<三方よし>の時代に、

 

<学んでヨシ>を忘れるな!!

 

 

 

2016年7月22日 はれ

橋本 完

 

 

AD

 

「姫路城 現代美術ビエンナーレ2016」

 

2016年7月19日 火曜日 はれ

 

 

 

今朝は暑い。

昨日、九州から東海まで、一斉に梅雨が明ける。

 

関東地方は、まだ、らしい。

都知事選の本命混迷が、天候にも影響しているのかもしれない。

天のみが知ることだが。

 

そんな中、大穴が浮上してきた。

 

故・鳩山邦夫の公設秘書でもあった上杉隆候補だ。

http://uesugitakashi.com/

 

苦学してジャーナリストになった経歴が面白い。

 

 

 

さて、姫路で現代美術ビエンナーレが開催されている。

民間ベースの現代美術展である。

 

地域アートとは違い、

グローバリゼーションとローカリゼーションの

橋渡しとなるグローカリゼーションの問題を扱った

現代美術展である。

 

飾磨國を代表する彫刻家の鹿間厚次郎先生の呼び掛けで始まったのが、

この姫路城現代美術ビエンナーレである。

 

姫路城のお膝元、

イーグレひめじの地下一階にあるギャラリーで

姫路ビエンナーレが開催されている。

 

7月13日の開会式には、

姫路市長・石見利勝氏もお見えになって、

テープカットが施行される。

 

 

海外からは、イタリアとメキシコの作家が参加している。

 

開会式の後、駅前の裏路地にある

プロ居酒屋さんで乾杯となる。

 

 

二日後の7月15日には、

ギャラリーの隣にあるアートホールで、

特別フォーラム「アートの今を語る」が開催された。

 

基調講演は、イタリアのジャンルーカ・ムラセッキ氏から

パブリック・アートの変遷の概要を紹介する内容であった。

 

司会は、出品者でもある姫路市会議議員の今里朱美氏が行なう。

 

その後のファーラムでは、6人のパネラーの討論からはじまる。

そして、その後、会場に坐した出品作家も壇上に上がり、

9人によるフォーラムとなる。

 

各作家からは、地球規模で進むグローバル経済による

地球環境を蝕む危機を、世界各地で制作に励む作家から、

未来を先見するかのような発言が垣間見られた。

 

さて、この現代美術ビエンナーレで展示されている作品群から、

未来の先見性を読取る叡智が隠されていることを、

あなたは知ることができるだろう。

 

是非、観覧されることを願って。

 

 

 

――――――――――――――――

 

第五回 世界文化遺産 姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展

http://himeji-art.blog.jp/

 

日時予定:2016年7月14日(木)~ 7月24日(日)

AM 10:00 ~ PM 5:00(最終日は午後3時まで)

 

場所: イーグレひめじ B1F 姫路市民ギャラリー
http://www.city.himeji.lg.jp/guide/map/castle/egret

 

■ 主 催 ■

姫路市民プラザ指定管理者(イーグレひめじ・日本管財グループ共同事業体)
姫路城現代美術ビエンナーレ委員会 代表 鹿間厚次郎

 

■ 後 援 ■

兵庫県 姫路市 姫路市教育委員会
神戸新聞社
公益社団法人 姫路観光コンベンションビューロー
公益財団法人 姫路市文化国際交流財団 助成事業
イタリア文化会館・大阪 協賛

 

Himeji Castle The Fifth Modern Art Biennial exhibition 2016
The World Cultural Heritage Himeji Castle

Dates : Jul.14 (Thu.) - Jul.24 (Sun.)
Hours : 10:00am - 5:00pm(Finals day 3:00pm)
Place : Igure Himeji BF1 Himeji City Gallery

Auspice Host promoted by Himeji City plaza
Himeji Castle Modern Art Biennial commission

Ambassador Koziro SHIKAMA

 

AD

 

「ソーラーインパルス2 世界一周へ最後のフライト」

 

EXPLORATION TO CHANGE THE WORLD

 

2016年7月17日 日曜日 くもり

 

 

ソーラーインパルス2が最後のフライトへの準備態勢に入った。

 

カイロからアブダビへ。

 

太陽エネルギーを電気に変化して四発の電動プロペラで飛ぶ、

ソーラー機の世界一周が達成される。

 

2015年3月9日にアブダビをスタート地点として離陸する。

 

今回の17回目のフライトが世界一周、最後のフライトとなる。

 

計画では、半年で世界一周を達成する予定であった。

 

しかし、日本からハワイへ太平洋横断を成し遂げた

8回目の5日間のフライトで、

太陽電池のソーラーセルにダメージを受ける。

 

その為の交換修理と、

ハワイからサンフランシスコまでの気象状況の問題から、

翌年の春まで飛行は延期となる。

 

今年の4月21日にハワイを再び飛び立ち、

二日半でサンフランシスコに到着。

 

そして、サンフランシスコからアメリカ大陸を、

五カ所経由、横断して、ニューヨークに到着する。

 

6月20日にニューヨークのJFK空港を離陸して、

3日間で大西洋を横断し、

スペインのセビーリャに到着する。

 

7月11日にスペインを離陸し、

地中海貿易の風に乗ってカイロへ二日間で到着する。

 

そして今日、7月17日は、

カイロから世界一周達成の最後の離陸地となる。

 

 

 

―――――――――――――――――――――

SOLAIMPULSE

http://blog.solarimpulse.com/

 

 

Flight to Abu Dhabi Postponed

 

The flight from Cairo to Abu Dhabi today has been postponed to a later date. The Ground Crew was already well underway preparing the pilot and airplane for takeoff to their final destination, Abu Dhabi, when the latest wind reading was too high to take Si2 safely out of the tent and onto the runway. This flight was close to the weather limitssince the beginning - any delay in the schedule could affect the timing for the rest of the flight.

 

Bertrand Piccard is also sick with an upset stomach. He fell ill yesterday and was feeling better this morning, but his health has since deteriorated. This flight, estimated to last anywhere from 48 hour to 72 hour flight, would have already been challenging even for a healthy pilot. We always put safety first and therefore have decided to postpone the flight and wait for him to feel better in order to identify another weather window.

 

The engineers at the Mission Control Center in Monaco will continue to work hard to identify another window in the coming days. Staytuned and be the first to find out when we will takeoff again!

 

 

 

AD