それぞれのドラマが繰り広げられた第27回グレンツェンピアノコンクール横浜予選2日目

横浜みなとみらいホールにて、幼児Aコース、幼児Bコース、小学12年生Aコース、小学12年生Bコースの審査がありました。


みなさん、こんにちは!

みんなの福をONにするFUKUON♪ 福田音楽教室の福田りえです。

2日目は小さな幼児さんから小学1〜2年生の生徒さんたち7名が参加し、一人ひとりの日々の練習の成果が試されました。



横浜予選でそれぞれのドラマの幕が開く!


コンクールとは、ピアノがただ上手に弾けることだけでなく、いろんな視点で成長と発達を促していく場として考えている夏のイベントの一つです。


ステージに上がるまでの、毎日練習することを習慣化することも重要なこと。


さぁ、その結果はどのようなものだったか見てみましょう。


■幼児Aコース


朝イチは幼児Aコースに、ひとりダイちゃんが参加。彼は小さい身体にも関わらず、パワフルでチャレンジャーなのです。


お母さまが「出来れば息子にコンクール参加させてあげたいのですが、大丈夫でしょうか?」と何度も確認されていました。


本人はどう言っていますか?と聞くと、「先生から頂いた"グレンツェンピアノコンクール"のチラシを冷蔵庫に貼って、出るつもり満々なんですが…どうしましょう…。」とのこと。


彼の手はとても小さく、中指と薬指の間がそれぞれ外側に分かれているのです。


しかし、やりたいという気持ちがこちらの結果!


▲グレコンデビュー&受賞・予選通過おめでとう!


個評には、審査員の先生より頂いた「希望が持てる愛のある嬉しいお言葉」に思わず涙しました。


■幼児Bコース


さて、こちらは弟同士が同じ幼稚園の仲良し二人組。会場に到着から子犬のようにジャレ合って、緊張を紛らわしていました。


▲この時期だからこそ、このポーズがカワイイ!


この可愛さからは見えないのですが、人一倍負けん気が強いこの二人は、まだピアノ教室で習っていないんですよね。お兄さん、お姉さんが習っていて、たまに着いて来るだけの末っ子ちゃん。


ピアノって弾くと楽しいとか、やれば出来るんだという自信をつけさせてあげられればと思い、両方の親御さんにしっかり説明して参加して頂きました。


で、結果は・・・?



▲グレコンデビュー&受賞・予選通過おめでとう!


ひとまず、よかった、よかった。(*^o^*)


その後ピアノを続けるかどうかは、ご両親とまた話し合って決めてね。


■小学1.2年Aコース・Bコース


このコースには、A.Bそれぞれ女子2名ずつ、4名が参戦。


午前中に弾いてから発表まで6時間くらいの待ち時間が合った生徒さんもいたので、一旦ランチタイム&ティータイムをはさんで授賞式を迎えました。



▲さぁ成績発表!自分の番号と名前が呼ばれるかな・・・?


初めて参加した生徒さんもいて、成績発表はドキドキの瞬間です。講評をしてくださった先生のお話しを静かにしっかり聞けたのも、さすが1.2年生です。



▲4名全員が予選通過おめでとう!



7人全員が横浜予選を通過!


とにかく今日は7人全員が受賞し、予選通過しました。本当におめでとうございます!(それから、日々のピアノ練習へのサポートありがとうございました。感謝申し上げます。)


ピアノだけでなく、どんな事もやればやっただけの成果が出ます。でも、自分流で固まってしまうと、良い結果が残せない事もあるのです。


生徒さん一人ひとりに今何が必要なのか?

「勇気を与えるため」
「技術を高めるため」
「自信を持たせるため」
「度胸をつけるため」
「ソーシャルスキルを身につけるため」
「コミュニケーション能力をつけるため」


など、それぞれの生徒さんの性格やその時期の目的に合わせてコンクールやイベントを選んでいます。


親御さんとよく話し合いながら進めていきたいと考えておりますので、今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。



【ピアノコンクール参考記事】


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


みんなの福をスイッチ(〃^∇^)オン!*:゜・.。..彡☆
FUKUON 福田音楽教室☆福田りえ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ人気ブログランキング
*:゜・*:.。.*.。.:*・・*:.。*・

LINE@









必見!おすすめ記事