事をアップする意味はちゃんとあるのかな、と。



(エニィ)
うん、だから、「完全に無意味」とは言わないけど。
「『注ぐエネルギー』と『得られるエネルギー』のバランスが取れてない」ってこと。



(ラインハルト)
集客のことだけ言えば、ブログ以外でもいくらでも調整できるよ。

もっと言えば、『ブログをクローズするからこそ創れるルート』もある。



(A-Ki)
ふむぅ。。。
っと、ラインハルトさんもブログのクローズに賛成ですか?



(エニィ)
いいや。
僕としては「どちらでも良い」と思っているけどね。



(A-Ki)
それなりに長く続けてきたものだけに、惜しい気もするんですよねー。

あと、仮にブログを閉鎖するとなると、リンクの張り直しがとてつもなく大変なので、
過去記事はそのまま残しておくことになりそうではありますし。



(エニィ)
じゃ、とりあえず、残すだけ残しておいて、書くのやめれば?(笑)
10年か20年くらい放置して、また書きたくなったら書いても良いわけだし。



(A-Ki)
この変化の激しい時代の中で、そもそも、サービス自体が、10年も存続するかなぁ・・・?(笑)

っていうか、どれだけやめさせたいんですか。



(エニィ)
7割・・・8割くらいで「推し」かしら。
もちろん、強制はしないけどね。



(A-Ki)
あら、以外と真面目っぽい回答。。。



(エニィ)
「っぽい」って何よ(笑)

あくまでもガイドの観点から、総合的に見て、「こっちの方が良いんじゃない?」っていう提案。
いつも通りでしょ?



(A-Ki)
そうですね。

ちなみに、ブログをクローズすることで余ったエネルギーは、どこに注げば良いんですか?



(エニィ)
そんなのは、まず、ブログを書くのを止めてからの話。
目前のことを差し置いて、未来の話をしても無駄。

言われなくても分かってるでしょ?



(A-Ki)
・・・そうですね。。。
テンプレというか、非常に「ガイドらしい回答」ですね(笑)



(エニィ)
ま、検討しておいて。



(A-Ki)
はーい。




/////



う~ん・・・

実際、「二度手間でちょっと面倒だな」「色々と気を遣うな」と、感じていたところではありましたが・・・


クローズするとなると、正直、惜しいです。



ただ、「ブログをクローズすることで開けること」も、確かに何かしらありそうなので。。。

・・・ちょっと悩んでみます。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
以下の記事の続きです^^

 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・聴覚編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・体感覚編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・エネルギーライン編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・視覚編(みわっちより)
 → ≪文通173≫エニィさんによる知覚調整について尋ねてみた
 → ≪文通174≫続・エニィさんによる知覚調整について尋ねてみた


先の文通で、

 「どういう原理でエネルギーラインの刷新&知覚調整が行われたのか?」
 (背後で何が起こっていたのか?)

 「この変化は、みわっち以外の人にも起こり得るのか?」
 (他の人相手でも同等の変化が起こりうるのか?)

というのを尋ねたので、
今回は

 「エネルギーラインの刷新&知覚調整は、誰にでも習得可能な技術なのか?」
 (エニィさん以外でも施術できるのか?)

ということについて、
尋ねてみたいと思います^^



/////



(エニィ)
無理(笑)



(A-Ki)
えーっ。



(エニィ)
別に私しかできないわけじゃないけど、
「誰でも」というのは無理。

センスと、経験と、コネと、優秀な指導者と、優秀なスタッフと、高度な設備と、潤沢な資金と・・・色んなものが必要だからね。


「心臓の外科手術は、誰にもでも習得可能な技術ですか?」
「オリンピックで一位を取れるような技は、誰にでも習得可能な技術ですか?」と訊かれているようなものよ。



(A-Ki)
他のエネルギーワークみたいに、
アチューンメントでカンタンに付与することはできないのですね。



(エニィ)
コクゾウムシに日本語を喋らせる方が、まだ実現可能性があるわよ。



(A-Ki)
何ですかその例え。。。
よく分かりませんが、とりあえず「誰にでもは無理」「習得するのが難しい技術」というのは理解しました。



(エニィ)
そもそも、エネルギーラインシステムは、基本的には、一生同じものを使う前提で組み込まれるからね。
メンテナンス性が極めて悪いのよ。

先の文通でも伝えたとおり、刷新するなら生まれ変わった方が手っ取り早いわ。



(A-Ki)
建築工事における、基礎部分みたいなものですか。



(エニィ)
うん。
あと、諸々の配管とかね。

・・・あ、あくまでも「大まかなイメージ」「潰した例え」として捉えてね。



(A-Ki)
はい。

しかし、みわっち相手には、そこまで大がかりな『工事(施術)』を、わざわざ行ったわけですよね。
そのあたりの事情に関しては・・・?



(エニィ)
アキが退屈そうにしてたから、デモンストレーションとしてちょっとね(笑)

新鮮だったでしょ(笑)



(A-Ki)
ええぇっ!?



(エニィ)
と、それは半分冗談だけど。
とりあえず『高次の事情』と思っておいて。



(A-Ki)
ひょっとして、『高次』と『工事』をかけてるんですかね?(笑)



(エニィ)
んー(笑)



(A-Ki)
・・・まあ、それはさておき。



(エニィ)
アキなら、他者に対しての『エネルギーラインの刷新&知覚調整』の施術、できるわよ。

あと、てとちゃん(てとてさん)クラスのコなら、
それなりにトレーニングをすれば習得できるようになるかもしれないわね。



(A-Ki)
ふむ。



(エニィ)
まあ、アキであっても、
今のレベルだと、1日1人が限界だろうけど。



(A-Ki)
実際、大変でした。。。



(エニィ)
慣れたら、1日に2~3人は行けるようになるかもしれないわね。



(A-Ki)
エニィさん以外の高次の存在だったら?



(エニィ)
逆に難しいでしょうね。
これも以前言ったけど、「人間の身体の中の出来事」だから、上からじゃ逆に見づらいの。

私も、1日に2人なんてやりたくもないわ(笑)



(A-Ki)
なるほど。。。

研究したら面白そうなので、試験的にモニター募集&メニューに加えてみようかと思いましたが、
ちょっと難しそうな感じですかね?



(エニィ)
別に良いんじゃないの?
もっとも、あまり数を入れるのは避けた方がいいと思うけど。

それから、もしやるのであれば、相手は慎重に選んだ方が良いわよ。
医療の世界だって、よっぽどのことが無ければ、「手術に耐えられる程度の最低限の体力が無い子」は、手術しないでしょ。



(A-Ki)
その辺りはどうやって見極めたら良いんでしょう?



(エニィ)
対面で、体内のエネルギーラインを探ってみるしかないわねぇ。



(A-Ki)
遠隔でのチェックはできないのですか?



(エニィ)
繰り返しになるけど、「人間の身体の中の出来事」だからね。

高次の世界から認識しづらいってことは、
遠隔でのチェックは精度に難ありってこと。

よっぽど親しい間柄だったら別だけど、基本的には、遠隔でのチェックは不可だと思った方が良いでしょうね。



(A-Ki)
ちょっと話は逸れますが、
そうすると、『遠隔でのエネルギー診断の精度』ってどうなんでしょう?



(エニィ)
「何を測るか」によるわね。

『エネルギーレベル』とか、『体外のエネルギー』とか、『思考』や『意識レベル』であれば測定可能。
『体外にエネルギーを放出している内部の事象』も測定可能。
『他者との相互関係を発生させる事象』も測定可能。
体内で完結している事象に関しては、精度が著しく落ちる・・・と、こんなところかな。

今回の『エネルギーラインの刷新&知覚調整』は、体内での「認識」を司る部分に働きかけるから、チェック不可ってこと。



(A-Ki)
ふーむ。

ってことは、「来てもらったのはいいものの、チェックの結果、施術不可」ということも有り得るわけですか。
なんか、献血みたい。



(エニィ)
一応、念を押しておくけど、
安売りしちゃダメよ。

最低7桁の金額を請求してね。
でないと、アキが保たないから。



(A-Ki)
いち、じゅう、ひゃく、せん、まん・・・100万以上ですか!?



(エニィ)
別に驚くことじゃないでしょ。

家のリフォームとか、心臓移植とか、いくら掛かると思ってるの?
エネルギーラインシステムを丸ごと取っ替えるわけだから、7桁でも安いくらいだわ。



(A-Ki)
そりゃまあ、そうかもしれませんけど。



(エニィ)
言っとくけど、心臓移植手術の方がよっぽどカンタンな(リスクの低い)作業だからね。

あと、これも重ねて言うけど、
新しいエネルギーラインシステムを使いたいだけなら、来世まで待てば良いだけの話だから。



(A-Ki)
ふむぅ。。。

・・・って、そうすると、気軽に施術(実験)に付き合ってもらった方が若干名いるのですが、
もしかしてそれって結構危険なことでした?



(エニィ)
アキだったら大丈夫。

『パラレルワールドを使った多重試行検証』とか、
『エネルギーラインシステムのリストア・ロールバック』のやり方、分かるでしょ?



(A-Ki)
前者は、普段からやってる「エネルギー反響チェックの応用みたいなもの」で、
後者は、パソコンと一緒で、「作業(施術)前に戻す」ですよね。

ロールバックするには、単に、エネルギー体を、施術前の状態に戻すだけ・・・じゃダメか。
辻褄合わせがかなり面倒ではありますが、データベースを弄る感覚でできるかと。



(エニィ)
それぞれ、誰にでもできることじゃないから(笑)

「意図だけではどうにもならない領域」よ。
難易度AAAってところ。



(A-Ki)
・・・へぇ~・・・。



(エニィ)
・・・・・。



(A-Ki)
・・・・・。

・・・すみません、全然実感湧かないです。
習得してしばらくすると、「できて当然」「っていうか、みんなもできるよね?」的な感覚になってしまうので。。。



(エニィ)
『「アカシックレコードの改竄」と同じくらいのレベル』・・・と言ったらさすがに分かるわよね?

今度のイベントのついでにでも、他の人にやらせてみるといいわ。
ほとんどのコができないから。

あ、安全のために、ちゃんとカード(白紙カード)でね。
いきなり人間の身体でやらせちゃダメよ。下手したら取り返しの付かないことになるから。



(A-Ki)
はーい。

それじゃ、ひとまずこんなところですかね。



(エニィ)
うん。
またねー!




/////



なんだか、思ってたより随分と大ごとでした。。。(^^;


・・・しかし、そうすると、気軽にモニター募集するのもちょっと憚られるなぁ・・・

まあ、それについても追々考えるとしますか。



また気になることが出てきたら、その都度、尋ねてみたいと思います^^



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
以下の記事の続きです^^

 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・聴覚編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・体感覚編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・エネルギーライン編(みわっちより)
 → 『エニィさんによる知覚調整』の体験談・視覚編(みわっちより)
 → ≪文通173≫エニィさんによる知覚調整について尋ねてみた



前回、『エネルギーラインの刷新&知覚調整』の背景というか、「何が起こっているのか?」を訊いたので、
今回は

 「みわっちが体験したような変化は、みわっち以外の人にも起こり得るのか?」
 (他の人相手でも同等の変化が起こりうるのか?)

ということについて、
尋ねてみたいと思います^^



/////



(A-Ki)
というわけで、よろしくお願いします。



(エニィ)
うん。

まず、「彼女以外に対して同様の施術が可能か?」というと、それは可能。
だけど、「誰もが必要とするものか?」というと、それはNOね。



(A-Ki)
物件(建物)のリフォームと同じような感じで、
「すでに最新のエネルギーラインを使っている人は、わざわざリフォームは不要」
「現状のエネルギーラインシステムで満足している人は、リフォームしなくても良い」
みたいな感じですか?



(エニィ)
そうね。

ただし、『人間は、体験したことが無いことは、本当の意味では理解できない』から、
「現状で満足しているから」というのは理由にならない気もするけど。

アキだって、「広い部屋に引っ越してみて、初めて分かったこと」ってあったでしょ?



(A-Ki)
ありましたねー。
あと、ネットを固定の高速回線にしてみて初めて分かったこととか。

これまで、スマホのテザリングだけでもそんなに不便は無かったので、あえて固定回線引かなくてもいいかなーとも思っていたのですが、
いざ実際に300Mbpsの固定回線にしてみたことで、
「あぁ、今までストレス感じてたんだな」「小さなストレスが積み上がってたんだな」と気付きましたし。

みわっちの体験談にもありましたが、
「調整してもらって、初めて、これまで詰まっていたことが理解できる」という感覚ですね。



(エニィ)
そういうのがあるから、「不必要かどうかの判断」というのは難しいわけだけれども・・・
う~ん・・・



(A-Ki)
何か??



(エニィ)
「必要かどうかの判断」も、物凄く難しいのよねぇ・・・。



(A-Ki)
そうなんですか?



(エニィ)
今回扱った『エネルギーラインシステム』って、人間の体内の部分だから、
こっち(高次の世界)からは、ほとんど見えないのよ。

例えば、「相手の鼻が詰まっているか」とか、「相手の耳が詰まっているか」とか、
外から見ただけじゃ分からないでしょ?



(A-Ki)
確かに。

「呼吸が苦しそうだな」「声が聞こえづらいみたいだな」という『現象』から、
「ひょっとしたら鼻が詰まってるんじゃない?」「耳が詰まってるんじゃない?」と『原因を推測』しますものね。



(エニィ)
で、それはあくまでも『推測』であって、「呼吸が苦しいからといって、鼻が詰まっているとは限らない」わけで。

鼻づまりを例に出すと軽く見られるかもしれないから、
「当てずっぽうで、心臓の手術をするか?」みたいな表現の方が適切かな。



(A-Ki)
それは・・・恐ろしいですね。。。



(エニィ)
心臓の手術であれば、まだ、レントゲンとかの機器があるから判断できるけど。

体内のエネルギーラインを、外から見て判断するのは、至難の業よ。



(A-Ki)
今回も、「みわっち、ワークに妙に時間が掛かっているな」と気になったのが取っ掛かりですものね。



(エニィ)
とはいえ、『最新のエネルギーラインシステムを使っている人は、ほとんどいない』から、
仮に当てずっぽうで施術したとしても、
それなりの恩恵は得られるんでしょうけど・・・コスト的には全く割に合わないわね。



(A-Ki)
そうなんですか?



(エニィ)
あくまで例だけれども、
例えば、30歳だったら、少なくとも30年前のエネルギーラインシステムを使っているわけでしょ。

ここ最近の、エネルギー関連の技術革新は凄まじいから、
30年前のエネルギーラインシステムからの刷新となったら、それはもう別物よ。



(A-Ki)
それだったら、当てずっぽうで施術したとしても・・・



(エニィ)
だから、コスト的に割に合わないんだってば。

施術、大変なのよ?(笑)



(A-Ki)
んー・・・あの後、試しに、僕も(別の人に対して)施術をやらせてもらって、
大変だなぁというのは感じましたが・・・

『宇宙語引き出し』の時に使ったエネルギーを「2~3」くらいだとしたら、
『エネルギーラインの刷新&知覚調整』では、「300か、それ以上」のエネルギーを使った感覚がありましたし。



(エニィ)
エネルギー操作の難易度を考慮したらそれ以上よ。

だから、こっちの意見としては、
「よっぽどで無い限り、エネルギーラインシステムを刷新したいんだったら、来世にすれば?」という感じよね(笑)



(A-Ki)
来世(笑)



(エニィ)
どうせエネルギーラインシステムは一代限りのものなんだし、
そもそも、人間の肉体って使い捨てでしょ。



(A-Ki)
うーん・・・その表現は・・・間違ってはいないですけれども・・・

今生の意識を丸ごと来世に持って行けるわけでも無いですし、
生きたままエネルギーラインのアップデートができるのであれば、それは大きな恩恵が得られるかなぁ、と。


と、それよりも!
エネルギーラインって一代限りなんですか?



(エニィ)
『エネルギーライン「システム」』ね。

「肉体に密接に紐付いているもの」だから、当然、一代限りね。
来世では別の肉体になるでしょ。



(A-Ki)
そうかぁ・・・。



(エニィ)
それが何か?



(A-Ki)
あ、いや。

【セルフエナジーコネクション・アチューンメント】とかは、ハイヤーセルフやガイドに対してアチューンメントを行うので、
言わば、何代にも渡って恩恵を受けられるようなものですよね?



(エニィ)
そうね。
で、「オマケ」として人間にも色々とメリットがある感じね。



(A-Ki)
それに比べたら、「何だ、一代限りか」みたいな気分になってしまって(笑)



(エニィ)
パソコンだって10年も保たないじゃない(笑)

『一生モノ』であれば、普通の人間の感覚だったら十分過ぎると思うけど?(笑)



(A-Ki)
・・・あ。
そう言われれば、そうか(笑)



(エニィ)
まったく・・・妙なところで抜けてるわね。



(A-Ki)
すみません。。。

えぇと、話を戻すと、
「みわっちが体験したような変化は、みわっち以外の人にも起こり得るのか?」というのは、YESという認識で良いのですかね。



(エニィ)
「ほぼ」ね。

ただ、Before/Afterを感じられるかどうかは、また別の問題。

古いエネルギーラインシステムを使い込んでいればいるほど、
新しいエネルギーラインシステムになった時の変化を感じやすいでしょう。



(A-Ki)
ケータイの機種変とかと同じですね。

使い慣れていたり、カスタマイズしていたりすればするほど、
機種変したあとで操作に戸惑う感じで。



(エニィ)
うん。

彼女が、「他と比べて、視覚の変化が分かりにくかった」というのは、
「聴覚や体感覚の使い込みに比べて、視覚は、それほど使い込んでいなかった」ということね。



(A-Ki)
なるほど。
と、いうことは、「スピリチュアルワークに限界まで取り組んだ人ほど、変化を感じやすい」ということですかね。


・・・ん?
逆に、「エネルギーラインシステムが古くても困らない人」って、どんな人ですかね??



(エニィ)
エネルギーワークにほとんど関わらない人とか、ショボいエネルギーしか扱ってない人は、
エネルギーラインシステムが多少古くても困らないでしょう。

例えば、「テレビのリモコンに、最新のCPUや大容量メモリを搭載したりしない」でしょ?(笑)

「あっても邪魔にはならないけど、オーバースペック過ぎて無駄」
「日常的な用途では、処理時間が0.1秒(低スペック)でも、0.00000001秒(高スペック)でも、大した差ではない」みたいな感じかな。



(A-Ki)
よく分かりました(笑)



(エニィ)
だから、現代のライトワーカーの、99%くらいは、古いエネルギーラインシステムでも一生困らないわよ。
そもそも、300年程度は保つように設計されているものだしね。



(A-Ki)
・・・それはそれでちょっと引っかかりますけど。。。

長くなってきたので、今回はこの辺りで。
また次回お願いしまーす!




/////




・・・続きます^^




いいね!した人  |  リブログ(0)