OpenMind

FUKUON 福田音楽教室 ピアノ講師&音楽療法士の福田りえです。


今年の春から神奈川県内の高等(特別支援)学校に通うようになった、場面緘黙症(※)のA君とのMT(音楽療法)ピアノレッスン。


2月末に体験ピアノレッスンに来られ、
3月からお母さまと親子で音楽療法(MT)ピアノレッスンスタートしました。


「場面緘黙症」と言う病名は知っていましたが、クライアントさんとして関わらせて頂いたのは今回が初めてなので、本当に手探り状態・・・


※場面緘黙症とは?
幼児期に発症するケースが多く、家庭や昔から付き合いのある親戚の人とは話すことができますが、特定の場面や状況下で全く話せなくなる現象や症状のことを、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう-Selective Mutism)と言います。


彼も家を一歩出れば、学校などでは全く話せなくなってしまいます。



A君との直接の会話はまだ出来ません。

私から何か質問して「Yes,No」の首振り程度。

彼からの質問は小さな紙に家で書いてきて、それで気持ちを知ります。

レッスン中は、お母様を通じて何とか会話できているかなぁ…程度。




最近は、iPadの「手書きメモ」で筆談。

彼と打解けてきて、
少し茶目っ気が出てたので、
iPadで絵も書いたら?おすすめしたら・・・・



楽しそうに絵を描いているのを見て・・・・「!」



そこで「ブログセラピー」を思いつきました!!!



今までもピアノ教室の生徒さんやその親御さんにも、ブログ作成レッスンをしてきて立ち上げた数は本当に数えられないくらい指導させて頂いています。

彼は声では自分を出せませんが、文字は書けるし、絵も書ける、スマホ操作もできるので、ピアノレッスン時間に描いた絵をひと言付け足して「1レッスン=1記事アップ」しています。


夏休み前(7月中旬)にブログ作成レッスンをし、お母様と一緒にスマホ(iPhone)で立ち上げた2つのブログを少しずつ育てています。





ナント!前回のレッスンでは、私の顔を描いてくれて記事投稿しました。


そして、帰り際・・・

「大きな声が出たら、犬に会わせてくれますか?」と、ポソポソとお母様を通じて欲求を聞かせてもらいました。


現実的なお願いはとても珍しく、(彼のコミュニケーションがちょっと変わってきているかも?と)本当に嬉しくなりました!

ヾ(@^▽^@)ノうれし~♪



このように、色々なアイテムや視点から、生徒さんが自然にオープンマインド(心の扉を開ける)レッスンをしています。





お母様がある日のこと、
お家での彼の日常生活での会話を動画に撮って見せてくださいました。

それは本当に普通に大きな声で会話していました。

不思議です。

高等(特別支援)学校の前は、一般私立の中学校に通われていたのですが、ひと言も喋らずに卒業されたそうです。

それをお聞きして、彼のことを思い胸が苦しくなりました。

喋られないという苦痛から解放させてあげたい!と・・・



少しでも生徒さんが安心して「コミュニケーションできる成長する場」を作っていきたいと考えています。


みんなの福をスイッチ(〃^∇^)オ~ン*:゜・.。..彡☆
FUKUON ピアノ講師☆福田りえ

☆ランキング参加中☆


♪ステキな音楽の先生方がたくさん♪
にほんブログ村人気ブログランキング
応援ポチッ!やコメントをお願いいたします♪

大もくじ | ピアノ教室 | お教室コンサル | 音楽療法 | 無料メール相談

コメント(4)